スポンサーサイト --年--月--日 スポンサー広告

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

調布飛行場でまったり飛行機撮影 2013年10月01日 OtherAirport:その他の空港 トラックバック:0コメント:0

東京国体開会式予行の日、入間でブルー到着を撮影した後は調布飛行場へ移動します。
予行の下見記事にもアップした写真を撮りつつ、昼間に予行があるならここ、と決めていた場所へ。
調布飛行場の滑走路南端にある公園です。小高い丘になっていて飛行機撮るのはちょうどいいところ。
結局ブルーの昼の予行はありませんでしたが、飛行場周りをうろうろしながら飛行機撮影です。

ブルーを待っている間、時間前にセスナがアプローチ。これで17mm。
真っ青な秋空に、白い機体が気持ちよく飛んでいきます。見上げるのはみんなブルー待ちの航空ファン。
ak-IMG_9388.jpg

ちょっと角度がいまいちだったので、次のアプローチ機はアングルを少しだけ変えて。
丘の下の方から見上げる感を強めています。ちょうどやや大型のドルニエ228がきました。
伊豆諸島の新島や神津島などに飛んでいる旅客定期便です。
ak-IMG_9400.jpg

ブルーの予行がないことがわかったので、飛行場の滑走路周辺を一周して写真を撮ることに。
この飛行場は撮影に適した場所に、小高い丘があるので離陸機もこのようにいいアングルで狙えます。
ak-IMG_9413.jpg

プロペラ機なのでシャッタースピードをやや落としながら。三脚があればプロペラが1周するほど落としたんですけどね。
ak-IMG_9418.jpg
ak-IMG_9420.jpg
ak-IMG_9428.jpg

ぐんぐん上昇していきます。この近さはなかなかいいものです。
ak-IMG_9434.jpg

すぐに風向きが変わり、10分後に離陸した機体は逆の滑走路を使用。
後ろ向きのシーンしか撮れませんでした。
ak-IMG_9451.jpg

しかしこの向きは逆に言えば、着陸機のアプローチも狙えるということ。
少し大型のセスナ208が突っ込んでくる姿勢で着陸。
ak-IMG_9486.jpg

ちょっと横風があるので、姿勢を整えながらのアプローチ。
ak-IMG_9489.jpg

地面効果があるのか、なかなかランディングしませんでした。
ak-IMG_9494.jpg

セスナ172Pが続けざまにアプローチ。
ak-IMG_9538.jpg

この2枚の写真で、機体がかなり横風に対抗しているのがわかるかと。
画面の奥からこちらに向かって吹いているため、機体を向こう側に傾けて煽られないようにしているのです。
ak-IMG_9539.jpg
ak-IMG_9545.jpg

続くドルニエも突っ込み気味で入ってきます。
これは滑走路エンドまで来たところで撮影できました。
ak-IMG_9559.jpg

近いのでここまで寄ることができます。
ak-IMG_9568.jpg

ファイナルアプローチ、ランディング直前まで後追いです。
ak-IMG_9576.jpg

エンドを通って、反対側にある小高い丘へ。
ちょうどヘリが離陸前のエンジン始動をしたところ。
この真っ白のドーファンは、前に東京ヘリポートで撮った東邦航空の機体ですね。
ak-IMG_9645.jpg

整備員が見送りながら、ふわっと浮き上がります。
ak-IMG_9658.jpg

そのまま目線の高さを反転しながら滑走路へ。すぐに東の方へと飛んでいきました。
ak-IMG_9667.jpg

この後、周辺を散策して目をつけていたブルーの撮影ポイントへ。
金曜日の記事になります。この二日間かなり飛行機三昧となりました。
そしてこの週末はいよいよ小松航空祭。しかし天気がまた怪しい・・・
その前に松戸の写真を終わらせます。
スポンサーサイト

テーマ:航空機 - ジャンル:写真

松戸駐屯地創立61周年記念行事・装備品展示 2013年10月02日 CampMatsudo:松戸駐屯地 トラックバック:0コメント:0

さて、調布のブルー関係の一連の写真も出し終ったので、松戸駐屯地に戻ります。
最後の装備品展示だけまだ出していませんでした。需品展開展示が終わり、一般公開できる状態に。
こういう需品・装備品がいっぱいある駐屯地は展示もまた楽しみの一つになります。

