FC2ブログ

ヘブンアーティストIN丸の内・Daichi 2012年09月13日 Marunouchi_Heaven:ヘブンアーチストin丸の内 トラックバック:0コメント:0

丸の内のヘブンアーティスト、雑技団を見た後はその隣のエリアでやっていたパントマイムを見ます。
このブログでは初登場、自分も見るのは初めての「Daichi」さんです。
高円寺なんかでも登場しているのですが、なかなか見る機会がなく。
ちょっと気になっていたので見ることにしました。

イケメンなんですが、なぜか女装w
ちょっと態度悪くタバコを吸います。でも丸の内は禁煙なので・・w
af-IMG_0352.jpg

通りで別にやっていたベンチアートの記念撮影に乱入。
でも横で見ていたご婦人は黙々と撮影wなんだかシュールです。
af-IMG_0354.jpg

最初の客寄せの段階なんでしょうか。
煙草を使って小さいマジックを見せてくれます。
af-IMG_0364.jpg

手に持っていたはずのタバコが口に入っていたり。
af-IMG_0383.jpg

観客の帽子を拝借して、バランス芸。
af-IMG_0390.jpg

風もあるんですが見事に立てました。
af-IMG_0392.jpg

また記念撮影に乱入w
行くときはダッシュで走っていくんですけど、よくまわりを見てるなあと。
af-IMG_0397.jpg

そろそろ本番かな?観客の男の子を引っ張り出して
もっていた水筒を借りると・・・
af-IMG_0409.jpg

中の飲み物を飲んだり。ってそれだけかw
af-IMG_0411.jpg

しばらく客いじりが続きます。
af-IMG_0424.jpg

バルーンを膨らましてそれを子供にあげようとするけど割れちゃったりw
af-IMG_0432.jpg

ある程度観客が集まったところでパントマイム開始です。
まずは基本のカバンの芸。でもそんな顔なのかw
af-IMG_0440.jpg

裸足だったのが靴を履いて次のパントマイムへ。
でもすね毛が・・w
af-IMG_0448.jpg

丸の内の景色とマッチしていたので、それっぽくレタッチ。
af-IMG_0450.jpg

少しアンダーにして、ややコントラストと色濃度高め。
スカートの色合いがうまく浮かんでくれます。
af-IMG_0451.jpg

う~む、なんだかシュールな感じのパントマイム。
af-IMG_0457.jpg

ポージングと衣装が風景によく合います。
でも演じているのは男の人というアンバランスがまたよかったり。
af-IMG_0459.jpg

このフォルムだけ見たら男性には思えませんね。
af-IMG_0467.jpg

日陰なので青を強調するといい感じ。
af-IMG_0469.jpg

倒れてしまう演技も。
カメラマンが撮影する様子がまたシュール。
af-IMG_0473.jpg

また起き上がって動き始めます。
ちょっと分かりにくいシュールさもあるのですが、自分はけっこう好きです。
af-IMG_0476.jpg

最後はまた倒れてしまいました。
af-IMG_0483.jpg

終わった後にまた一般人に絡んでみたりw
af-IMG_0484.jpg

これでパントマイムのDaichiさんのパフォーマンスは終わり。
このほかにもいろんなパフォーマンスがあるみたいです。
また他のも見てみたいです。次はまたお馴染みのパフォーマーが登場。

テーマ:祭り/イベント - ジャンル:写真

ヘブンアーティストIN丸の内・GちょこMarble&沖増菜摘① 2012年09月14日 Marunouchi_Heaven:ヘブンアーチストin丸の内 トラックバック:0コメント:2

今日は会社の飲み会(またかw)なので予約投稿です。
丸の内の大道芸イベントの続き。パントマイムのDaichiさんに続いてこのブログにも
何度か登場しているGちょこMarbleです。そして今回は別のパフォーマーとのコラボレーション。
バイオリン演奏者の沖増菜摘さんが一緒に登場です。

パフォーマンス開始前。右の男性がGちょこのGENさん。真ん中がちょこさん。
そして左の向こうを向いている女性が沖増さんです。今回急に話がまとまったようで
現地でいろいろと打ち合わせをしていました。
af-IMG_0485.jpg

即興でやる演技が決まると、いよいよパフォーマンスの準備。
GENさんの髪をちょこさんがオールバックにしてます。
af-IMG_0489.jpg

沖増さんはバイオリンの音を調整。
街路樹の緑とのマッチングがいいです。
af-IMG_0494.jpg

Gちょこの二人も準備体操。ちょこさんがエアリアルの道具を確かめます。
今回はこの輪っかを使うみたいですね。
af-IMG_0495.jpg

続いてGENさんも・・・と思ったらバランスを崩してしまってw
af-IMG_0499.jpg

倒れそうなGENさんを引き起こそうと、ちょこさんが小さい体をジャンプさせて持ち上げます。
でも持ち上げすぎて・・・
af-IMG_0502.jpg

輪っかが上に行き過ぎちゃいましたwなので肩車で戻します。
準備体操と思ったらもう始まっていたんですね。
af-IMG_0509.jpg

いよいよ本編スタート。まずは沖増さんのバイオリンソロ演奏。
af-IMG_0513.jpg

望遠で背景をぼかして、明るめに撮ったらすごくいい感じ。
清涼感のある仕上がりになりました。
af-IMG_0515.jpg

若いけど才能のあるバイオリニストで、著名なアーティストとの共演もしているそうで。
af-IMG_0545.jpg

もちろんヘブンアーティストの資格ももっています。
いろんなところでパフォーマンスができるからか、こういう場所でもとても落ち着いた演奏。
af-IMG_0547.jpg

