スポンサーサイト --年--月--日 スポンサー広告

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

平成24年度海上自衛隊観艦式・事前公開④観閲 2012年10月11日 Naval Review:自衛隊観艦式 トラックバック:0コメント:6

横須賀を出港して3時間半。ようやく観艦式の本編が始まります。
乗艦した「あさゆき」は受閲側の艦になるので、観閲部隊から見られる形での航行。
まずは観閲部隊と受閲部隊が単縦陣ですれ違います。

「あさゆき」から見て左舷側を観閲部隊が通過します。
最初にやってきたのは先導艦「ゆうだち」。人がいっぱいですね。
af-IMG_5195.jpg

続いて観閲艦「くらま」。本番ではこの艦に観閲官である総理大臣が乗ります。
艦齢の古い艦で更新用の代替艦も建造が決まっているので、次の2016年観艦式が最後かな。
af-IMG_5203.jpg

その後ろから随伴艦の「ひゅうが」。海上自衛隊最大の護衛艦です。
この甲板のどこかに韋駄天さんたちがいるはず。と言っても等倍で拡大しても分かりませんがw
af-IMG_5207.jpg

先行する「くらま」を斜め後ろから。富士山をバックに。
後部の飛行甲板にもたくさん人がいます。
af-IMG_5210.jpg

イージス艦「あたご」。他の護衛艦にはない雰囲気がありますね。
さすが最強の防空システム艦。
af-IMG_5214.jpg

その後ろからは「あきづき」。最近就役したばかりの護衛艦です。
イージス艦ほどではないですが、防空能力が卓越しています。
af-IMG_5221.jpg

「あきづき」を後ろから。ステルス性を意識した角ばったデザインが特長的です。
af-IMG_5231.jpg

観閲部隊とすれ違いが終わり、その隊列を後ろから。
大型艦が多いから遠目でも絵になりますね。
af-IMG_5232.jpg

観閲が終わると、続いて訓練展示に移ります。
ここからは受閲艦である「あさゆき」は出番以外は舞台裏で待機するような形になります。
前方から、訓練展示の受閲部隊第2群である「たかなみ」「おおなみ」がやってきました。
af-IMG_5236.jpg

「あさゆき」の後方には潜水艦部隊。
相模湾の北東から強い風が吹いているのですが、その風上に近いところにきたせいか
受閲前よりさらに波が高くなっています。
af-IMG_5244.jpg

と、そこへヘリの大編隊。この編隊も後程受閲されます。
これもまた観艦式らしい、勇壮な構図。
af-IMG_5249.jpg

艦隊はさらにスピードアップ。潜水艦はすごいことになってます。
この後部隊が離脱して見えなくなりました。
af-IMG_5254.jpg

しばらくすると、今度は左舷側に小型の高速船舶の一隊が見えました。
手前のホバークラフトが上陸用のLCAC、奥がミサイル艇はやぶさ型の「しらたか」です。
af-IMG_5262.jpg

手前のLCACは最大速度はなんと70ノット。時速にして時速130キロ近いスピードが出ます。
もちろん上陸用の装備を搭載すれば速度は低下しますが、それでも40ノット以上が可能。
af-IMG_5269.jpg

ミサイル艇とLCACは2隻ずつ参加していました。LCACの方が速度が速いので、ミサイル艇を追い抜く形に。
それでもミサイル艇も最大44ノット、時速70キロ以上の高速で航行することができます。
af-IMG_5275.jpg

白波もたつやや荒れた海面を高速で疾走する姿は素晴らしいの一言。
順光なのできれいに写すことができました。残念だったのは、これを間近で見られなかったこと。
次の観艦式では、観閲側の艦艇からこの高速疾走を間近で見てみたいものです。
af-IMG_5282.jpg
af-IMG_5300.jpg
af-IMG_5305.jpg

LCACとミサイル艇の高速航行を見ていると、「あさゆき」がターンに入りました。
ヘリを発艦させる訓練展示で、観閲部隊と再度すれ違うためです。
奥の白波が立っている海面に対して、手前側が滑らかな海面になっているのが分かるでしょうか。
「あさゆき」のターンによって、そのカーブの内側が一時的に波が収まっているのです。
af-IMG_5311.jpg