迷彩服の試着ができるコーナー。しかし息子が着たのは迷彩柄でもこれ。
防弾チョッキです。子供用のサイズもあったので着せてもらっています。顔にもなにやら装着。
ak-IMG_9112.jpg

付けてもらっていたのはサングラスw
C-1輸送機の手作りパネルもあったので記念写真。しかしなぜ鳥取の美保基地所属の部隊マークなのかw
ak-IMG_9122.jpg

試着コーナーの隣には中SAMこと03式中距離地対空誘導弾のシステム一式。
松戸には高射科、つまり防空を任務とする部隊もいますので。
ak-IMG_9129.jpg

合同で訓練展示した松戸消防の隊員さんたちが、自衛官さんから説明を受けます。
やっぱりこういうのは珍しいのでしょうね。
ak-IMG_9131.jpg

この四角い筒の中にミサイルが格納されています。
ak-IMG_9132.jpg

こちらは誘導装置やレーダー。こういった装置とセットで運用されるのです。
ak-IMG_9133.jpg

グランドの需品展示が開放されたようなのでそちらにも移動。
まずは入浴場。本来であれば、周りは天幕で覆われて見えなくなりますが。
展示のために外から見える状態。
ak-IMG_9136.jpg

洗い場もちゃんとシャワー付き。日本人は基本的にお風呂が好きですから
災害時にもこういうのは大活躍ですね。
ak-IMG_9139.jpg

お湯は強力なヒーターで作られます。水も浄水セットを使えば川の水でもOK。
ak-IMG_9140.jpg

洗濯機を搭載した車もあります。一見、市販品のように見えますが実は特注。
車に乗せるので振動対策とか違うらしいです。
ak-IMG_9142.jpg

こちらも災害時に大活躍。様々な食事を作ることができる野外炊具です。
新型の野外炊具1号(22改)が展示されていました。調理能力が格段に向上しているそうです。
ak-IMG_9144.jpg

ジャガイモなんかを入れるとあっという間に皮むきされる機械らしいです。
どういう仕組みなのか気になりますね。
ak-IMG_9146.jpg

こちらは今までの野外炊具。それぞれの調理器具が小さいです。
ak-IMG_9145.jpg

災害訓練展示で切断された車が置いてあったので近くまでいってみます。
ごらんの通り、屋根がばっくり。廃車なんでしょうけど、なんかもったいない気もw
ak-IMG_9156.jpg

ガラスはカッターでこのように鮮やかに切られていました。
ak-IMG_9157.jpg

家屋は三角形の穴を開けられています。
この形にすることで、建物自体の強度をあまり損なうこともなく、また四角よりも切断する長さが短くて済む
ということで効率的なようです。ただどこに穴を開けるか、というのは非常に重要だそうで。
ak-IMG_9160.jpg

救急の医療ユニットも。
ak-IMG_9162.jpg

頸椎を痛めた人などをそのままの姿勢で運ぶとき、こういう担架も使われます。
ak-IMG_9164.jpg

ダミー人形が首を固定されています。こういう固定器具も大事ですね。
ak-IMG_9165.jpg

心臓マッサージを行うためのダミー人形。試しにやらせてもらいましたが、とても大変です。
1分も続けるとかなり疲れるのですが、それを10~15分は続けなくてはなりません。
しかも人形の場合、少し反動がつくみたいですが実際にはそれがないのでもっと大変とか。
ちなみに眼球なんかもついていてリアルなんですが、子供たちが変顔させて遊んでますw
ak-IMG_9167.jpg

ポンプ車の操作パネル。各ホースごとに水圧を変えられるようです。
ak-IMG_9168.jpg

この車は支援車1型。車体の一部が拡張して、中のスペースが広がります。
ak-IMG_9172.jpg

中に入ってみるとキャンピングカーのような内装。
しかしかなり広くて、20人くらい入ることができていました。
ak-IMG_9173.jpg
ak-IMG_9176.jpg
ak-IMG_9180.jpg