楽器演奏のパフォーマーって実は撮るのが難しいです。
なにしろ音をメインに勝負しているので、それを静止画の写真で表現するのが大変。
af-IMG_0549.jpg

でもその気持ちの入った演奏の表情がまたよかったり。
af-IMG_0553.jpg

バイオリン演奏がひと段落すると、Gちょこが前にでてきてパフォーマンス開始。
恋する二人が惹かれあって近づいていきます。
af-IMG_0556.jpg

バイオリンの演奏がまたうまくはまっていい感じ。
af-IMG_0558.jpg

・・・と思ったらGENさんのいつのも悪い癖w
まずは沖増さんのところへ。でももちろん断られますw
af-IMG_0560.jpg

ちょっとお怒りモードのちょこさん登場。
襟首をつかんで・・・
af-IMG_0562.jpg

思いっきり投げられるGENさん。
すごい勢いで飛んでいますねw
af-IMG_0564.jpg

お仕置きが済んだらまたご機嫌がもどったちょこさんとパフォーマンス。
af-IMG_0570.jpg

Gちょこの得意パフォーマンス、ハンド・トゥ・ハンドで魅せてくれます。
af-IMG_0572.jpg

このポーズはGちょこの代名詞みたいなものですね。
うまく撮ることができると、その美しさがよく伝わります。
af-IMG_0573.jpg

しかしGENさんはやっぱり他の女性にw
しかも今回は熟女ですか・・
af-IMG_0576.jpg

また連れ戻されるGENさん。しかしこの時のちょこさんの無表情が怖いw
af-IMG_0578.jpg

またハンド・トゥ・ハンドが始まります。
けっこう動きが速いのでなかなかうまく捉えられません。
af-IMG_0580.jpg

でもまた・・w
af-IMG_0590.jpg

かなりお怒りのちょこさん。
af-IMG_0592.jpg

いたたた・・・とほっぺをつねられたまま連れてこられて・・・
af-IMG_0594.jpg

いつもの本気ビンタ。いまだヒットの瞬間が捉えられず。
だって本当に速いんだもんw
af-IMG_0596.jpg

枚数が多いので続きます。次回はバルーンとエアリアル。

テーマ:祭り/イベント - ジャンル:写真

ヘブンアーティストIN丸の内・GちょこMarble&沖増菜摘② 2012年09月15日 Marunouchi_Heaven:ヘブンアーチストin丸の内 トラックバック:0コメント:8

丸の内のスペシャルコラボレーションで登場したGちょこと沖増菜摘さんの続き。

相次ぐGENさんの浮気についにちょこさんブチ切れ。といっても静かにキレます。
いつものバルーンが出てきました。
af-IMG_0601.jpg

沖増さんもちょっと呆れ気味?
af-IMG_0616.jpg

膨らましたバルーンをもってGENさんを追いかけます。
息子はこのシーンがかなりツボだったようで。ゲラゲラ笑ってましたw
af-IMG_0624.jpg

物陰に逃げ込んだGENさんを呼ぶちょこさん。
ちょっと怖いw
af-IMG_0627.jpg

で、いつものこれw
今回は泣き叫ぶ小さい子はいませんでした。
af-IMG_0630.jpg

そしてバルーンにとりこまれてしまいます。
さすがに驚くちょこさん。
af-IMG_0637.jpg

でもバルーンが面白いので飛び跳ねて遊びます。
このシーン、かなりフォトジェニックなのですがピント合わせが難しく。
バルーンで置きピンできないんですよね。3枚連続で。
af-IMG_0642.jpg
af-IMG_0646.jpg
af-IMG_0647.jpg

しかしバルーンがしぼんでしまい。なんだか怖い生き物が。
af-IMG_0650.jpg

こっち向かってきました。これはちょっと・・w
af-IMG_0653.jpg

そしてさらにバルーンがしぼみます。
心配するちょこさん。
af-IMG_0655.jpg

動かないので急いでコンプレッサーでエアー注入。
af-IMG_0657.jpg

膨らんだバルーンからようやくGENさんが顔を出しました。
af-IMG_0659.jpg

夏場は相当暑いので、水分補給。
いや、本当にかなりの暑さらしいです。
af-IMG_0660.jpg

くたくたになりながらもGENさん脱出成功。
でもまだ水でてる・・・
af-IMG_0664.jpg

「あ、あの、もう水いいからね」
af-IMG_0668.jpg

というわけで二人は仲直り。
ここからエアリアルに移ります。
af-IMG_0669.jpg

前回の初めにもでてきましたが、今回はこの輪っか。
このバージョンは初めて見ます。
af-IMG_0674.jpg

沖増さんも前にでてきて、演奏を盛り上げます。
af-IMG_0675.jpg

真下から見上げたような構図。実はこれ縦構図のものをあえて横にしています。
エアリアルの雰囲気がでてるかなあと。
af-IMG_0680.jpg

縦構図にしても無重力感があってすごいですね。
af-IMG_0684.jpg

沖増さんは真下で演奏。上でちょこさんが演技。
af-IMG_0687.jpg

これは広角で撮りたかったかな。
でも今回のスペシャルらしいシーンが撮れました。
af-IMG_0689.jpg

低空飛行みたいなエアリアルもあります。
ロープでGENさんが調節しています。
af-IMG_0693.jpg

縦横無尽に飛び回るエアリアルを連続写真で。
背景がかなり明るいので露出に苦労しました。
af-IMG_0699.jpg
af-IMG_0718.jpg
af-IMG_0729.jpg

そしてフィナーレ。高円寺以来のエアリアルを見ましたが、やはり素晴らしいです。
なにより沖増さんの演奏がそれを盛り上げてくれました。
af-IMG_0730.jpg
af-IMG_0732.jpg

というわけでGちょこMarbleと沖増菜摘さんでした。
またコラボのパフォーマンスが見たいものです。
次回で最後のパフォーマー。パントマイムの女王、あの人が登場です。

テーマ:祭り/イベント - ジャンル:写真

ヘブンアーティストIN丸の内・加納真実① 2012年09月16日 Marunouchi_Heaven:ヘブンアーチストin丸の内 トラックバック:0コメント:4

丸の内の大道芸、最後に見たのはパントマイムの女王・加納真実さんです。
高円寺で初めて見てから、その独特の世界観にはまってしまいいつかまた見たいと。
今回スケジュールを見たら出演が決まっていたのでかなり楽しみでした。

まずは事前の準備。リコーダーの音合わせ。
いや、リコーダーは音合わせいらないと思いますけどねw
af-IMG_0739.jpg

加納さんは演目のレパートリーが多く、それぞれに違う曲をもってきますが
一番最初だけは決まっています。音楽がスタートして会場を走り回り徐々に加速。
af-IMG_0749.jpg

通行止めしている端の警備員のところまで行ってしまいましたw
しかも気が付かない警備員。
af-IMG_0751.jpg

また全力で戻ってきます。
af-IMG_0753.jpg

と、ここでうつぶせに。このままほとんど動かず。
af-IMG_0756.jpg

続けての曲が始まります。中島みゆきの「誘惑」。
なにやら鍬で掘るしぐさ。
af-IMG_0758.jpg

農作業?なんだかよくわかりませんがw
af-IMG_0761.jpg

決して体術系のパフォーマンスをする人ではないのですが
こうして瞬間の動き見るとかなり柔らかいですね。
af-IMG_0766.jpg

とここで準備体操終わり。
本編スタートのいつものカンペです。
af-IMG_0769.jpg
af-IMG_0770.jpg
af-IMG_0771.jpg
af-IMG_0772.jpg

