スポンサーサイト --年--月--日 スポンサー広告

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

記念艦三笠・日本海海戦戦勝記念日に② 2012年06月08日 ■CivilianShips:民間船舶 トラックバック:0コメント:2

日本海海戦記念日に撮った、記念艦三笠の写真。
自分たちが行ったのは開館直後だったのでまだ準備中でしたが、盛大なイベントが行われたようです。
ただこういう日に、政治家がまったくタッチしないというのもいかがなものかと思いますけどね・・・
防衛省管轄の記念艦なので、海自の隊員さんが何名かは来ていましたが、他は民間の団体のみ。
戦争をたたえるのではなく、先人たちが残したものに対して敬うことをする。当たり前のことだと思うのですが・・

さて、艦上から見渡す風景はなかなかのものです。
遠く猿島から一隻の船がやってきました。猿島と三笠公園を結ぶ船です。
そのうち猿島にも行ってみたいものですね。
ad-IMG_3543.jpg

また煙突部分を撮ってみました。
レプリカとはいえ、巨大な構造物というのは萌え要素があるなとw
ad-IMG_3544.jpg

上の写真から、煙突を挟んで反対側から。
光の加減がいい感じです。
ad-IMG_3547.jpg

舷側には補助砲がたくさん置かれています。
一部壊れているものもありますが、仰角などを変えるハンドルを動かすことができます。
ad-IMG_3549.jpg

砲の質感がよかったので、マクロっぽく。
アンダーで撮ってみました。
ad-IMG_3551.jpg

広角ですがこれもマクロらしく。
手打ちの鉄の質感がたまらないです。
ad-IMG_3553.jpg

艦内にも展示物があります。
副砲の弾丸装填の様子を人形で展示してあるものも。
一門の砲を撃つのに、10人の兵士の労力を必要とします。
ad-IMG_3555.jpg

このころの旭日旗は赤いラインが少なめですね。
ad-IMG_3556.jpg

参謀などが会議をするきれいな部屋にも砲。
会議中は撃ってはいけないのかな?w
ad-IMG_3557.jpg

艦内は決して広くはないのですが、それでもけっこうなスペースを使っています。
連合艦隊の旗艦として、必要な設備なんでしょうね。
ad-IMG_3559.jpg

後部主砲を見渡す23。砲塔の前には、実際に使われた砲弾が置かれていました。
ad-IMG_3560.jpg

後ろからマストを見上げます。
それにしてもいい天気。
ad-IMG_3562.jpg

艦を降りて、横から一枚。
たくさんでている副砲が威容を誇ります。
ad-IMG_3564.jpg

最後に東郷提督の象と三笠を。
ad-IMG_3567.jpg

三笠の見学はこれでおしまい。
続いては横須賀の軍港めぐりに向かいます。
関連記事

テーマ:海のある風景 - ジャンル:写真

コメント

猿島は、砲台のあととかよくまぁ~こういうトンネルをつくったなぁ~という感じで楽しいところかも。。おすすめです^^
三笠は、ホント、いい戦艦だなぁ~と思うと同時に、私の場合は、どうしても秋山真之があたまをよぎります。。
  1. 2012/06/08(金) 22:25:49 |
  2. URL |
  3. gilbert #-
  4. [ 編集 ]
>gilbertさん
猿島は昔行ったことがありますが、確かに魅力的なものがいっぱいですね。
今は基地のほうに行くことが多いけど、時間があったら行ってみたいです。
  1. 2012/06/10(日) 21:15:07 |
  2. URL |
  3. いわん #3fuzEUiM
  4. [ 編集 ]

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック URL
http://iwanphoto.blog15.fc2.com/tb.php/596-e175f6dc
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
 
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。