最後は動画。車両の体験登場です。いくつか種類があって選べたので軽装甲機動車を選択。
ルーフのハッチを開けた状態で、そこから身を乗り出せるので息子と二人で上半身を出して乗ります。
大人と子供が一人ずつならギリギリの広さ。総火演だと対戦車ミサイルをここから撃っていますね。
途中、スピードをそれなりに出してくれてけっこう楽しめました。


これで松戸駐屯地の写真はおしまい。まったりしていてなかなか楽しめました。
たまにはのんびりの自衛隊イベントもいいものですね。

テーマ:祭り/イベント - ジャンル:写真

さよならピカチュウジャンボ 2013年10月03日 HanedaAirport:羽田空港 トラックバック:0コメント:0

ちょっと遅い話題になってしまいましたが、先月末の9/30にANAのポケモンジャンボがラストフライトを終え運用を終了しました。
白地の地味な機体ばっかりが飛ぶ羽田にあって、黄色の目立つカラーリングにポケモンが描かれたこの機体は大人気でした。
自分が飛行機を撮り始めたころに飛び始め、10年近く日本の空をにぎわせてきました。
ANAのB747運用終了に伴い、ポケモンジャンボも退役となったわけですが、今まで撮ったポケモンを出してみます。

記憶の中にはポケモンジャンボを撮ったことが多かった、と思ったらこの機体は意外と撮ってませんでした。
同じポケモンシリーズのピカチュウジャンボやお花ポケモンはかなりの数撮っていたんですけどね。
なかなか出会えずに最初に撮ったのは2005年の3月。
al-pika1.jpg

これはたぶん羽田の駐車場ビルから撮ったものかな。
ポケモンジャンボとその隣にピカチュウジャンボ。ピカチュウジャンボはかなり前に塗装を落されています。
後ろに着陸しかけているB767がまだ先代の鶴丸ですね。
al-pika2.jpg

尾翼に描かれた巨大なピカチュウが印象的でした。これが見えると、子供たちがざわめき立ったものです。
al-pika3.jpg

ボディにはピカチュウは描かれていません。
2004年当時に人気だった、ポケットモンスター・アドバンスジェネレーションの人気ポケモンが描かれています。
al-pika4.jpg

当時使っていたシグマの500mmでRW37R離陸後のターンを。
2006年の1月撮影。真冬の澄んだ空気、きれいな青空に黄色の機体が目立ちます。
al-pika5.jpg

同じ年の年末。川崎浮島町公園から。RW34Lにアプローチするところです。
al-pika6.jpg

これだけは羽田ではなく、小松空港で。2007年の小松基地航空祭に合わせて
ANAとJALがスペシャルマーキング機を飛ばしてきたのです。今はやらないですねえ。
ちなみにこの時のJALはたまごっちジャンボを飛来させてます。黄色いポケモンジャンボの方が目立ってましたけどね。
al-pika7.jpg

その後急速にB747の運用が縮小され、なかなか撮れずにいました。
結局去年の年末に撮ったのが最後。羽田で着陸とランプインです。
al-pika8.jpg
al-pika9.jpg

これでANAのポケモン関係の機体はB777を使った「ピース・ジェット」だけに。
あんまりデザイン的によくないんですよね・・まあこういうのが流行らなくなったのも時代の流れでしょう。
なにしろ機体全体にこういうカラーリングをすることで、塗料の重さによって燃費が数%悪化するそうです。
またそのうち個性的なカラーリングが出るといいのですけどね。

テーマ:航空機 - ジャンル:写真

小松基地航空祭2013・ブルーインパルス予行① 2013年10月06日 BI@KomatsuBase:小松基地 トラックバック:0コメント:8

小松基地航空祭がこの週末にあったので数日更新してませんでしたが、また写真をたくさん撮ってきたので再開です。
予行前日の夜発のバスで金沢へ。そのまま小松基地へと向かいます。8:00過ぎに空港デッキに到着。
予行が午前中、10:00頃からあるのでしばらく待ちます。

デッキからブルーの列線を確認。格納庫からトーイングされて出ていました。
さっそく整備員が点検開始。すぐにエンジンのランナップもありました。
al-IMG_0173.jpg