本編の最初の演目。定番となっている「恋人よ」です。
もちろん曲は五輪真弓の「恋人よ」。あのイントロをリコーダーで一緒に吹きます。もちろん音はずれ気味w
af-IMG_0777.jpg

枯葉散る夕暮れは~・・って本当に枯葉が落ちます。
どこからもってくるんだろうw男に振られたばかりの女というシチュエーションですね。
af-IMG_0781.jpg

と、ここで何かを見つけた女。
スローモーションで駆け寄ります。
af-IMG_0782.jpg

行った先は別の男。でもこんなのいきなり見せられてもなあw
af-IMG_0785.jpg

また男に捨てられた女はさみしくアンパンを食べます。
なぜアンパン?w
af-IMG_0791.jpg

と、こちらを向く女。ん?目があった?
まさか?
af-IMG_0792.jpg

こちらへ向かって一直線に(スローで)駆け寄ってくる女。
え~っと、自分の後ろには誰もいないなw
af-IMG_0795.jpg

あ~、これは間違いないですねw
数メートルの距離をものすごい時間かけてやってきます。怖いw
af-IMG_0797.jpg

視線をまったくずらさないところに情熱を感じます。
で、この後やっぱり交際を申し込まれるわけですw
af-IMG_0800.jpg

当然断るのですが、そうすると今度は手当たり次第にw
婚活する女性は必死だ・・・
af-IMG_0803.jpg

あちらこちらにモーションかけて全部だめでした・・・
af-IMG_0806.jpg

しかし最後の望みをかけて、友達から・・・
これならいけるかも。
af-IMG_0816.jpg

だが無情にも女は躓いて転んでしまい・・・
af-IMG_0817.jpg

そのまま倒れて夢は散ります。
てか転んだくらいならまた行けばいいのにw
af-IMG_0819.jpg

というわけで恋人募集中です、ってことでした。
af-IMG_0821.jpg

曲が終わるとパフォーマンスで散らかした枯葉とか片付けます。
・・・モーションかけられた男性がw今回はカメラマンの人。カメラもとられちゃいましたw
af-IMG_0827.jpg

終わるとご褒美。
でっかいマーブルチョコの筒を出して・・・
af-IMG_0836.jpg

一粒だけw
af-IMG_0837.jpg

加納さんのパフォーマンス、後半に続きます。

今回と同じパフォーマンスの動画を拾ってきました。
準備体操の「誘惑」バージョン。しかし今と振付が違います。



「恋人よ」。同じ丸の内で行われたもの。3年前ですね。

テーマ:祭り/イベント - ジャンル:写真

ヘブンアーティストIN丸の内・加納真実② 2012年09月17日 Marunouchi_Heaven:ヘブンアーチストin丸の内 トラックバック:0コメント:2

今回で丸の内の大道芸写真もラストです。
この連休も写真を撮ってきたのでどんどんアップしていかなければなりませんし。
さらに来週末以降は、ほぼ毎週自衛隊イベントが続くのでね。

加納さんのパフォーマンスの後半。初見の演目がでました。「せんたく」です。
ただ動きが非常に速いのと、うまく追えずに撮れなかったものもあるので拾ってきた動画で。


そして最後の演目。今年から発表されたという新作「仮面舞踏会」です。
高円寺びっくり大道芸のフォトコンで賞をもらった時の演目。これ、かなりのインパクトがあるパフォーマンスだと思います。
加納さんのカンペでスタート。
af-IMG_0882.jpg

そしてこのお面。やっぱり不気味だwそしてものすごくシュール。
af-IMG_0886.jpg

シャドウ部を落として、少しアンダーで。後ろのカップルの「なにあれ?ヒソヒソ」な感じもまたよしw
af-IMG_0887.jpg

音楽スタート。曲は中島みゆきの「あしたバーボンハウスで」
踊りはどじょうすくい?のアレンジ。よくこんな組み合わせ考えたなあ。
af-IMG_0891.jpg

子どもが後ろで見てますね。なにあれ?ってw
街中歩いていてこんなの踊ってたらやっぱり見てしまいますw
af-IMG_0892.jpg

横から撮ると通行人の視線も写って面白いです。
af-IMG_0896.jpg

まあそれまで正面にいたのを横に移動したのは別のわけもありますが。
また別の通行人。固まってますw
af-IMG_0902.jpg

サビの部分で動きが激しく。
吹っ切れたように踊り狂います。
af-IMG_0904.jpg

ブレるのは覚悟でかなりのスローシャッターで。
動きの激しさが伝わるかなあと。
af-IMG_0910.jpg

ワンコーラス終わると増殖。
「恋人よ」で掃除させられていた男性ですw
af-IMG_0914.jpg

数が増えるとやっぱり不気味感が増すなあ。
af-IMG_0916.jpg

横から撮ることで「重なり」を狙います。
しかし加納さんは動きが決まっているけど、増殖した人は動きが読めないので難しい・・・
af-IMG_0918.jpg

さらに3人増殖。
af-IMG_0924.jpg

道行く人の視線がwそして振り付けも変わってます。
af-IMG_0926.jpg

加納さんにピント合わせたかったけど。
しかしこうやって見られると怖い・・
af-IMG_0928.jpg

この重なり方はいい感じ。
撮ってる方はゲラゲラ笑いながら撮ってますw
af-IMG_0930.jpg

そして〆の「振り返り」。
これが一番インパクトあるなあ。
af-IMG_0934.jpg

前回はここで終わりだったんですが、なんとまだワンコーラスありました。
しかも違うお面がw
af-IMG_0936.jpg

そして振り付けもかなり変わってます。
だんだんカオスになってきた・・・
af-IMG_0945.jpg

そして振り返り。人数多いと圧巻ですね。
af-IMG_0953.jpg

こっち見んなw
af-IMG_0954.jpg

最後はフェイドアウトする音楽にのって、遠くへ練り歩いていくお面たち。
af-IMG_0957.jpg

終わりの挨拶もして、ご満悦。
af-IMG_0963.jpg

これで一通りのパフォーマンスは終わり。
お面をとった加納さんが、あのTシャツの「募集中」の一文字目をとって・・・
af-IMG_0970.jpg

さらに「中」もとったらこんな感じw
投げ銭タイムです。
af-IMG_0971.jpg


というわけで加納真実さんのパフォーマンスでした。
やっぱり面白いわ~。また見に行こうっと。

今回のバージョンと同じものの動画を拾ってきました。



そして加納さんのあとにパフォーマンスしたパントマイムの大道芸人さん。
「サンキュー手塚」さんです。時間の都合で最後のしか見られませんでしたが。
せっかくだったので7Dの動画で撮りました。この人も面白いので、次の機会見ようと思います。


