スポンサーサイト --年--月--日 スポンサー広告

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

厚木基地日米親善春まつり2012④ 2012年05月01日 NAFAtsugi:厚木基地 トラックバック:0コメント:4

厚木基地の展示機の続きです。
戦闘機他のスペシャルマーキング機を一通り撮り終えてさらに飛行場地区の奥へ。

奥の方はあまり混みあってなくのんびり撮れそうな雰囲気・・とここでびっくりの機体。
ホーカー・ハンターが展示されていました。
ad-IMG_0047.jpg

50年代にイギリスで配備され、70年代まで世界各国で戦闘機・攻撃機として活躍。
今では一線を退いていますが、まだ現役として動いている機体がいました。
ad-IMG_0048.jpg

古い機体だけあって、各部品もレトロな雰囲気。
ad-IMG_0049.jpg

厚木にもたびたび飛来してはいるのですが、こうしてイベントで展示されるのは初めてではないでしょうか。
グラウラーが展示されるのは噂されていましたが、まさかハンターもとは。
ad-IMG_0050.jpg

コクピットにはカバーがかけられてはいましたが。
ロープも貼られていなくて、思う存分撮影できます。
ad-IMG_0055.jpg

今回は2機展示してありました。
2機目は人がいない時を狙ってクリーンな姿で。
ad-IMG_0060.jpg

機体が古いせいか、一部からオイル漏れ。まあよくあることです。
バケツをぶら下げてエプロンを汚さないようにしていました。
ad-IMG_0062.jpg

なぜこんな古い機体がいるのか。実は今は軍籍を離れて民間の軍事会社が運用しています。
主に米軍の演習に仮想敵役として参加しています。
ad-IMG_0064.jpg

そしてハンターを運用しているのがATAC社という軍事会社。
軍事に関することはすべて軍がやるのではなく、コストなどの観点から民間に委託するというのも
日本ではあまり考えられないことでしょうね。
ad-IMG_0065.jpg

古い機体ではありますが、今回展示された機体の中では一番ピカピカだったかも。
逆光で表面を光らせて撮ってみます。
ad-IMG_0068.jpg

ハンターの隣には飛行展示を行ったCH-46E。もちろん別の機体ですが。
クルーが集まって記念撮影をしていました。
ad-IMG_0071.jpg

これもハンターと同じくらい古い機体。リベットのごつごつがかっこいいです。
ad-IMG_0072.jpg

展示を行った機体にも書いてあった「竜」の文字。
部隊名が「ドラゴンズ」なのでそれに由来します。アメリカの人って漢字好きらしいですし。
ad-IMG_0074.jpg

これもロープがなかったので撮りまくり。
もうすぐ退役するので、細かいところまで撮っておかないと。
ad-IMG_0078.jpg

海軍のSH-60。パッと見はスペシャルマーキングではなく地味なのですが
よく見ると相模ナンバーがwこういう細かいところ凝るのはやはり米軍ならでは。
ad-IMG_0079.jpg

飛行場地区の端まできたところで、飛行展示に参加した海自のP-3Cがアプローチしてくるのが見えました。
急いで滑走路が見えるところまで行って、望遠に付け替え。流し撮りでおさめます。
ad-IMG_0085.jpg

こちらは米海軍のP-3C。内部の展示も行っていましたが、かなり並んでいたので断念。
ad-IMG_0098.jpg

とここで飛行場地区の反対側で、先ほど着陸したP-3Cが機体洗浄を行っているのが見えました。
海上を低空で飛ぶことが多いので、塩を落とすために任務から帰ると専用の設備を使って洗い流します。
急いで撮りに向かったけど、撮れる位置に来たときは水がほとんど上がらず・・・
ad-IMG_0103.jpg

で、入口のほうまで戻ってきてしまったし時間もないので飛行場地区は撤収することに。
最後に入口の横に置いてあった増槽。機体外部に装着する燃料タンクです。
ad-IMG_0107.jpg

この後はお昼を食べたところまで戻り、再びビール・・・・
だけではなく写真も撮りました。米軍イベントと言えばライブ。
今回もなかなか素晴らしいゲストが登場です。
スポンサーサイト

テーマ:航空機 - ジャンル:写真

厚木基地日米親善春まつり2012⑤ナード・ロックバンド1 2012年05月03日 Live:音楽ライブ トラックバック:0コメント:4

厚木基地、というか米軍基地のイベントでいつも楽しみなのが
・航空機・艦船の展示
・アメリカンフード
・ライブ
です。最初の2つはもう楽しんだので、最後は恒例のライブの写真を。
前回はマイケルジャクソンのそっくりさんや、レゲエのバンドが演奏をしましたが今回もまた異色のゲストが登場です。
ライブステージがある広場に戻ってくると、聞き覚えのある80年代ミュージック。
演奏もレベルが高く、ボーカルもなかなか美声。しかしその実態は・・・

