スポンサーサイト --年--月--日 スポンサー広告

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

レッドブル・フライトパフォーマンス@Big Beach Festiva'12 2012年06月02日 DeepBlues:室屋義秀 トラックバック:0コメント:6

先週のオフ会の写真がありますが、先に今日撮ってきた写真を。
幕張海浜公園で行われたBigBeachFestivalという音楽イベントの一環として、
レッドブルのフライトパフォーマンスでDEEP BLUESの室屋義秀選手がアクロバット飛行を行いました。
去年も撮ったフライトパフォーマンス。去年の記事は↓です。
RedBull フライトパフォーマンス①
RedBull フライトパフォーマンス②

去年は場所の詳細が分からずに、位置取りに失敗。今年はその教訓を活かして早めに会場近くの
幕張の浜という砂浜へ到着。イベントが行われているところのすぐそばまで行って撮ることができました。
フライトは14:30と17:45の2回。まずは一回目のフライトの写真から。

14:30少し前から室屋選手のエクストラ300が上空を旋回。時間きっかりになったところで
会場のすぐそばの海面上空に、超低空で進入してきました。
ad-IMG_3785.jpg

こちらは砂浜の水際にいるので、ものすごく近い距離から撮れます。
航空祭などで撮るよりも断然近いですね。
ad-IMG_3787.jpg

引き起こして、そのままくるくるとロール。背面飛行する飛行機は久しぶりに見たなあ。
ad-IMG_3798.jpg

最初は数回、会場のすぐそばをローパス。ちょうど背景と海岸で撮る人が撮れたので。
ピントが甘いのでもやもやしてますが、距離の近さと高度の低さがわかるでしょうか。
ad-IMG_3804.jpg

低空から引き起こして垂直に上昇。
ad-IMG_3810.jpg

ちょっと高度をとったところでスナップロール。
高速で何回転も連続で行います。
ad-IMG_3813.jpg

薄曇りでしたが太陽は見えている状態。
アンダーでスモークの軌跡を撮ります。
ad-IMG_3831.jpg

かなりの高さまで上昇していって、減速しながら下向きに向きを変える
「ハンマーヘッド・ターン」。これも久しぶりに見たなあ。
ad-IMG_3844.jpg

回転しながら急降下していきます。
もっとスモークの回転した軌跡を撮ればよかったかな。
ad-IMG_3847.jpg

しばらく離れたところでの高空からのダイブなどがあったのであまり写真は撮らず。
そのうちまた低空へやってきて、至近距離でのローパス。背面になっていきました。
ad-IMG_3876.jpg

背中をこちらにみせたままのナイフエッジ。300mmでトリミングなしです。
コクピットの中までしっかり見えました。
ad-IMG_3878.jpg

逆光方向になると機体がきらりと光ります。
ad-IMG_3881.jpg

会場前のローパスから、切れのあるターンにはいるところ。
近いのでこういうシーンも撮れます。
ad-IMG_3884.jpg

ちょっと近いところでスナップロール。
レタッチでスモークの軌跡を濃くしてみました。
ad-IMG_3905.jpg

こちらに向かってくる角度で、ループも。
ad-IMG_3960.jpg

再び太陽をいれてアンダーで。
逆光で距離があるときはこういう撮り方もありですね。
ad-IMG_3990.jpg

スモークがあることで、飛行機がどんな動きをしたかというのがわかります。
ブルーインパルスのようなジェット機とは違ったトリッキーな動き。
ad-IMG_3992.jpg

再びナイフエッジ。今度は逆向きでお腹を見せながら。
ad-IMG_4104.jpg

お腹もばっちり撮れました。
ad-IMG_4114.jpg

そしてターン。少し曇っているからスモークが目立ちませんが。
手前はスモークで機体が隠れそうになります。
ad-IMG_4125.jpg

またナイフエッジ。少し角度を緩めているのかな。
切り替えしのターンまで連続写真でご覧ください。
ad-IMG_4147.jpg
ad-IMG_4151.jpg
ad-IMG_4156.jpg
ad-IMG_4166.jpg

低空で入ってきては近距離のローパスを何回も見せてくれました。
自分たちは会場外からだけど、こちらのほうまでしっかり飛んでくれるので
十分に近い距離で撮ることができるのです。
ad-IMG_4184.jpg
ad-IMG_4188.jpg
ad-IMG_4196.jpg

今度は右側から低速で、機体を傾けながらパス。
何やら室屋選手が手をかざしています。
ad-IMG_4213.jpg

トリミングで拡大してみると、会場に向けて手を振っているのがわかりました。
しっかり見ていると肉眼でもわかります。それだけ近いということで。
ad-IMG_4211.jpg

機体を安定させてからとはいえ、スロットルから手を離して機体の角度調整を
右手だけで行いながら超低空をパスするわけですから、相当な技量です。
ad-IMG_4218.jpg

