スポンサーサイト --年--月--日 スポンサー広告

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

ヨコスカサマーフェスタ2013・艦船公開「てるづき」「きりしま」 2013年08月07日 YokosukaDistrict:横須賀地方隊 トラックバック:0コメント:2

横須賀基地でのサマーフェスタ、艦船公開の続きです。
一番目立つ「しらせ」の展示に続いては、ちょっと奥の桟橋で展示されていた護衛艦を。
新鋭のあきづき型護衛艦2番艦「てるづき」とこんごう型イージス護衛艦「きりしま」の2隻を見学です。

まずは「てるづき」。むらさめ型護衛艦の「きりさめ」「いなづま」と並んで係留されていました。
「いなづま」は去年の観艦式で、やたらスピード出して航行していたのを覚えています。
ak-IMG_3220.jpg

さて、桟橋に直接係留している「てるづき」に乗艦するために列に並びます。
去年、観艦式に参加した同型艦の「あきづき」の写真を。
「あきづき」正面からのアングル
「あきづき」後方からのアングル
ak-IMG_3222.jpg

しばらく並んでタラップから乗艦。特徴的な船体を。
ステルス性を考慮してなるべく滑らかに作られています。
ak-IMG_3224.jpg

後部の飛行甲板にある管制のためのブース。
ak-IMG_3225.jpg

ヘリが着艦するときに使う係留装置。これでヘリを繋ぎとめて、荒天で着艦できるようにします。
ak-IMG_3226.jpg

ヘリは常用で1機。ただし格納庫のスペースはあるので2機まで搭載できます。
ak-IMG_3229.jpg

格納庫の中には運搬用の台車なども。
ak-IMG_3230.jpg

訓練でヘリが着艦した日数と述べ回数も書かれていました。
9日で70回以上というのは多いですね。
ak-IMG_3231.jpg

対艦ミサイルのハープーン発射筒。これは護衛艦全体に共通ですね。
でもまだ筒が2本しかありません。まだ調整中なのかな。
ak-IMG_3236.jpg

煙突は角ばっていてなるべく凹凸が少なく作られています。
レーダー波を減少させるため、そういうつくりにしているわけです。
ak-IMG_3237.jpg

柵の向こうにチラッと見えているのが投射型静止式ジャマー。
これで囮を発射して敵魚雷などから逃れます。
ak-IMG_3239.jpg

ステルス性を考慮しているとはいえ、マストは護衛艦らしい骨組みむき出しのもの。
それでも細かいところでレーダー波を反射しにくいように作られています。
※追記 コメントでご指摘ありました。これはてるづきのものではなく、てるづきの甲板から撮った
隣に停泊中の「いなづま」のものですね。「てるづき」はもうちょっとステルス性が考慮されています。
ak-IMG_3241.jpg

舷側は覆いがつけられていて、この部分のステルス性は少し向上するわけです。
中はこのように通路になっています。波浪も防げるからいろいろと便利ではあるのですね。
ak-IMG_3243.jpg

前甲板に出てきました。艦橋を見上げます。20mmファランクス機関砲と、ブリッジの特徴的なフォルム。
国産のFCS-3射撃管制システムの中核をなすレーダーが窓の上に並びます。
ak-IMG_3244.jpg

甲板にはミサイルの垂直発射装置:VLSが並びます。
ここから対空ミサイルのESSMが32発発射できます。
ak-IMG_3246.jpg

艦橋を正面から。こうしてみると威容がありますね。
ak-IMG_3250.jpg

主砲はアメリカ製のMk.45、5インチ単装砲。ステルス性を考慮したシールドです。
ak-IMG_3254.jpg

このアングルだと角ばった砲塔の様子がわかりますね。
他の護衛艦には丸まった形のが多いけど、あきづき型はこういう角ばったものなのです。
ak-IMG_3258.jpg

桟橋の反対側のイージス艦「きりしま」の斜め前からのアングルも。
この角度がやはりいいですね。
ak-IMG_3259.jpg

「てるづき」と並んでいる「いなづま」「きりさめ」も一緒に。
どちらも汎用護衛艦ですが、「てるづき」がだいぶ違うのがわかります。
ak-IMG_3261.jpg

主砲用の砲弾。もちろん炸薬ははいっていない訓練用です。
重さは30キロあまり。先日の「やまぎり」では12キロでしたが人力装填はなし。
しかしこちらはいざとなれば人数集めてなんとか人力で装填するとか。
砲塔と装填の仕組みがまったく違うから可能なんですね。
ak-IMG_3262.jpg

特徴的なFCS-3のレーダーを見上げて。大きい四角が探知用、小さいのが迎撃ミサイルの誘導用です。
ak-IMG_3263.jpg

てるづきは降りて、となりの「きりしま」に。後部から乗ってまず後部甲板のVLSから。
てるづきのものと基本的には同じです。
ak-IMG_3522.jpg

こんごう型イージス艦にはヘリコプターの格納庫がありません。
一応後部甲板には着艦できるみたいですけどね。
ak-IMG_3523.jpg

対潜用の短魚雷発射管。これも護衛艦では標準装備。
ak-IMG_3525.jpg

煙突の後ろにハープーンが装備されています。4発あると思ったのですが「きりしま」は3発のみ。
まだ一発取り付けていないのでしょうね。
ak-IMG_3528.jpg

イージス艦もまた舷側に覆いがあって、中は通路になっています。
ak-IMG_3530.jpg

なんか不気味な人形がw
ak-IMG_3531.jpg

前甲板に出て、艦橋を見上げるとレーダーが。
イージス艦の特徴でもあるSPY-1レーダーです。
ak-IMG_3532.jpg

案内の看板がやたらと派手でした。
ak-IMG_3533.jpg

艦橋正面からのアングル。これはかなり絵になります。
ak-IMG_3534.jpg

主砲はイタリア・オットー・メラーラ社の127mm速射砲。
シールドは丸みを帯びたフォルムです。
ak-IMG_3537.jpg

こちらも教練弾が展示してありました。
ak-IMG_3539.jpg

お隣のてるづきを撮ります。
ak-IMG_3543.jpg

またSPY-1を。もしこれが作動すれば、見学している人たちは全員致命的なダメージを受けます。
超強力な電子レンジに入ったのと同じ状態になるとか。
ak-IMG_3544.jpg

最後は煙突を見上げて。てるづきの角ばったのも斬新ですが、丸みがあるほうがいいかな。
ak-IMG_3547.jpg

自衛隊基地の見学はこれでおしまい。一度基地から出て米軍基地へと向かいます。
次回から米軍横須賀基地フレンドシップデーの様子を。
関連記事

テーマ:海のある風景 - ジャンル:写真

コメント

管理人のみ閲覧できます
このコメントは管理人のみ閲覧できます
  1. 2013/08/07(水) 23:29:08 |
  2. |
  3. #
  4. [ 編集 ]
>鍵コメさん
ご指摘ありがとうございました。確かにその通りです。
記事に追記しておきました。
  1. 2013/08/08(木) 00:08:56 |
  2. URL |
  3. いわん #0SXR/3Sc
  4. [ 編集 ]

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック URL
http://iwanphoto.blog15.fc2.com/tb.php/927-1e15731c
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
 
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。