スポンサーサイト --年--月--日 スポンサー広告

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

横須賀軍港めぐり① 2012年06月09日 FA Yokosuka:横須賀基地 トラックバック:0コメント:3

記念艦三笠を見学した後は、三笠公園から少し歩いて汐入桟橋へ。
ここから船に乗って、横須賀軍港をめぐるクルージングに出ます。

これが軍港めぐりで使われる遊覧船。定員があるため予約制ですが
天気が良ければ上のデッキも開放され、その分の定員のチケットは当日券売りされます。
ちなみにけっこう人気があるので、休みの日に乗るには10日前くらいまでにはご予約を。
ad-IMG_3575.jpg

日差しが暑かったですが、やはり眺めの良さがあるので上の開放デッキへ。
12:00ぴったりに出港します。まず見えてきたのが黒い船体。
海上自衛隊の潜水艦です。おそらく「おやしお」型ではありますが艦名は不明。なにしろ機密の塊ですから。
ad-IMG_3578.jpg

停泊中でも当直の隊員が見張りを行います。
黒い鋼鉄の船体なので、これからの時期非常に熱くなって当直がつらくなるとか。
ad-IMG_3579.jpg

船が通り過ぎるところで、帽ふれの体勢。
この辺はやっぱり日頃から運行している軍港めぐりの船への信頼感でしょうね。
ad-IMG_3584.jpg

続いて白い大きな船が見えてきました。ホテルシップと呼ばれる宿泊施設です。
横須賀に停泊する船には乗組員がたくさんいて、ふだんはそれぞれの船で寝泊まりします。
しかしその船が修理などでドッグ入りすると寝る場所がなくなるので、その代わりになるのがこの船とか。
航行する必要もないので、エンジンなど不要なものはすべて撤去され、1000人の隊員が寝泊まりできるそうです。
ad-IMG_3587.jpg

そのホテルシップに寝泊まりしている隊員かな。
デッキの上で日光浴してました。こちらも遊覧船に手を振ったり声をかけたりしてくれました。
ad-IMG_3589.jpg

ホテルシップに泊まっている隊員たちが乗る船でしょうか。
ドックに入渠して修理を行う船。おそらくアーレイ・バーク級のミサイル駆逐艦=イージス艦です。艦名は不明。
ad-IMG_3594.jpg

修理中ではない船も見えてきました。こちらもイージス艦です。
艦橋の窓の下にある、色の薄い八角形の板。これがイージス艦の特徴です。
ad-IMG_3602.jpg

珍しい船が泊まっていました。フランス海軍の情報収集艦「デュピュイ・ド・ローム」です。
世界一周の航海でもしていたのか、北朝鮮関連の情報でも集めていたのか不明ですが。
ad-IMG_3613.jpg

先ほど艦上構造物だけ見えていたイージス艦の後ろを通ります。
艦名を確認すると「カーティス・ウィルバー」とありました。米軍のイージス艦で
初めて女性乗組員が誕生した船でもあります。
ad-IMG_3618.jpg

またイージス艦が見えてきました。番号から調べてみると「ジョン・S・マケイン」。
本来この位置には原子力空母「ジョージ・ワシントン」が停泊しているはずなのですが
この前日に出港してしまったそうです。見たかったんだけどなあ。
ad-IMG_3620.jpg

これもイージス艦。「フィッツジェラルド」という船で、ミサイル防衛を任務としています。
本来イージス艦は空母を中心とした艦隊防空が任務ですが、最近では弾道ミサイルなどへの対処も行っています。
ad-IMG_3623.jpg

米軍の船が停泊しているエリアを抜けて、いったん港の外に出ます。
遠くに大きな構造物が見えてきました。住友重機械の造船所にあるクレーンです。
高さが100mくらいあるんだっけかな。よく見るとお椀のようなものがありますが、おそらく建造中の船でしょう。
ad-IMG_3632.jpg

港の外側をまわって、再び湾のなかへ。今まで見てきたのが横須賀本港地区で、その隣にあるのがこの長浦港。
海上自衛隊の艦船が多く停泊しています。
ad-IMG_3640.jpg

二隻、大きな船が泊まっています。5104が「わかさ」、5105が「にちなん」。
いずれも海洋観測船となっています。
ad-IMG_3647.jpg

船首にある大きな構造物が特徴。たぶんこれはクレーンで、観測用の機材を降ろしたりするんでしょうね。
ad-IMG_3651.jpg

これも大きな船。掃海母艦の「うらが」です。
海の機雷を排除するための、掃海艦の母艦としての機能があります。
ad-IMG_3653.jpg

港の中ほどにたたずむ、番号の消された船。試験艦「くりはま」です。
今年の4/6に退役し、そのうち処分されるのを待っているんでしょうね。
ad-IMG_3658.jpg

「うらが」を横から見た図。全長は141mなのでけっこうな大きさがあります。
ad-IMG_3660.jpg

複雑な感じの構造物が見える「ちよだ」。潜水艦救難母艦です。
のちほど詳しい写真をアップします。
ad-IMG_3663.jpg

こちらもちょっと珍しい船。機雷を処分するための掃海艦「やえやま」です。
何が珍しいかというと、この船木製。木製の船としては世界最大だそうです。
ad-IMG_3667.jpg

機雷は船の磁気に反応して爆発するものが多く、そのために掃海艦は昔から木製であることが多いのです。
しかし木製で大きな船を作るにはコストもかかるし、耐久性も低い。
次期掃海艦は木製ではなく、強化プラスチック製になることが決まっているそうです。
ad-IMG_3670.jpg

枚数が多いので、軍港めぐりの写真は続きます。
関連記事

テーマ:海のある風景 - ジャンル:写真

コメント

ジョージワシントンは、いつも見たいと思った時にはいない・・もんだなぁ~としみじみです。それにしても、地雷除去の船が木製とは初めて知りました。
  1. 2012/06/10(日) 09:39:38 |
  2. URL |
  3. gilbert #-
  4. [ 編集 ]
>gilbertさん
おととしだったか、クリスマス前の公開ではジョージ・ワシントン乗ったんですけどね。
それ以来どうも都合が合わないというか。8月の公開時もいないだろうなあと。
  1. 2012/06/10(日) 21:17:17 |
  2. URL |
  3. いわん #3fuzEUiM
  4. [ 編集 ]
軍港にはいろいろなものがあるんですね~ホテル船とは知りませんでした。

自衛隊も災害派遣につくっておくといいかも(^_^;)

そしてフランス。先日はインド海軍も来ていたとか

さりげなく各国が行き来してるんですね~
  1. 2012/06/11(月) 16:09:12 |
  2. URL |
  3. 韋駄天 #lEPD.dko
  4. [ 編集 ]

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック URL
http://iwanphoto.blog15.fc2.com/tb.php/597-242d9077
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
 
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。