FC2ブログ

亀戸天神の梅2013① 2013年02月18日 Plum:梅 トラックバック:0コメント:8

冬の間はイベントも少な目だし、花もなかなか咲かないからちょっとさみしいですが。
いよいよ梅も咲きだしたので日曜日に近所の亀戸天神へ行ってきました。
まだ咲き始めかなあとは思ったけど、よそのブログを見ると咲いているところもあるようで。

亀戸天神へ行く途中、横十間川という運河をプレジャーボートが通ります。
スカイツリーもきれいに見えたので、東京の下町らしい光景を。
ai-IMG_1214.jpg

暗い色の運河を真っ白なボートが引き裂いていきます。
真冬の中にも温かみを感じるような一瞬。
ai-IMG_1216.jpg

さて亀戸天神につきました。
鳥居の向こうにスカイツリー。そして梅。
ここは午前中でも日が当たらないかな・・・
ai-IMG_1220.jpg

まだ梅は満開とはいきません。2分咲きくらいが多いかな。
欄干と白梅。
ai-IMG_1222.jpg

40mmのF4で背景はややぼかして。
景色をとりこみつつ白梅をメインで。
ai-IMG_1224.jpg

猿回しがやっていました。のんびり見ていたいけど、日が傾くと撮りづらくなるので少しだけ。
ai-IMG_1239.jpg

拝殿横の見事な梅。日中シンクロで薄いピンクを引き立たせます。
ai-IMG_1243.jpg

と、この梅にメジロが2羽いました。
なかなか近い位置なので望遠に付け替えて狙います。
ai-IMG_1244.jpg

後ろにもちらっともう1羽写ってますね。
しかし空がバックだと逆光気味なので難しいです。
ai-IMG_1248.jpg

理想は目にピントなんですが、動きが速いので厳しい・・・
ai-IMG_1261.jpg

こっちを向いたところはまあいい感じ。
ai-IMG_1265.jpg

梅の数がけっこうあるので絵になります。
ai-IMG_1267.jpg

5分ほどの間にけっこう撮れました。
しかし無軌道に動き回るので大変です・・・
ai-IMG_1268.jpg

亀戸天神の梅、後半に続きます。

テーマ:花・植物 - ジャンル:写真

亀戸天神の梅2013② 2013年02月20日 Plum:梅 トラックバック:0コメント:2

亀戸天神の梅の続き。冬は日が低いうえにこの神社は周りが微妙な高さの建物なので
午後の早い時間でないとすぐに陰っちゃいます。やっぱり花は日向のほうが撮りやすいですから。
まだ咲いていないところも多かったので、日陰にならないうちにさっさと撮っちゃいます。

と、亀戸天神に行くと必ずいる猫。半野良です。
亀戸天神に梅を撮りに来るようになったころにはもういたかな。
ai-IMG_1270.jpg

早くも影っていたけど花が多い部分なので撮ります。
しかし背景がいまいちですね。
ai-IMG_1274.jpg

というわけで暗くてすっきりした背景を選びます。
花が少ないとこういう構図選びも大変。
ai-IMG_1277.jpg

ちょっと暗めの露出で。紅梅はアンダーのほうがきれいに写りますね。
背景もまあまあ。
ai-IMG_1279.jpg

割と数がそろっている紅梅をバックに、太陽の光で輝く白梅。
ai-IMG_1280.jpg

格子状の建物の壁もバックにしてみます。
でもちょっと落ち着きがないですね。
ai-IMG_1285.jpg

紅梅が背景というのが一番きれいに撮れるかな。
ai-IMG_1290.jpg

白梅も後ろにしてみましたが。う~む・・・難しい。
ai-IMG_1292.jpg

あえて絞り込んで背景の白梅も少し浮き立たせます。
ai-IMG_1295.jpg

じゃあ青空をバックに・・・フラッシュは一番強くして、アンダーの露出で。
ai-IMG_1298.jpg

最後は枯れた椿。これも冬の花ですね。
ai-IMG_1301.jpg

ここまで撮ったところで今回の梅は終了。また来週どこかに撮りに行くかな。
まだ時間はあったので別の場所へ移動。もうしばらくしたら撮れなくなるものを狙いに行きます。

テーマ:花・植物 - ジャンル:写真

引退間近の200系新幹線を狙って・王子の高架から① 2013年02月21日 Shinkansen:新幹線 トラックバック:0コメント:0

亀戸天神で一通り梅を撮ったあとは電車に乗って移動。
北区の王子まで行きます。3/16のダイヤ改正で引退する東北・上越新幹線の200系。
これを狙いに行きました。去年の夏に王子の北とぴあ展望階から撮ってよかったので。ところが北とぴあが全館清掃のためお休み・・
仕方ないので途中の電車から見てあそこからも撮れるのか!と見つけた場所に移動します。
去年夏に撮った北とぴあからも見えた、東北線を跨ぐ跨線橋。この写真の右下に見える緑の跨線橋です。

