スポンサーサイト --年--月--日 スポンサー広告

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

横田基地フレンドシップデー・レースカー&U-2 2012年08月24日 YokotaAirBase:横田基地 トラックバック:0コメント:0

たくさんの展示機を撮り終えて、屋台のエリアへ戻ってきました。
お昼ご飯と飲み物を物色しつつ、このエリアに展示してあったものを撮りました。

毎年横田で展示されるお馴染みのものですが、レーシングカー。
アメリカンなドラッグレースで使われるマシンです。これはファニーカー。
子供連れの人は「カーズだ」と言ってましたが、ちょっと違うw
ae-IMG_0181.jpg

これはドラッグカーレースでよく見るマシン。400mを5秒弱でダッシュする力があります。
トップフューエルドラッグスターというそうです。カラーリングがかっこいい!
ae-IMG_0183.jpg

逆光気味になったところをアンダーで。
1時間に1回くらい、エンジンを始動させてその爆音を響かせていました。
ae-IMG_0184.jpg

これもドラッグカーレースで使われるマシン。
プロストックバイクというやはり直線仕様のバイクです。
ae-IMG_0186.jpg

もう一つトップフューエルドラッグスターが展示されていたところへ、レースクィーンのオネエサン登場。
願ってもないシチュエーションですねwもちろん望遠に付け替えてばっちり撮りますw
ae-IMG_0192.jpg

サングラスかけているのがちょっと残念ではありますが。
周りにでかいカメラを持っている人がいなかったためか、視線を独占できましたw
ae-IMG_0194.jpg

おっと、マシン全体も撮らないとw
こういう長いマシンは斜めにするとかえって安定した構図になりますね。
ae-IMG_0198.jpg

でもやっぱりこっちに目がいってしまうw
横田は地上展示ばっかりだからといって、広角レンズだけではいけません。
こういうこともあるのでw
ae-IMG_0201.jpg

他のマシンも撮ります。真っ黒のエンジンがやたらでかいマシン。
できれば横から撮りたかったかな。
ae-IMG_0203.jpg

クラシカルな車も飾ってありました。ナンバーがあったのでこれで公道走るんでしょうね。
横田基地がある福生界隈では、クラシカルな車をけっこう見かけます。
アメリカンな雰囲気が、そういう趣味の人を集めるのかも。
ae-IMG_0204.jpg

さて、車を撮って屋台でお昼を買って。滑走路の近くで食べていたら周りがなにやら空に注目。
何か飛んでくるのかな・・・と思っていたらなんとやってきたのはこの機体。
韓国に配備されている高高度偵察機、というかスパイ機のほうがしっくりくるかな。U-2が飛んできました。
ae-IMG_0212.jpg

この機体が配備されたころ、迎撃の対空ミサイルが届かない高度を飛んで領空侵犯し、偵察を行っていました。
古くはキューバ危機でも話題になった古い機体です。
ae-IMG_0226.jpg

土曜日に飛来することはわかっていたのですが、まさか日曜も飛んでくるとは。
脚を降ろしていますが、前後に一つずつしかありません。これは徹底した軽量化によるもので
着陸するときは一輪車のようにバランスをとりながらランディングし、速度をじゅうぶんに落としてから翼の先を接地させて止まります。
そのあと翼の先に取り外しができる補助輪をつけて格納庫へ向かい、離陸するときに外れるようになっています。
ae-IMG_0232.jpg

今回は2パスのみでした。2回目のパスで、途中でエンジン音があがり急上昇。
といっても戦闘機のようにはいきませんが。
ae-IMG_0239.jpg

長い翼で風をとらえるようにゆっくりと上昇していき、そのまま見えなくなりました。
現在の戦闘機よりはるかに高い25000mまで上昇することができます。(F-22でも実用高度は15000m)
非常に高い高度を飛ぶため、パイロットは宇宙服のような与圧服を着て任務にあたるのです。
ae-IMG_0241.jpg

晴れていてラプター他珍しい機体を撮れただけでも満足でしたが、さらにこんなサプライズもあるとは。
今年の横田、2日目は大当たりでした。続いても飛行展示の写真です。横田基地所属のC-130が登場です。
関連記事

テーマ:航空機 - ジャンル:写真

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック URL
http://iwanphoto.blog15.fc2.com/tb.php/657-5d7c0273
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
 
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。