ボーカルのラリー。なんだか変身前のスーパーマン=クラーク・ケントをさらに頼りなくした雰囲気。
首に巻いているコルセットは飾りだと思うのですが。
ad-IMG_0125.jpg

ベースのネド。う~む、ちょっと頼りなさげ。
ad-IMG_0124.jpg

ギターのドング。実は日本人らしいです。
最近はやりの草食系イケメンにも見えなくもない感じ。
ad-IMG_0133.jpg


そしてドラムのチェスター。オースティン・パワーズにちょっと似てるかな。
ad-IMG_0179.jpg

という4人組のバンド「ナード・ロックバンド」が登場です。
コンセプトはオタク。詳しくは↑のリンク先の公式サイト(日本語)を見てください。

さて、例によって動きのあるライブというのはなかなか写真では伝えにくいものがあり。
一瞬の表情を狙うことに徹します。明るくてスローシャッターは難しいので。
ad-IMG_0164.jpg

こうしてみるとかっこよくも見えなくはない?
恰好が変だけど、スタイルはいいし。でもそのギャップが面白いのかも。
ad-IMG_0168.jpg

ベースのネドも動きがあって、表情も豊かです。
ad-IMG_0171.jpg

でもすぐこの変顔?をするんですよねw
ad-IMG_0173.jpg

このコミカルな一瞬の表情。狙った通りのものが撮れました。
これだけでもこのバンドの雰囲気が伝わるかと。
ad-IMG_0184.jpg

ちょっと寄りすぎてポーズが収まりきりませんでしたが。
ad-IMG_0194.jpg

ドングはちょっと大人しめの動き。
でもテクニックはけっこうなものなんですよ。
ad-IMG_0198.jpg

そしてやはりメインはラリーなので、たくさん撮っちゃいます。
西日が斜光で当たって、これまたいい雰囲気を醸し出します。
ad-IMG_0200.jpg

ドラムは奥に位置している関係で、あまり枚数が撮れませんが。
チェスターもなかなか絵になる人ではあります。
ad-IMG_0207.jpg

いいねえwこの表情。
こういう「絵になる」人たちというのは、ちゃんと自分を外から見ることができているんだろうなあと。
「人から見られている」というのをいい意味で意識できるんだと思います。
ad-IMG_0209.jpg

で、正面の近くから撮っていたら目があいましたw
振付でたまたま指さされたのでしょうけど。いい瞬間が撮れました。
ad-IMG_0211.jpg

またカメラ目線。けっこう近くから撮ってたし、でかい望遠だったので目だったかな。
あとで写真も送ろうと思います。
ad-IMG_0215.jpg

音楽は80年代ですが、恰好はどちらかというと90年代以降な感じです。
一時期日本でもこんな外見のバンドが流行ったような。ネクタイは短くないですがw
ad-IMG_0220.jpg

ラリーが脛を触る動作。なんの意味があるんだろうw
ad-IMG_0225.jpg

そして怪しげな表情w背の高いミスターオクレぽくもあります。
ad-IMG_0227.jpg

いろいろとアングルを変えて撮ります。
ちょっと逆光になる位置からネドを。
ad-IMG_0232.jpg

ラリーはまた変な踊り。変な踊りだけど、ちゃんと踊っているというか。
詳しいことはわかりませんが、テクニックとしては高いのかも。
ad-IMG_0239.jpg

また一瞬の表情。ライブ写真はこういうのがやっぱり楽しいです。
ad-IMG_0243.jpg

珍しくドングが前のほうにでてきてポーズ。
普通の時も細かい動きはあるんですけどね。フロントの他の二人に隠れがち。
ad-IMG_0246.jpg

ネドは動きもなかなか大きくて、表情も豊。
ad-IMG_0250.jpg

曲と曲の間にSEが入って、それに合わせてラリーが踊るけど
それが途中で途切れるという展開が多かったです。
ad-IMG_0265.jpg

これはバラードっぽい曲だったかな。
恰好が変でなければwすごくかっこいいのに。
ad-IMG_0275.jpg

まあでも結局こういう表情が多くw
そういう方が楽しくていいですけどね。
ad-IMG_0276.jpg

枚数がとにかく多いので2回に分けます。でも明日明後日と出かけるので更新はお休み。
あとファイル容量がかなり逼迫していて、次の記事が書けるかどうかも微妙。
だめなら他のサイトに貼って、リンクだけ引っ張ってくるつもりですが。 続きを読む