跨線橋の一番端のところからなんと新幹線の高架が望めます。
しかし実は跨線橋の上にフェンスがあるので、画質低下覚悟で絞り開放&望遠テレ端で撮ります。
ai-IMG_1306.jpg

線路の正面でなければ、横から柵の隙間にレンズをいれて撮れるのですが下半分が写らない・・・
ai-IMG_1312.jpg

縦構図がいちばんすっきり収まります。
ただ微妙に障害物があったり。
ai-IMG_1316.jpg

割と長い直線を走るので視界から消えるまでシャッターチャンスは長め。
ai-IMG_1320.jpg

新幹線の合間に在来線も。すぐ下を湘南新宿ラインが通ります。
ai-IMG_1323.jpg

下りE4系MAXがきました。短い編成だと全部写ります。
右の背景の建物はスカイツリー。
ai-IMG_1327.jpg

ワイド側へ引くと金網が映りこむので、テレ端のまま。
超接近した新幹線の顔が狙えます。
ai-IMG_1332.jpg

うまい具合に交錯前のシーンも撮れました。
しかも同じE4系MAX同士。
ai-IMG_1335.jpg

続きの写真。こちらに向かってくる下りは一瞬隠れます。
ai-IMG_1337.jpg

「はやて」も似た構図で。
ai-IMG_1346.jpg

レンズの角度に気を付けて、手前の壁が写らないように。
あとはトリミングで要らないところ切るしかないかな・・
ai-IMG_1354.jpg

同じ構図になるのでたまに移動して撮ります。
ここは背景が夕日だとよさそうですが。残念ながら夕日は真逆の方向。
ai-IMG_1365.jpg

トリミングも使って、縦構図で架線柱の詰まった感じも。
ai-IMG_1370.jpg

と、またすれ違い。同じE2系で手前が「あさま」、奥が「はやて」。
ai-IMG_1371.jpg

メタリックなE3系「つばさ」はこういうシーンでも映えますね。
もうちょっとデザインがよければw
ai-IMG_1377.jpg

お目当ての200系がなかなか来ません。
枚数多いので次回に続きます。

テーマ:鉄道写真 - ジャンル:写真

引退間近の200系新幹線を狙って・王子の高架から② 2013年02月24日 Shinkansen:新幹線 トラックバック:0コメント:2

引退間近の東北・上越新幹線200系を追って王子近辺の跨線橋で撮影した写真の続きです。
一応ネットで調べれば200系の運用状況やダイヤは分かるのですが、ちょっと曖昧かな。
運転日注意というのが多いので、走るかどうかは分からない部分があります。
そのネット情報を元に、そろそろかな?と思っていたけど来ない。
まあ待つかな・・と近くで同じように200系を狙っていた年配のカメラマンさんと談笑。
流し撮りの話になって、やってみてよということになったので次の新幹線で・・と思ったら・・・

なんとやってきたのが200系。流し撮りするにはちょっとリスクが高かったので急いでモード切替。
足元が写らないアングルになってしまいましたが、なんとか全体を撮れました。
ai-IMG_1401.jpg

急いで跨線橋の端へ行って後ろからの構図でも。
しかし日がほぼ落ちて露出が急激に落ちていた状況だったので少しぶれた・・・
ai-IMG_1407.jpg

200系は30分後くらいに折り返しでくると予想できたのでそれを待つことに。
その間に在来線なども撮ります。先ほど頼まれた流し撮り。28-300mmのワイド端。
ai-IMG_1414.jpg

おさまりが悪いので17mmで。縦の少し斜めに流すやり方なので難しいです。
1/20秒で撮りました。
ai-IMG_1424.jpg

遠くのスカイツリーが夕日に照らされてオレンジに。
湘南新宿ラインとからめてみました。
ai-IMG_1432.jpg

露出が劇的に落ちてくる時間帯、新幹線も都度撮って確認します。
夕景の時間帯なのでちょっと赤味を出して。
ai-IMG_1436.jpg

それにしてもE4系のアップは迫力ありますね。
ai-IMG_1438.jpg

湘南新宿ラインを東武特急のスペーシアが通ります。
スカイツリーとからめて撮れる場所は業平橋だけではないんですね。
ai-IMG_1440.jpg

新幹線のライトも強烈になってきたので、また露出確認。
ハイビームをレンズに正対する形で浴びてしまうと、AFが利かなくなることも多いので注意。
ai-IMG_1444.jpg

