スポンサーサイト --年--月--日 スポンサー広告

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

ヘブンアーティストin丸の内2013春・森田智博 2013年04月24日 Marunouchi_Heaven:ヘブンアーチストin丸の内 トラックバック:0コメント:0

矢本、陸自の写真が続いて3月末に撮った写真が残っていました。
丸の内で行われたヘブンアーティストのイベント。加納真実さんの後に見たジャグリングの森田智博さんです。
このブログでも何回か登場している森田さん。ヘブンのイベントでも必ずと言っていいほど出ていますね。それだけレベルの高いパフォーマーということです。

上野公園などで見るときの森田さんは普段着っぽい恰好ですが、こういうイベントでは専用の衣装。
森の妖精をイメージしたメイクも簡単にしています。見始めたときにはクラブのジャグリング中。
ai-IMG_9728.jpg

あまりスローになりすぎない程度にシャッタースピードを設定します。
体の芯、というか顔がブレないようにするのがまず大事ですね。
ai-IMG_9731.jpg

優れたジャグラーは体の芯がぶれないので撮りやすいのです。
だからシャッターもスローにすることができます。
ai-IMG_9733.jpg

ディアボロも持ち出しました。思いつきでいろんなジャグリングを次々に見せて客の目をひきます。
ai-IMG_9739.jpg

たくさん集まったところで近くに客を寄せて水晶ジャグリング。
ai-IMG_9740.jpg

これはアンダーで撮って、水晶の輝きをメインにします。
ai-IMG_9744.jpg

水晶に映った景色があるので、顔が隠れてしまうのもありかな。
ai-IMG_9747.jpg

ただ望遠で狙っているうえ、水晶は絶えず動くのでピント合わせが非常に難しいのです。
またアンダーにしているとはいえ、ブレないようにシャッタースピードを設定するのも一苦労。
ai-IMG_9749.jpg

森田さんの水晶ジャグリングで必ずでてくるこの水晶。
ケースがまた不思議な感じ。
ai-IMG_9753.jpg

魔法をかけるようなしぐさで、ケースから生きた水晶が出てきます。
ai-IMG_9754.jpg

この水晶は色があるんですね。その分ちょっと狙いがつけやすいかな。
ai-IMG_9763.jpg

背景処理も考えて、水晶を中心としたクローズアップの描写。
今回の森田さんの写真で一番うまく撮れました。
ai-IMG_9766.jpg

何かのストーリーを連想させるような、ダンスを絡めた動き。
この一瞬の表情がねらい目です。
ai-IMG_9767.jpg

そして水晶が宙に浮いているかのような瞬間。これを写真でうまく表現するのも難しいです。
ai-IMG_9770.jpg

最後は森田さんの十八番、ボールジャグリング。7個のボールを同時にジャグリングできるのは
国内では森田さんくらいです。
ai-IMG_9775.jpg

何回もこのジャグリングは見ていますが、動きがかなり速い・・
ボールが止まらないギリギリのシャッタースピードで狙います。
ai-IMG_9780.jpg

ジャグリングしながら街並みを歩いてみたり。
この光景は丸の内ならでは。
ai-IMG_9800.jpg

7つ同時のジャグリング。しかし一個写らなかった・・・
この日は寒かったのでなかなか思うようにできなかったようです。
ai-IMG_9815.jpg

さて大道芸と言えば、毎年恒例の高円寺びっくり大道芸。今年も高円寺駅周辺で4/27,28に行われます。
昨年、このイベントのフォトコンテストで3枚の写真に賞をいただきました。その写真のうちいくつかが
パンフレットでのパフォーマー紹介で使われるようです。人気No.1ともいえる中国雑技芸術団の紹介ページに載っています。
もしかしたら印刷用パンフでは他のも使われてるかも。今年ももちろん撮りに行く予定です。
関連記事

テーマ:祭り/イベント - ジャンル:写真

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック URL
http://iwanphoto.blog15.fc2.com/tb.php/858-d7afef9c
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
 
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。