テーマ:祭り/イベント - ジャンル:写真

厚木基地日米親善春まつり2012⑥ナード・ロックバンド2 2012年05月04日 Live:音楽ライブ トラックバック:0コメント:2

さて、お出かけから戻ってきました。出先でもちょこっと写真を撮ったので後程アップします。
その前に撮りためているのがかなりあるんですけどね。
で、厚木基地の写真の続き。ナードロックバンドの後半です。

またまたラリーに視線をもらえました。
ほんの一瞬だから偶然なんだろうけど、写真に撮れるとうれしいものです。
ad-IMG_0280.jpg


ナイスポーズw表情がほんと、いいですよね。
ad-IMG_0283.jpg

歌の合間のダンスというかポージング。
これも「オタク」ぽくていいなあと思います。
ad-IMG_0287.jpg

逆光で変顔のネドをややシルエットで。
かっこいいような、そうでないようなw
ad-IMG_0288.jpg

メガネの傾き具合がナイス。
ad-IMG_0303.jpg

そろそろ日も傾いてきたので、ベースをアンダーでかっこよく。
ad-IMG_0306.jpg

弾いている人は変顔ですがw
ad-IMG_0308.jpg

でも動きがあるから、撮っている方はやっぱり楽しいです。
ad-IMG_0310.jpg

再びベースアップ。手元をかなりアンダーで。
ad-IMG_0324.jpg

アンダーついでにラリーもシルエット。
特長的なメガネのところだけ強調してみました。
ad-IMG_0326.jpg

熱唱する姿も。前回も書きましたが、こういうシーンだけ見ると男前なんですよね。
恰好がやっぱり変ですがw
ad-IMG_0334.jpg

ギターのドングも。
彼もネクタイが異常に短くて、なぜかヘッドライトをつけていること以外はかっこいいなと。
ad-IMG_0364.jpg

振り向きざまのポーズと表情。だいたい同じ動きを2回くらいはやるので
2回目以降の瞬間を狙うことが多いです。前もって動きがわかっているとやはり楽ですが。
ad-IMG_0368.jpg

奥にいるのでほとんど撮れませんでしたが。ドラムのチェスター。
ステージ脇にまわりこんで撮りました。
ad-IMG_0375.jpg

ちょっとアンダーにして、メガネの反射を強調して。
ad-IMG_0376.jpg

ステージ脇、というかほぼ後ろからステージ前方。
フリーで見られる厚木のライブだからこそ、こういうシーンも楽しめます。
ad-IMG_0379.jpg

斜め後ろからだとかっこよさが増しますね。
ad-IMG_0384.jpg

ラリーのポーズもいい感じ。
っていうか腕なが!w
ad-IMG_0394.jpg

またステージの前に戻ってきました。
時間も終わりに近づいてきたので。
ad-IMG_0396.jpg

屋外だけど、背景を暗くすることができるので写真にするにはいい環境。
こうしていい表情を写真にすると絵になります。
ad-IMG_0403.jpg

ちょっと水平が甘いけどまあいいか。
こういう演奏シーンもいいものです。
ad-IMG_0406.jpg

ドングの速弾き。他のメンバーもそうですが、かなりオールマイティーにいろんな分野を
けっこうなレベルで演奏しています。それがまた見た目とのギャップで面白いなと。
ad-IMG_0411.jpg

ステージもいよいよ最終盤。アップテンポの曲が続いて、ヒートアップします。
ad-IMG_0414.jpg

ちょっとぶれてしまっていますが。アンダー部分を落として印象的な絵にしてみました。
ad-IMG_0417.jpg

この日は気温が高かったこともあり、ラリーは大汗。
バンドのイメージからすると、健康的に屋外ライブではなく、暗いライブハウスが似合う気もしますがw
ad-IMG_0419.jpg

最後のほうは歌唱に熱中していて、かっこいいほうのラリーになりましたw
ad-IMG_0421.jpg

でも演奏が終わって引っ込むときはオタクな人たちに戻りますw
ad-IMG_0426.jpg

みなさん順々にご挨拶。歯を出しているのはわざとなのかなw
ad-IMG_0429.jpg
ad-IMG_0432.jpg
ad-IMG_0436.jpg

テーマ:祭り/イベント - ジャンル:写真

高円寺びっくり大道芸2012・HANAMERI 2012年05月06日 KoenjiFest:高円寺びっくり大道芸 トラックバック:0コメント:6

今日は更新が遅めですが。明日まで休みなのでちょっと夜更かしw
今回から高円寺で行われた「びっくり大道芸2012」の写真をアップしていきます。
今年で4回目となるこのイベント、一昨年から続けて写真を撮り続けています。
ハイレベルな大道芸を一度にたくさん見られるこのイベント。今年は4/29に行ってきました。
まずはじめに見たのが女性二人の大道芸ユニット「HANAMERI」です。