しばらくして完全日没になって暗くなってきたので、露出暗め。
レタッチでそれっぽく仕上げます。テールライトの赤がいいアクセント。
ai-IMG_1451.jpg

京浜東北線はなかなかいいラインを描きながら走ります。
新幹線以外にも撮れるものが多いからここはいいですね。
ai-IMG_1459.jpg

下り列車が高架の坂を上ってくる途中、ライトが架線に反射して輝きます。
これで時間が経って真っ暗になると撮れなくなるので、シャッターチャンスはわずかです。
ai-IMG_1469.jpg

仕上がりをちょっと暗めにしていますが、実際はもうちょっと明るめ。
なのでフレーミングをミスらなければAFはついて行けます。
ai-IMG_1475.jpg

ただこちらに向かってくる下り列車のヘッドライトは要注意ですね。
昼間でもそうですが、新幹線のライトは強烈なのでまともにくらうとAFが外れるので。
ai-IMG_1484.jpg

このように角度がついたところから撮ればAFに影響はそれほどありません。
絞って撮れればライトの光条もきれいにまとまるんですけどね。
ai-IMG_1490.jpg

そして予想通り折り返しで200系が来ました。
この時間帯にこういう姿が撮れるのはかえって貴重かな。
ai-IMG_1492.jpg

もうちょっと高いところから撮れればいうことなしですが。
2段くらいの踏み台というか脚立があればいいかな。
ai-IMG_1506.jpg

最後に空を構図に入れた形で。この不安定な感じが好きです。
ai-IMG_1513.jpg

帰りの最寄駅から。遠くがまだ明るいのがこの時間帯らしくていいかなと。
ai-IMG_1520.jpg

ホームの幅が狭かったのでこんな構図でも。
ai-IMG_1525.jpg

これで今回の新幹線撮影はおしまい。でもまだ満足できないので
別の場所でリベンジ予定です。

テーマ:鉄道写真 - ジャンル:写真

優駿フォト・中山競馬場① 2013年02月24日 Sports:スポーツ トラックバック:0コメント:0

今日は非常に天気がよかったので、これは何か撮りにいかないと・・ということで
いろいろネットで見ていたら船橋の中山競馬場でレース開催があるのを発見。
家から1時間圏内で十分いける場所なので、行ってみることにしました。
7年くらい前に息子を連れて行ったことがありますが、それ以来です。

最寄りの船橋法典駅から直通の通路を通って競馬場内へ。
地下通路を経由して、馬場の内側にある広場に出ました。昔来た時はここから撮ったなあと。
ちょうどダートのレースが始まり、馬群が通過していくのが撮れました。
ai-IMG_1538.jpg

軽く流し撮り。しかし強風でレンズが煽られます。
距離的に悪くないのですが、やはり柵が邪魔。さらに屋外掲示板もあって障害物が多めです。
ai-IMG_1543.jpg

場所がいまいちだし、この後のレースはさらに外側の芝が続くので移動。
メインスタンド前から撮ることにします。次のレースまでちょっと時間が空いたのでパドックへ。
ai-IMG_1554.jpg

レース直前の競走馬たちが間近で見られます。
この筋肉質な感じ、さすがサラブレットですね。
ai-IMG_1565.jpg

なんか睨まれてしまいましたw
パドックをまわる馬も観客を観察しているようです。
ai-IMG_1586.jpg

すごい筋肉。遠目に見るとなかなか分かりませんが間近で撮ると
その隆々とした様子がよく伝わってきます。
ai-IMG_1589.jpg

パドックは動きが遅いから、と思っていたら意外にも素早い動き。
馬も首を振ったりするのでなかなか構図が定まりません。
ai-IMG_1596.jpg

それでもそのうち間合いが図れるようになったので表情をアップで狙います。
ai-IMG_1599.jpg

こういう色の馬もいるんですね。なかなかきれいです。
ai-IMG_1603.jpg

けっこうこっちをマジマジと見るものだなあw
でっかいレンズだと向こうからも目立つんでしょうね。
ai-IMG_1607.jpg

馬の装具も注目してみるとなかなかかっこいいです。
ai-IMG_1613.jpg

本能で競争前ということが分かるんでしょうか。
中には落ち着いて精神統一を図っているような馬も。
ai-IMG_1614.jpg

パドックでの撮影を切り上げて再びコースの横へ。
しばらくして先ほどの馬たちが入場してきて返し馬。
ai-IMG_1625.jpg

返し馬とはいえ目の前をけっこうなスピード。目の前を駆け抜けていきます。
上下動があるからブレますが、そこはあえて低速で流し撮り。1/30秒です。
ai-IMG_1631.jpg