また高速にシフトチェンジしてローパス。
翼を大きく振りながら航過していきました。
ad-IMG_4266.jpg
ad-IMG_4269.jpg
ad-IMG_4275.jpg
ad-IMG_4288.jpg

一回15分のパフォーマンス。それでもかなり満足です。
このあと二回目のパフォーマンスも夕方行われました。
次回アップします。
スポンサーサイト

テーマ:航空機 - ジャンル:写真

レッドブル・フライトパフォーマンス@Big Beach Festiva'12② 2012年06月03日 DeepBlues:室屋義秀 トラックバック:0コメント:8

幕張海浜公園で行われた、レッドブル・フライトパフォーマンスの2回目。
1回目のフライトのあと、砂浜から撤収して近くの喫茶店へ。
2時間だべってw、2回目の17:45が近づいてきたので
再び砂浜へ移動・・と思ったら夜に音楽イベントの絡みで花火があがるので、砂浜への立ち入りが禁止。
仕方ないので少し戻って、高さのある歩道橋の上から撮ることにしました。
天気もちょっと悪くなってきて雲がだいぶ厚く、やや露出が厳しい状態でした。

1回目とは違った経路での進入。ただ高さは同じなので、歩道橋から見ていても防風林に隠れるほどの
低い高度になってしまって、一番いいところが見られません。
ad-IMG_4306.jpg

距離もちょっとあるので、スモークの軌跡を狙います。
しかし曇り空のためなかなかスモークが見えず・・・
ad-IMG_4315.jpg

なんとかトリミングして、レタッチもしてはみますが。
だいぶ厳しいですね。
ad-IMG_4320.jpg

ねらい目は主に上昇していくところ。
防風林の影からいきなり飛び出すので、捉えるのが難しいです。
ad-IMG_4323.jpg

今回、これだけは面白いというかよかったなあというのがこれ。
旅客機とのクロスです。羽田へのアプローチと空域が近いのでタイミングさえあえば撮れるわけです。
もちろんトリミングしまくってますどね。
ad-IMG_4334.jpg

急降下も狙いますが。う~む、あまり面白みがない・・・
ad-IMG_4343.jpg

ただ航空祭では標準くらいの距離になるのかな。
砂浜からの撮影は環境としては恵まれすぎですね。
ad-IMG_4346.jpg

身軽なプロペラ機ならではの機動。
スモークの軌跡で動きがわかるでしょうか。
ad-IMG_4362.jpg

ちょっとスモークが薄いですが・・・これも機敏な動きがわかります。
ad-IMG_4364.jpg

これはよく見ると変な動き。フラットスピンしながら、真下に落ちています。
機首は前を向いたまま。これ、かなり技量がいる技です。
ad-IMG_4368.jpg

とまあこんな感じで撮っていてもなかなか伝わらないので。
距離もあることだし、動画で撮ってみました。一眼レフ&望遠で飛行機を動画撮影するのは難しいんですけどね。
ブレブレではありますが、機動のすごさが伝われば。







次回からまたオフ会の写真に戻ります。

テーマ:航空機 - ジャンル:写真

ヘブンアーティスト・中国雑技団① in 上野公園 2012年06月04日 Heaven_Ueno:ヘブンアーチスト・上野公園 トラックバック:0コメント:4

さて、5/26のオフ会の写真に戻ります。古河庭園で薔薇を撮ったあと、上野公園へ移動。
ヘブンアーティストという、ある意味東京らしいスナップが撮れるかなあと。
事前にスケジュールを調べたらちょうどいい時間に雑技団が来ることがわかったので、
これはぜひ23ほか、ブロ友さんに見てもらおうということで。

スタート時間前にいろいろと準備。恒例の鞭もやるようです。
軽く鞭を振りながら前後のスペースを確認する、パフォーマーの侯軍さん。
ad-IMG_3166.jpg

時間になって始まり~っと思ったら今日のMCはなんと侯軍さん。
数年前に見たときは片言の日本語だったのに、今ではすっかりMCまでこなせるようになりました。
ad-IMG_3174.jpg

まずはじめのパフォーマンス。きれいどころの女性が何人か出てきてディアボロを操ります。
彼女らの場合は中華ゴマと言った方がいいのかな。
ad-IMG_3181.jpg

いや~、やっぱり華やかですねえw
ちなみにテクニックもなかなかすごいです。
ad-IMG_3185.jpg

フォーメーションを変えながら集団でパフォーマンスを行います。
ad-IMG_3194.jpg

動きがあるので低速シャッターで。
少し顔がブレちゃいましたが。
ad-IMG_3196.jpg

コマの本体を飛ばして、それが落ちる前に一回転。
顔がこちらを向いていればよかったけど。しかしコマがしっかり止まっているのはさすがです。
ad-IMG_3199.jpg