高円寺駅周辺のいろんな場所で大道芸が行われ、中には商店街の路地でやることも。
今回のHANAMERIも車が通らない細い路地を一時的に通行止めにしてパフォーマンスを行いました。
まずは演技前のストレッチ。たまたま通りかかった親子連れに手を振ります。
こういうアットホームな雰囲気も高円寺のよさかな。
ad-IMG_0453.jpg

ストレッチしつつもポーズをとってくれました。
今回は一番前で、かなり近い位置から撮っているので17-40mmの広角で狙います。
ad-IMG_0456.jpg

時間になって、二人がいったん観客の前からはけます。
そして音楽に合わせて登場。なにやらあやしい雰囲気・・・
ad-IMG_0459.jpg

とステージのところまで来て、布を取り払ってポーズ。
ここでメンバー紹介。左側の白塗りのピエロ(クラウンというそうですが)が華千代さん。
髪の長いほうが踊り子のめりこさん。ジプシーアクロバット、というジャンルでのパフォーマンスです。
ad-IMG_0462.jpg

さっそく軽業を披露。かなりスペースが狭いなかでも、しっかりとした体術を見せてくれます。
こちらの華千代さんはもともと体操出身だそうで。それにしても近いから迫力ある写真になります。
ad-IMG_0466.jpg

ポーズをとった華千代さんの後ろでめりこさんのダンス。
広角で撮っているので、奥行きのある構図になりました。
ad-IMG_0470.jpg

めりこさんのダンスはかなり動きが速め。
日陰ということもあって、動きを止めて撮るにはぎりぎりでした。
ad-IMG_0472.jpg

とここで華千代さんが割り込んで来たり。
対照的な二人の動きがコミカルに合わさります。
ad-IMG_0479.jpg

で、華千代さんがショーの始まりをアピール。
ad-IMG_0487.jpg

再びめりこさんのダンス。新体操出身ということで、体の柔らかさも魅せてくれます。
しかしそれ以上に腹筋がすごいなあと。
ad-IMG_0502.jpg

二人並んでポーズ。この立ち位置というか、構図がHANAMERIらしさというか。
一目で見てこのグループだな、というのがわかります。
ad-IMG_0509.jpg

ここからソロで入れ替わりにパフォーマンス。まずはめりこさん・・・
と思ったら華千代さんは笛でメロディを奏でます。ちょっと適当でしたがw
ad-IMG_0516.jpg

ジプシーの音楽?に合わせてセクシーな踊りを披露。
笑顔が素敵です。
ad-IMG_0518.jpg

手の先が少し切れてしまった・・・
意外と手足が伸びるというか、もうちょっと構図に余裕を持たせればよかったなあ。
ad-IMG_0522.jpg

華千代さんのアクロバットも。
バク転の回る瞬間がうまく撮れました。
ad-IMG_0530.jpg

かっこいいところが見れたと思ったら、ジャケットを裏返しに着ておどけて見せたり。
ad-IMG_0539.jpg

と思ったらめりこさんがいきなり衣装チェンジ。チェンジというか脱いだw
R18、まではいかないけど小さいお友達はダメよ・・
ad-IMG_0543.jpg

あわてて隠す華千代さん。振り返った視線がいい感じw
見ちゃだめよ、っていう声が聞こえてきそう。
ad-IMG_0547.jpg

その隠している間に早着替え。うむ、今度は18禁にはならないかなw
ad-IMG_0554.jpg

そして二人でのダンス、というかアクロバットもあります。
動きが速いのでシャッターチャンスは一瞬。
ad-IMG_0561.jpg

こういうアクロバットな動き、大道芸らしくていいです。
そしてそれを広角で撮れる距離感がまたいいなあと。
ad-IMG_0563.jpg

アクロバット以外にもこういう一瞬の表情がねらい目。
実はyoutubeで動画が上がっているので、それで前もって予習もしてます。
そうでないと展開が読めなくて、シャッターチャンスをものにできない部分もあるので。
ad-IMG_0565.jpg

「動」の部分はカメラの性能と自分の反射神経に頼るところが大きいけど、
こういう表情が大事な「静」の部分はその場で雰囲気読むのが大事ですね。
ad-IMG_0572.jpg

写真で見るとなかなか伝わらないストーリー性というところが、こういうシーンに多く含まれるので。
そしてパフォーマーの演技というものも伝わるかなと。
ad-IMG_0574.jpg