お尻のところだけぶれていませんね。
こういう写りになっても構いません。かえって躍動感がでるなあと。
ai-IMG_1632.jpg

レースが始まりました。スタートは向こう上面から。3コーナーを曲がっていくところから狙える距離になります。
ai-IMG_1638.jpg

4コーナー立ち上がり。思ったより距離がありますね。
ai-IMG_1645.jpg

それでも馬群が迫ってくる様子はなかなかの迫力。
ai-IMG_1651.jpg

直線に入り最後の追い込みに入ってきます。
馬群もばらけてきました。
ai-IMG_1654.jpg

中山名物の2号坂路の手前。ここから最後の100mで高低差5.3mという上り坂を駆け上がります。
ai-IMG_1657.jpg

その駆け上がりは流し撮りで。
競馬での低速流し撮りは、どこか一部分だけブレていないところがあればいいかなと。
ai-IMG_1661.jpg
ai-IMG_1664.jpg

坂を上りきってゴールです。
後ろからの構図というのもありかな。
ai-IMG_1669.jpg

とりあえず午後のレースを全部撮ることにします。
数回、シリーズでアップしていきます。

テーマ:馬の写真 - ジャンル:写真

優駿フォト・中山競馬場② 2013年02月25日 Sports:スポーツ トラックバック:0コメント:2

中山競馬場での馬写真続きです。
1レース撮ってみてなんとなく距離感もつかめたので、スタンドを移動しながらいろんなアングルで撮ることにしました。

先ほどのレースよりもっと4コーナーよりから狙うことに。
入場してきて返し馬スタート。あれ?こっちに向かってくる?
ai-IMG_1673.jpg

けっこうスピードがのっているので流し撮りも。
返し馬も貴重なシャッターチャンスですね。
ai-IMG_1674.jpg

レース距離の都合で、本ストレート端からのスタートとなりました。
移動式のゲートが置かれます。スタートを間近で撮れるチャンス。
スローシャッターでゲートオープンを狙いましたが・・周りもブレちゃいました。
ai-IMG_1697.jpg

4コーナーに一番近いところなので、かなり大きめに撮れます。
ただ出馬数が少ないのでやや馬群の厚みに欠けますが。
ai-IMG_1710.jpg

この日一番の長距離だった2000mのレース。
ゴール前の一番つらいところで上り坂に挑みます。
ai-IMG_1717.jpg

次のレースはスタンドの最上段から。かなり見晴らしがいいです。
3コーナーを回る馬群も狙えました。
ai-IMG_1720.jpg

4コーナー立ちあがり。やや距離がありますが、俯瞰で見られるのでいいですね。
ちょっと競馬番組のワンシーンみたいではありますが。
ai-IMG_1728.jpg

上からだと背景もうまくとりこめるので、流し撮りもいい感じ。
ai-IMG_1729.jpg

残り100mあたりのところを後ろから。
ai-IMG_1736.jpg

続いてのダートもスタートが近くから。
このスタートはゲートオープン時に一頭暴れていました。
ai-IMG_1753.jpg

ちょっと乱れたスタートになりました。
やはり馬は繊細なんだなあと。
ai-IMG_1756.jpg

一周まわってきて4コーナー立ち上がり。
ダートは砂が跳ねるので遠目でも迫力があります。
ai-IMG_1771.jpg

この巻き上がる砂埃、いいねえw競馬はダートの方が写真映えするかな。
ai-IMG_1778.jpg

そして正面では流し撮り。傾いてはいないですよ。
これだけの斜面を上って行っているのです。
ai-IMG_1783.jpg

次は場所を大きく変えて。ゴールラインを過ぎて1コーナーの進入近くから。
返し馬でまた坂を下っていきます。けっこう斜度あるの分かりますかね。
ai-IMG_1791.jpg

スタート後、坂を駆け上がって加速する馬群。
ai-IMG_1795.jpg

距離がありますが、馬群がばらけているのでけっこう絵になります。
ai-IMG_1798.jpg

徐々に馬群が密集してきました。
ai-IMG_1801.jpg

ちょうどいい密度のところでちょうどいい距離。
この場所もけっこういいかも。
ai-IMG_1807.jpg

斜光を浴びて、馬の筋肉質な体が浮かび上がります。
躍動感がある写真が撮れました。
ai-IMG_1811.jpg

安定した馬群にまとまりつつ、1コーナーを目指します。
しかし本当は坂を上ってくる様子が撮りたかったので、もっと低いアングルがよかったんですけどね。
ai-IMG_1817.jpg
ai-IMG_1821.jpg
ai-IMG_1827.jpg

