スポンサーサイト --年--月--日 スポンサー広告

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

航空科学博物館 2012年02月08日 ■Museum:航空機地上展示 トラックバック:0コメント:4

成田空港での飛行機見学の続き。展望デッキで離着陸機を見た後はバスターミナルへ移動して
隣接する航空科学博物館行のバスに乗ります。15分ほどで博物館着。
ここは日本で最初の民間航空科学博物館になっています。

館内に入ると最初に目につくのがB747の1/8モデル。
左下に見えるコクピットで操縦することで、実際の機体と同じ動きをします。
このシュミレーターは大人気で、すぐに整理券がなくなってしまいます。
ac-IMG_3134.jpg

片隅に置いてあるのがDC-8という昔のジェット機のコクピット。
とてもレトロな雰囲気です。息子は機長席と副機長席で操縦桿が連動して動くのに驚いていました。
ac-IMG_3135.jpg

DC-8の機関士席。いっぱいスイッチがあります。
今はパイロット2人が当たり前ですが、昔は機関士も含めて3人体制で動かしていたんですねえ。
ac-IMG_3138.jpg

2階にあがったところでB747の模型が動いていました。ちょうど離陸する動きのところです。
左旋回しているのですが、右主翼と左主翼で補助翼の動きが逆になっているのがわかるでしょうか。
ac-IMG_3141.jpg

日本の戦前の旅客機、三菱MC20の模型です。爆撃機をベースにつくってあるそうで。
下はわからないや
ac-IMG_3143.jpg

日本の名機の模型がたくさん置いてありましたが、中でも目立ったのがこれ。
1938年に当時の長距離飛行記録を作った機体です。
ac-IMG_3146.jpg

これも長距離飛行の試験機、キ77です。
戦争中にドイツへの無着陸飛行を目指したましたが、途中で行方不明になっています。
ac-IMG_3148.jpg

各航空会社歴代のスチュワーデスの制服を着たバービー人形。
しかし姪っ子はまるで興味を示さず、コクピットに夢中でしたw
ac-IMG_3152.jpg

B747のコクピット。たぶんパイロットの訓練に使われたものだと思われます。
ac-IMG_3153.jpg

こちらもコクピット。DC-8のものです。これはシュミレーターになっていて客席にも座れます。
実際に成田上空を飛行した映像が窓の外にも映し出され、姿勢制御もあるのでリアルな体験ができます。
ac-IMG_3265.jpg

博物館の展示はだいたいこんな感じ。ちょっと古いものが多いけど、飛行機好きなら楽しめます。
続いては博物館5階の展望デッキに上って、空港へのアプローチを眺めます。
関連記事

テーマ:航空機 - ジャンル:写真

コメント

古いかもしれないけど、23世代はこのほうが楽しいかも^@^
コックピットもDC8のアナログっぽいのがいいもん^@^
  1. 2012/02/09(木) 00:31:34 |
  2. URL |
  3. 23 #vL1oD/CQ
  4. [ 編集 ]
そういえば、昔は3人で動かしていたんだなぁ~としみじみです。昔の戦闘機で思い出したのですが、震電という戦闘機
の模型とかあったらいいなぁ~とかあれこれ思ったりしてました^^
  1. 2012/02/09(木) 22:33:29 |
  2. URL |
  3. gilbert #-
  4. [ 編集 ]
>23さん
最近のグラスコクピットは見やすいけど、古いほうがやっぱり味がありますよね。
DC-8くらい古いと、人間が飛ばしているという雰囲気があります。
  1. 2012/02/12(日) 23:39:16 |
  2. URL |
  3. いわん #YGr0j.0Q
  4. [ 編集 ]
>gilbertさん
震電のモデルも飾ってありました。博物館いくとけっこうおいてありますね。
市販のプラモもあるんですが、そもそも飛行機って難度が高いのが多くて・・
  1. 2012/02/12(日) 23:42:36 |
  2. URL |
  3. いわん #YGr0j.0Q
  4. [ 編集 ]

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック URL
http://iwanphoto.blog15.fc2.com/tb.php/500-2273fcf2
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
 
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。