スポンサーサイト --年--月--日 スポンサー広告

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

半トンネルの小田急線 2013年06月18日 OtherRailway:その他の鉄道 トラックバック:0コメント:0

駅のところだけトンネルがある成城学園前駅での小田急線撮影の続き。
新宿方面に狙いをつけて撮っていましたが、小田原方面も撮れそうなので狙ってみます。

こちらはトンネル出口はほとんど見えません。
しかし出口からちらっと映る光とそれに照らされる線路がまた印象的。
aj-IMG_8394.jpg

車体の横から光も当たります。これはいつもの地下鉄では撮れない光景。
aj-IMG_8408.jpg

しかし成城学園前もちょっと飽きてきたので移動。終着駅の新宿へ。
ここも半トンネルと言うか、巨大な駅ビルの半地下に造られているので、光が差すトンネルの状態。
なんだかほどよい露出で撮れます。
aj-IMG_8428.jpg

ホームに入る直前に方向幕が変わります。今はLEDが殆どで、こういう回転側の方向幕も少なくなりました。
aj-IMG_8446.jpg

このアングル、なかなかいいかも。列車の速度も遅いのでブレずに撮れます。
aj-IMG_8449.jpg

ただホワイトバランスには悩みますね。ほとんど同じ構図で、今度は寒色系のホワイトバランスで。
aj-IMG_8450.jpg

ここで成城学園前で通過を撮ったVSEが出発していきました。
真っ白い車体が、蛍光灯の緑に照らされます。
aj-IMG_8453.jpg

入線の電車はこのポイントの手前がねらい目かな。
ほどよくカーブ、ほどよく正面が狙えます。
aj-IMG_8466.jpg

強烈なライトを点灯させる車両も。手前の線路がまぶしく輝いていました。
aj-IMG_8492.jpg

こういう強烈なハイビームを受けるときは露出もピントもくるってしまうことが多いです。
なのでピントは極力方向幕、露出はマニュアルで固定という撮り方。
aj-IMG_8503.jpg

最後はVSEの入線。きれいな車両なんですけどねえ。個人的にはあまりかっこよく思えないw
しかもハイビームを受けるのに、ピントを合わせるべき方向幕がありません。
窓枠の、車内の明かりとでコントラストが発生している部分をひたすら狙いました。
車内をピントにあてると、完全に後ピンになっちゃいますからね。
aj-IMG_8513.jpg
aj-IMG_8522.jpg
aj-IMG_8532.jpg

ここまで撮ってこの日は撤収。
次回は久しぶりに花。季節の紫陽花です。
関連記事

テーマ:鉄道写真 - ジャンル:写真

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック URL
http://iwanphoto.blog15.fc2.com/tb.php/894-27fc16df
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
 
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。