スポンサーサイト --年--月--日 スポンサー広告

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

静浜基地航空祭2013・F-15J機動飛行 2013年06月01日 SizuhamaBase:静浜基地 トラックバック:0コメント:0

昨日は終電過ぎまで飲んじゃって二日酔い・・・だけどちゃんと室屋さんを幕張で撮ってきましたw
その前に静浜、と。戦闘機機動飛行シリーズの続き。小松基地から306飛行隊のF-15Jが登場です。

いきなり直上をファンブレイクぽく。太陽とばっちり重なったのでシルエットにしました。
フレアとかもいい感じで出てます。
aj-IMG_6026.jpg

正面系突っ込みでも。去年の浜松では元気よく暴れられなかったけど、今回はその鬱憤を晴らすかのようです。
aj-IMG_6034.jpg

今回は珍しく3本タンク。でも飛行展示で機動するには問題ないみたいですね。
aj-IMG_6043.jpg

テニスコートと呼ばれるその広い背面にベイパーを発生させてターン。
aj-IMG_6050.jpg

なかなかいいアングルで撮れました。この斜め前からのポジションはなかなか撮れないんですよね。
aj-IMG_6076.jpg

けっこう低い高度で、何回も頭上を旋回してくれるのでシャッターチャンスがいっぱい。
aj-IMG_6079.jpg

機体が大型なのもあるけど、F-2より低かったんじゃないかと思うくらいです。
aj-IMG_6082.jpg

翼端からもベイパーをよくひいていました。
aj-IMG_6084.jpg

背中がいっぱい。静浜は撮影環境としてはなかなかいい場所があります。
来年はまた目をつけている別の場所でも撮る予定。
aj-IMG_6088.jpg

また太陽と重なりました。きれいに写るんですが、何回もやるとやはり目を傷めますね。
aj-IMG_6120.jpg

ちょっとしたハイレートも。このパワーがイーグルの魅力。
aj-IMG_6140.jpg

背中にうっすらとしたベイパーを発生させながら、こちらに向かってターンしてきました。
aj-IMG_6151.jpg

このベイパーの量!湿度的にはちょうどいい天候条件だった模様です。
aj-IMG_6153.jpg

しかもアングル的にちょうどいいところを飛んでくれるので、背中を長い間狙い続けられるのがまた素晴らしい。
aj-IMG_6157.jpg

そしてギアを出してローアプローチ・・・とここで痛恨のミス。
なんとCFがいっぱいでこの先レリーズできませんでした。もったいない。
aj-IMG_6179.jpg

すぐにCFを入れ替えて撮影続行。
aj-IMG_6187.jpg

最後は翼を大きく振ってバイバイフライト。
aj-IMG_6210.jpg

お腹もばっちり。機体が大きいから間近でこの翼フリフリを見ると迫力あります。
aj-IMG_6212.jpg

次はC-130輸送機とT-7、救難です。
スポンサーサイト

テーマ:航空機 - ジャンル:写真

静浜基地航空祭2013・C-130&T7離陸&救難 2013年06月02日 SizuhamaBase:静浜基地 トラックバック:0コメント:0

3種類の戦闘機が怒涛のように機動飛行をした後は、ちょっとだけまったり。
小牧基地からC-130輸送機が登場です。

F-15の写真をチェックしていたらいきなり登場。というか音が静かだからやっぱり気が付かないw
立ち位置からすると真正面から撮る形になります。
aj-IMG_6224.jpg

1回目はシャッタースピードを完全にミスってプロペラがほぼ止まってしまったので設定変更。
続いてのパスはギアを降ろしての飛行です。
aj-IMG_6246.jpg

的が大きいうえにほぼ真上なのでばっちり撮れます。
ターボプロップの重低音が心地いい感じ。
aj-IMG_6249.jpg

通過したところを寄ってみました。
こういうシーン、意外と撮影のチャンスはないです。
aj-IMG_6254.jpg

続いてはもうちょっとシャッターを遅くして。遅くしすぎてほとんどブレブレでした。
なんとか押えた一枚だけ。
aj-IMG_6274.jpg

C-130のパスが終わると、静浜基地所属のT-7がビッグフライトのために滑走路へ。
全部で10機が次々と上がっていきます。
aj-IMG_6314.jpg

距離はまあ近いんですが、陽炎が酷くてゆらゆら。
aj-IMG_6321.jpg

ちょっと流し気味に撮ります。
aj-IMG_6323.jpg

すごく明るいのでシャッタースピードがなかなか落ちません。
ピン甘もけっこうありますが、なんとか最後の方で流せました。
aj-IMG_6327.jpg
aj-IMG_6330.jpg
aj-IMG_6336.jpg
aj-IMG_6354.jpg