明日からまた別シリーズ。何にしようかちょっと考え中。

テーマ:祭り/イベント - ジャンル:写真

テキトー写真教室①浜離宮のコスモス 2012年09月19日 Cosmos:コスモス トラックバック:0コメント:8

先の連休初日、かねてから企画していた撮影オフに行ってきました。
いつもブロ友さんと撮影オフに行くときは、なにかイベントがあるときが多いのですが
今回はブロ友さんからのご要望で、いわん流の撮影教室ということに。
教えてほしいという撮影方法をもとに、撮影地を決めました。今回は以下の3か所。

・マクロ撮影→浜離宮庭園のコスモスと虫
・流し撮り→JR田町駅
・工場夜景→川崎市千鳥町の工場地帯

自分自身、写真の学校に行ったわけでもなく誰かプロの写真家に師事したわけではないので
写真にテクニックなんかは完全に我流なんですが、それでも人に教えるということ自体が
自分にとってもプラスになるということで。テキトー写真教室開催ですw
今回せっかくなので、自分なりのセオリーというか撮影方法をちょっと解説しながら写真をアップしていきます。
あくまで我流、こういう撮り方もあるという程度に参考になればと思います。

さて、まずは浜離宮のコスモス。毎年訪れている定番の場所です。
少し開花が早めということで、キバナがだいぶ進んでいましたがそれでも花盛り。
最初は定番の風景ということで、花畑の後ろに汐留の高層ビル群があるという写真です。

汐留のビルは大きいので、花畑の奥からでも広角でないと入りきりません。
APS-Cだと20mmくらいが限界。お昼ごろまでなら順光で、晴れていればきれいに写ります。
絞り優先でF8、露出補正はなしで現像時に少し調整するくらいで。

最初はオーソドックスに。ちょっと背の高いコスモスにピントを合わせます。
これはこれでまあいいんですが、ちょっと構図が散漫かなと。
花畑の緑が多すぎて、少し花の密度が少ない印象。これは広角なのである程度はしかたないですが。
あと花の位置が悪いですね。花畑と背景のラインに首が重なってしまっています。
af-IMG_0975.jpg

なので構図を少し変えます。
まずは花畑にたくさん花が咲いている印象を出したいので、緑の部分はカットする方向で。
そうすると花を見上げた方がいいので、カメラ位置も当然低くなります。
そしてそれに伴って、空も広く写るように。秋の青空と、広角の広さが出てきました。
でもこれだと、広角で撮った景色、という域を出ていません。主役は花なのかビルなのか空なのか。
af-IMG_0976.jpg

そこで花を主役にすることにしました。ここでフラッシュを光らせます。日中シンクロというやつですね。
狙うのは先ほどからよく見えてる右側の背の高いキバナ。他のコスコスに光が当たるとそちらも色が濃くなるので
手前にあるのは構図から外すようにします。すると、こんな感じに。これは補正は特にしていませんが
光の当たり方、強さによっては色が飛んでしまうのでその時々で調整が必要です。
af-IMG_0983.jpg

他の花も入れたい場合は、少し距離をとったほうがいいかも。
この場所、この時間帯はほぼ順光でしたが、ビルに当たった光の反射で実は逆光に近い状況にもなるときがあります。
日中シンクロすることで手前の花が映えて、さらに奥のビルもしっかり写る。秋のコスモスが咲き乱れる様子がうまく撮れました。
af-IMG_0984.jpg

一輪の花に寄って、かなり強調した撮り方も。
広角で寄って撮ると遠近感が強調され、手前のものが大きく写ります。
広角でなにか撮るとき、できればこうして手前に一つメインの被写体を置いてやることで
かえってその画角の広さを活かすことができると思うのです。
af-IMG_0985.jpg

あと心がけているのが、花がなるべくビルの部分と重なるようにすること。
こうすることで花とビルという対照的な被写体がうまく比較できるかなと。
もちろん構図の取り方しだいによっては、ただ重なってしまうだけにもなるので要注意です。
af-IMG_0986.jpg

日中シンクロを使わなくても、構図の取り方次第ではこうして花をしっかり強調することもできます。
本来花は優しい存在なので、できれば自然光で撮ってそのうえで存在が主張できるのがベストですね。
まあそこまで光線状況などがいいというのがあまりないですが。
af-IMG_0989.jpg

ここでレンズ付け替え。さらに広角のタムロン11-18mmをつけて、ワイド端で撮ります。
これも撮り方の基本は一緒なのですが、遠近感がさらに強調されてこんな撮り方に。
この時間帯だけ空に雲が多かったのがちょっと残念。きれいに晴れていると青空がすごく強調されるんです。
af-IMG_0990.jpg

日中シンクロもやってみます。ただ広すぎてやはり散漫な印象になってしまいますね。
あと超広角レンズって、周辺部が流れやすいので注意。
af-IMG_0991.jpg

また17-40に戻して、今度は花の真下からノーファインダーで日中シンクロを使って。
コスモスだとよくこういう撮り方をする人がいますね。自分はこういうアンダーな雰囲気の写真が好きですが
逆に思いっきりハイキーにして撮るのもいいかなと。ノーファインダーは一発でうまくいくことはないので
何度か試し撮りしながら調整するといいです。
af-IMG_0996.jpg

さて、広角の撮り方はここまで。次は本題のマクロ。いつものタムロン90mmマクロに付け替えます。
マクロで撮るときはまずブレ対策。接写の場合は特に露出が足りなくなる場合があるので、十分すぎるほど感度を高めにします。
そして、絞り。接写するとき、特に意図したものがない場合は絞り込むのが基本です。
マクロでは非常に被写界深度が薄いので、せっかく撮れてもなんだかぼんやりしたピントだったり
ピントそのものがあっていない、ということが多々あるわけで。絞って被写界深度を稼ぐわけです。
これは一番寄れるところまで寄って、絞りはF10。黄色の蕊全体がピントに収まっています。
af-IMG_0997.jpg