フラフープを使った演技もあります。
最初は大人しめの動きでしたが・・・
ad-IMG_0576.jpg

アクロバットな動きを取り入れたものも披露。
とにかく距離が近いので、広角でめいいっぱい構図をとります。目線がもらえました。
ad-IMG_0583.jpg

二人がうまく重なるように撮るのも難しいです。
場所取りも重要なんですが、実際に撮ってみないとわからないところが多いので・・
ad-IMG_0586.jpg

一見簡単に動いていますが、片手で周りながらフラフープもっています。
よくよく考えたらこんな動き、常人にはなかなかできないですよね。
ad-IMG_0587.jpg

華千代さんからめりこさんにチェンジ。
フラフープを二つ持って回転。低速シャッターで撮ればよかった・・
ad-IMG_0592.jpg

こちらもフラフープもったまま回転。
ad-IMG_0594.jpg

最後は二人で決めのポーズ。ストーリー性のあるパントマイムに
アクロバットを組み合わせたジプシーアクロバットでした。
ad-IMG_0607.jpg

今回のパフォーマンスと同じ内容の動画がこちら。
上野公園で他の方が撮ったものですが。写真と合わせて見ていただければわかりやすいなと。



さて、このHANAMERI、1年前の高円寺で大道芸デビューしたユニットです。
そのデビューパフォーマンスを撮っていました。その記事がこちら
パフォーマンスの内容が少し変わってはいますが、基本はそのまま。そこにHANAMERIらしさが加わったと思います。
1年前、緊張した面持ちのパフォーマンスが終わったHANAMERIはちょっと涙ぐんでました。
今年は笑顔で余裕のあるパフォーマンス。デビューを見届けたパフォーマーが、
1年経って「進化」した姿を撮ることができるのは嬉しいものです。
ちなみにそれぞれソロでもパフォーマンスをやっていて、近々どちらかを見に行く予定。

次回も去年撮ったGちょこMarbleの登場です。

テーマ:祭り/イベント - ジャンル:写真

高円寺びっくり大道芸2012・GちょこMarble① 2012年05月06日 KoenjiFest:高円寺びっくり大道芸 トラックバック:0コメント:2

高円寺での大道芸の続き。今回はGちょこMrbleというユニットです。男女二人組。
こちらのユニットも去年撮影しました。しかし位置取りがよくなかったのと、カメラの設定を間違えて失敗量産。
パフォーマンスの素晴らしさがうまく撮れなかったなあとちょっと悔やんでました。なので今年リベンジすることに。
会場も同じ場所でやっていたので、去年の教訓を元に位置取りを選択。順光になるステージ横から狙うことにしました。

ストーリー構成は去年と同じ。まずは恋人の仲の良さを表現するシーンから。
あ、メンバー紹介も先に。女性がちょこさん、男性がGEN(ジェン)さんです。
ad-IMG_0635.jpg

ラブラブな二人・・・のはずが、GENさんはどうしても他の女性に目が行ってしまって、
それがたまに行動にでてしまいますw
ad-IMG_0636.jpg

でも基本的には二人が仲良し。ハンド・トゥ・ハンドというアクロバットの演技を繰り広げます。
ad-IMG_0640.jpg

笑顔で軽々とやっていますが。支えている体のポイントが少ないので、実際は大変でしょうね。
二人の息があっていないとうまく組み合わせられないでしょうし。
ad-IMG_0642.jpg

バレエにも通じるような技もあります。
この会場は日がよく当たるので明るくて撮りやすいのですが、足元に赤いカーペットがあるので
日差しが強すぎるとその色が反射してしまいます。ホワイトバランスの調整ではうまくいかないんですよね・・
ad-IMG_0644.jpg