T-7の編隊が飛んで行った後に、救難のUH-60Jが離陸。
小牧基地の救難教育隊からU-125Aはなしで、UH-60J単体で救難デモです。
aj-IMG_6364.jpg

去年大暴れしすぎて怒られたそうなので今年は控えめ。
aj-IMG_6378.jpg

いつものようにメディックが降下。今回は教育隊の教官なのですごくスムーズに降りていきます。
aj-IMG_6389.jpg

吊り上げまでも迅速。やっぱり技量がすごいですね。
aj-IMG_6396.jpg

回収後、特に大きな動きはなく着陸です。
aj-IMG_6403.jpg

次回はT-7のビッグフライト。

テーマ:航空機 - ジャンル:写真

静浜基地航空祭2013・T-7ビッグフライト 2013年06月03日 SizuhamaBase:静浜基地 トラックバック:0コメント:4

静浜基地航空祭の、午前最後の飛行展示です。先に離陸した10機のT-7が大編隊を組み、基地上空へ戻ってきました。

最初は10機の巨大デルタ隊形。基本の隊形ですが、数が多いとデルタの中にいる機体は逃げ場がなくなります。
一見単純なように見えて、かなり難しい微調整を繰り返しているわけです。
aj-IMG_6414.jpg

いったん通過して、しばらくすると再び通過。今度は遠洋漁業の街・焼津らしくお魚の隊形。これは珍しいですね。
aj-IMG_6423.jpg

最後は会場正面方向から富士山の隊形で。この時間帯はちょっと雲が広がっていたので、雲の模様を重視した露出で。
頂上部分がちょこっと凹んでいるのが富士山らしいですね。
aj-IMG_6428.jpg

3回のパスでビッグフライトは終了。ここから10機の連続着陸です。
基地上空でブレイク、極端なショートカットアプローチで着陸してきました。
aj-IMG_6444.jpg

手前に盛り土があるのですが、構わず流し撮り。でもだいぶシャッター落さないと意味がないかな・・
aj-IMG_6449.jpg

というわけでアプローチのところはやや速めのシャッタースピード。
aj-IMG_6454.jpg

真横はもっと落として1/50とか1/30にしてみます。
aj-IMG_6459.jpg

そのうち1/20秒くらいにしてみたり。ちょっと横風を受けて機体を傾けています。
aj-IMG_6465.jpg

明るめに撮ると、ふんわりしたイメージになります。これは意外といいかも。
aj-IMG_6469.jpg

盛り土ギリギリのところまで1/125秒くらいで頑張って・・・
aj-IMG_6479.jpg
aj-IMG_6485.jpg

1/20秒くらいに落として流し撮り。あえて低いアングルにして機体が隠れるようにしても面白い・・・
aj-IMG_6491.jpg
aj-IMG_6502.jpg

また日が差してきて、機体がきれいに浮かび上がります。ここはやっぱり踏み台か脚立があれば・・・
aj-IMG_6516.jpg

そしてシャッターは思い切って1/13秒で。もうブレてもいいんですw手前に盛り土と芝生があることで、普段はあり得ない絵が撮れることがわかったので。
鉄道だとたまにこういう撮り方はありですね。でも飛行機ではなかなかこういうのはできません。前準備があればもうちょっとマシには撮れました。でもいいかな。
aj-IMG_6534.jpg
aj-IMG_6537.jpg
aj-IMG_6543.jpg
aj-IMG_6550.jpg
aj-IMG_6566.jpg
aj-IMG_6567.jpg

一通り着陸を終えたので、いったん基地内の撮影ポイントから撤収します。
午後のブルーインパルスは前日予行を撮った場所から狙うことに。そのために移動を開始。
で、そこで待っていたら午後のT-7の機動が少し撮れました。実はこの場所、すごくいいんじゃないかと。来年はここで戦闘機も狙ってみます。
aj-IMG_6584.jpg