雑技団の女性が出てくると、どこでパフォーマンスを行ってもカメラマンがたくさん出てきますw
まあ自分もそうですがw華やかで絵になるんですよね。
ad-IMG_3215.jpg

二人一組で、コマをパスしています。うまく動きが撮れませんでしたが。
ad-IMG_3236.jpg

横から撮っているので、並んだ時も狙いどころ。
どの女性にピントを合わせるか迷いますがw
ad-IMG_3299.jpg

複数のコマをお手玉のように、何人かでまわします。
この辺は雑技団ならではの技術力の高さ。
ad-IMG_3301.jpg

笑顔が素敵な一枚。
若い女の子が多く、中学生くらいの年齢の女性もいました。
ad-IMG_3307.jpg

コマを放り投げて、落ちてくる前に縄跳びで一回転。
ad-IMG_3316.jpg

前転をするパターンもあります。
ad-IMG_3323.jpg

もちろんしっかりキャッチ。
ちなみにこのコマをキャッチするとき、このように紐の部分で受け止めるのは非常に難しいそうです。
棒の先に当てて、紐に誘導するのが基本だとか。GちょこのGENさんにお聞きしました。
ad-IMG_3328.jpg

最後はまたみんな出てきて、集団で演技。
ad-IMG_3334.jpg

というわけで華やかなパフォーマンスでした。
続いても雑技団。もっとすごい技が登場します。

テーマ:祭り/イベント - ジャンル:写真

ヘブンアーティスト・中国雑技団② in 上野公園 2012年06月05日 Heaven_Ueno:ヘブンアーチスト・上野公園 トラックバック:0コメント:2

上野公園での中国雑技団のパフォーマンスの続き。
中華ゴマに続いては、雑技団のエース・侯軍さんの鞭のパフォーマンスです。

お客さんの中から男の人に出てきてもらって、新聞紙を持ってもらいます。
自分は望遠を使って、鞭が飛んでくる線上で狙いました。
ad-IMG_3336.jpg

しかし鞭の動きが速いんだこれが・・なかなかうまく写りません。
ad-IMG_3339.jpg

何回か鞭で切られて小さくなった新聞紙。それを狙う侯軍さん。
ad-IMG_3355.jpg

パフォーマンスの合間は余裕のある笑顔でMCをしますが、
さすがに鞭をふるう瞬間はかなり集中しているのがわかります。
ad-IMG_3362.jpg

またもや鞭が撮れず。シャッタースピード遅すぎるのかなあ。
ad-IMG_3363.jpg

新聞紙が小さくなりすぎたので、続いては薔薇の造花。
しかも侯軍さんは目隠しをします。
ad-IMG_3369.jpg

サヨナラ、と一声かけて鞭を振るいますw
ad-IMG_3372.jpg

あ~、ちょっと鞭が写りませんでした。
しかし造花の首はしっかり落ちてます。
ad-IMG_3374.jpg

鞭に続いては一輪車。高円寺でも登場しました。
ad-IMG_3375.jpg

前回撮ったときは後姿ばかりでしたが。今回は横から撮れました。
ad-IMG_3377.jpg

高さは2mほどの一輪車。その上に乗ったまま片足を上げたり。
ad-IMG_3386.jpg

つま先にお椀を載せて、それを蹴りあげて頭に載せる芸。
ad-IMG_3396.jpg

シャッター速めにしてお椀が飛んでいる瞬間を狙いました。
ad-IMG_3397.jpg

けっこうな数のお椀が乗ってますね。
金属製?なので重さもあるはず。
ad-IMG_3410.jpg

小さいコップでも同じように載せてみます。
ad-IMG_3412.jpg

一輪車が写ってないのであまりすごさが伝わりませんが。
バランスをとりながらだから相当難しいはずです。
ad-IMG_3413.jpg

最後は侯軍さんのローリングバランス。
登場シーンは派手目で。
ad-IMG_3418.jpg

まずは余裕の金管一個で。
ad-IMG_3432.jpg

倒立するシーンでは望遠で寄って、表情を狙ってみました。
ad-IMG_3442.jpg

ちょっとブレてますが。
片手を離しています。表情は真剣そのもの。
ad-IMG_3444.jpg

金管は3個。何度見てもすごい。
ad-IMG_3451.jpg

倒立シーン再び。写真ではなかなか見えないですが、
けっこう汗をかいています。やはり精神力つかうんでしょうね。
ad-IMG_3454.jpg

逆立ちしたまま回転します。
ad-IMG_3461.jpg

さらに金管が増えて5個。バランスをとるために、手を持ってもらって集中。
金管のバランスの世界記録が5個なので、やはり集中しないと難しいらしく。
ad-IMG_3470.jpg

