スポンサーサイト --年--月--日 スポンサー広告

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

エアパーク・浜松広報館にて 2012年11月27日 ■Museum:航空機地上展示 トラックバック:0コメント:2

エアフェスタ浜松の飛行展示が終わり、いっせいにみんな帰りだします。
自分は高速バスだったので、基地からちょっと離れたバス停まで歩くことに。
その途中にエアパーク広報館があり、時間も少しあったので展示機だけ撮ることにしました。
ここには退役した空自の機体がたくさん展示されています。

屋外に展示されていた機体でその大きさが目を引くC-46D輸送機。
太平洋戦争時に米軍で使用され、戦後空自創世期に供与されたものです。
ag-IMG_2853.jpg

これも昔の機体。救難隊で使われたH-21B。
前から見るとチヌークに通じるタンデムローターの古い機体に見えますが・・・
ag-IMG_2855.jpg

機体の形はこの通り、バナナみたいな形。
これでも性能はよくて、救難でよく使われたそうです。
ag-IMG_2857.jpg

パトリオットミサイルの前に使われていた地対空ミサイル「ナイキJ」。
高高度を飛来する敵爆撃機を迎撃するためのミサイルです。
ag-IMG_2860.jpg

館内へ移動。屋内展示場の入口にブルーの模型がありました。
ついさっき見たものの模型があるのも不思議な感じ。
ag-IMG_2861.jpg

館内にはたくさんの退役機が展示されています。
その中からいくつか。これは戦後初の国産ジェット機T-1練習機。
自分が航空祭通い始めたころはまだ飛んでいました。
ag-IMG_2863.jpg

浜松基地の格納庫に飾られていたT-33A練習機。
窓からさす日の光と影との明暗がいい感じです。
ag-IMG_2868.jpg

ブルー仕様のT-2練習機。
コクピットに乗り込むことができます。
ag-IMG_2871.jpg

こちらもブルー仕様。F-86F戦闘機です。
通称「ハチロクブルー」の機体です。
ag-IMG_2873.jpg

F-86Fの発展型、F-86D「セイバードッグ」。
ag-IMG_2876.jpg

「最後の有人戦闘機」と言われたF-104J戦闘機。
三菱のライセンス生産で作られた機体ですが、そのラインの細さから「三菱鉛筆」と呼ばれていたそうです。
ag-IMG_2878.jpg

F-1支援戦闘機。機体下から光が少し入ってるのがいい感じ。
ag-IMG_2879.jpg

最後は正面に飾られているハチロクブルー。
順光、快晴でコントラストもくっきりきれいに撮れました。
ag-IMG_2880.jpg

このあとバスで東京へ。20:00には帰れるはずでしたが・・・
なんと御殿場から3時間経ってようやく伊勢原に着くほどの大渋滞。
途中下車して小田急で帰って、なんとか日付が変わる前に帰宅できました。
やっぱりケチらないで新幹線が一番いいですね。
しばらく自衛隊ネタが続いたので、次回は久しぶりに風景写真です。
関連記事

テーマ:航空機 - ジャンル:写真

コメント

浜松広報館自分も一度いってみたいと思います。
F-1以外の戦闘機なら千歳にもあるのですが、古いヘリやT-1などのをまとめてみるにはこういう施設が良さそうですね。
  1. 2012/11/30(金) 23:32:39 |
  2. URL |
  3. HAZIKE #-
  4. [ 編集 ]
>HAZIKEさん
浜松へ行く機会があれば、絶対にはずせない場所だと思います。
航空祭予行の後に見てみるのが一番ちょうどいいかなと。
  1. 2012/12/01(土) 21:02:36 |
  2. URL |
  3. いわん #mFHYLiiU
  4. [ 編集 ]

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック URL
http://iwanphoto.blog15.fc2.com/tb.php/751-270da084
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
 
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。