次回、いよいよブルーインパルスです。

テーマ:航空機 - ジャンル:写真

静浜基地航空祭2013・ブルーインパルス① 2013年06月04日 BI@SizuhamaBase:静浜基地 トラックバック:0コメント:2

静浜基地航空祭もいよいよクライマックス。最後のブルーインパルスの飛行展示になります。
お昼前に少し雲が出たものの、すぐに晴れてブルーが始まる時間帯には文句なしの天気。
静岡空港との空域調整により15分ディレイ。でも視程も雲も問題ないので前日の予報は外れてめでたく1区分実施となりました。
土曜日に下見したポイントで再び撮影です。ただし周りの建物や立木の位置から、ほんの少しだけ移動してますが。

まずはファンブレイク。これはやっぱりお腹のほうになります。でもこれでも密集具合が十分わかりますね。
aj-IMG_6624.jpg

滑走路上をパスするソロ系は捨てます。続いてはチェンジオーバーターン。前日構図を誤ったので今回はなるべく寄って。
aj-IMG_6634.jpg
aj-IMG_6636.jpg

デルタに編隊を変化させてすぐ真上を通過。
aj-IMG_6645.jpg

昨日よりもたくさんの人が集まってました。ほとんどが地元の人のようでしたが。
このくらいの人だと混みあってないからゆったりと、しかし間近で見ることができます。
aj-IMG_6650.jpg

大井川方面へと飛んでいく編隊。このターンはかなり遠くまで行くようですね。
aj-IMG_6654.jpg

そして密集隊形になりながらまたすぐ上を通過していきました。未収具合を表現するためにあえて一機に寄ります。
横から撮っているように見えますが、編隊がかなりのバンクをとっているので実は真下から撮る形になっています。
aj-IMG_6667.jpg
aj-IMG_6668.jpg

レインフォールはだいぶ近め。これは広角にしておけばよかったかなあ。
もっと真上でブレイクかと思ってましたが。もっと滑走路から離れたところのようですね。
aj-IMG_6680.jpg
aj-IMG_6689.jpg

4機編隊になってチェンジ・オーバー・ループ。完全にショウセンターに位置取りできたので、トレイルの編隊がまっすぐ突っ込んできます。
aj-IMG_6704.jpg

そして真上でダイヤモンド隊形へブレイク。本当に真上でした。
分厚いスモークの隙間から、上昇していく編隊がちらっと見える瞬間が撮れました。
aj-IMG_6706.jpg
aj-IMG_6708.jpg

そしてそのままループへ。近すぎて逆にループに見えないのが難点。これは工夫の余地ありですね。
aj-IMG_6715.jpg
aj-IMG_6719.jpg

レター・エイト。これもほぼ真上での4番機ブレイク。
aj-IMG_6724.jpg

全開で8の字ターンを描く4番機。ちょうど切り返しも真上です。
これは韋駄天さんがやってるスローシャッターにも応用できそうなシーンですね。
aj-IMG_6729.jpg
aj-IMG_6734.jpg

4機編隊はちょっと離れていても的が大きくなるので撮りやすいです。
4シップ・インバーテッドは真横から。リカバリー前のブレイクも狙えました。
aj-IMG_6743.jpg
aj-IMG_6751.jpg

後半は次回。

テーマ:航空機 - ジャンル:写真

静浜基地航空祭2013・ブルーインパルス② 2013年06月05日 BI@SizuhamaBase:静浜基地 トラックバック:0コメント:2

今回で静浜基地航空祭もラストです。ブルーインパルス、1区分アクロの後半。

5,6番機によるバーティカル・キューピッド。ハートが描かれ矢が刺さる様子を動画で。
会場で見るよりもずっと距離が近く(1キロくらい違います)、真上近くで見るハートはやっぱり迫力満点。


最後のシーンだけ写真で。入りきっていませんねw
aj-IMG_6758.jpg

1~3番機のラインアブレスト・ロール。広角で狙いましたが遠かった・・・
これはもっと構図の工夫の余地あり、ですね。
aj-IMG_6759.jpg

一転、大迫力のワイド・トゥ・デルタループ。ショウセンターど真ん中なので、まさに真上を通過して上昇。
5本のスモークがきれいに伸びていく様子が撮れました。
aj-IMG_6779.jpg

ループの下りきったところに見えますが、実はまだ頂点から下りていく途中。
とにかく真上でループしているので、いくらでも構図の余地があるのです。
aj-IMG_6787.jpg

