スポンサーサイト --年--月--日 スポンサー広告

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

練馬駐屯地記念行事⑤装備品展示 2012年04月12日 CampNerima:練馬駐屯地 トラックバック:0コメント:2

練馬駐屯地の写真も今回でラストです。
訓練展示が終わるとグランドが解放されて、155mm榴弾砲(FH70)などが近くで見られるように。
他にも見たいものがあったので駐屯地内をうろついてみました。

グランドに残されたでっかい轍。74式戦車が超信地旋回(その場での回転による方向転換)の跡。
戦車が舗装してある道路を走るとアスファルトが剥がれることがあるそうですが、まあ納得。
ac-IMG_9176.jpg

FH70の近くまで行ってみました。
砲身の長さは6mほどあり、広角でもなかなか入りきりません。
ac-IMG_9178.jpg

砲を後ろから見たところ。砲弾を装填する装置になります。
弾を撃つのに9名の人員を必要とし、その連携が射撃速度などに反映するわけです。
ac-IMG_9183.jpg

FH70のところからまた移動すると、駐車場に展示を終えた74式戦車が。
隊員が長い棒を持って、砲身のなかを掃除していました。意外とアナログなんですね。
ac-IMG_9186.jpg

74式は長距離移動するときなどは砲塔を後ろ向きにします。
この写真では左が前、右が後ろになるわけです。
ac-IMG_9189.jpg

FH70のところに戻ると、砲などが折りたたまれ移動の準備を行っていました。
ac-IMG_9190.jpg

74式のところに行ってたのが5分足らず。その間にこんなにしまっちゃうなんて。
ちなみにこういう火砲は実戦では一所に留まって撃ちつづけることはありません。
レーダーなどで発射位置を特定されればすぐさま反撃を受けるので、
ある程度撃ったらすぐに移動する必要があるのです。
ac-IMG_9195.jpg

このFH70は短距離であれば砲に備付の小さいエンジンで移動できます。
しかし速度も遅いので、長距離の移動ではトラックで牽引する必要があります。
ac-IMG_9202.jpg

しばらくすると、74式の試乗が始まりました。整理券をもらうと74式につけられた籠に乗り
戦車の走行を生で体験することができます。今回は人気もあり待ち時間が多いのでパス。
ac-IMG_9205.jpg

訓練展示のときよりもさらに近くで撮ることができます。
目の前を通過するときは、足元の地面がゴゴゴと揺れました。
ac-IMG_9207.jpg

そしてすごい土煙。カメラに埃が付かないように、すぐに離れて撮影します。
ac-IMG_9208.jpg

それにしても乗っている人は楽しそうですね。
子供連れできたなら並んででも乗せたいです。
ac-IMG_9210.jpg

さて、グランドを後にして別の装備品を見に移動。
途中見事な桜を発見。自衛隊の駐屯地・基地には桜がよく咲いています。
ac-IMG_9217.jpg

駐屯地内のスペースの一角で装備品の展示。これは87式対戦車誘導弾かな。
ac-IMG_9219.jpg

震災などの被災地ではよく見る野外炊具1号。これだけで600人分のご飯が炊けるそうです。
お米だけでなく、汁物や他のおかずも作れるとか。ただ料理の効率からするとご飯がいいそうです。
ac-IMG_9225.jpg

その隣にはテント。幟には「練馬の湯」とあります。TVでよく紹介される仮説のお風呂です。
これも被災地では大活躍でしたね。名前は野外入浴セット2型。1200人の入浴をまかなえます。
ac-IMG_9230.jpg

お湯もきちんと適温を維持できるようにボイラー装置なども含まれています。
テントは遮光性、保温性に優れていて、ゆっくりお風呂を楽しめるそうで。
ac-IMG_9231.jpg

退役したものかわかりませんが、74式戦車。
新しい10式が導入され始めていて、老朽化もあり近い将来いなくなるそうです。
ac-IMG_9233.jpg

最後はまた駐屯地の桜。
ac-IMG_9235.jpg

というわけで練馬駐屯地の写真でした。
初めてここのイベントに来ましたが、なかなか充実していて楽しめる内容。
今後熊谷のさくら祭りが不調でもこちらにくれば楽しめそうです。
関連記事

テーマ:自衛隊 - ジャンル:写真

コメント

お風呂の展示ははじめてみましたね!

一度体験入浴したいものです(^^ゞ
  1. 2012/04/13(金) 13:27:51 |
  2. URL |
  3. 韋駄天 #lEPD.dko
  4. [ 編集 ]
>韋駄天さん
後方支援の部隊がいる駐屯地だとおふろセットがあるみたいですね。
入浴はできませんでしたが、手を付けてみたらいい湯加減でした。
  1. 2012/04/16(月) 23:05:10 |
  2. URL |
  3. いわん #/YcwqrDY
  4. [ 編集 ]

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック URL
http://iwanphoto.blog15.fc2.com/tb.php/549-925d7049
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
 
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。