飛行機で来たブロ友さんと合流して、空港からさらに北の北陸道を超えた場所へ。
前から目をつけていた、視界の広い場所です。10:00過ぎ、まずは4機編隊が離陸。
al-IMG_0211.jpg

かなり近いところをスモークを出しながらターンしていきます。
順光方向で快晴なのでもの空とのコントラストがすごくきれい。
al-IMG_0237.jpg

このダーティー・ターンでショウセンターがだいたい分かります。
数十メートル移動してみるかな・・・
al-IMG_0239.jpg

6番機がロールオン・テイクオフ。
空港の滑走路はこの距離感。だいたい1キロくらいです。
al-IMG_0240.jpg

なので滑走路上空だけで飛ぶ科目は撮りません。
5機編隊の「チェンジ・オーバーターン」。ブレイクは真横から。
al-IMG_0249.jpg
al-IMG_0266.jpg
al-IMG_0270.jpg

視界が広い場所なので360度の旋回がきれいに追えます。
田んぼの向こうは北陸道です。
al-IMG_0279.jpg
al-IMG_0282.jpg

隊形が狭まってきてタイトになります。
al-IMG_0286.jpg
al-IMG_0294.jpg

5番機の「インバーテッド&コンテニュアスロール」。
折り返しのハーフループのくだりです。
al-IMG_0312.jpg

5機編隊がデルタで上昇していきます。
そのままループの体勢へ。このスモークが出る一瞬前の瞬間が好きです。
al-IMG_0318.jpg

そしてスモークを引いて下っていきます。
ちょっとショウセンター外したなあ。もっと左か。
al-IMG_0325.jpg
al-IMG_0333.jpg
al-IMG_0342.jpg

ちょっとループの軌跡が切れちゃいましたが。
青空にきれいに映えます。
al-IMG_0347.jpg

そのままブレイク。国体開会式でも見せてくれた「サンライズ」でした。
al-IMG_0352.jpg

後半に続きます。

テーマ:航空機 - ジャンル:写真

小松基地航空祭2013・ブルーインパルス予行② 2013年10月07日 BI@KomatsuBase:小松基地 トラックバック:0コメント:4

気持ちのいい青空の下行われた小松航空祭・ブルーインパルス予行の続きです。
序盤のサンライズが終了した後、中盤の科目・・と思ったら4機・2機で別れるはずが6機集合してホールド。
小松空港からの定期便の離陸待ちでした。共用空港はこれがあるのが・・・
JALとANAの2機だったのでホールドがけっこう長め。ミッションアボートにならなければいいけど。

と思っていると空域があいてアクロ再開。しかし中断していた10分ちょっとの間の科目はキャンセル。
5機によるワイド・トゥ・デルタループから再開です。
al-IMG_0356.jpg

すぐ真上を上昇していきます。思い切って寄って切り取ってみました。
しかし構図が少し悪い・・・・
al-IMG_0358.jpg

ループの頂点に近づく前に広角にひきます。
思ったより軌跡がカクカクしてますね。
al-IMG_0367.jpg

下りはちょっと中途半端な構図になりました。
al-IMG_0384.jpg

6機編隊になって「デルタロール」。広角か、いや近いから望遠で思いっきり寄るか・・
と迷って中途半端に。
al-IMG_0392.jpg

でも緑の田んぼの上を気持ちよく駆ける構図はうまくいったかな。
魚眼でスモークの軌跡をたくさんいれたいですね。
al-IMG_0403.jpg

太陽を背にデルタループ。これは広角側で狙います。
al-IMG_0411.jpg

下りのスモークが輝くところだけ寄りました。
al-IMG_0415.jpg

太陽を中心にきれいにループを描きます。
しかしもうちょっと広角にひけるレンズにすればよかった・・・
al-IMG_0420.jpg

ボントン・ロールは遠目。ちょうど真下に航空プラザがあるのが見えます。
なるほど、スモークオフのタイミングはここ、と。
al-IMG_0431.jpg

その後は5番機がブレイクしてバーティカル・キューバン・エイト・・と思ったら。
なんとそのまま戻ってきて「サクラ」になりました。この流れは珍しい。
おそらく翌日の悪天候を見越して3区分での確認も行ったのでしょうね。しかし真上なので17mmでも全く入りきりません。
al-IMG_0437.jpg