スモークにピントが完全にいってませんが・・太陽を入れた構図でも。
aj-IMG_6792.jpg

6機になってデルタ・ロール。しかしこれは広角にすればよかった・・次回への課題です。
aj-IMG_6796.jpg

でもデルタ・ループは望遠で。上昇していって・・・
aj-IMG_6804.jpg

頂点通過。
aj-IMG_6809.jpg

下ってきて・・・
aj-IMG_6819.jpg


そのまま6機のデルタで飛んでいきました。う~ん、ちょっといまいちかな。
aj-IMG_6826.jpg

ボントン・ロールは前日の下見から、立ち位置調整。なかなかいい構図で撮れました。
aj-IMG_6839.jpg

5番機が離脱してバーティカル・キューバン・エイト。これはT-4の卓越した上昇性能を楽しむ科目ですね。
8の字が描かれるまで撮らずに見てました。
aj-IMG_6847.jpg

スタークロスのブレイクはかなり近め。この構図が撮りたかった!
でももっと真下から撮ってみたいです。
aj-IMG_6848.jpg
aj-IMG_6850.jpg

そして☆は本当に真上なので17mmでは収まりきらず。でも収まりきらないほうが、大きさを表現できるかなと。
aj-IMG_6859.jpg
aj-IMG_6862.jpg

タック・クロスの最初のクロス。前日の位置と完全に変わってました。まさか絶好のポジションで正面から見られるとは。
しかし完全に不意を突かれて交差の瞬間を逃してしまいまいした・・・
aj-IMG_6867.jpg

ローリング・コンバット・ピットは前日からの目論見通り広角で。
これで田んぼにスモークが写っていれば最高ですね。
aj-IMG_6876.jpg

コークスクリューも前日とは違う進入コース。1区分と3区分ではコース取りが変わるのかな・・・
aj-IMG_6888.jpg
aj-IMG_6898.jpg

最後にバイバイフライト。本番では4機のダイヤモンド+ソロの2機のスピードあるパスでした。
ソロは会場側を通って行ったので、4機のダイヤモンド編隊と景色を絡めて。
aj-IMG_6918.jpg

これで静浜航空祭はおしまいです。4年ぶりの参戦、5年ぶりのブルーは文句なしの天気で締めくくれて、最高の航空祭になりました。
このあと撮影場所からほど近いところから路線バスで駅へ。しかし想定外の大渋滞。でも百里よりましか・・・
次回は先週土曜日に撮った、ビッグ・ビーチフェスタの室屋さんです。

テーマ:航空機 - ジャンル:写真

Big Beach Festival'13 RedBull Flight Paformance 2013年06月06日 DeepBlues:室屋義秀 トラックバック:0コメント:6

静浜基地航空祭の写真も終わったので、続いて先週土曜日に行った幕張での室屋さんのフライトを。
ここ数年、この時期の恒例フライトになった幕張の浜でのフライト。ビッグ・ビーチ・フェスタという野外音楽イベントの一環として飛んでいます。
チケットがなければ会場には入れませんが、会場がそもそも公共の砂浜を貸し切っているのでその制限エリア外なら出入りは自由。
室屋さんもそっちの方まで飛んできてくれるので、けっこう間近でフライトが楽しめるわけです。
11:15からのフライトという情報があったので、遅くとも30分前には幕張の浜についているように向かいます。
一昨年は場所がいまいち分からなくてマリンスタジアム横、去年は砂浜に入れて割と近くから撮れました。

去年のフライト
レッドブル・フライトパフォーマンス@Big Beach Festiva'12
レッドブル・フライトパフォーマンス@Big Beach Festiva'12②

一昨年のフライト
RedBull フライトパフォーマンス①
RedBull フライトパフォーマンス②

他の方の写真を見たり、地図を見たりして今年は去年の場所と会場を挟んだ反対側、海に100mちょっと突き出た突堤の上から撮影です。
どういう場所かはゆっきーさんのブログ記事にあがっている写真が分かりやすいかな。3枚目の左に写っている黄色いシャツが自分ですw

フライト開始の5分ほど前に室屋さんの駆るエクストラが登場。会場から離れた検見川沖でホールドします。
そして11:15。急降下から海スレスレのところまで下りてきて高速でこちらに飛んできました。こっちくる!と思って望遠で待ち構えると・・・
aj-IMG_6956.jpg

キレのあるバンクをいきなりとって、まさにこっち向きの真正面。ものすごい勢いでファインダーの中のエクストラが大きくなっていきます。
aj-IMG_6961.jpg

ものすごく近く、というか一番近いところで車輪しか写らないくらいのところをパスしていきました。初っ端からものすごい迫力。
エンジンの振動がそのまま体に伝わってくる近さです。
aj-IMG_6965.jpg