二人の表情がいい感じ。なのですがちょこさんの足先が切れてしまった・・
全身のポーズがやっぱり大事ですからね。
ad-IMG_0648.jpg

で、またGENさんは観客の女性にちょっかいを出してしまうとw
ad-IMG_0653.jpg

しかしちょこさんが連れ戻して、お仕置き気味にハンド・トゥ・ハンド。
ad-IMG_0663.jpg

ご機嫌とり?でちょこさんのお尻をなでてしまうGENさん。
ad-IMG_0664.jpg

まあでもとりあえず演技は続けていきます。
片腕だけで支えていますね。何気にすごいです。
ad-IMG_0668.jpg

しかしまたまたwそれぞれ違う女性のもとへ行ってしまうのですが
演技中にしっかり目をつけているんでしょうかw
ad-IMG_0671.jpg

かなり不機嫌な表情になるちょこさん。
ad-IMG_0674.jpg

そしてお仕置きも本格的に。写真に撮れませんでしたが、本気ビンタもあります。
ad-IMG_0678.jpg

また別のお仕置きをするために、ちょこさんがバルーンとエアコンプレッサーを持ち出します。
ad-IMG_0682.jpg

おびえて観客のなかへ逃げ込むGENさん。
ad-IMG_0684.jpg

バルーンを膨らませ終ると、笑顔でGENさんを呼びます。
しかしこの笑顔が逆に怖いw
ad-IMG_0686.jpg

そしてバルーンで叩かれます。
いや、痛くはないんだろうけど割れたら怖いなあと。
ad-IMG_0689.jpg

GENさんKO。勝ち誇ったちょこさんはとどめのお仕置き・・・
ad-IMG_0705.jpg

がこれ。絵的にかなり怖いですねw
ad-IMG_0714.jpg

そのまますっぽりバルーンにはいってしまいました。
GENさんが無事なのか気になって、バルーンを叩いてみます。
ad-IMG_0721.jpg

どうやら動くので無事。というわけでバルーンで遊びます。
ad-IMG_0728.jpg

GENさんのほうは相方が見えないから、体勢を整えるのが大変そう。
ちょこさんは小柄ですが、馬跳びくらいでもバランスが大事ですし。
ad-IMG_0729.jpg

遊んでいるうちにバルーンの空気が抜けてきてしまいました。
びっくりするくらい小さくなってしまいます。さすがに心配そうなちょこさん。
ad-IMG_0732.jpg

枚数が多いので後半は次回。

テーマ:祭り/イベント - ジャンル:写真

高円寺びっくり大道芸2012・GちょこMarble② 2012年05月07日 KoenjiFest:高円寺びっくり大道芸 トラックバック:0コメント:6

高円寺のGちょこMarbleの続きです。
前回はGENさんがバルーンの中に入ったものの、空気が抜けてしぼんでしまったところまで。

しぼんでしまったはずのバルーンが突然立ち上がり、ちょこさんが驚きます。
これも絵的にはちょっと怖いかな。怯えている小さい子もいましたw
ad-IMG_0736.jpg

しかし本格的にバルーンがしぼんでしまい身動きできない状態に。
ちょこさんが呼びかけてみますが動きなし。
ad-IMG_0740.jpg

これはまずい!ということでコンプレッサーを急いで持ってきて空気補充。
ad-IMG_0742.jpg

するとなかからGENさんが顔だけ出します。無事でよかった。
とりあえず風船太郎状態になります。
ad-IMG_0748.jpg

そのままの体勢で跳ね回るGENバルーン。その上をちょこさんが馬跳び。
ad-IMG_0753.jpg

逆のパターンも。バルーンに入ったままでも飛べるんですね。
ad-IMG_0754.jpg

で、GENさんは無事バルーンから脱出。
照れながらも仲直りする二人。
ad-IMG_0758.jpg

そしてここからクライマックス。
ちょこさんによる「エアリアル・ティシュー」というアクロバット。
シルク・ド・ソレイユで有名ですね。
ad-IMG_0762.jpg

布を体に巻きつけて、空中でのダンスを行います。
布以外に体を支えるものはありません。文字通り身一つでぶら下がるわけです。
日本の大道芸人でこれをやる人は多分他にはいないと思います。
ad-IMG_0764.jpg