タック・クロスはほぼ真正面の突っ込み。
2機の背面編隊がこちらに高速でやってくるのは迫力があります。
al-IMG_0440.jpg

振り返って北陸道の向こう側でクロス・ターン。
この科目、近いとやっぱりスピードが強烈ですね。
al-IMG_0448.jpg

4機編隊のラスト、ローリング・コンバットピッチは広角で。
会場から見ると斜めからのアングルですが、こうやって進入正面から撮る方が好きです。
al-IMG_0460.jpg

そしてラストのコークスクリュー。これを正面から狙いたくて視界の広いところを選びました。
空港デッキや駐車場だと障害物が多すぎるんですよね。しかしセンターを外した・・・
al-IMG_0469.jpg

横からだあ、とここで韋駄天さんが最近やってるスローシャッターを思い出したので真似してみます。
もうちょっと寄れる時に撮ると面白そうですね。
al-IMG_0476.jpg
al-IMG_0479.jpg

午前の予行はこれでおしまい。午後も・・・と思ったら前日にもやっていて十分なのかありませんでした。
なので航空プラザにいったり、地元の方にエンドに連れて行ってもらって着陸機を撮ったり。
そちらの写真はまた後程。次回から航空祭本番をアップしていきます。

テーマ:航空機 - ジャンル:写真

小松基地航空祭2013・オープニング① 2013年10月08日 KomatsuBase:小松基地 トラックバック:0コメント:0

今回から小松航空祭の本番日の写真をアップしていきます。枚数あるのでまた長々と続きますが、お付き合いのほどを。
前日のいい天気とはうってかわって、1週間前からの予報通り早朝からドン曇り。
それでも雨にならなかっただけマシかもしれません。しかし小松はこんな天気ばっかりですね。
明け方に地元の方の車で連れて行ってもらって門の前へ。開門と同時に900mを走って狙っていた場所を取ります。
去年の入間で開門ダッシュは引退、と思ったのですが今年の2月からいろいろ体を作り直した結果まだまだやれるとw
今回長めの距離を走りましたが、けっこういけるものですね。20番手スタートくらいから最後はほぼ1番乗りでしたw
取った場所は滑走路に近く脚立エリア。文字通り脚立が立てられます。もちろん脚立なしでもOK。とにかく近くから狙えるのがいいところ。

8:00のオープニングフライトに向けてまずは基地所属のイーグルが続々と離陸していきます。
曇りなうえにまだ朝早いからけっこう露出暗め。まあ朝一はこんなものでしょうね。
編隊だったり単機だったり。上がるほうもまだ大人しめ、とはいってもアフターバーナー点火して飛んでいきます。
al-IMG_0820.jpg
al-IMG_0827.jpg
al-IMG_0835.jpg
al-IMG_0840.jpg
al-IMG_0849.jpg

オープニングでは救難隊のUH-60Jも飛びます。
パラシュート降下をするメディックを乗せて離陸。そういえばパラシュート降下をオープニングでやるのは小松の特徴です。
al-IMG_0854.jpg