空がやや白く斜光だったので海の上のパフォーマンスは実質逆光気味。
それでも縦系も含めた素晴らしいパフォーマンスを展開してくれます。
aj-IMG_6989.jpg

翼がギラリと光る瞬間、アンダーにして撮ってみました。
aj-IMG_7072.jpg

基本的に突堤を空域の目印の一つにしているようで、自分の立っている突堤をなぞるように飛んでいきます。
aj-IMG_7104.jpg

メイン会場は砂浜のほうなので、海岸線沿いに超低空飛行も。
aj-IMG_7108.jpg

西側には千葉マリンスタジアムがあり、この日もプロ野球の試合。去年はそれで近くを飛んでしまい客からクレームがきたとかで
試合の時間は避け、さらにマリンスタジアムは徹底して避けて飛んでいました。やや高さのある複雑なマニューバーはド逆光。
しかしスモークがいい感じに茶色くなったので、逆にアンダーにしてスモークを強調してみます。
aj-IMG_7138.jpg
aj-IMG_7145.jpg
aj-IMG_7152.jpg

去年は向こうに見えている位置から撮りました。こういう超低空パスは近くていいんですが、すごい逆光なんですよね。
今年はマリンスタジアムの件もあって、あっちはあまり飛ばないと読んで場所を変えましたが正解でした。
aj-IMG_7339.jpg
aj-IMG_7342.jpg

こちらにも低空で向かってきます。突堤先端が目印みたいなので、海岸線からこちらに向かってターン。コクピットの室屋さんがこちらを見ています。
aj-IMG_7375.jpg

そのまま直上を通過。高度10mくらいしかないんじゃないかなあ。これ以上は近すぎ・速すぎでAFが追い付かないのです。
aj-IMG_7378.jpg

ここから超低空パスの連続。検見川方向からはいってきて・・・
aj-IMG_7388.jpg

まずはこちらに背中を見せます。今回は電池で有名なエナジャイザーがスポンサーカラーに。
色合いはかっこいいのだけども、エナジャイザーってカタカナで書かないほうがよかったかもw
aj-IMG_7392.jpg

そのままナイフエッジで海岸線沿いに飛びます。途中、背景に幕張アパホテルの高層ビルが。
aj-IMG_7397.jpg
aj-IMG_7403.jpg

切り返してまた超低空・超低速の背中見せパス。エクストラ300のウィングの幅は約7m。
そこから推測するに、高度は10mほどしかありません。
aj-IMG_7443.jpg
aj-IMG_7447.jpg
aj-IMG_7457.jpg
aj-IMG_7464.jpg

その高度のまま、突堤の上も通過していきます。これは真下から撮れるチャンスでもあったか・・
aj-IMG_7476.jpg

また切り替えし。背中撮り放題です。
aj-IMG_7495.jpg
aj-IMG_7498.jpg
aj-IMG_7504.jpg

高層ビルとの絡みもばっちり。こうしてみると幕張もロケーションがけっこういいですね。
aj-IMG_7511.jpg
aj-IMG_7513.jpg

そのまま会場前をパス。これも近かったでしょうね。
ただ11:15というのはまだ音楽イベントのお客さんが少ない時間帯。場外の見物人と同じくらいしかいなかったような。
aj-IMG_7525.jpg
aj-IMG_7529.jpg
aj-IMG_7532.jpg

最後は高速で突堤の上をパスして帰っていきました。
ちょっとブレちゃったけど、間近でのパスはやっぱり迫力あります。
aj-IMG_7590.jpg
aj-IMG_7591.jpg
aj-IMG_7593.jpg

当初は予定に載っていなかったのですが、17:40からのフライトもあったようです。それを知ったのは家に帰ってから。
野球の試合との兼ね合いもあったのかな。夕日の時間帯でしたが、この日は午後からドン曇りになってしまったので諦めはつきました。
次回はまだ途中だった地下鉄の写真です。

テーマ:航空機 - ジャンル:写真

地下鉄は地下を走るから地下鉄・渋谷乗入開通後の副都心線② 2013年06月08日 Subway:地下鉄 トラックバック:0コメント:2

航空祭関連の写真を一通り出し終ったので、前に途中だった地下鉄写真の続きを。前回の記事はこちら↓
地下鉄は地下を走るから地下鉄・渋谷乗入開通後の副都心線①
東横線と開通したばかりの東京メトロ副都心線を撮っていきました。前回の続きで地下鉄には珍しい待避線のある東新宿から。