ここではちょこさんがメインになり、GENさんはサポートに回ります。
ad-IMG_0766.jpg

しかしずっと逆さまの状態。これだけでも大変なのに。
体を支えるのは腰に巻いた布だけ。
ad-IMG_0771.jpg

素人がやったらこの状態でくるくる回ってしまいそうです。
しかししっかりと位置をキープして、なおかつダンスの演技。
ad-IMG_0776.jpg

足先が切れてしまいましたが。片足と腰に巻き付けた布だけ。
ad-IMG_0784.jpg

最初のうちは目線より少し高いくらいの位置での演技です。
これはこれで無重力感を感じる高さ。
ad-IMG_0788.jpg

ここでようやく頭が上に。しかし支える位置は足のみ。
手も使っているのかも知れませんが、突っ張って支えているだけですね。
ad-IMG_0790.jpg

このくらいの体勢だと余裕なんだろうなあ。
笑顔で観客に手を振りながら、ゆっくりと回転します。
ad-IMG_0792.jpg

ちょこさんはバレエの経験もあるのかな?
こういうダンス系はそういう経験も必須なんでしょうね。
ad-IMG_0800.jpg

GENさんも下で布を支えつつ、回転の手助けをしたり。
ad-IMG_0807.jpg

空中で様々なポーズをとっていきます。
ad-IMG_0817.jpg

この体勢もキープするだけでもすごいです。
しかしさらに布でぶら下がっているのだから・・
ad-IMG_0818.jpg

演技をしながら、ちょっとずつ布を手繰って高さを増していきます。
ポーズをするまでの布を巻きつけるのも演技もひとつ。
ad-IMG_0821.jpg

こういうシーンは望遠で撮ると迫力がでますね。
ad-IMG_0828.jpg

逆にちょっと引くことで高さを演出してみたり。
撮る方もいろいろ工夫しながらなので楽しいです。
ad-IMG_0831.jpg

上の写真の高さから一気に下りてきました。
さすがに写真では分からないですが。
ad-IMG_0832.jpg

演技を終えたちょこさんをGENさんがお出迎え。
ad-IMG_0835.jpg

そして二人でご挨拶。素晴らしいパフォーマンスを、今年はうまく撮れました。
動画もまた見つけてきたので貼っておきます。
ad-IMG_0838.jpg

ハンド・トゥ・ハンド&バルーン編
今年の高円寺でのパフォーマンスで同じ場所ですが、多分前日かな。いわんは映ってませんでしたw


エアリアル編
ちょこさんの流れるような演技。写真では伝わりにくい部分です。


次回もまた去年撮ったパフォーマー。
ベリーダンスのお姉さんたちが登場です。

テーマ:祭り/イベント - ジャンル:写真

高円寺びっくり大道芸2012・Alma+Maru 2012年05月09日 KoenjiFest:高円寺びっくり大道芸 トラックバック:0コメント:6

高円寺びっくり大道芸の続きです。駅前の広場でGちょこMarbleのダイナミックなパフォーマンスを見た後は
商店街の路地入って、次のパフォーマーの写真を撮ります。今回も去年撮ったパフォーマー。
ベリーダンスのAlma+Maruです。去年の記事はこちらこちら

順光で間近から撮れる絶好のポジションがとれました。距離感がつかめなかったので、まずは28-300mmで狙います。
音楽が始まると、楽器を持った踊り子さんたちが練り歩き始めました。
ad-IMG_0842.jpg

元々は古代エジプトに端を発する踊りなのかな?楽器もおそらくそれにちなんだものなんだろうなと。
踊り子さんは全部で4人です。
ad-IMG_0844.jpg
ad-IMG_0845.jpg
ad-IMG_0849.jpg

一回りしあとにダンススタート。まずは楽器を先頭で持っていた踊り子さんがソロで踊ります。
ad-IMG_0854.jpg

なにげに動きが速いので、構図をしっかり撮ろうとすると難しいです。
決めのポーズが一瞬、合間にはいるのでそれを狙う感じ。
ad-IMG_0860.jpg

視線を配りながら踊っているのですが、こちらに向いた瞬間もねらい目。
しかしずっとカメラを構えているのももったいないので、要所を押さえないといけませんが。
ad-IMG_0866.jpg

距離があるときは28mmでも収まるのですが、ちょっと近づいたり
このように衣装のスカートが広がると入りきりません。レンズのチョイスが難しい・・
ad-IMG_0871.jpg