5個でもバランスをとることに成功。
ad-IMG_3474.jpg

またアップで寄ってみました。
スゴ技の大道芸人の表情というのもなかなかいいものです。
ad-IMG_3481.jpg

大道芸に満足した後はみんなでランチ。
このあと新宿に向かいます。

テーマ:祭り/イベント - ジャンル:写真

新宿アンダーグラウンドスナップ 2012年06月06日 TownSnap:街角スナップ トラックバック:0コメント:6

上野でランチをした後は、地下鉄で新宿へ移動。
当初はスカイツリーを見る予定でしたが、いつ来ても見られるし今は混んでるし。
もっとアンダーグラウンドな東京を見ようということで急きょ予定変更しました。

やってきたのは新宿にある花園神社。
繁華街のど真ん中にある神社です。ちょうどお祭りをやっていました。
ad-IMG_3490.jpg

境内はそれほど広くありませんが、屋台がたくさん並びます。
ad-IMG_3494.jpg

実は江戸時代初期からある神社で歴史は古く、地域の守り神として親しまれています。
あまり長い時間はいませんでしたが、昔ならではのお祭りの雰囲気が残っています。
ad-IMG_3495.jpg

そのあと、歌舞伎町の繁華街をうろうろ。まだ日が高いので大人しい雰囲気のままではありましたが。
23には満足していただいたようで。
ad-IMG_3496.jpg

そこから大ガード横の小さい通り道を通って、思い出横丁へ。
これがかなりツボだったようで、23かなり大喜びw
ad-IMG_3498.jpg

10年ちょっと前に火災によって町の区画がだいぶ整理されましたが
それでも戦後闇市の面影がまだ残っている貴重な場所。
ad-IMG_3499.jpg

横丁の道路、というか通路の上には電線などの配線が張り巡らされていて
これがまたアンダーグラウンドな雰囲気を醸し出します。
ad-IMG_3503.jpg

昔は人一人通るくらいの道幅しかなく、もっと薄暗くて子供はとてもいかないような場所でした。
ad-IMG_3506.jpg

ちょっとこぎれいになって、だいぶ昔の雰囲気は失われましたが
それでもまだまだフォトジェニックな場所。というかようやくカメラを取り出せる場所になったというか。
ad-IMG_3507.jpg

横丁にはモツ煮や焼き鳥の店が多く、昼間からお酒を楽しむ人がいます。
今回は写真だけでしたが、そのうちここのお店でみんなで飲んでも楽しいかも。
ad-IMG_3511.jpg

この後23が中野でライブを見るために移動。他の人はライブの間飲み会w
中野ブロードウェイの怪しいお店も堪能しました。写真は撮ってませんが。
オフ会一日目はここで終了。二日目は横須賀に行って船を見ます。

テーマ:スナップ写真 - ジャンル:写真

記念艦三笠・日本海海戦戦勝記念日に① 2012年06月07日 ■CivilianShips:民間船舶 トラックバック:0コメント:4

オフ会の2日目、27日の日曜日は横須賀観光です。
朝横須賀へ到着して、まず向かったのが記念館三笠。
日露戦争で活躍した戦艦三笠が保存されています。
実は行ってから気が付いたのですが、この日は日本海海戦の戦勝記念日でした。
三笠では式典が行われ、入場料も大幅に割り引き。朝行ったのでゆっくりと見ることができました。

三笠公園の前に止まっていたハーレー。レトロな電話ボックスとの組み合わせが絶妙です。
あまりに絵になるので一枚撮らせてもらいました。
ad-IMG_3515.jpg

さて三笠。日差しは暑いけど、風もけっこうありました。
日本海はあの日と同じく「天気晴朗ナレドモ浪高シ」かもしれません。
ad-IMG_3520.jpg

横向きに取り付けられている7.6センチ補助砲。説明書きでは8センチになってますね。
ad-IMG_3522.jpg

2本の大きな煙突。この時代の戦艦は重油と石炭の両方を燃料として使っていました。
ad-IMG_3523.jpg

逆光でマストと艦橋をシルエットで。まさに黒鋼の城といった形容が似合います。
ad-IMG_3527.jpg

船首部分から主砲を見ます。
30センチ×2門。当時の艦船砲としては最大級のものです。
ad-IMG_3529.jpg

もうちょっと寄ってみました。超広角があったほうがよかったかな。
ad-IMG_3530.jpg

艦橋にはすでにお客さんが来ていて、遠くの景色を眺めていました。
ad-IMG_3532.jpg

艦橋に上ります。ここにも補助砲。米軍基地のほうを向いているのはなんとなく皮肉ぽかったり。
ad-IMG_3534.jpg

艦橋から主砲~艦首を見下ろします。
上の方は風が抜けてとても心地よい場所でした。
ad-IMG_3536.jpg

操舵室。このころの操舵室はとてもシンプルですね。
ad-IMG_3537.jpg

ちょうど真ん中の位置から、再び主砲を見下ろします。
広角レンズで距離感がくるってはいますが、人と比べると大きさがわかると思います。
ad-IMG_3540.jpg

