スポンサーサイト --年--月--日 スポンサー広告

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

上野東照宮の冬牡丹② 2012年01月31日 Peony:牡丹 トラックバック:0コメント:4

上野東照宮でやっている冬牡丹展の写真の続きです。
例年なら1/31、つまり今日で終わりなんですが今年は延長しているようで。
2/19までやっています。次に雪が降ったら行きたいなあと。

最初はオーソドックスに撮っていましたが、だんだん感触がつかめてきたので
露出を上げ下げしてちょっとした演出効果を狙います。
雪囲いの中でちょうどよく影になっていた花。
ac-IMG_2858.jpg

これも実は同じ花なのですが、光の角度によっては見え方が全然違います。
ac-IMG_2860.jpg

冬牡丹は雪囲いとセットで撮るのがやはりいいですね。
とても大きな花を撮るイメージで。
ac-IMG_2865.jpg

囲いとのバランスがもちろん大事です。
「護られている」というイメージを表現したいなと。
ac-IMG_2868.jpg

雪囲いの藁の隙間から漏れた日差しだけを強調して。
これはマクロでもっと寄れればよかったかな。
ac-IMG_2871.jpg

同じく隙間からの光。微妙な露出加減が難しい・・・
ac-IMG_2872.jpg

もうちょっと寄ってみます。
薄めのピンクがこういうシーンには似合うかな。
ac-IMG_2873.jpg

もっと明暗差を強くして、光の当たっているところだけを目立たせます。
牡丹独特の花びらの造形の美しさが現れているかなと。
ac-IMG_2876.jpg

牡丹だけでなく、蝋梅も咲いていました。
うまく絡めるのはこれまた難しいですが。
ac-IMG_2879.jpg

上野東照宮の五重塔とも絡めて。
でも木が多かったり、アングルの関係でうまく撮れる花は少ないです。
ac-IMG_2884.jpg

数は少ないですが、薄い黄色の花もあります。
ac-IMG_2886.jpg

順光できれいに撮れたけど、右下の花が葉っぱに隠れているのがちょっと残念。
真冬の花なのに葉っぱもしっかりしています。
ac-IMG_2892.jpg

背景処理に困るかと思ったけど、雪囲いの影でうまく主役が引き立ってます。
ちゃんと晴れているとけっこう撮りやすい花かも。
ac-IMG_2902.jpg

また背景の色を落として花だけ強調。といっても調整程度ですが。
露出の加減だけでけっこうメリハリがつきます。
ac-IMG_2906.jpg

これも同じ花。寄り添って咲く、という雰囲気がよく出せました。
ac-IMG_2907.jpg

次で冬牡丹の写真はおしまいです。
関連記事

テーマ:花・植物 - ジャンル:写真

コメント

牡丹か~~
綺麗に咲いていますね!!
ところで
いつも理解できない事ですが
花の防寒対策ってこれで足りるんですかね!!
もし、ほんどに雪が降ったら花は耐えられますかね?
  1. 2012/01/31(火) 22:44:20 |
  2. URL |
  3. happytanjp #-
  4. [ 編集 ]
今のこの超寒い時期、見事な色合いで元気な牡丹に素晴らしい生命力を感じます(⌒∇⌒)ノ""
と言うよりそれを感じさせる、いわんさんの撮影法が素晴らしいです。

寒さの中にも春を感じた一時でした(^_-)-☆
  1. 2012/02/01(水) 06:49:44 |
  2. URL |
  3. フミタク #mQop/nM.
  4. [ 編集 ]
>happytanjpさん
冬牡丹は品種改良してあるので多少の寒さは大丈夫だそうです。
ただ花弁がうすいので雪や霜から守ってやる必要性があるので雪囲いをするとか。
実際東京で10センチくらい降っても枯れないでいるので大丈夫なんだと思います。
  1. 2012/02/05(日) 00:05:41 |
  2. URL |
  3. いわん #YGr0j.0Q
  4. [ 編集 ]
>フミタクさん
空っ風が吹いて無機質な雰囲気もある東京の真冬に、こういう花が咲くと温かみがあります。
そういうシチュエーションだからこそ、花の生命力を感じるのかもしれませんね。
  1. 2012/02/05(日) 00:11:50 |
  2. URL |
  3. いわん #YGr0j.0Q
  4. [ 編集 ]

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック URL
http://iwanphoto.blog15.fc2.com/tb.php/495-871df5ac
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
 
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。