そのあと東側からイーグルの3機編隊が航過。ここから航空祭の本格的スタートです。
al-IMG_0871.jpg

滑走路が近いから編隊も近め。エプロン上空を飛ぶ百里並みです。
編隊は後ろから望遠で圧縮して重なりを狙います。
al-IMG_0875.jpg

入れ替わって西から5機編隊がデルタで登場。
al-IMG_0878.jpg

これも後追いで重なり。
al-IMG_0881.jpg

離陸した8機が集合して、ダーティー形態でパス。大編隊を組んでいます。
al-IMG_0894.jpg

この重なりはなかなかいい感じになりました。
al-IMG_0896.jpg

滑走路上空で発煙筒が炊かれます。これを目印にUH-60Jからパラシュートで降りてきます。
al-IMG_0906.jpg

ばっちり降りてきました。パラシュートのタイプなどは陸自の空挺団と同じですね。
al-IMG_0910.jpg

役目を終えたUH-60Jがアプローチしていきます。
al-IMG_0919.jpg

仰角を大きくとったまま着陸。こういうのを狙えるのが今回の場所のいいところ。
al-IMG_0925.jpg

オープニングの後半、次回アップします。

テーマ:航空機 - ジャンル:写真

小松基地航空祭2013・オープニング② 2013年10月09日 KomatsuBase:小松基地 トラックバック:0コメント:0

小松基地航空祭のオープニングの続き。
編隊によるパスと、救難隊によるパラシュート降下を終えてイーグルが着陸してきます。

編隊は二つに分かれて着陸態勢へ。まず先の3機がピッチアウトブレイク。
しかしもうちょっと会場側まで引っ張ればいいのに、とは思います。
al-IMG_0940.jpg

そのまま下りてきて、スピードブレーキをあげたまま滑走。
al-IMG_0946.jpg
al-IMG_0949.jpg
al-IMG_0952.jpg

滑走路の端までいって隊列を組みなおしたら、観客の前を通り過ぎます。
このアングル、脚立エリアでないと撮れないです。なかなか素晴らしい場所ですね。
al-IMG_0960.jpg
al-IMG_0964.jpg

そして目の前にきてお手振り。すごく近いのでコクピットの様子もよく見えます。
al-IMG_0967.jpg
al-IMG_0972.jpg
al-IMG_0975.jpg

続いて5機編隊が降りてきました。機数が多いので地上の重なりもいい感じ。
al-IMG_0979.jpg

できればこのブレーキあげての行列は、何機か重ねて撮りたいですが。
ちょっとアングル的に難しいようで。
al-IMG_0991.jpg
al-IMG_0993.jpg

そしてまたお手振り。距離にして40mほどの至近距離なので、パイロットの表情もわかります。
al-IMG_0995.jpg
al-IMG_0999.jpg
al-IMG_1005.jpg
al-IMG_1009.jpg

これでオープニングはおしまい。
しかし続けて機動飛行が始まります。まずは306飛行隊「ゴールデン・イーグルス」の機動です。

テーマ:航空機 - ジャンル:写真

小松基地航空祭2013・306飛行隊機動飛行 2013年10月10日 KomatsuBase:小松基地 トラックバック:0コメント:4

小松基地航空祭の続き。オープニングが終われば、小松の本番ですw
小松と言えばやっぱりイーグル。全国的にも人気が高い、小松イーグルの機動飛行です。
まずは306飛行隊「ゴールデン・イーグルス」の機動から。

上がりは割と普通。単機ずつでハイレートと、ひねりからの270度ターンだったかな。
小松はエプロンの背後が市街地になり、また総合病院などもあるためエプロン側には捻りません。
ほとんど全部の機動は海側、つまりエプロンから見て遠くに逃げていきます。だから後姿も必然的に多くなります。
al-IMG_1029.jpg