煙突が連なっている様子を。
三笠は戦後荒廃してしまい、艦上の構造物は一度なくなってしまっています。
今あるものはほとんどそのあとに作られたレプリカになってます。
ad-IMG_3541.jpg

遠く海を臨む砲。
レトロな作りで、歴史を感じさせます。
ad-IMG_3542.jpg

三笠の写真、続きます。

テーマ:海のある風景 - ジャンル:写真

記念艦三笠・日本海海戦戦勝記念日に② 2012年06月08日 ■CivilianShips:民間船舶 トラックバック:0コメント:2

日本海海戦記念日に撮った、記念艦三笠の写真。
自分たちが行ったのは開館直後だったのでまだ準備中でしたが、盛大なイベントが行われたようです。
ただこういう日に、政治家がまったくタッチしないというのもいかがなものかと思いますけどね・・・
防衛省管轄の記念艦なので、海自の隊員さんが何名かは来ていましたが、他は民間の団体のみ。
戦争をたたえるのではなく、先人たちが残したものに対して敬うことをする。当たり前のことだと思うのですが・・

さて、艦上から見渡す風景はなかなかのものです。
遠く猿島から一隻の船がやってきました。猿島と三笠公園を結ぶ船です。
そのうち猿島にも行ってみたいものですね。
ad-IMG_3543.jpg

また煙突部分を撮ってみました。
レプリカとはいえ、巨大な構造物というのは萌え要素があるなとw
ad-IMG_3544.jpg

上の写真から、煙突を挟んで反対側から。
光の加減がいい感じです。
ad-IMG_3547.jpg

舷側には補助砲がたくさん置かれています。
一部壊れているものもありますが、仰角などを変えるハンドルを動かすことができます。
ad-IMG_3549.jpg

砲の質感がよかったので、マクロっぽく。
アンダーで撮ってみました。
ad-IMG_3551.jpg

広角ですがこれもマクロらしく。
手打ちの鉄の質感がたまらないです。
ad-IMG_3553.jpg

艦内にも展示物があります。
副砲の弾丸装填の様子を人形で展示してあるものも。
一門の砲を撃つのに、10人の兵士の労力を必要とします。
ad-IMG_3555.jpg

このころの旭日旗は赤いラインが少なめですね。
ad-IMG_3556.jpg

参謀などが会議をするきれいな部屋にも砲。
会議中は撃ってはいけないのかな?w
ad-IMG_3557.jpg

艦内は決して広くはないのですが、それでもけっこうなスペースを使っています。
連合艦隊の旗艦として、必要な設備なんでしょうね。
ad-IMG_3559.jpg

後部主砲を見渡す23。砲塔の前には、実際に使われた砲弾が置かれていました。
ad-IMG_3560.jpg

後ろからマストを見上げます。
それにしてもいい天気。
ad-IMG_3562.jpg

艦を降りて、横から一枚。
たくさんでている副砲が威容を誇ります。
ad-IMG_3564.jpg

最後に東郷提督の象と三笠を。
ad-IMG_3567.jpg

三笠の見学はこれでおしまい。
続いては横須賀の軍港めぐりに向かいます。

テーマ:海のある風景 - ジャンル:写真

横須賀軍港めぐり① 2012年06月09日 FA Yokosuka:横須賀基地 トラックバック:0コメント:3

記念艦三笠を見学した後は、三笠公園から少し歩いて汐入桟橋へ。
ここから船に乗って、横須賀軍港をめぐるクルージングに出ます。

これが軍港めぐりで使われる遊覧船。定員があるため予約制ですが
天気が良ければ上のデッキも開放され、その分の定員のチケットは当日券売りされます。
ちなみにけっこう人気があるので、休みの日に乗るには10日前くらいまでにはご予約を。
ad-IMG_3575.jpg

日差しが暑かったですが、やはり眺めの良さがあるので上の開放デッキへ。
12:00ぴったりに出港します。まず見えてきたのが黒い船体。
海上自衛隊の潜水艦です。おそらく「おやしお」型ではありますが艦名は不明。なにしろ機密の塊ですから。
ad-IMG_3578.jpg

停泊中でも当直の隊員が見張りを行います。
黒い鋼鉄の船体なので、これからの時期非常に熱くなって当直がつらくなるとか。
ad-IMG_3579.jpg

船が通り過ぎるところで、帽ふれの体勢。
この辺はやっぱり日頃から運行している軍港めぐりの船への信頼感でしょうね。
ad-IMG_3584.jpg

続いて白い大きな船が見えてきました。ホテルシップと呼ばれる宿泊施設です。
横須賀に停泊する船には乗組員がたくさんいて、ふだんはそれぞれの船で寝泊まりします。
しかしその船が修理などでドッグ入りすると寝る場所がなくなるので、その代わりになるのがこの船とか。
航行する必要もないので、エンジンなど不要なものはすべて撤去され、1000人の隊員が寝泊まりできるそうです。
ad-IMG_3587.jpg