対して、これは絞り開放のF2.8(縦構図と横構図の違いはご容赦を)。
蕊の一番手前の部分にしかピントの合っている部分がありません。
たとえばこれで虫を撮ったりすると、目にピントがあってもそこしか被写界深度に収まらなかった、ということになるわけです。
なので接写をするときはなるべく絞る、と。しかしシャッタースピードが厳しくなるので感度を上げたり、補助光を使うのです。
af-IMG_0998.jpg

さて、ここで虫を狙ってみます。気温も十分あり、来たる秋・冬に向けて虫たちは収穫の最中。たくさん飛んでいます。
レンズはここでいったん、広角の17-40mm。近くに来たミツバチを狙います。だいたいこのくらいの大きさだな、と。
af-IMG_1008.jpg

で、90mmで一番寄れるところまでいくとこの大きさ。お尻ですがw
絞りはF9。ある程度絞ったので、一応お尻の部分全体は被写界深度に収まりました。
そしてフラッシュを光らせています。虫を撮るとき、補助光を使うと虫の体に光沢がでてきれいに写ってくれるのでお勧めです。
というか虫を撮るときはフラッシュ・ストロボ必須かもしれませんね。
af-IMG_1013.jpg

セセリチョウ。これも最大限寄ってます。ちょっともったいなかったのが、目がの一番出ている部分がピントから外れてしまったこと。
あと、花にやってくる虫をマクロで狙う時のコツ。花に止まる→追いかける、とやるとだいたい逃げますね。
虫を見つけたらまず観察します。ハチは一度蜜を集め始めると、隣の花に移ることも多くそのうち「次の花」が読めてきます。
そこで待ち伏せするような感じで待っていると、けっこううまく狙えます。あと、セセリチョウは非常に警戒心が薄いのか、
人が近くにいてもなかなか逃げないのでねらい目。なにより撮影者が焦ると、虫にはその心の内が見えるのか
それとも無意識の行動に出てしまって、虫が驚くのか逃げることが多いです。なのでまず落ち着くことが大事ですね。
af-IMG_1009.jpg


虫は今回あまり撮らなかったというのもあるので、また別の撮り方に。前ボケです。
これは別にマクロレンズでなくても、焦点距離が長かったり明るいレンズならおすすめ。
レンズの先端に当たるくらいの近さに前ボケとなる花を置き、メインとなる被写体は標準的な距離で。
レンズ~前ボケの花の距離:前ボケ~メインの花の距離 の差が大きいほど前ボケは大きくなります。
コスモスは花びらの隙間が程よいので、こうした構図が取りやすいです。
af-IMG_1021.jpg

もう一つ、メインとなる花は前ボケの花よりも色が濃いものを狙うのがよいです。
さらに言えば前ボケの花はだいぶ明るめのほうが柔らかい印象になりやすいかと。
露出補正も+1以上、場合によっては+2くらいにしてもいいかも。そうすると明るい印象になります。
af-IMG_1027.jpg

もちろん背景をぼかしたオーソドックスな撮り方も。ボケとなる被写体、メインの被写体、レンズとの距離の相関関係で
ボケ方もだいぶ変わってくるので、その辺を意識するといいかも。
af-IMG_1030.jpg

逆光気味であれば、花びらが光に透かされてきれいに写ります。
背景が色の濃いキバナだったので、アンダーに露出補正して光に透けたメインの花が浮かび上がるように。
太陽光がまともに当たった花びらというのはかなり明るさがあります。そこを利用して露出を決めると面白いです。
af-IMG_1032.jpg

あとは汐留のビルがあるので、花のバックをビルだけにしてみたり。
光の加減によっては、ビルの窓ガラスが光で輝いてきれいな玉ボケにもなります。
af-IMG_1035.jpg

最後はまた広角で。30mmほどの画角ですが、絞りF4にして背景を遠ざけてやるとこれだけボケます。
広角でうまく背景がボケると、非常に立体感のある絵柄にもなるので最近は狙うようにしています。
af-IMG_1038.jpg

浜離宮の写真はとりあえずここまで。
次は田町駅で流し撮り。主に新幹線を撮ります。

テーマ:花・植物 - ジャンル:写真

テキトー写真教室②流し撮り 2012年09月20日 Shinkansen:新幹線 トラックバック:0コメント:6

テキトー写真教室の続き。浜離宮のコスモスを撮ったあとは、JRに乗って田町駅へ。
ここのホームから主に新幹線を目標に、流し撮りの練習をします。
特に鉄道の撮影場所としては定番ではないのですが、程よい距離を新幹線や東海道線などが
ちょうどいい速度で走り、それを斜め~真横で流し撮りするのにちょうどいいロケーションなのです。
そして本数が多いので、待ち時間が少なく練習をするのにちょうどいいと。

田町駅の新幹線線路に近いほうのホームの端へ。柵もあるので安全な場所です。
まずはシャッタースピードはそれほど遅くせずに。1/160秒に設定します。
あ、もちろんモードはシャッタースピード優先モードで。今回は露出補正なしで。
基本通り、真横にきたところを狙います。ピントは運転席の窓の部分。しかし速度が足りてないからほとんど流れず。
af-IMG_1040.jpg

流れ方が全然足りないので1/80秒に設定します。
ただ流し撮りって、「このシャッタースピードが正解」というのはありません。
自分の力量の範囲で、メインの被写体がブレない程度にするのがいいと思います。
af-IMG_1045.jpg

ちなみに真横から狙うなら、一番後ろの車両ももちろんねらい目。
注意するのはAFの測距点。自分の場合、ファンクションキーで任意のポイントを選べるようにしていて
ファインダーをのぞきながらAF測距点を移動できるようにしています。
その際に、必ず運転席に合わせる、というのを忘れないようにしています。
無意識に運転席が真ん中にきてしまうと、構図の片側半分近くが空いてしまうので無駄ができてしまうと。
af-IMG_1050.jpg

上の写真の続き。流し撮りは真横が基本ではあるのですが、別に斜めでも全然かまわないと思います。
むしろ斜めからのほうが見た目がかっこいいんですよね。AF測距点だけ外さないように注意。
af-IMG_1052.jpg

手前を走る東海道線を1/50で流します。
新幹線と違って、少しAFを合わせづらいフォルム。真横向いちゃうとちょっとずれるんですよね。
なので斜め前からというのを中心にします。あと近いのでけっこう広角。20mmほど。
af-IMG_1053.jpg

新幹線のスピードがちょっと足りないのでさらに落として1/30秒。焦点距離は30mm。
一般に1/焦点距離がぶれずに撮れる目安と言われています。なのでこのくらいは撮れるようにしておくと
流し撮りもまあまあできるかなと。手振れ補正を使えばその分シャッタースピードは遅くなります。
af-IMG_1057.jpg

