スポンサーサイト --年--月--日 スポンサー広告

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

平成24年度海上自衛隊観艦式・事前公開⑤訓練展示~帰投 2012年10月12日 Naval Review:自衛隊観艦式 トラックバック:0コメント:6

今回で観艦式の写真はラストです。
ヘリコプターを発艦させた後「あさゆき」は観閲部隊からやや距離をとって同航。
逆光でかなり見えづらいですが、訓練展示の様子が見えました。

「いせ」「あさゆき」から発艦したヘリ編隊が「ひゅうが」の上空をパスします。
af-IMG_5348.jpg

観閲部隊の前からLCACが高速ですれ違い。
逆光でも激しい水しぶきが分かります。
af-IMG_5359.jpg

はやぶさ級ミサイル艇の2隻がIRデコイを発射。
これは敵の赤外線探知ミサイルをかく乱させるためのものです。
af-IMG_5363.jpg

そのIRデコイが着水してもまだ煙が残って煙幕のように。
その向こうに護衛艦が通るとなんだか不思議な感じ。
af-IMG_5373.jpg
af-IMG_5377.jpg
af-IMG_5383.jpg

「ひゅうが」の前方にP-3Cから航空爆雷が投下されました。
ものすごい水柱があがります。そうとう距離がある「あさゆき」でも水中を伝わってくる
衝撃波を感じることができました。
af-IMG_5387.jpg

続いてのP-3Cはフレアを投下。ミサイル艇のIRデコイと同じようなものです。
これは間近で撮りたかったんだよなあ。
af-IMG_5402.jpg

LCACが先ほどよりも近い位置を高速で入っています。
もしかしたら順光で撮った時よりも高速かも。
af-IMG_5419.jpg
af-IMG_5423.jpg
af-IMG_5434.jpg

飛行艇のUS-2が超低空飛行で観閲部隊のすぐそばをパス。
本来なら離着水もあったんですが、波が高くて着水はなし。
でも間近を超低空で飛ぶUS-2も見たかった・・・
af-IMG_5452.jpg

US-2はその後反転して「あさゆき」の上空も飛んでくれました。
「あさゆき」の排気のゆらゆらでにじむUS-2。
af-IMG_5453.jpg

訓練展示はこれで終了。これから横須賀に帰ります。
「あさゆき」は速度をあげて一路東へ。艦首からの波が虹を発生させていました。
af-IMG_5459.jpg

東京湾が近づいたところで艦橋にあがり、その操艦の様子を撮ってみることにしました。
かなり狭いのですが、そのためにすぐ間近から操艦作業を見ることができます。
af-IMG_5460.jpg

艦長・航海長を中心としていろいろな役目の人たちが動いて艦を動かします。
船を動かすというのは緻密なチームワークが必要になるわけです。
af-IMG_5462.jpg

せっかくなので動画でも。浦賀水道航路に入る直前。
入港位置の関係から、「あさゆき」を他の護衛艦が追い越して航路に入っていきます。



追い越していく「ちはや」。一見離れているように見えますが、大型艦にとってはかなり近い距離。
相手が同じ方向に進む護衛艦ならともかく、これに小さい船があちこちから来るので気が抜けません。
af-IMG_5466.jpg

5キロ以上離れている船でも十分に警戒します。
というか5キロでは接近してくる船はかなり注意するみたいですね。
af-IMG_5471.jpg

しばらくして艦橋のすぐ横にある「ウィング」という見張所に立ってみました。
ここからは観艦式に参加した護衛艦が航行する様子がよく見えます。
「あさゆき」の右前方を航行する「たかなみ」。望遠動画で狙ってみました。


「くらま」。最初は広角。続いて望遠で。



イージス艦「ちょうかい」。ちょっと撮り方を工夫してみました。
一眼レフ動画でも、設定をきちんとしてやるとやはりきれいですね。
ただ風がすごくて、望遠だとどうしても煽られてぶれてしまいます。


民間の船も通ります。東海汽船のジェットフォイル。大島ほか伊豆七島に行きます。
機動性が高い船で、護衛艦の隊列を縫うように走っていきました。
af-IMG_5491.jpg