そのホテルシップに寝泊まりしている隊員かな。
デッキの上で日光浴してました。こちらも遊覧船に手を振ったり声をかけたりしてくれました。
ad-IMG_3589.jpg

ホテルシップに泊まっている隊員たちが乗る船でしょうか。
ドックに入渠して修理を行う船。おそらくアーレイ・バーク級のミサイル駆逐艦=イージス艦です。艦名は不明。
ad-IMG_3594.jpg

修理中ではない船も見えてきました。こちらもイージス艦です。
艦橋の窓の下にある、色の薄い八角形の板。これがイージス艦の特徴です。
ad-IMG_3602.jpg

珍しい船が泊まっていました。フランス海軍の情報収集艦「デュピュイ・ド・ローム」です。
世界一周の航海でもしていたのか、北朝鮮関連の情報でも集めていたのか不明ですが。
ad-IMG_3613.jpg

先ほど艦上構造物だけ見えていたイージス艦の後ろを通ります。
艦名を確認すると「カーティス・ウィルバー」とありました。米軍のイージス艦で
初めて女性乗組員が誕生した船でもあります。
ad-IMG_3618.jpg

またイージス艦が見えてきました。番号から調べてみると「ジョン・S・マケイン」。
本来この位置には原子力空母「ジョージ・ワシントン」が停泊しているはずなのですが
この前日に出港してしまったそうです。見たかったんだけどなあ。
ad-IMG_3620.jpg

これもイージス艦。「フィッツジェラルド」という船で、ミサイル防衛を任務としています。
本来イージス艦は空母を中心とした艦隊防空が任務ですが、最近では弾道ミサイルなどへの対処も行っています。
ad-IMG_3623.jpg

米軍の船が停泊しているエリアを抜けて、いったん港の外に出ます。
遠くに大きな構造物が見えてきました。住友重機械の造船所にあるクレーンです。
高さが100mくらいあるんだっけかな。よく見るとお椀のようなものがありますが、おそらく建造中の船でしょう。
ad-IMG_3632.jpg

港の外側をまわって、再び湾のなかへ。今まで見てきたのが横須賀本港地区で、その隣にあるのがこの長浦港。
海上自衛隊の艦船が多く停泊しています。
ad-IMG_3640.jpg

二隻、大きな船が泊まっています。5104が「わかさ」、5105が「にちなん」。
いずれも海洋観測船となっています。
ad-IMG_3647.jpg

船首にある大きな構造物が特徴。たぶんこれはクレーンで、観測用の機材を降ろしたりするんでしょうね。
ad-IMG_3651.jpg

これも大きな船。掃海母艦の「うらが」です。
海の機雷を排除するための、掃海艦の母艦としての機能があります。
ad-IMG_3653.jpg

港の中ほどにたたずむ、番号の消された船。試験艦「くりはま」です。
今年の4/6に退役し、そのうち処分されるのを待っているんでしょうね。
ad-IMG_3658.jpg

「うらが」を横から見た図。全長は141mなのでけっこうな大きさがあります。
ad-IMG_3660.jpg

複雑な感じの構造物が見える「ちよだ」。潜水艦救難母艦です。
のちほど詳しい写真をアップします。
ad-IMG_3663.jpg

こちらもちょっと珍しい船。機雷を処分するための掃海艦「やえやま」です。
何が珍しいかというと、この船木製。木製の船としては世界最大だそうです。
ad-IMG_3667.jpg

機雷は船の磁気に反応して爆発するものが多く、そのために掃海艦は昔から木製であることが多いのです。
しかし木製で大きな船を作るにはコストもかかるし、耐久性も低い。
次期掃海艦は木製ではなく、強化プラスチック製になることが決まっているそうです。
ad-IMG_3670.jpg

枚数が多いので、軍港めぐりの写真は続きます。

テーマ:海のある風景 - ジャンル:写真

横須賀軍港めぐり② 2012年06月10日 YokosukaDistrict:横須賀地方隊 トラックバック:0コメント:2

5/27のオフ会の写真も今回でラストです。
軍港めぐりも後半。長浦港内に停泊する自衛隊の艦船を見学していきます。

少し小さい船。これも木造の掃海艇「のとじま」です。
前回でてきた「やえやま」は掃海「艦」。こちらは「艇」です。
船の大きさによって呼称が変わるそうです。
ad-IMG_3686.jpg

こちらは潜水艦救難母艦の「ちよだ」。
船の中ほどにオレンジの構造物が見えます。
ad-IMG_3689.jpg

アップで撮るとこんな感じ。
何らかのトラブルで航行できなくなった場合に、海中に沈んだままの潜水艦から
乗組員を救助するための深海救難艇です。
ad-IMG_3691.jpg