既存の地下鉄路線やその他複雑な都市地下施設を縫うように作られた副都心線。
この場所は下り坂を下ってくるところを撮ることができます。程よく線路が光ります。
aj-IMG_4916.jpg

300mmでちょうどトンネルの奥が狙えるくらい。そこからこちらに向かってくるシーンを撮ります。
ライトがこちらに向く瞬間にピントを持って行かれないようにするのが難しいです。
aj-IMG_4920.jpg

駅を移動して、西早稲田駅へ。ここはシールド工法のトンネル壁面に、ヘッドライトの光が広がる一瞬が美しく撮れる場所。
カーブを立ち上がった瞬間、光条がトンネル内に広がるのです。ホワイトバランスを変えてオレンジ系に。
aj-IMG_4952.jpg

そのままカーブを立ち上がっていきます。トンネル内はかなりの明るさ。
なぜこの区間だけこれだけ明るくなるのかはちょっとわかりませんが。
aj-IMG_4957.jpg

駅もわずかにカーブしているので、正面系の写真がばっちり撮れます。
三脚使えればもっと楽なんですけどね。
aj-IMG_4969.jpg

続いての電車は寒色系のホワイトバランスにしてみます。
車両の種類によっては光が拡散しないので、これくらいの明るさになります。
aj-IMG_4973.jpg

ただこの手のライトはハイビームにしたときの光が強烈でなかなかピントが合いません。
aj-IMG_4983.jpg

ちょっとブレブレですね・・・実は風圧がすごいから望遠レンズだとすごい煽られるんです。
aj-IMG_4987.jpg

次の車両はまた暖色系にしてみました。実際にもオレンジがかった色のライトなんですが
どうせトンネル内の写真なんてホワイトバランスに正解はないだろうなとw
aj-IMG_4994.jpg

ライトにピントは合わせません。確実にピントがずれます。地下鉄写真でピントを狙っているのは、運転席上部の行き先表示板。
最近はLEDが多く輝度が十分なので、暗いトンネル内でピントを合わせるのにちょうどいいのです。
連続写真で電車が迫ってくる様子を。
aj-IMG_5005.jpg
aj-IMG_5011.jpg
aj-IMG_5026.jpg

以前にもアップしましたが、この西早稲田駅のトンネル走行動画。風がすごいのが分かると思います。



明日はもしかしたら自衛隊のイベントに行くかも・・行かなかったら別の写真です。

テーマ:鉄道写真 - ジャンル:写真

厚木基地外周RW01エンドにて① 2013年06月09日 NAFAtsugi:厚木基地 トラックバック:0コメント:4

今日は結局自衛隊イベントに行かなかったので、その前に撮ってあった写真から。
よく晴れた平日のある日、時間ができたので撮影に行くことに。羽田でも・・と思ったけどせっかくなので厚木基地外周へ。
親善祭りでは何度か来ていますが、ここの基地の外周で撮影するのは全く初めて。
南風運用だったので、北側からのRW19アプローチを滑走路エンドで狙うことにします。

小田急線の大和駅から歩いて行って、お昼前に滑走路エンドに到着。早速1機飛んできました。
海上自衛隊の練習機TC-90です。徳島の基地に配備されていて、厚木にはクロスカントリーか何かで来たのかな?
とにかくすぐ上を飛んでいくのでここまでアップで寄れます。
aj-IMG_7615.jpg

一番近いとこんな感じ。本当はもっと寄れるけど構図の関係上、ここまでにしました。
aj-IMG_7621.jpg

そのままの位置だと午後になって逆光になるので、滑走路のラインを挟んで反対側へ。といっても100m程度ですが。
次にやってきたのはやはり海上自衛隊の連絡機LC-90。先ほどのTC-90と基本的に同じ機体です。
aj-IMG_7632.jpg

下からやや広角で。翼の広がり方で、望遠の圧縮効果がほとんどでていないことが分かると思います。
aj-IMG_7634.jpg

次もTC-90。色が鮮やかなので狙いやすいです。今度は翼がきっちり入りました。これで90mm。
aj-IMG_7640.jpg

そろそろ戦闘機こないかなあ、と思っていると来ました!空母ジョージ・ワシントン搭載機であるFA-18E「スーパーホーネット」。
aj-IMG_7657.jpg

ちょうどいいアングルで近づいてくる・・・と思ったら1機目からなんと色つきの隊長機。
4月に親善祭りで舐めるように撮ったVFA-115「イーグルス」のCAG機です。これは横から撮ればよかった・・・
aj-IMG_7661.jpg

