スポンサーサイト --年--月--日 スポンサー広告

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

夏の秩父路・浦山ダムへ 2011年08月13日 Travel:旅スナップ トラックバック:0コメント:6

ようやく旅行から帰ってきて写真の現像まで終わりました。
今年の夏休み旅行は埼玉県の秩父へ。都心から1時間半で自然がいっぱい見られる観光地です。

西武鉄道の特急「レッドアロー」で秩父へ。そこから秩父鉄道に乗り換えます。
首都圏の私鉄から中古車両を買い上げて走らせている秩父鉄道。
都営地下鉄の三田線で走っていた車両がやってきました。
ab-DPP_0001.jpg

2駅ほど乗って「浦山口」という駅で降ります。
駅から15分ほど坂道を上っていくと秩父札所28番の石龍山橋立堂というお寺に。
あ、これは道の途中であった神社なので絵が違いますがw
ab-DPP_0003.jpg

山全体が石灰岩でできている武甲山の山ろくにあって、巨大な岩石が露出しています。
ab-DPP_0004.jpg

お堂も巨大な石灰岩の下に。なぜここに来たかというと、埼玉県で唯一の観光用鍾乳洞「橋立鍾乳洞」を見るため。
残念ながら内部は撮影が禁止だったので写真はありませんが。狭い洞窟を15分くらいかけて探検。
こういうのがまったく初めてだった息子も、なかなか楽しめたようです。
ab-DPP_0005.jpg

さて、橋立鍾乳洞のあとはまた山道を歩きます。
途中とても眺めのよいところに出ました。足元には深い森。
やっぱり緑は目に優しいなあ。
ab-DPP_0006.jpg

しばらくすると山の上のほうに巨大な建造物が見えてきました。
今回の旅行1日目で行きたかった浦山ダムです。
ab-DPP_0007.jpg

ダムの下流にかかる橋から。
距離は400mほど離れているのですが、ダムがとても大きいので距離感がなんだかおかしくなります。
ab-DPP_0008.jpg

で、そこからダムの真下まで歩いていって、あとはエレベーターで・・・のはずだったんですが。
節電の影響でエレベータは休止中でした。仕方ないので山道をテクテクと歩いていきます。
ab-DPP_0009.jpg

途中で振り返ると遠くに秩父連山が見えます。さっきまで晴れていたのに、急に雲が出てきました。
もうちょっと上るとさらにいい景色。山が幾重にも重なり、遠くは霞んでいてなかなか幻想的。
左下の電線がなければもっといいんですが・・・
ab-DPP_0010.jpg

雨が降ってきそうなのでとりあえずダムまで急ぐことに。
続きます。
関連記事

テーマ:自然の写真 - ジャンル:写真

コメント

お~~~
秩父か~~
自然な景色でいいですね!!!
  1. 2011/08/13(土) 22:44:03 |
  2. URL |
  3. happytan #-
  4. [ 編集 ]
秩父や奥多摩はわりと近場でありながら
自然が豊かですよね。
  1. 2011/08/13(土) 23:08:04 |
  2. URL |
  3. Hanpen #-
  4. [ 編集 ]
>happytanさん
東京からけっこう近いけど、自然がいっぱいでいいところです。
秩父といってもだいぶ広いので、全部巡るには何日かかかりますが。
  1. 2011/08/14(日) 23:54:09 |
  2. URL |
  3. いわん #YGr0j.0Q
  4. [ 編集 ]
>Hanpenさん
山が急峻なところが多いから、手付かずの自然も多いですよね。
都心から乗り換えなしでいけるのもまた利点だと思います。
  1. 2011/08/14(日) 23:55:00 |
  2. URL |
  3. いわん #YGr0j.0Q
  4. [ 編集 ]
墨絵のような秩父連山も
とっても素敵(人´∀`).☆.。素敵.:*・°
  1. 2011/08/15(月) 20:29:05 |
  2. URL |
  3. 伯苑 #-
  4. [ 編集 ]
>伯苑さん
遠くに霞んだ山の連なりだけだと確かに墨絵みたいかもしれませんね。
三脚で構えてじっくり撮るともっときれいに写るのかもしれません。
  1. 2011/08/16(火) 23:20:14 |
  2. URL |
  3. いわん #YGr0j.0Q
  4. [ 編集 ]

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック URL
http://iwanphoto.blog15.fc2.com/tb.php/373-721498f3
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
 
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。