真横に近い構図だとやっぱりきれいに流れます。
運転席の縁の部分、白と黒の境目が目標。とにかくこの部分から測距点を外さないようにします。
af-IMG_1058.jpg

後追いでも。流し撮りするときは背景のとりかたにも注意。
焦点距離にとらわれて、背景がほとんど写らないアップで撮ると流した意味がなくなってしまいます。
程よく背景を取り込んで、流れている景色も写してやるのが重要かと。
af-IMG_1062.jpg

さらにシャッターを遅くして1/20秒。すぐそばの線路を走る東海道線。
スピードもあるのでかなりブレました。ほとんど止まってませんねwまあでもこういうのもありかと。
af-IMG_1067.jpg

同じシャッタースピードでも、ちょっと離れて速度遅めの新幹線だとこんなに違います。
これくらいだとほどよく流れてくれますね。ただ広角でもあるので、測距点以外のところは流れ始めてますが。
af-IMG_1070.jpg

真横はきれいにフォルムが映えました。これくらいがやっぱりちょうどいいなあ。
手振れ補正ついていないレンズだけど歩止まりもいいし。
af-IMG_1078.jpg

反対方向への列車ですが、後追いで1/20秒。
N700系って後ろの赤いテールランプついている方がかっこいい気がします。
af-IMG_1079.jpg

日がちょっと傾いてきて、ビルの合間から光が差すように。
一瞬だけ運転席の窓が光る瞬間を狙いました。もうちょい光ってくれれば・・・
af-IMG_1094.jpg

東海道線はなるべく角度がある状態での流し撮り。これって移動面が大きいからぶれる箇所が大きくなります。
なので思い切ってシャッターを遅くするのがポイント。どうせブレるのなら、ブレブレにしたほうが
スピード感がでるかなあと。
af-IMG_1127.jpg

流し撮りの時はレンズを振っているのでなかなか構図まで注意がいきませんが。
それでも出来上がりとか考えるとやはり重要です。もちろん露出も。撮る前にいろいろ確認するのがやはりいいですね。
af-IMG_1130.jpg

さて、自分自身はちょっと流し撮り飽きたのでwブロ友さんたちが練習している横で
別構図での鉄道写真を撮ったりします。品川方向、大きなカーブを立ち上がってくる電車。
ちょっと後ピンなんですが・・・このカーブなかなかいい感じ。
af-IMG_1082.jpg

昔から走っている特急「踊り子」の回送。
田町のすぐ隣に車両センターがあってそこに止まります。
なのでかなり速度遅め。きっちり後ろまではいるように構図をとりました。
af-IMG_1098.jpg

その後流し撮り。しかしかなり遅いので流すのが大変・・・
af-IMG_1101.jpg

カーブに入っていきました。後ろはヘッドマークがそのままですね。
車両の右側にある信号機が若干邪魔ですが、ここは実はいいポイントなのかも。
af-IMG_1104.jpg

その後入れ違いで、新幹線と別の特急が同時にカーブに入ってきました。
速度もほとんど一緒。こういうシーンはなかなか狙えないかも?
af-IMG_1107.jpg

右側の特急は「スーパービュー踊り子」でした。2編成くらいしかないので
一日に見られるチャンスは数少ないです。それも新幹線と並びで撮れるとは。
連続写真で。
af-IMG_1108.jpg
af-IMG_1111.jpg
af-IMG_1113.jpg

カーブを曲がっている新幹線は手前にフェンスがあるのでうまく狙えませんが。
それでも光の当たり方とか、カーブの奥の車両といっしょに撮れるとか。
もうちょっと場所探せば、手前のフェンスをクリアできるところがありそう。
af-IMG_1114.jpg

一番狙いやすいのは、下りの東海道線かな。
カーブ半径が大きいので速度遅め。夜になっても止めて撮れるかもしれません。
af-IMG_1118.jpg

最後にN700系。アンダーで撮って、暗部を落とすいつものやり方。
かっこいいフォルムが印象的に撮れました。
af-IMG_1131.jpg

この後、いったん帰宅。新しく買った三脚の部品を忘れていたので・・・
すぐに出かけてブロ友さんと川崎駅で合流します。次で写真教室ラスト。
久しぶりの工場夜景です。

テーマ:鉄道写真 - ジャンル:写真

テキトー写真教室③工場夜景 2012年09月21日 Night View:夜景 トラックバック:0コメント:6

テキトー写真教室のラストです。
最後は川崎の工場地帯へ行って、工場夜景の撮影です。

19:00過ぎに川崎千鳥町へ到着。市営埠頭の建物の近くまで行って三脚をセットします。
夜景撮影の時の基本設定は、ISO100・絞り優先F8固定。必要に応じて露出補正です。
千鳥町の寂しい夜道をまずはテスト撮影。三脚使って夜景撮るの久しぶりだなあ。
af-IMG_1144.jpg

日本合成樹脂という会社の蒸留プラント。今はあまり動いていないのかな?
大きさはそれほどありませんが、蒸留プラントの典型的な形です。
夜景の時はなるべくライブビューを使います。構図もとりやすいし、7Dなら拡大して
ピントの精度を高めることもできるので。
af-IMG_1145.jpg

ここの蒸留塔は工員?の宿舎みたいなところの合間からも撮れます。
このギャップがまたいいんですよね。ちなみにこの構図では、ピントは左の建物の
ガラス戸のところに合わせてあります。そうでないと、手前の建物が前ボケになってしまうので。
af-IMG_1148.jpg

隣の駐車場には巨大クレーン車。
これも広角で。古いレンズなのでちょっとフレアがでちゃってますね。
af-IMG_1149.jpg

この日はちょっと風が強め。こういう場合には長時間露光を利用して雲の流れも撮れます。
本当はもうちょっと流したかったんですけどね。レリーズ忘れてバルブができなかったので・・・・
af-IMG_1150.jpg

千鳥町のメインの風景がある日本触媒のコンビナートへ。
埠頭に入る手前のところに看板があります。流れる雲と、看板とプラント。
看板の文字が写ればいいので、少しアンダーに設定して撮りました。
af-IMG_1154.jpg

そして千鳥町の定番風景。これはもう有名ですね。
これほど絵になる場所っていうのもあまりありません。
ホワイトバランスは「蛍光灯」にして緑っぽい雰囲気にしました。
af-IMG_1155.jpg