前方には先行する「いせ」。こちらもヘリコプターの発艦展示のため、ヘリのローターを回しています。
ひゅうが型護衛艦である「いせ」は同時に3機のヘリコプターを発艦させることができます。
af-IMG_5313.jpg

左前方から観閲部隊が近づいてきました。
「いせ」が右側へターン。同時に「あさゆき」も右へ回頭し始めます。
af-IMG_5317.jpg

観閲部隊は2列の縦陣。遠目に逆光で見ると迫力ありますね。
向こうからはこちらはちょっと遠くてよく見えなかったそうですが。
af-IMG_5320.jpg

「いせ」の飛行甲板からSH-60Kが発艦しました。
これには写ってませんが、同時に他の2機も飛び立っています。
af-IMG_5330.jpg

そして「あさゆき」の飛行甲板からも1機のSH-60Kが発艦。
遠目に「いせ」を見ながら飛び去っていきました。
af-IMG_5343.jpg

次回で観艦式の写真はラストです。
関連記事

テーマ:自衛隊 - ジャンル:写真

コメント

おお~潜水艦の後ろにあんなにヘリがいたのに・・・気がつかなった・・・(ToT)
潜水艦とかどうやって見分けられるんだろうと思いつつ、初めて知りましたwでも動いてる潜水艦、ほんと感激ものでした。。
  1. 2012/10/11(木) 23:44:44 |
  2. URL |
  3. gilbert #-
  4. [ 編集 ]
ひゅうが撮っていただきありがとうございます(*^^)v

自分の乗ってる艦艇は海の上では
見れませんからね(^^ゞ

韋駄天は真ん中よりちょっと後ろで
陣取りました~(*^^)v

ホバークラフトとミサイル艇が
今回の目玉??
あとはあきづきかな??
連合艦隊時代の最優秀駆逐艦と
韋駄天は思ってます(*^^)v
  1. 2012/10/12(金) 10:29:16 |
  2. URL |
  3. 韋駄天 #lEPD.dko
  4. [ 編集 ]
>gilbertさん
参加した潜水艦の名前はパンフレットにのってましたよ。あとは形で見分けるかなと。
潜水艦に気をとられて、航空部隊が撮れなかったのはちょっと失敗でした。
  1. 2012/10/12(金) 23:27:34 |
  2. URL |
  3. いわん #mFHYLiiU
  4. [ 編集 ]
>韋駄天さん
観艦式はいろんな視点から見ることができて、それぞれに面白さがありますよね。
あきづきはもう観艦式に参加したのか、とちょっと驚きでした。
LCACの疾走が見られたのがよかったです。
  1. 2012/10/12(金) 23:30:09 |
  2. URL |
  3. いわん #mFHYLiiU
  4. [ 編集 ]
お疲れ様です!あきづき楽しまれたようですね♪
私はあたごに乗ってたので思わず自分を探したりw
観艦式の写真、自分はまだ見直しかけながらなのにお仕事早いなぁ。

受閲部隊は訓練展示は遠いのですが、潜水艦前後の艦艇は貴重なビューポイントですし、観閲部隊は航空観閲までド逆光なのと後ろの艦艇はやっぱりちと遠い。観閲付属は終日順光ですが訓練展示が場合によっては観閲部隊の陰、…正直どれも一長一短。逆に言えば「外れの艦艇はない」と思っております。
あのロケーションで何十隻もの艦艇が航行するシーンが見られること自体がすごく贅沢ですしね♪

富士山とのショットや回頭シーンなどいい写真が多くて眼福です!自分の見返すの嫌になってきましたwww
  1. 2012/10/13(土) 00:59:35 |
  2. URL |
  3. 鹿月うさこ #jEFD2zn2
  4. [ 編集 ]
>鹿月うさこさん
お疲れ様でした。
今回初めての観艦式でしたが、ふだん見られないものが見られて楽しかったです。
次はぜひ観閲側で見てみたいとも思いますね。
それぞれで楽しいシーンがあるので、3年後が楽しみです。
  1. 2012/10/15(月) 00:08:18 |
  2. URL |
  3. いわん #mFHYLiiU
  4. [ 編集 ]

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック URL
http://iwanphoto.blog15.fc2.com/tb.php/707-f797d5b0
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
 
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。