遠くに見える護衛艦艦隊。東京湾に入っているのでだいぶ波は収まっていました。
af-IMG_5516.jpg

ひときわ大きい「いせ」。13500tあります。
これよりさらに大きい船を作っているというのだからすごいものです。
af-IMG_5537.jpg

ウィングでは隊員が双眼鏡やコンパスなどを使って周囲の見張りを行います。
操艦公開していて、一般人がうろついているから大変だったでしょうねw
af-IMG_5542.jpg

再び艦橋の中へ。露出を暗くして、外の風景を基準に明るさを設定してみました。


浦賀航路から左前方に横須賀港を望み、入港のために南下航路を横切る「あさゆき」艦橋。
20ノットまで加速して一気に航路を横切っているところです。


横須賀港の入口まで戻ってきました。
af-IMG_5547.jpg

あわただしく入港準備が始まります。ラッパをもった隊員が登場。
このラッパの合図で入港作業が始まるとのこと。
af-IMG_5549.jpg

そして横須賀港船越岸壁に着岸するため、入港作業が始まりました。
ほとんどお客さんは下船準備をしているのですが、のんびり艦橋にいたら入港作業が始まってしまいw
そのままいても問題ないとのことなので、動画で一連の入港作業を撮りました。


艦橋からの接岸のために指示は終了。
甲板では結索で岸壁と船をつなく作業が続きます。
af-IMG_5552.jpg

あっという間に結索をつないでいきました。
奥では「ぶんご」が入港作業を行っています。
af-IMG_5554.jpg

そして下船。一日お世話になった「あさゆき」と乗員たちに感謝です。
af-IMG_5559.jpg

すっかり日も暮れてきました。朝撮った「てんりゅう」も夕日に照らされます。
この後駅まで歩いて、電車で帰宅。横須賀だと家までわりと近いので楽です・・・
af-IMG_5565.jpg

というわけで楽しかった観艦式事前公開もこれでおしまい。
次回はまた3年後。行けるといいなあ。
最後に、観艦式のまとめ動画みたいなのがありました。
2009年度版ですが、いろいろと解説がはいっていて分かりやすいかと。
時間が長いので、暇なときにでもご覧ください。


次回は新宿芸術天国から大道芸の写真です。
関連記事

テーマ:自衛隊 - ジャンル:写真

コメント

例年にも増して、今年のいわん氏は色んなものを見れてるね^^ 
US2のシルエット・・・昔の二式飛行艇とあまり変わらないね^^ いかに優れた飛行機だったか分るな~~^^
  1. 2012/10/13(土) 00:10:41 |
  2. URL |
  3. 23 #vL1oD/CQ
  4. [ 編集 ]
ひゅうがの横に落してくれた
対潜爆弾は結構な迫力でしたよ(^^ゞ

韋駄天たちひゅうがが横浜港に着いたのは
19時・・・・真っ暗でした~~
  1. 2012/10/13(土) 10:09:13 |
  2. URL |
  3. 韋駄天 #lEPD.dko
  4. [ 編集 ]
動画で見ると、やっぱすごいなぁ~と。。あのあと、あわじ・・むさし・・が頭から離れずでしたwwそれにしても、今度はひゅうがにのれるといいなぁ~と思いつつ、次回、3年後、楽しみですね^^
  1. 2012/10/13(土) 22:29:22 |
  2. URL |
  3. gilbert #-
  4. [ 編集 ]
>23さん
今年は総火演だとかいろんなものが見られて楽しいです。
空自の航空祭でなくても、楽しめるイベントがそれだけあるということですね。
  1. 2012/10/15(月) 00:11:20 |
  2. URL |
  3. いわん #mFHYLiiU
  4. [ 編集 ]
>韋駄天さん
爆雷の爆発は間近で見たかったなあと思います。衝撃波もあったでしょうね。
「ひゅうが」は大桟橋だから到着するのに時間がかかるみたいですね。
隊列も後ろの方だったし。
  1. 2012/10/15(月) 00:13:25 |
  2. URL |
  3. いわん #mFHYLiiU
  4. [ 編集 ]
>gilbertさん
船の上での指示ははっきりした声で行うことも大事なので、印象に残るんでしょうね。
まさか入港作業を艦橋で見られるとは思わなかったので驚きでした。
  1. 2012/10/15(月) 00:15:32 |
  2. URL |
  3. いわん #mFHYLiiU
  4. [ 編集 ]

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック URL
http://iwanphoto.blog15.fc2.com/tb.php/708-ff49f97a
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
 
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。