スポンサーサイト --年--月--日 スポンサー広告

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

靖国神社みたま祭り2012③奉納演武・新陰流正伝上泉会 2012年07月18日 Festival:お祭り トラックバック:0コメント:7

いやはや、久しぶりに仕事テンパってますw残業代稼いで、秋の航空祭資金にしたいので頑張りますが。
さて、靖国神社の昼の部。奉納された芸能・武芸の続きです。今回は新陰流正伝上泉会による演武。
新陰流と言えば、上泉信綱から始まり柳生石舟斎、柳生十兵衛など歴史上の剣豪たちから伝わる日本の武術でも最高峰の一つ。
その支部が千代田区にもあり、毎年武芸の奉納を行っています。

まずは女性剣士が登場。持っているのは袋竹刀と言って、竹を割ったものを袋に入れて木刀の代わりにするものです。
始祖上泉信綱が考案し、その弟子の疋田景兼はこの袋竹刀をもって木刀を手にした若かりし柳生石舟斎と立会い、
3本を連続で取って圧勝したという逸話があります。そして力不足を痛感した石舟斎は信綱に弟子入りし、柳生新陰流へとつながります。
ad-IMG_7225.jpg

袋竹刀の利点は、本気で打ち込んでも相手が怪我をしないこと。本気の稽古を怪我の心配なく続けられることで武術の向上へと直結します。
よってこの演武も本気の打ち込み。もちろんシナリオはありますが、表情を見ると鬼気迫るものがあります。
ad-IMG_7231.jpg

現代に伝わる「型」の演武を順番に披露していきます。
舞台の横から撮ることで、人を重ねて写し緊迫感を出してみました。
ad-IMG_7234.jpg

失礼ながら、見た目はただのオジサンなんですけどねw
打ち込みのスピードとか、やはり只者ではありません。
ad-IMG_7251.jpg

決まった型に基づいているとはいえ、きっちり止めるにはシャッタースピードも足りないくらい速いスピード。
体がブレない程度に逆にシャッターを遅くしてみました。
ad-IMG_7258.jpg

ほとんどの型で、手前側の人が「受け側」になります。
よってこちらを向いている人が打ち込んでくる形。
ad-IMG_7284.jpg

木刀での演武もありました。もちろん体には打ち込みませんが。
ad-IMG_7296.jpg

しかし袋竹刀と違って、一歩間違えれば怪我をする可能性もあります。
この辺はベテランの剣士が演武を行うのでしょうね。
ad-IMG_7301.jpg

女性剣士再び。上泉会は常時門下生を募集していて、さまざまな人が入門してくるそうです。
うちからも近いから、息子にも習わせてみたいものです。
ad-IMG_7313.jpg

後半になると、お年を召した、しかし佇まいが尋常でない人たちが出てきます。
打ち合いにおいてもしっかり相手をにらみ、一閃の切り返しを狙っています。
ad-IMG_7343.jpg

打ち込んできた中段?に対して、上段から完全に抑え込んでいます。
そして相手を見据えたこの表情。実戦ならば、次の瞬間には切られてしまいそうですw
ad-IMG_7354.jpg


最初にでてきた女性剣士が再び登場。真剣なまなざし。
しかし出番がきて正座から立ち上がるとき、足がしびれたのかちょっと躓いたのを見てしまいましたがw
ad-IMG_7371.jpg

でも打ち込みはやはりすごいですね。
袖しか写っていませんが、相手の受け手は師範クラスのお偉いさんのようでした。
ad-IMG_7374.jpg

そのお偉いさんがこちらの方。見た目優しそうだし、瞬間の表情を見ても鬼気迫るものはありませんが。
動きにまったく無駄がないというか、撮っていても全然追い付けないのです。なのでこのような写真しか撮れなかった…
ad-IMG_7384.jpg

最後は抜刀術も披露してくれました。暗い中で光る白刃。そしてオーラを感じる佇まいの剣士。
ad-IMG_7396.jpg

手前に能楽堂の手すりがあったこともあるのですが、なにしろ抜刀の瞬間が速すぎる、
予備動作もほとんどないのでまったくと言っていいほど撮れませんでした。
動き物にはそれなりの自信があるつもりでしたが、まだまだ世の中広いですね。
ad-IMG_7400.jpg

ここまで演武を見た後、お目当ての見世物小屋へ。
でも日曜も見世物小屋に行ったので、写真はあとでまとめてアップします。
次回からは夜の部。コメント返し遅れます。すいません。
関連記事

テーマ:祭り/イベント - ジャンル:写真

コメント

こんばんは
カッコイイですね~~
剣を持っておいでの方々の目の鋭さ!
僕も武道をやっていたので、真剣勝負の
気迫が伝わって来ます^^
見事な画ばかりで感動を頂きました^^

今日は色々とアドバイスを頂き、ありがとうございます^^
これからも練習してみたいと思いますので
よろしくお願いします!
  1. 2012/07/18(水) 21:47:07 |
  2. URL |
  3. 土佐けん #tHX44QXM
  4. [ 編集 ]
剣を抜く・・・
いわん師匠でもまったく撮れない速さって(^^ゞ

見てみたいものです(*^^)v
  1. 2012/07/19(木) 11:59:15 |
  2. URL |
  3. 韋駄天 #lEPD.dko
  4. [ 編集 ]
管理人のみ閲覧できます
このコメントは管理人のみ閲覧できます
  1. 2012/07/19(木) 19:18:33 |
  2. |
  3. #
  4. [ 編集 ]
>土佐けんさん
武道をやっていた人だと、こういうのは見ていてさらに面白いでしょうね。
今回は撮るのがほぼ初めての被写体ですが、その良さに救われた感があります。
  1. 2012/07/20(金) 00:58:25 |
  2. URL |
  3. いわん #GjeyJFbA
  4. [ 編集 ]
> 韋駄天さん
なにしろ剣士自身の間合い、感覚で抜きますからね。
このくらいの達人だと、いつ抜くのかがわからないし予備動作がないのがつらいです。
  1. 2012/07/20(金) 00:59:32 |
  2. URL |
  3. いわん #XtL16ATs
  4. [ 編集 ]
>鍵コメさん
了解いたしました。
そちらのほうに鍵コメでお返事いたしましたので。
よろしくお願いいたします。
  1. 2012/07/20(金) 01:00:12 |
  2. URL |
  3. いわん #/YcwqrDY
  4. [ 編集 ]
才オォ(*・ω・*)ォオ才
桜の時期に行った静寂の中にあったこの能楽堂
剣道でも防具ないぶん緊張感絶大の妙技ですね
昼間の御霊祭りは行ったことないから
行きたかったのですけど・・・・
あの激アツの経験から腰がひけて参加断念しました^^;;
  1. 2012/07/20(金) 17:06:09 |
  2. URL |
  3. 伯苑 #-
  4. [ 編集 ]

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック URL
http://iwanphoto.blog15.fc2.com/tb.php/628-e1c91fb0
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
 
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。