スポンサーサイト --年--月--日 スポンサー広告

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

終焉の地 2011年10月20日 OtherRailway:その他の鉄道 トラックバック:0コメント:19

東京ヘリポートの隣には東京メトロの新木場車両基地があります。
ヘリコプターを撮ったあと、この車両基地の横を通って帰っていくときちょっと変わったものを見つけました。

車両基地の片隅に無造作に置かれた構造物。
どうやら廃車処理で解体中の車両のようです。
ab-IMG_7632.jpg

近づいてみてみると、どうやら千代田線で運用されていた6000系という車両。
台車はもちろん窓、冷房装置、内装までアルミ合金の車体本体以外はすべて撤去されています。
20mの車体は半分にカットされていました。
ab-IMG_7635.jpg

型番で調べてみたら、1969年に製作された車両ということがわかりました。
40年も走り続けてきた車両なんですね。
ab-IMG_7638.jpg

通勤電車とはいえ、40年毎日走り続ければ何万キロという走行距離になるはず。
長い間走ってきて、最後はさみしく解体。なんだか無常感があります。
まあでもこのアルミ合金はまた再利用されるから、また走ることになるのかな。
関連記事

テーマ:鉄道写真 - ジャンル:写真

コメント

まだ綺麗に見えるし、きっとこのまま再生されて新たなモノに生まれ変わるんだろうな~^^
それでもなぜか哀愁が漂うのは現代のものでも古いものでも同じだね^@^
  1. 2011/10/20(木) 23:07:44 |
  2. URL |
  3. 23 #vL1oD/CQ
  4. [ 編集 ]
電車の解体シーンを初めて目にするので興味深く見せてもらいました。
6000系の車両は千代田線でお世話になってます^^
  1. 2011/10/20(木) 23:08:01 |
  2. URL |
  3. Hanpen #-
  4. [ 編集 ]
長い間お疲れ様でした!
という言葉が自然と出てきました。

ここは車両達にとっての、終の棲家ですかね。。。。

全ての物に生命が宿っているというのを実感します。

  1. 2011/10/21(金) 09:05:47 |
  2. URL |
  3. ケイト #-
  4. [ 編集 ]
この車両基地は知らなかったので、びっくりしました。。よく、第2の人生を海外や地方ですごす車両は幸せだといわれているのがなんとなくよくわかったなぁ~と思うと同時に、また再利用されて、活躍してくれるといいなぁ~としみじみです。
  1. 2011/10/21(金) 09:40:55 |
  2. URL |
  3. gilbert #-
  4. [ 編集 ]
千代田線沿線住民としては
なんか感慨深いものがあります

ずっとずっとお世話になりました
お疲れさま(。uωu)ァリガト♪
  1. 2011/10/21(金) 11:34:39 |
  2. URL |
  3. 伯苑 #-
  4. [ 編集 ]
終焉の地なんですね~
アルミボディーは再利用可能な
ようなのできっと新たな
電車となってまたみんなの足となってくれるんでしょうね~~

新幹線は大きく取りざたされるの見ると
この子たちはちょっとかわいそうかも・・
  1. 2011/10/21(金) 11:59:10 |
  2. URL |
  3. 韋駄天 #lEPD.dko
  4. [ 編集 ]
戦闘機と同じで電車にも同じ様な場所が有るのですね(´_`。)