前回も出てきた掃海母艦の「うらが」。前方からの構図です。
目立った武装はないけれども、軍艦らしい威容があります。
ad-IMG_3694.jpg

この艦上構造物の重厚感がまたいいなあと。
ad-IMG_3697.jpg

長浦港の最初に見えていた「にちなん」「わかさ」。
艦の後方にも、海洋観測に必要な機材がたくさん置いてあります。
ad-IMG_3700.jpg

このごちゃごちゃした感じがいいですね。
ad-IMG_3702.jpg

さて、遊覧船は長浦港と横須賀本港の間にある運河を通ります。
元々陸地だったところを掘削して、船が通れるようにしたそうです。
ad-IMG_3706.jpg

やがて本港に停泊している自衛艦が見えてきました。
ad-IMG_3709.jpg

港の奥の方に泊まっている小さな船。これも自衛隊の船です。
名前はYDT03。水中処分母船といって、機雷などを処理するダイバーの母船になるそうです。
ad-IMG_3715.jpg

その隣に白い船。これは迎賓船の「はしだて」。
迎賓船の名の通り、国賓などを乗せる船です。
ad-IMG_3716.jpg

ちょっとアンバランスなシルエットの船は多用途支援艦の「えんしゅう」。
射撃訓練などで目標を曳航したりするそうです。
ad-IMG_3719.jpg

ここまでは後方支援を任務とする艦艇ばかりでしたが、最後に戦闘用の艦艇が登場します。
まずは「やまぎり」。艦首を後方からアップにしてみました。
ad-IMG_3723.jpg

「やまぎり」と並んで停泊するのが「おおなみ」。
両艦とも大きな格納庫が見えますが、これにヘリコプターを搭載するわけです。
ad-IMG_3727.jpg

スペック上は、「おおなみ」は2機のヘリコプターを搭載できますが、
運用上は1機だけ搭載しているとか。
ad-IMG_3733.jpg

前方からのシルエットがいかにも護衛艦、という感じのこの船。
普段は佐世保にいる「あまぎり」です。つい最近までソマリアに行っていたとか。
ad-IMG_3738.jpg

正面からの図。やっぱり軍艦は前から見るのがかっこいいですね。
ad-IMG_3744.jpg

艦橋を大写しにしてみました。四角い箱のようなものはミサイルランチャー。
この中にミサイルが収められていて、対空戦闘などで使用されます。
ad-IMG_3745.jpg

主砲の76mm速射砲。イタリアのオットー・メララ社製です。
射程はおよそ16キロ、1分間に80発前後を撃つことができます。
ad-IMG_3748.jpg

さて、軍港めぐりも終わりです。
最初に見た潜水艦の横を通ったらまた隊員さんが帽ふれしてくれました。
ad-IMG_3759.jpg

45分のクルーズでしたが、陸上からは見えない景色を楽しめました。
この後横須賀名物のカレーを食べて、市街地を散策。
やがて23の飛行機の時間が近づいてきたので、羽田空港まで見送って解散となりました。
2日間でしたが、やはり仲間と撮り歩きすると楽しいものです。次はこちらから秋田に行くかな。

次回からまた別の写真。本日行ってきた陸自のイベントです。

テーマ:海のある風景 - ジャンル:写真

大宮駐屯地創立記念行事①式典 2012年06月11日 CampOomiya:大宮駐屯地 トラックバック:0コメント:6

昨日日曜日は埼玉県にある陸上自衛隊大宮駐屯地の創立記念行事に行ってきました。
そういえば今年になってから陸自のイベントはよく行ってるなあ。空自の航空祭が秋本番というのがありますが。
航空祭に比べるとそれほど混まなくて、交通の便がいい駐屯地が多いので行くのが楽なんですよね。
もちろん内容も充実しているので楽しめますし。
さて、大宮駐屯地には自衛隊で化学兵器などを担当する中央特殊武器防護隊が駐在しています。
核・生物・化学の特殊兵器の攻撃などに対する偵察・除染などを行います。
かつての地下鉄サリン事件や東海村の臨界事故、さらに昨年の福島原発事故でも出動しています。

朝の9時前に駐屯地へ到着したものの、開門は10時。日差しがあってさっそく日焼けしましたw
1時間ほど待って入場。メイン会場のグラウンドへ行くとすでに第32普通科連隊の隊員が並んで待機していました。
ad-IMG_4620.jpg

観客が入り始めてからしばらくすると、連隊が一斉に行進を始めます。
そのまま前進して来賓などが待つ会場正面へ。後ろのチヌークから出てきた感じですね。
ad-IMG_4628.jpg