ちょっと引いて全体図も。
aj-IMG_7665.jpg

やや後追いですが、尾翼のマークはしっかり撮れました。しかしいきなり来るとは・・・
aj-IMG_7668.jpg

それぞれの飛行隊には1機しか色つきはないのが基本なので、後の機体はみなマーキングが薄いロービジ。
2機目のスーパーホーネットは片翼だけ訓練用の模擬ミサイルを積んでいました。
aj-IMG_7682.jpg

その後ろから単機でやってきた電子戦機のEA-18G 「グラウラー」。
aj-IMG_7700.jpg

こちらはコクピットを大写しで。後席がチラッとこっちを見ていますね。
アメリカ海軍のパイロットはJHMCSという、ヘルメットのバイザーに情報が映し出されるシステムを使っています。
そのため空自の戦闘機パイロットが使っているヘルメットよりも、バイザーのでっぱりが大きいです。
aj-IMG_7704.jpg

午前中の訓練が終わって帰ってくる時間帯なのか、次々にスーパーホーネットがアプローチ。
1機は斜め下からのアングルできっちり押えます。でも面白みのない構図ではありますね・・・
aj-IMG_7721.jpg

というわけでせっかく滑走路エンドにいるので、最終アプローチのスーパーホーネットを真下から。
こうして見ると翼面積の大きさ、というかストレーキの大きさがよくわかります。
aj-IMG_7748.jpg

一度着陸機が途絶えましたが、しばらくすると今度は離陸のためにタキシングしてくるスーパーホーネット。
しかし暑さが増したせいか、すごい陽炎でメラメラです。
aj-IMG_7761.jpg

その陽炎に加えて、エンジンからの排気によってもはや輪郭が分からないほどにw
aj-IMG_7767.jpg

次々と離陸機がやってきました。またしても色つき登場。VFA-102「ダイヤモンドバックス」のCAG機です。
aj-IMG_7775.jpg

なぜかCAG機が編隊の2番機で離陸していきました。最初に離陸する左側のスーパーホーネットがアフターバーナー点火。
aj-IMG_7780.jpg

グラウラーも滑走路へ向かっていきます。
aj-IMG_7790.jpg

これは別のスーパーホーネットの編隊。音は意外と響いてきません。
aj-IMG_7797.jpg

しかし次から次へと・・・数を数えていなかったけど15,6機は上がっていったかも。
aj-IMG_7804.jpg

音が控えめに感じるとはいえ、アフターバーナーの轟音を聞きながらと言うのはやはりいいものですw
aj-IMG_7813.jpg

このすごい陽炎も見ようによっては雰囲気が出てていいかもしれませんね。
aj-IMG_7819.jpg

というわけで厚木基地の写真、続きます。

テーマ:航空機 - ジャンル:写真

厚木基地外周RW01エンドにて② 2013年06月10日 NAFAtsugi:厚木基地 トラックバック:0コメント:0

天気のいい日に行った厚木基地外周の続き。スーパーホーネットの離陸が終わるとまた一息いれます。
暑さもあるし、なにより紫外線が一番強い時期だから日焼けと熱中症に注意です。これからのイベントはもっと大変だろうなあ。

スパホの離陸が終わってからしばらくして、海自のP-3Cがアプローチ。
プロペラを回すためにシャッタースピード遅めにしたらブレまくり。これはもっと頑張らないと。
aj-IMG_7830.jpg

真横からのシーンも。とにかく大きいので広角で撮れます。
aj-IMG_7836.jpg

後追いでも撮りました。やっぱりちょっとぶれてるなあ・・・
aj-IMG_7841.jpg

次に来たのはもっと大型。この日一番の大型機かな。アメリカ海軍で人員輸送用として使っているC-40。
実質的には旅客機のB-737です。
aj-IMG_7861.jpg

この距離で撮れる場所は民間の空港でもめったにありません。もしかしたら伊丹の千里川並みかも。
aj-IMG_7864.jpg

また訓練からスパホの編隊が続々と戻ってきました。
斜め前下、斜め後ろから、後追いと撮っていきます。
aj-IMG_7880.jpg
aj-IMG_7884.jpg
aj-IMG_7888.jpg

