スポンサーサイト --年--月--日 スポンサー広告

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

松戸駐屯地創立61周年記念行事・災害訓練展示 2013年09月25日 CampMatsudo:松戸駐屯地 トラックバック:0コメント:0

松戸駐屯地の記念行事もいよいよ佳境です。
グランドを使って、陸自ならではの訓練展示の開始。しかし松戸駐屯地はちょっと違った訓練展示です。
需品学校、つまり後方支援の物資についての学校なので戦闘よりも、災害時の救助などの展示が行われました。
参加したのは陸自だけではなく、松戸市の消防なども合同参加です。

仮仕立ての倒壊家屋、怪我をして倒れた人たち。
大震災が起きたばかり、という想定です。
ak-IMG_8967.jpg

家屋の横では衝突した車。中には人がまだ閉じ込められています。
ak-IMG_8969.jpg

まずは通報を受けて松戸の消防が登場。
指揮車を先頭に、ポンプ車などが続きます。
ak-IMG_8972.jpg

オレンジのレスキュー隊も出てきて急いで救助の展開をします。
ak-IMG_8984.jpg

負傷者多数ということで救急車もたくさん駆けつけます。
ak-IMG_8987.jpg

鎌ヶ谷市のハイパーレスキューが、さまざまな工具を取り出して救助に取り掛かろうとしていました。
ak-IMG_8989.jpg

消防だけでは足りないということで、自衛隊も出動要請。
災害派遣の形で応援に駆けつけます。ちなみに災害派遣は知事だけでなく、消防の長なども要請ができます。
ak-IMG_8993.jpg

トラックもやってきました。砂埃をあげて急行します。
ak-IMG_8997.jpg

災害派遣される車両にはこのような横断幕が付けられます。テレビなどでもお馴染みですね。
こういう時の自衛隊車両は緊急車両と同じ扱いになります。
ak-IMG_9001.jpg

トラックから隊員たちが下車して、機敏な動きで展開。
何やら大きなものを降ろしています。担架の模様。
ak-IMG_9005.jpg

人の丈よりも大きな担架を担いで駆け足で現場へ。
ak-IMG_9008.jpg

さて、車に閉じ込められた人を救助するためハイパーレスキューがカッターで車を分解していきます。
ak-IMG_9014.jpg

その間に家屋などから救助された人たちを自衛隊がどんどん運んでいきます。
ak-IMG_9018.jpg

車は屋根が切り取られ、オープンカーのいでたちに。
これで救助が進みます。
ak-IMG_9026.jpg

負傷者も一通り救助したので、自衛隊は撤収。
素早く担架をたたんで、また駆け足で戻っていきます。なかなかいいシーンですね。
手前の小さい人は女性隊員。こんなに大きな担架でも男性隊員と同じように持って走ります。
ak-IMG_9032.jpg

救急車は一斉に病院に向かいます。
ak-IMG_9038.jpg
ak-IMG_9040.jpg

最後は消防車からの放水。
ak-IMG_9043.jpg
ak-IMG_9050.jpg

これで訓練展示の第1部は終了。続いて災害派遣の後半、後方支援の需品機材展開です。
関連記事

テーマ:祭り/イベント - ジャンル:写真

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック URL
http://iwanphoto.blog15.fc2.com/tb.php/959-6622d6d4
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
 
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。