爆音浴びるにはちょうどいいですね。一番音が大きく響いてくるアングルですから。
しかし写真を撮るにはちょっと辛い条件。
al-IMG_1033.jpg

ただ滑走路上空からのパスは時折低いものがあります。
al-IMG_1046.jpg

そこから軽めのハイレート。
al-IMG_1060.jpg

逆から入ってきて目の前で上昇していくハイレートも。
al-IMG_1093.jpg

お腹ばっかりですが、これもちゃんときれいに撮ってやると絵になりますね。
al-IMG_1109.jpg

ローアプローチから・・・
al-IMG_1138.jpg

軽いベイパーを引いての上昇。そういえば曇りでしたが湿気が足りずベイパーは少なめでした。
al-IMG_1145.jpg

着陸。エアブレーキを立てたまま滑走路に入ってきます。
al-IMG_1193.jpg

エンドで隊列を組みなおして再びタキシング。やっぱりこのアングルいいわ~。
al-IMG_1205.jpg

イーグルが一番かっこいいアングルで撮れます。
al-IMG_1214.jpg

目の前を通ったときにお手振り。編隊長はバイザーあげてます。
al-IMG_1221.jpg

2番機はなにやらごそごそ・・と思ったらなんとこんなタオルを。
写真に撮られることをわかっているんでしょうね。
al-IMG_1227.jpg

次はF-2の機動、その他民間機とかいろいろです。

テーマ:航空機 - ジャンル:写真

小松基地航空祭2013・F-2機動飛行&救難離陸&民間機 2013年10月11日 KomatsuBase:小松基地 トラックバック:0コメント:2

小松基地航空祭2013、306飛行隊の次は岐阜基地からF-2戦闘機が飛んできて飛行展示です。
例年、F-2は岐阜からきて機動飛行、そして着陸してそのまま地上展示というパターン。
しかし今年はそのまま岐阜へ帰投するリモート展示でした。F-2と救難、そして小松空港から飛び立つ民間機の写真です。

今回登場したのは量産型のF-2。岐阜からくるなら試作型がよかった・・と思ったのですが
小松に来るのはなぜか量産型が多いんですよね。
al-IMG_1199.jpg

曇り空に洋上迷彩というのはなかなか撮影に厳しい条件。
+2くらいの補正をかけています。
al-IMG_1242.jpg

ローアプローチはギアを降ろして。
al-IMG_1263.jpg

目の前のところでターンしていきます。これが一番きれいに撮れたかな。
al-IMG_1272.jpg

真後ろからのアングルで。しかしアフターバーナーはなし。
今回はちょっとエンジン音が変でしたが、トラブルがあったのかな。
al-IMG_1281.jpg

気のせいか、高度も高めでした。
al-IMG_1292.jpg

バーナーをほとんど焚いていないので大人しめの飛行展示でした。
まあ岐阜の航空祭に期待ですね。
al-IMG_1305.jpg

続いて救難隊のU-125Aがタキシングしていきます。
奥の誘導路にはJALの機体。
al-IMG_1498.jpg

U-125Aとフォーメーションで離陸していくらしいUH-60Jは誘導路上で待機。
その後ろで機動をおえた306飛行隊のイーグルが待っています。
al-IMG_1570.jpg

この時間帯は太陽の光が差します。天気悪い予報でしたが、けっこうよかったんですよね。
U-125Aが滑走路から離陸していきます。
al-IMG_1579.jpg

180度ターンのひねりが見られたと思ったのですが、タイミングを逸しました・・
al-IMG_1585.jpg

救難の展示はちょっと遠かったので割愛。年に一度はちゃんと撮らないといけないでしょうね。
al-IMG_1608.jpg

オープニングを終えていた303飛行隊のパイロットがバイクに乗ってエプロン方向へ。
空自の基地は非常に広いですから、移動はこういうバイクを使っています。昔は自転車だったんですよね。
al-IMG_1611.jpg

さて、時系列がだいぶごちゃごちゃですが。
小松基地は民間共用なので、旅客機も飛んでいきます。滑走路までだいぶ近いので大迫力。
ANAのB777。やはりボディが長いです。
al-IMG_0864.jpg

JALもB767。この機体は離陸滑走からふわっと上がるので上昇率も高いのが特長。
al-IMG_0885.jpg

小松でよく見られる機体。IBEXのCRJです。成田空港と地方空港を結ぶ便。
なぜか成田では見たことがありません。
al-IMG_0904.jpg

エアドゥのB737。去年、そして今年の予行の日には熊の絵が描いてある「ベアドゥ」だったのですが
本番の日は旧カラーリングが飛んでいました。
al-IMG_1020.jpg

福岡と小松を結ぶANAのボンバルディア。去年まではエアバスA320でしたが、Q400に変わっています。
al-IMG_1311.jpg

JALのB777。真っ白なのでさらに機体が長く見えます。
al-IMG_1514.jpg

せっかく滑走路が近いので、踏み台に乗ってエアボーンを狙います。
B767でもこの迫力。航空祭でしか撮れないアングルです。
al-IMG_1524.jpg

そしてANAが今年持ち込んだ特別塗装機。ANAの創立60周年記念機、「ゆめジェット」です。
al-IMG_1794.jpg

最後はまたIBEXのCRJ。成田だけではなく仙台にも飛んでいます。
al-IMG_1810.jpg

羽田よりもバラエティ豊かな機材じゃないかなあとも思います。
軍用機と民間機が両方みられるのはなかなかないですから。
次はまたイーグルの機動飛行。303飛行隊が登場です。