日本触媒の斜め向かいにある鉄くず置き場の隙間から、遠くのコンビナートを。
右の黒い山みたいなのはコークスかな?流れる雲と合わせていい感じになりました。
af-IMG_1157.jpg

反対側に振り返ると、日本触媒のプラント。
この存在感が工場夜景の魅力ですね。
af-IMG_1158.jpg

そして今回偶然見つけた撮り方がこれ。
30秒の露光中、20秒くらいで車がやってきたので三脚ごと移動。
そうすると残りの10秒で光が蛇行して写ります。自分のはそれが偶然とれたブロ友さんのを真似て
意図的に動かしたものではありますが。うまくやると面白い写真になりそう。
af-IMG_1161.jpg

さて、日本触媒の工場の並びを・・・と思ったらなんと工場前の線路沿いにフェンスが。
以前はこんなのなかったんですけどね。工場撮影ブームで、線路に立ち入る人も増えたんでしょうか。
大人の背より高く、目も細かいフェンスができてしまいほとんど撮れなくなりました。
af-IMG_1163.jpg

そうなれば逆にフェンス越し、っていうのを演出してみます。
まあこれもいろいろ試行錯誤の余地あり、ってところでしょうかね。
af-IMG_1164.jpg

フェンスの目の隙間から、無理して狙ってみました。
が、やっぱり写りこんじゃうなあ。左上の斜めの茶色っぽいのがフェンスの影です。
af-IMG_1165.jpg

というわけで日本触媒は諦めます。向かいの白っぽい工場を狙ってみることに。
この工場、夜突然ラジオ体操の曲がかかりますwシフトで交代した工員さんがやってるんでしょうね。
でもいきなり夜かかると怖いものが。
af-IMG_1168.jpg

日本触媒の工場の端の方。少しだけ撮ることができました。
この質感がたまりませんね。
af-IMG_1175.jpg

最後は煙が風に流されて、それが鉄塔にかかる様子を。
しかしちょっとタイミング悪かった・・
af-IMG_1177.jpg

というわけでテキトー写真教室はおしまいです。
そういえば今回はあまり解説なかったですねw
またそのうち似たような企画できればいいかな。
人に教えながら、というのは結局自分のためにもなりますし。

テーマ:工場の写真 - ジャンル:写真

お宮参りのお食事で 2012年09月22日 TownSnap:街角スナップ トラックバック:0コメント:4

今日は家にいないので予約投稿です。今頃自分は金沢でのどぐろを食べているはずなのでw
さて、今回は先週日曜の写真。義姉の子=姪が6月に生まれ、3か月になったので水天宮へお宮参り。
それで頼まれてカメラマンしました。まあ大した写真は撮らず、主に記念撮影的なものですが。
その後お礼に、ということで家族でお食事会にも招待されました。そこでも姪を撮りまくり。
いや~、やっぱり赤ちゃんっていいですねwホテルの高層階だったので景色もよく、そちらの写真も撮りました。
なのでそちらをメインにアップしていきます。

ホテルのレストランの個室からの眺め。錦糸町から南方面になります。
真ん中やや右に、小さくですが東京タワーが見えます。
af-IMG_1287.jpg

思いっきり絞って、東京のビルが密集した景色を。
af-IMG_1291.jpg

天気がよかったけど風があるので雲の様相がよく変わります。
思わずたくさん撮ってしまったw
af-IMG_1298.jpg

望遠も持ち出してw東京タワーと雲。
高いところから、遠景でないとこういうのは撮れないですね。
af-IMG_1299.jpg

雲のスケールの大きさがよくわかる構図にしてみました。
ガラス越しで、その傷が太陽の光で浮かび上がってしまったのが残念。
af-IMG_1300.jpg

さて、肝心の食事の方も。
スカイツリーが近いので、スカイツリー弁当なるものが出てきました。
なかなかおいしかったです。
af-IMG_1302.jpg

普段食べ物を撮ることはほとんどないんですが。たまにはね。
af-IMG_1343.jpg

こんな写真ばっかりではなくて、ほとんどは子どもたちの写真だったんですよ。
自分の息子以外は顔出しはさすがにできないので、赤ちゃんの小さい手を。
大きい方は息子の指。赤ちゃんの把握反射の力強さに驚いていました。
af-IMG_1355.jpg

再び窓から景色。真下には電車も走っていました。
ちょうど成田エクスプレスが通過。空撮ぽく撮れます。
af-IMG_1366.jpg

高いところから望遠で撮るのはやっぱりいいですね。
めったに入れる場所ではないので、貴重な写真が撮れました。
af-IMG_1369.jpg

光が反射して、線路と電車だけが浮かび上がります。
とっさにアンダーにしたらすごく印象的な絵になりました。
af-IMG_1373.jpg

しかしうまいタイミングで成田エクスプレスが通ったなあ。
もう一人の姪(かなりの「鉄子」)が見たら喜びますw
af-IMG_1376.jpg

さて、お食事会も終わって帰宅の途へ。
自宅近くでこんなものが。近所の商店街恒例のかかし祭り。
たまにクオリティが高いのが混じってます。ラピュタの巨神兵ですね。
af-IMG_1377.jpg

オーソドックスな藁の案山子と、その奥の広告。
近所の美術館で、特撮の展示をやっているのですがこの組み合わせがなんだかシュール。
af-IMG_1378.jpg

そして家の前で健気に咲くキバナコスモス。
背景は黒いアスファルトなので、シャドウ落としで暗くしました。
af-IMG_1382.jpg

家に帰ったら姪っ子の写真を現像して送りました。
程よく大人しい子なので撮りやすかった~。
出来のいいのはA4の銀プリントにしています。出来上がりが楽しみ。
明日は航空祭帰りになりますが、帰ってくるのが遅いのでアップはできないかな。

テーマ:スナップ写真 - ジャンル:写真

小松空港デッキにて・・・ブルーインパルス予行の合間に 2012年09月25日 KomatsuBase:小松基地 トラックバック:0コメント:8

前の記事でもちょこっと書きましたが、この土日は石川県の小松基地へ行ってきました。
去年11月の岐阜以来の空自航空祭。もちろんブルーインパルスの飛行展示もありました。
金曜の夜に夜行バスで出発して、土曜の朝から日曜の夜に飛行機で帰るまで撮影三昧。
久しぶりに航空祭を満喫しました。現地でも飛行機関係のブログ仲間さんと出会えて楽しい二日間。
撮った写真の枚数が半端ないですが、ちょっとずつアップしていきます。