でも当地区の名鉄ですと40年前はパノラマカー全盛でオール鉄製で近年アルミ化になったばかりですが関東の方では既に40年前からアルミで運行されていたのですね。

でも最後は悲しいですね(´_`。)
  1. 2011/10/21(金) 19:44:37 |
  2. URL |
  3. フミタク #mQop/nM.
  4. [ 編集 ]
管理人のみ閲覧できます
このコメントは管理人のみ閲覧できます
  1. 2011/10/21(金) 19:55:49 |
  2. |
  3. #
  4. [ 編集 ]
こんばんは。
飛行機もアメリカにこういうところありましたよね?
どこかの雑誌で見た気がします。
こういう光景は、華やかな空港や駅の対局をなす感じでやはり物悲しいですね。
普段気にかけず乗る鉄道も、こういう最後があるんだと思うと、ちょっと見方が変わりますね。
  1. 2011/10/21(金) 19:57:55 |
  2. URL |
  3. Strato+Wing #-
  4. [ 編集 ]
管理人のみ閲覧できます
このコメントは管理人のみ閲覧できます
  1. 2011/10/21(金) 20:02:26 |
  2. |
  3. #
  4. [ 編集 ]
>23さん
アルミだからそんなに汚れが目立たないのかもしれませんね。
何年か前に車体の更新もしているらしいですし。
生まれ変わりを期待するけど、やっぱり解体されていくのはさみしいですね。
  1. 2011/10/21(金) 23:17:48 |
  2. URL |
  3. いわん #YGr0j.0Q
  4. [ 編集 ]
> Hanpenさん
今回は撮らなかったのですが、まだ台車のついている車両もありました。
もうしばらくするとそちらも解体されてしまうのでしょうね。
普段乗っている電車がこういう姿になるのはなんだか不思議な感じがしました。
  1. 2011/10/21(金) 23:19:11 |
  2. URL |
  3. いわん #YGr0j.0Q
  4. [ 編集 ]
>ケイトさん
なにしろ自分が生まれるより前にできた車両ですからねえ。
こうして最後の姿を見せられるとなんだか感慨深いものがあります。
役目を終えて、この電車の魂もまた生まれ変わるのかなあと。
  1. 2011/10/21(金) 23:20:31 |
  2. URL |
  3. いわん #YGr0j.0Q
  4. [ 編集 ]
>gilbertさん
新木場CRは公園がすぐ横なので、こういう解体も見えるのが特徴でしょうね。
千代田線の6000系は海外に譲渡されて余生を送っているものもあるそうです。
スクラップにされてしまうかは、ちょっとした運命の差なのかも。
  1. 2011/10/21(金) 23:22:29 |
  2. URL |
  3. いわん #YGr0j.0Q
  4. [ 編集 ]
>伯苑さん
ずっと走り続けてきた車両だから、一度は乗ったことがあるかもしれませんね。
見慣れた車両が解体されていくのはさみしいものです。
また生まれ変わって、千代田線を走れればいいですね。
  1. 2011/10/21(金) 23:23:54 |
  2. URL |
  3. いわん #YGr0j.0Q
  4. [ 編集 ]
>韋駄天さん
この車体も生まれ変わって、また電車になれればいいなあと。
今はそういうものの再生率が高いので、また走れるかもしれませんね。
千代田線の古い車両は、マニアの間では引退が噂になっていたようです。
  1. 2011/10/21(金) 23:25:34 |
  2. URL |
  3. いわん #YGr0j.0Q
  4. [ 編集 ]
>フミタクさん
電車の解体もなかなか目につかないところでやっているだろうから
こうして人目に見えるところにあるのは珍しいかもしれませんね。
地下鉄は難燃化のために早くからアルミやステンレスの車両が導入されたようです。
  1. 2011/10/21(金) 23:26:56 |
  2. URL |
  3. いわん #YGr0j.0Q
  4. [ 編集 ]
>Strato+Wingさん
アメリカにありますね。飛行機の墓場といわれる空港が。
日本の電車の場合、野ざらしにならずにすぐにスクラップにされるので
そういう飛行機に比べればいくらか幸せなのかも。
  1. 2011/10/21(金) 23:28:09 |
  2. URL |
  3. いわん #YGr0j.0Q
  4. [ 編集 ]
>鍵コメさん
鍵コメのお二方、了解いたしました。
ご連絡ありがとうございます。
  1. 2011/10/21(金) 23:29:06 |
  2. URL |
  3. いわん #YGr0j.0Q
  4. [ 編集 ]

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック URL
http://iwanphoto.blog15.fc2.com/tb.php/424-5d29cd0d
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
 
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。