何度か同じ構図で撮って練習します。速度もけっこうあるし、的の大きさとしてはちょうどいいですからね。
aj-IMG_7903.jpg
aj-IMG_7906.jpg

ちょっと引いて翼全体を構図にいれる形で。
aj-IMG_7915.jpg
aj-IMG_7929.jpg

タンク5本のフル装備も。これは訓練からなのかなあ。機動が大変そうですがw
aj-IMG_7946.jpg

コクピットも大写しで。しかしバイザーが隠れてしまった・・・
aj-IMG_7947.jpg

真ん中の一本は燃料増槽ではないかもしれませんね。発電用のプロペラがあるので。
偵察任務の訓練かな?
aj-IMG_7953.jpg

このアングルは構図のバランスが難しいですね。偏りすぎないように、また変な切れ方にならないように注意です。
aj-IMG_7969.jpg

この機体のパイロットのバイザーはどうもノーマルっぽいですね。
aj-IMG_7978.jpg

ブレにも注意しながらきれいに撮ることを心がけます。本数こなさないとそういう風に撮れません。
やっぱり厚木は当たりの時はたくさん飛んでいるのでいいですね。
aj-IMG_8003.jpg

強めの南風ではありますが、滑走路と正対していないみたいで微調整を繰り返しながらランディングしようとしていました。
aj-IMG_8011.jpg

ちょっとずつバランスがとれてきたかな・・・
aj-IMG_8027.jpg

コクピットのアップもきれいに撮れます。
aj-IMG_8031.jpg

後追いもきれいに。翼のほうにピントをもっていきましたが、奥の機首がややボケているのが面白いです。
aj-IMG_8033.jpg

厚木外周の写真、次でラストです。

テーマ:航空機 - ジャンル:写真

厚木基地外周RW01エンドにて③ 2013年06月12日 NAFAtsugi:厚木基地 トラックバック:0コメント:0

厚木基地外周の写真もラスト。この日は大当たりだったようで、スーパーホーネットだけでものべ20機以上のアプローチが撮れました。
空母が入っていればフライトの可能性も高くなりますが、米軍の訓練って読めないんですよね。

ちょっと大きいのが来たなあと思ったら。艦上輸送機のC-2「グレイハウンド」。
そういえばこれが飛んでいるのは初めて見ました。しかも最初はオーバーヘッドアプローチからのブレイク。
プロペラでずんぐりした胴体なので、間近で撮るとなかなか迫力があります。
aj-IMG_8078.jpg

斜め後ろから。この航空機はエンジンにギアが収納されるタイプです。
距離が近いので、エンジンにだけピントが合うような状態。
aj-IMG_8080.jpg

2番機はもっとシャッターを遅くしてプロペラを回してみました。でもちょっとブレた・・・
aj-IMG_8094.jpg

また斜め後ろから。
aj-IMG_8102.jpg

そしてまたスパホが訓練空域から帰還してきます。コクピットの寄り。
aj-IMG_8031.jpg

途中に海自のLC-90も着陸していきました。
aj-IMG_8136.jpg

続々とスパホがアプローチしていきます。
このファイナルアプローチの上空で、次の編隊のスパホがオーバーヘッドで通過しているような状態。
aj-IMG_8157.jpg

後席、確実にこっちを見ていますねw
aj-IMG_8160.jpg

この機体前半分のアップをきちんと押さえようと何枚か撮ってみます。
これが一番きれいに撮れたかな。
aj-IMG_8171.jpg

そろそろ帰る時間かな・・ということで、アプローチラインの真下に立ちます。
明るめに撮って、機体下部のディテールを表現してみました。
aj-IMG_8192.jpg

と、ここででかいのが登場。入間から空自のC-1輸送機です。
この機体、番号は019ですが、正月の空挺降下に登場しています。
aj-IMG_8206.jpg

再びスパホの真下狙い。けっこうシャッタースピードが遅くなるからブレないように撮るのが難しいのですよ。
一枚だけ横構図をいれてみましたが。縦の方がきっちり収まりますね。
aj-IMG_8220.jpg
aj-IMG_8232.jpg
aj-IMG_8235.jpg
aj-IMG_8244.jpg

ここまで撮ってこの日は撤収。まだまだアプローチは途切れないようでしたが、だいたい満足いったので。
羽田空港へ行くのと交通費的には変わらず、時間もそんなにかからないことが判明。これはスパホの訓練飛行がありそうな時は行くしかないですね。

テーマ:航空機 - ジャンル:写真

 » »
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。