スポンサーサイト --年--月--日 スポンサー広告

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

平成25年練馬駐屯地記念行事・装備品展示 2013年04月20日 CampNerima:練馬駐屯地 トラックバック:0コメント:2

今回で練馬駐屯地の写真はおしまいです。
グランドでの戦車の撮影もできたので、最後に細かい装備品の展示などを見て回りながら出口へ向かいます。

まずは後方支援の装備。震災など災害派遣で重宝した装備です。
捜索者の探知用や、ガス・電気などの漏えい探知といった機器。
写真を撮り忘れましたが、レーダーによって瓦礫の下10mの範囲の生命探知ができるというものもありました。
aj-IMG_1113.jpg

探し当てた捜索者を救助するときなどに使える装備。
消防などでも持っているとは思いますが、自衛隊が持つことでさらに救助の効率も上がります。
aj-IMG_1115.jpg

化学防護車。化学兵器などに汚染された地域の偵察車両です。
様々なセンサーがとりつけられ、ある程度の防護装備もあります。
aj-IMG_1117.jpg

これは貯水タンク。ゴムでできているので普段は折りたたんで移動し、必要な場所でこうして展開できるわけです。
密閉性も高いので衛生面でも効果があります。
aj-IMG_1118.jpg

その貯水タンクにいれる水を精製するのも陸自の装備で可能。左から順に汚れた水を浄化していき、最終的に飲料可能な状態になります。
左から順にだんだんと目の細かいフィルターを通してきれいにしていくのですが、最後の逆浸透ろ過では水の分子より通らないほどの細かさ。
ウィルスや最近は分子レベルでは水より大きいので、このろ過によって文字通りの「真水」ができるわけです。
aj-IMG_1120.jpg

最初の長毛ろ過で使われるフィルター。ちょっと分かりづらいですが細かい長い毛がたくさんついています。
長い毛の犬や猫よりもさらに細かい毛が高密度で植えられています。これによって汚れをこしとるのです。
aj-IMG_1121.jpg

綺麗になった水を飲料にしたり、このようなお風呂に使用したり。
これも被災地で活躍して有名になりましたね。正式名称は「野外入浴セット2型」。一日あたり1200人の入浴能力があります。
aj-IMG_1122.jpg

中はこんな感じ。しっかり遮蔽されたなかで安心して入浴できるようになっています。
元々は123便墜落事故で大規模災害派遣をした際、民間会社のボランティアとして隊員向けに提供されたものでした。
それが隊員の士気向上や衛生管理で非常に役に立つことがわかり採用、被災地でも大活躍する装備になったわけです。
お風呂大好きな日本人ならではの支援装備ですね。
aj-IMG_1123.jpg

正面装備のコーナーも。120mm迫撃砲。こうしてみるとけっこう大きいですね。
aj-IMG_1124.jpg

そして今回ちょっと話題になっていた小銃類。一番上が89式5.56mm小銃、真ん中がMINIMI軽機関銃、下が01式軽対戦車誘導弾。
去年はこれは触らせてもらえました。しかし今年はこのイベントの直前に市民団体を名乗る人たちが「一般市民に銃を触らせるのは銃刀法違反」と
当時の防衛大臣や自衛隊責任者などを告訴したのです。ちゃんと法律を読めば、駐屯地イベントで実弾の入っていない小銃を触らせることが法律違反になると
解釈できるはずもなく、これまでにもこういう告発をしてすべて受け付けてもらえなかったという実績を考えたら、はっきり「嫌がらせ」といえるようなものなんですけどね・・
ただ自衛隊もお役所ですから、面倒事になることは極力避けたいということもあって今回はしっかりを鎖で固定した展示のみとなっていました。
こういうバカげた告発をするのがそもそも税金の無駄だし、平和を訴えながら中国北朝鮮の軍事行動に抗議しないダブルスタンダートな市民団体って本当に迷惑・・・
最近は自衛隊のイメージがかなり向上して生きて、そういう団体の存在意義が薄れてきた(というより主張が間違っていることがばれてきた)ことへの危機感からそういうことをするんでしょうけど。
aj-IMG_1125.jpg
aj-IMG_1126.jpg
aj-IMG_1127.jpg

ちょっと愚痴っぽいことを書き連ねてしまいましたが。81式短距離地対空誘導弾の発射ユニット。近くで見るとやはりでかいです。
あれ?ロープ張ってないけどこれは触っていいのかな?w銃刀法違反にならない?
aj-IMG_1128.jpg

87式偵察警戒車もロープなし。装甲がある車両の表面をちょっと触ってみたりできるのも、こういうイベントならではです。
aj-IMG_1129.jpg

そして10式戦車も展示してありました。これは装甲部分の機密保持のためさすがにロープで仕切られています。
aj-IMG_1132.jpg

でも近くからいろいろ撮らせてもらえます。部分部分をアップで撮ってみました。
aj-IMG_1133.jpg
aj-IMG_1134.jpg
aj-IMG_1136.jpg
aj-IMG_1137.jpg

隊員さんが置いたのか、クマのぬいぐるみ。ダッフィーかな?
aj-IMG_1141.jpg

ライブビューにして、カメラだけ持ち上げて主砲の正面から。かっこいい戦車の写真になりました。
背の低い10式だからこそ撮れる写真です。もっと大きい90式だと主砲の位置まで手が届かないんです。
aj-IMG_1152.jpg

駐屯地内に常設展示されている古い戦車もありました。61式戦車。74式の前の国産主力戦車です。
これのレプリカを角川書店が作って、映画「ぼくらの七日間戦争」や最近では「逃走中」「戦闘中」といった番組にも出てきています。
あれはレプリカであって、元は重機を改造したものなので本物ではないですよ。
aj-IMG_1153.jpg

そして61式より前に使われていたM24軽戦車。まだ自衛隊発足前の保安隊から使われていた米軍の供与品です。
当時は戦車という呼び方はせず、M24特車と呼んでいました。
aj-IMG_1154.jpg
関連記事

テーマ:自衛隊 - ジャンル:写真

コメント

私の行った最近の駐屯地祭でも、小火器は全て触らせてもらえなくなりました(・ω・`)
私も件の団体には怒りを覚えています!誰も喜ばない、完全な揚げ足取りですよね・・・!

主砲の正面写真とは!
カッコイイ!着眼点にも驚きました!まさにその発想は無かった・・・です!
  1. 2013/04/20(土) 20:53:59 |
  2. URL |
  3. サラトガ #mQop/nM.
  4. [ 編集 ]
>サラトガ さん
揚げ足どころかどうやら証拠も捏造だったみたいです。
告発に使ったのは駐屯地記念行事ではなく、外部イベントで触らせた「モデルガン」だったそうで。
つまり法的になんの問題もないと。指摘されて団体は逃げ回っているようです。
  1. 2013/04/28(日) 23:09:12 |
  2. URL |
  3. いわん #mFHYLiiU
  4. [ 編集 ]

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック URL
http://iwanphoto.blog15.fc2.com/tb.php/853-9539f8ed
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
 
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。