いつも思いますが、この行進って撮るの難しいです。
手が上がったところを狙うんですが、意外と動きが速くて・・・
ad-IMG_4630.jpg

連隊の入場が終わると、各中隊の幹部が連隊旗をもって入場します。
ad-IMG_4638.jpg

記念式典が始まります。まずは敬礼。
やはりびしっとしていて締まりますね。
ad-IMG_4648.jpg

日曜の最高気温は27度。隊員たちは長袖の戦闘服を着ているので相当暑いでしょうね。
休めの姿勢でも長時間立っていなければならないのだから大変です。
ad-IMG_4651.jpg

この日の式典の観閲官は駐屯地司令。司令であると同時に、駐屯地にある
化学学校の校長でもあります。
ad-IMG_4657.jpg

式典の節目ではびしっとそろった敬礼。号令がかかると一斉に動作するのですが
隊員の数も結構なもの。これを統率しているのが・・・
ad-IMG_4659.jpg

式典祭壇の後ろにある櫓の上で旗をふる隊員。
無線で指示を受けながら、旗で会場の隊員たちに指示を送っています。
ad-IMG_4660.jpg

さて、隊員たちに「つけ剣」の指示がでました。
小銃を持った隊員は銃剣を装着します。これも10秒以内で行わなければなりません。
ad-IMG_4661.jpg

銃剣を装着したら最敬礼である「捧げ筒」の状態。
ad-IMG_4668.jpg

国旗が入場してきたので、最敬礼の体勢になったわけです。
来賓はもちろん、一般の入場客も起立して国旗に向かいます。
ちなみに手前の敬礼している方、制服を着ていたけど来賓席にいました。
たぶん駐屯地の幹部のOBなのかなと。
ad-IMG_4669.jpg

観閲官である駐屯地司令の巡閲。これは陸自の式典では外せないイベントですね。
車両に乗って、部隊を敬礼しながら観閲します。
ad-IMG_4677.jpg

前日土曜は雨でしたが、日曜はいい天気。とにかく暑かった。
こんなに天気がよかったのです。
ad-IMG_4682.jpg

駐屯地司令による祝辞。パッと見、理系ぽい事務方みたいな雰囲気の司令ですが
祝辞の内容、口調ともにとても毅然としていて指揮官らしい凛々しさを感じました。
ad-IMG_4683.jpg

続いて来賓の祝辞。これが長かった・・・
さいたま市長、埼玉県知事の祝辞が続きます。写真は埼玉県の上田知事。
ad-IMG_4687.jpg

で、枝野産業経済大臣。なんかいろいろと喋ってましたが。「お前が言うか」って内容。
もっとひどいのはこの後出てきた民主党の国会議員。震災などで見直されてきた自衛隊の人気にあやかろうというのが見え見え。
選挙演説みたいに話し方は仰々しいんですけどね。身のない話、しかもみな似たような内容。
えーっと、当ブログは写真だけでやっていきたいけどたまにははっきり言わせてもらいます。

「お前らの対応がまずかったから、原発の事故で自衛隊隊員、特にこの大宮駐屯地の化学防護隊が
 文字通り命の危険にさらされたんだろうが!責任のなすりあいしたまま、どの面下げて『おめでとう』と言ってるんだ!」
ad-IMG_4691.jpg

失礼しました。でも周りの人もうんざりしていました。
民主の議員はとにかく喋りたかったんでしょうね。式典が20分ほど押しました。
でも最後にこの人が喋ったから、来賓も隊員も溜飲が下ったかも。「ひげの隊長」こと佐藤正久議員です。
陸自出身、しかもこの大宮の化学学校出身の佐藤議員の祝辞の後だけ、盛大な拍手が起きました。
ad-IMG_4693.jpg

さて、長かった式典も終わり観閲行進のため隊員たちはいったん退場します。
退場する時もみな揃って駆け足。
ad-IMG_4697.jpg

少し準備時間があり、観閲行進が始まりました。
先頭は陸自の音楽隊、第1音楽隊です。関東の陸自のイベントにはほとんど出てきます。
ad-IMG_4704.jpg

続いて駐屯地の部隊が登場。先頭は副司令の乗ったジープ。
ad-IMG_4716.jpg

後ろから連隊幹部が続きます。
ad-IMG_4721.jpg

普通科連隊は徒歩で隊列を組んだまま行進。
やや正面から撮ることで、かっこよさが表現できたかと。
ad-IMG_4725.jpg

隊列はよく見ると、背の高い順で並んでいます。ただし列の先頭は幹部ですが。
ad-IMG_4737.jpg

隊員たちの年に一度の晴れ舞台ですね。
天気が悪いと行われないので、とにかく晴れてよかったです。
ad-IMG_4741.jpg

しばらく記念行事の写真が続きます。
次回も観閲行進の続き。そのあとに訓練展示などが続きます。

テーマ:祭り/イベント - ジャンル:写真

 » »
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。