1コーナーをまわる馬群を後ろから。
ai-IMG_1834.jpg

再びストレートに戻ってきました。1周の間にちょっと移動して、ちょっと低い位置へ。
しかし柵が写ってしまいます。下に写っているのは報道カメラマン。あそこから撮りたいなあ。
ai-IMG_1840.jpg

ゴール。騎手も力を抜いています。
ゴールの瞬間もそのうち狙いたいです。
ai-IMG_1844.jpg

あと一回で中山競馬場はおしまい。

テーマ:馬の写真 - ジャンル:写真

優駿フォト・中山競馬場③ 2013年02月27日 Sports:スポーツ トラックバック:1コメント:4

中山競馬場でのレース写真、ラストです。

メインレースの前にダート再び。ちょっとアングル変えて近い場所から。
その代り少し高さが低くくなっています。でもこっちの方がいいかな。
ai-IMG_1865.jpg

上り坂を流し撮り。1/30秒で連写すればいいのが一枚くらい撮れます。
ai-IMG_1866.jpg

ゴール前の追い込み。すごい勢いで砂を蹴っているのが分かります。
ai-IMG_1872.jpg

そしてこの日のメインレース。GⅡの中山記念です。
返し馬はこちらに向かってきました。
ai-IMG_1884.jpg

ちょうどいい距離なので流し撮り。
ai-IMG_1892.jpg

次々に返し馬でこちらにやってきます。
レースとは違った、やや自由な感じの疾走感がいいです。
ai-IMG_1900.jpg

そういえばアップで狙っているのがあまりなかったので
高速シャッターで疾走する馬を写し止めます。筋肉の盛り上がりがいいですね。
ai-IMG_1906.jpg

順光でやや低い角度から光があたるので、馬体の美しさがよくでます。
ai-IMG_1915.jpg

広いターフを気持ちよさそうに走ってくる姿。
この後には本能で凌ぎ合うレースが待っているとは思えません。
ai-IMG_1927.jpg

ちょうどいいアングルで流し撮りができました。
流すというより、スローシャッターで動きを出している感じですが。
ai-IMG_1931.jpg

ゲートが用意され来た道を戻っていきます。
ai-IMG_1945.jpg

こちらの2頭はやたらお客さんに愛想を振りまいていました。
ai-IMG_1948.jpg

特にこちらの馬がアピールがすごくてw
ゲートのところまでずっとこんな感じ。
ai-IMG_1953.jpg

ゲートインはスムーズにいきました。
ai-IMG_1961.jpg

レーススタートして、一周してきます。4コーナーの立ち上がり時点でまだ逃げ馬が先行。
しかし後から馬群がすごい勢いで追いついてきます。
ai-IMG_1969.jpg

伝統レースらしい、なんだか格式のある雰囲気が伝わってくるようなシーン。
やはり競馬の4コーナー立ち上がりは一番興奮しますね。連続写真で。
ai-IMG_1972.jpg
ai-IMG_1974.jpg
ai-IMG_1977.jpg
ai-IMG_1979.jpg

直線に入ったところで、ピンクの帽子・15番のナカヤマナイトが一気に追い上げます。
たまたまこの馬を追っていきましたが、追い込みがすごかったです。
ai-IMG_1982.jpg

ナカヤマナイトの加速していく瞬間を連続写真で。
やや外側の絶好の位置取りから、まだ鞭を使っていない状態であっという間に馬群の先頭に追い付きます。
ai-IMG_1985.jpg
ai-IMG_1988.jpg
ai-IMG_1992.jpg

一番人気のタッチミーノットも末脚を爆発させます。
しかし枠の悪さと位置取りの失敗で4着に沈みました。
ai-IMG_2003.jpg

名物2号坂路を駆け上がっていきます。
ai-IMG_2008.jpg

そしてゴール。1着はナカヤマナイト。名前にふさわしいレースを勝ち取りました。
ai-IMG_2019.jpg

天気もよくて、久しぶりに撮った競馬写真も楽しめました。
GⅠレースがあるととても混みそうですが、あまりそういうのにはこだわってないので
それほど混んでいない日にたまに撮りに行くのも楽しいかも。府中の東京競馬場なら定期でもいけるしw
またそのうち行こうと思います。

テーマ:馬の写真 - ジャンル:写真

« «