まずは土曜日から。朝7時に金沢に到着してそのまま小松へ。8:30には空港のデッキにいました。
ブルーインパルスの予行が13:00からなので、それまで民航の飛行機を撮って待つことに。
航空祭で地上展示される機体も来るかもしれませんしね。

土曜日の小松は晴れ。夏日というくらいの暑さ。
ブルーはすでに前日に小松に到着し、エプロンに並べられています。久しぶりだなあ。
af-IMG_1393.jpg

9:00。小松から千歳空港へ飛び立つAIRDOのB737が離陸していきます。
逆光ではあるけど、羽田よりも滑走路が近くて撮りやすいです。
af-IMG_1399.jpg

9:20。突然旅客機とは違う、乾いた高いエンジン音が聞こえてきました。
F-15Jイーグル戦闘機が滑走路へ入ってきます。この日は土曜日。訓練はないはず。
ということは、なんとホット・スクランブル(対領空侵犯措置)による出動です。
af-IMG_1403.jpg

小松基地所属の303飛行隊のイーグルが、実弾ミサイルを積んで離陸していきました。
空自の主任務として唯一の実戦ともいえるスクランブルですが、初めて本物を見ました。
まさか航空祭の前日に見られるなんて。もちろん実戦部隊が配置されている基地なら可能性はあるんですけどね。
af-IMG_1414.jpg

9:35。福岡からのA320が着陸。出発が遅れていたため10分遅れで到着です。
ローカル空港だと、撮った旅客機の便名までわかるのがいいですね。
af-IMG_1418.jpg

10:29。スクランブル発進からおよそ1時間ちょっとでイーグルが戻ってきました。
当然ながらミサイルは装着したまま。まあ発射していたら航空祭どころではないですから・・・
af-IMG_1470.jpg

2番機も帰ってきました。空自のスクランブルの歴史において実弾を発射したのは一回のみ。
それも機関砲の威嚇射撃だけです。それだけでも愚かな左翼政党の攻撃材料にもなったわけですから
おいそれと実弾を発射できるわけではないんですけどね。とりえあえず無事帰ってきて安心。
af-IMG_1480.jpg

そのままハンガーへと帰っていきました。
よく見ると2番機は2タンクなんですね。
af-IMG_1486.jpg

10:31。スクラブル機の着陸を終えると福岡行のA320が離陸していきます。
ジェットブラストもきれいに撮れました。やっぱり滑走路まで近いのはいいなあ。
af-IMG_1492.jpg

10:46。入間基地から輸送ヘリのチヌークが到着します。
ヘリは滑走路へは降りずにそのままエプロンへ。
af-IMG_1506.jpg

11:00。なにやら高所作業車的なものが登場。作業員が乗っています。
なにか点検でもするのかな・・・?と思って見ていると。
af-IMG_1527.jpg

なんとまたイーグルがハンガーから出てきました。またもホットスクランブルです。
小松基地の位置からするとロシア偵察機の可能性が高いのですが、まさか航空祭の様子見に来た?w
af-IMG_1531.jpg

とにもかくにも、またもやスクランブル発進。もちろん先ほどと同じく実弾を装備しています。
今度は306飛行隊のイーグルがあがりました。せっかくなので流し撮り。1/125秒です。
af-IMG_1543.jpg

スクランブルはとにかく最速で国籍不明機と接触するのが第一目的。
一番速い上がり方で離陸していきます。
af-IMG_1547.jpg

すぐに2番機も離陸。今度はもっとシャッターを遅くして1/30秒。
しかし本物のスクランブルで流し撮りするなんて贅沢だなあ。
af-IMG_1552.jpg

こちらもものすごい勢いで離陸していきました。
af-IMG_1562.jpg

さて緊迫したスクランブルをよそに、先ほどの高所作業車が旅客機に近づき
高圧力で水をまき始めました。翼の上を掃除しているんですね。これも珍しい光景です。
af-IMG_1568.jpg

これもいつも行ってる羽田では見られない機体。IBEXエアラインズのボンバルディアCRJ。
成田や仙台と小松を結んでいます。
af-IMG_1577.jpg

11:36。中日新聞社のヘリがやってきました。
川崎重工のBK117C。いつもは小牧にいる機体のようです。
航空祭の取材に来たのかな?でも新聞は批判的なことしか書かないからなあ・・・
af-IMG_1590.jpg

12:35。ブルーの列線に人が見えました。
どうやらスタートするようです。いよいよだなあ・・
af-IMG_1596.jpg

すると同時にスクランブルで飛んだイーグルが戻ってきました。お疲れ様。
航空祭の前日だというのに、まったくロシアもねえ・・w
af-IMG_1598.jpg

2番機も無事到着。過去小松では航空祭の本番最中にもスクランブル発進が発令されたことがありました。
まあ本来ならこういうのもないほうが平和でいいんですけどね。
af-IMG_1601.jpg

13:00。いよいよブルーインパルスの飛行展示がスタートです。
空はごらんの通りの快晴。文句なし。ブルーの飛行展示は次回アップします。
af-IMG_1605.jpg

その前に時系列が前後するのですが、ブルーの後に飛来・離陸した飛行機の写真を。
14:41。陸自のUH-60Jが飛来。所属はわかりませんが、多分三重の明野駐屯地でしょう。
af-IMG_2146.jpg

14:55。これも小松でしか見られない機体。
ルクセンブルクの航空貨物会社、カーゴルックス社所有のB747-8Fです。
ジャンボの愛称で親しまれているB747の最新モデル貨物版。
af-IMG_2166.jpg

8Fの最大の特徴はこのエンジンカウル。B787と同じく、騒音対策のために独特の形状をしています。
af-IMG_2169.jpg

15:18。成田へ向けIBEXのCRJが離陸していきました。
ちょっと日が傾いて斜光になったので、アンダーで撮ってさらに暗部を落としたいつものやりかたで。
af-IMG_2209.jpg

そのまま東の空へ。分厚い積乱雲をバックに飛んでいく姿が撮れました。
af-IMG_2217.jpg

すぐ続いて、沖縄・那覇行きのB737。これも同じようにアンダーで。
af-IMG_2227.jpg

とりあえず主だった飛行機だけアップしました。
ブルーがなくてもかなり収穫の多い飛行機撮影。羽田じゃこうはいきません。
そして次はいよいよブルーインパルスです。秋の青空をバックに素晴らしい飛行が見られました。
次回から2回シリーズです。

あとコメント返し遅れてスイマセン。
なるべく早く変身できるようにしますので・・・

テーマ:航空機 - ジャンル:写真