スポンサーサイト --年--月--日 スポンサー広告

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

平成25年練馬駐屯地記念行事・戦車展示&試乗 2013年04月19日 CampNerima:練馬駐屯地 トラックバック:0コメント:0

駐屯地記念式典が終了、観客も半分くらいは帰っていきます。
しかしまだ展示装備を撮っていないので、駐屯地の開放エリアを見て回ります。

式典が行われたグランドの隣の駐車場に、10式戦車が待機していました。
この後トレーラーに乗せられて富士にある配備駐屯地に帰るために簡単な点検中。
aj-IMG_0983.jpg

砲塔の上に備え付けられた銃架。この時は装着していませんでしたが、12.7mmM2機関銃が装備されます。
aj-IMG_0987.jpg

ずらりとならんだ10式。背の高さが隊員と比べると。世界的な主力戦車に比べても2割軽量で、
小型にまとめられている10式の大きさがよくわかります。
aj-IMG_0989.jpg

やや下からのアングルでも撮ります。キャタピラにゴムパッドが付けられています。
市街地など舗装された場所を通るとき、コンクリートやアスファルトを傷つけないためのものです。
aj-IMG_0994.jpg

主砲である44口径120mm滑腔砲。西側戦車でこのサイズの戦車砲を装備しているものはだいたいドイツのラインメタル社製。
しかし10式はそのラインメタル社製をベースに性能をアップした国産です。あまりの性能の良さにラインメタル社から共同制作を持ちかけられたほど。
武器輸出三原則というくだらない政治指針(法律ではないですよ)のために断念しましたが。
aj-IMG_0999.jpg

ちょっと引いた構図で全体像を。コンパクトにまとまっていて、前から見ると投影面積が少ないのも分かります。
aj-IMG_1004.jpg

ちょうど隊員が引いたところで並んだ10式を撮ります。
この後トレーラーに乗せられていったようです。
aj-IMG_1006.jpg

グランド内を歩いていると、別の車両を発見。車体部は10式戦車ですが上部は違います。
aj-IMG_1018.jpg

サソリのマークの部隊エンブレム。
aj-IMG_1019.jpg

前から見るとこんな形。10式戦車の車体を流用した11式装軌車回収車です。
故障・損傷した戦車を回収するための車両。10式と同じところを行動するので車体を流用しているのです。
aj-IMG_1021.jpg

操縦席の前には煙幕の発射装置。戦車回収ということは戦場にもでるわけですから、自衛用の機関銃を装備する銃架もあります。
aj-IMG_1024.jpg

そこへグランド横の道路から74式戦車が登場。戦車試乗のイベントのためにやってきました。後ろに搭乗用の籠がついています。
aj-IMG_1026.jpg

試乗が行われるグランドでは再び散水車が水をまきます。
aj-IMG_1031.jpg

細かい水しぶきが飛んでくるほどの近さ。
aj-IMG_1044.jpg

散水するところをアップにしてみると、かなり水流が強いのがわかります。
aj-IMG_1047.jpg

試乗の観客を乗せた74式戦車がやってきました。望遠で正面から狙ってみます。
連続写真で。すぐ手前のところでカーブしていきます。
aj-IMG_1067.jpg
aj-IMG_1071.jpg
aj-IMG_1080.jpg
aj-IMG_1082.jpg


今度は場所を変えて広角で。数メートル先を地響きをあげながら走っていきます。
aj-IMG_1088.jpg

砂埃がかなり舞うところでも。このターンのところが土の巻きあがりがすごかったです。
aj-IMG_1092.jpg
aj-IMG_1097.jpg
aj-IMG_1109.jpg
aj-IMG_1110.jpg

74式の一連の走行シーンを動画でも撮りました。迫力をだすためにローアングルで撮っています。
最後のシーンは文字通り砂かぶり席。カメラが砂まみれになりましたw


最後に装備品展示をアップして練馬駐屯地の写真はおしまいです。
関連記事

テーマ:自衛隊 - ジャンル:写真

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック URL
http://iwanphoto.blog15.fc2.com/tb.php/852-9125bc46
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
 
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。