テーマ:航空機 - ジャンル:写真

小松基地航空祭2013・303飛行隊機動飛行&編隊飛行 2013年10月12日 KomatsuBase:小松基地 トラックバック:0コメント:0

小松基地航空祭の午前のメインイベントのひとつ、303飛行隊「ファイティング・ドラゴン」の機動飛行です。
最近、だいぶ大人しめになったとはいわれますが、やはり技術の高さなどは全国でも指折り。
小松に来たらやはりイーグルの機動飛行は必見です。

まずは2機ならんでのフォーメーション・テイクオフ。
事前のアナウンスで「あれ」をやるということがわかっていたので、気合い入れて待ってましたが・・・
al-IMG_1317.jpg

「あれ」とはコンバット・ディパーチャー。タック・ディパーチャーとも言いますね。密接したアブレスト隊形から外側に一気にブレイク。
実は今まで脚立エリアの真正面でブレイクだったのが、エプロンまで引っ張って行ってからブレイクになっていました。
まあメインの会場はあちらだから仕方ないですね。
al-IMG_1324.jpg

心なしか、306飛行隊よりも近いところを飛んでいた気が。
海側からはいってまた海側へ逃げる機動は同じですが、滑走路上空でのパスは近かったです。
al-IMG_1370.jpg

ハイレートの上り始めがこの至近距離。今回、実はレンズをブロ友さんに借りてEF100-400mmのLを使っています。
トリミングなしでこの収まり。しかも描写がものすごくいいです。尾翼のエンブレム、竜の羽の一枚一枚までしっかり写りました。
al-IMG_1385.jpg

お腹もきれいに撮ります。エンジン部分のメタリックなところをきれいに撮れるとうれしくなります。
al-IMG_1405.jpg

曇り空なのでアフターバーナーもきれいにくっきり。
al-IMG_1411.jpg

ハイレートに移る、ピッチをとった瞬間。バーナーの炎もきれいに撮れました。
al-IMG_1426.jpg

ナイフエッジパスも決まりました。できれば数回やってほしかった・・・
al-IMG_1468.jpg

時速850kmのハイスピードパス。戦闘機はやっぱりスピード命ですね。
al-IMG_1473.jpg

そこから一気にブレイク。ベイパーも出ました。
al-IMG_1478.jpg

そして着陸です。
al-IMG_1502.jpg

入れ替わりに、イーグルの編隊飛行がスタート。306飛行隊から5機が続けて離陸していきます。
al-IMG_1536.jpg
al-IMG_1546.jpg
al-IMG_1549.jpg
al-IMG_1558.jpg

機動から戻ってきた303飛行隊のイーグルがタキシングしてきました。
al-IMG_1588.jpg
al-IMG_1601.jpg

目の前を通ってお手振り。日差しが差した時間帯なので中まできれいに写ります。
al-IMG_1602.jpg
al-IMG_1606.jpg

編隊は海のほうで再集合して、会場上空をパス。ダイヤモンド+1という隊形。
al-IMG_1593.jpg

また重なりを狙います。
al-IMG_1595.jpg

真正面から入ってきて、ゆっくりライトターン。ギアを降ろしてブレークを立てています。
al-IMG_1623.jpg

後ろから見るとこんな景色が。
al-IMG_1626.jpg

その後、目新しい技のワイド隊形によるハイスピードパス。
写真には撮りづらかったので見送りましたが、スロースピードが多い編隊飛行において、ハイスピードは新鮮でした。
戻ってきてブレイク、着陸態勢に入るところです。
al-IMG_1635.jpg

午前中の飛行展示はこれでおしまい。ちなみに最後のブレイクシーン、脚立エリアからではありません。
小松ならではのイベントを撮るためにエプロンまで来撮りました。次回はそのイベント、モデル撮影会です。

テーマ:航空機 - ジャンル:写真

 » »
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。