広角にしようかな、と迷っている間に曲が変わって踊り子さんチェンジ。
なんと今度は二人同時に登場。
ad-IMG_0880.jpg

う~む、やはりちょっときついですね。
どうにもうまく入りきらない。
ad-IMG_0884.jpg

二人の重なりの角度はばっちりなんですが。
迷っている間に広角に変えておけばよかった・・・
ad-IMG_0888.jpg

二人が並んで揃った動きをするのは、航空祭で2機編隊がびしっとそろっているのに似ているなあ、
と無理矢理つなげてみたりしてw
ad-IMG_0893.jpg

これはうまく収まったかな。
なにしろ動きが読めないので、二人きっちり収まったのが少ないです。
ad-IMG_0896.jpg

横にすればだいぶ収まりもよくなります。
衣装が広がると厳しいですが。
ad-IMG_0897.jpg

まあ衣装が広がっても、角度によっては・・・
でも写真の構図としてはちょっと納得いかないかな。
ad-IMG_0902.jpg

最後に決めのポーズ。縦でうまく収まりました。
ad-IMG_0911.jpg

また曲が変わって最初の踊り子さんが登場。
この前に急いで17-40mmに付け替えます。
近くで踊って、衣装の広がりもばっちり。
ad-IMG_0915.jpg

ちょっとシャッタースピードが中途半端ですが。
動きも少し出すことができました。
ad-IMG_0917.jpg

ここでもう一人の踊り子さんも入ってきます。
二人だと奥行き感がだせますね。やはり最初からこっちのレンズにしておけばよかった。
ad-IMG_0925.jpg

すらりとした手と、長い衣装の雰囲気がうまく出せました。
このポーズは二人背中合わせなので、正面から撮るともっときれいかも。
ad-IMG_0935.jpg

特長的な手の動き。そして次の曲で入れ替わりにはいってくる踊り子さんも取り入れて。
ad-IMG_0937.jpg

続いては剣を使ったダンス。
40mmでもこれだけ寄れます。しかし手が切れてしまった・・・
ad-IMG_0946.jpg

剣を頭に載せたアンバランスさと、腰の微妙な曲がり具合がベリーダンスらしい艶かなあと。
ad-IMG_0948.jpg

それにしても撮影の環境としてはかなりいいです。
日が直接当たるわけではないのですが、十分な明るさがあってメリハリもある。
感度も低く設定できるので、撮影パラメーターの幅が広くなります。
ad-IMG_0952.jpg

最後のポーズは斜め構図で。
ad-IMG_0958.jpg

クライマックスは4人並んでのダンスです。
広角レンズを選んだことで、そのよさを最大限発揮できました。
4枚の連続写真で。
ad-IMG_0961.jpg
ad-IMG_0963.jpg
ad-IMG_0967.jpg
ad-IMG_0971.jpg

最後は傘も使ってポーズ。
華やかかつセクシーな写真になりました。
ad-IMG_0983.jpg

例によってまた動画を。
ちょうど同じパフォーマンスをすぐ隣で撮っていた方がアップしていたようです。


大道芸の写真、まだまだ続きます。
次は当ブログ初登場。パントマイムの加納真実さん。
不思議な魅力の世界観に引き込まれます。

テーマ:祭り/イベント - ジャンル:写真

高円寺びっくり大道芸2012・加納真実① 2012年05月10日 KoenjiFest:高円寺びっくり大道芸 トラックバック:0コメント:8

セクシーなベリーダンスを見た後はまた移動。
HANAMERIのパフォーマンスが行われた場所と同じところへ戻ります。
お目当ては加納真実さん。パントマイムのパフォーマーです。
過去高円寺でも出演しているのですが、なかなか見る機会がなく。
前々から楽しみにしていました。会場に着くとすで満員。けっこう人気があるみたいです。

人垣の隙間から望遠で。しばらくすると加納さんがやってきました。
青のジャージ姿のこの女性です。時間前の準備ではリコーダーのチューニング?
リコーダーはチューニングいらないよね・・?w
ad-IMG_0986.jpg

時間になるとおもむろにパフォーマンスが始まります。
まずはカスタネットを構えて。始まった曲は「追いかけてヨコハマ」中島みゆきバージョン。
ad-IMG_0995.jpg

ポーズをとったまま曲に合わせてカスタネットを叩き、回転。それだけ。
しかしこの表情がw
ad-IMG_0998.jpg

すぐにカスタネットをとって、タンバリンに代えます。
タンバリンも軽く叩くだけ。
ad-IMG_1001.jpg

と思ったらいきなり激しい動き。というか壊れた?w
ad-IMG_1010.jpg

ワンコーラスで曲は終了。カンペを見せます。
ああ、今の準備体操だったのねw
ad-IMG_1013.jpg

ここからが本番ということで。
カンペを順次めくっていきます。
ad-IMG_1014.jpg
ad-IMG_1015.jpg
ad-IMG_1017.jpg

そして始まったのが五輪真弓の「恋人よ」。
イントロに合わせてリコーダーを吹きます。しかし音があってね~w
ad-IMG_1022.jpg

枯葉散る~、で枯葉散らせます。
どうやらいなくなった恋人を思い出しているのかな。
ad-IMG_1023.jpg

と思ったら何かを見つけたらしく、観客の下へ駆け寄ります。
ただしスローモーションでw
ad-IMG_1024.jpg

その観客は男の人だったのですが、なにやら紙を見せてました。
それがこちら。なるほど、恋人がほしいのねw
ad-IMG_1027.jpg

しかし振られたので紙を破いて、失恋の情を醸し出します。
ad-IMG_1028.jpg

で、ここで不貞腐れてコッペパンを食べ始めましたw
しかもつぶれてるしw
ad-IMG_1034.jpg

大道芸でコッペパン食べるのなんて初めて見ましたよw
ad-IMG_1035.jpg

と、また次の獲物を発見。
またスローモーションで駆け寄りますが・・
ad-IMG_1036.jpg

すぐに振られたので紙を破き、しかも投げつけますw
ad-IMG_1046.jpg

また別の男性のロックオン。
今度はちょっと作戦を変えて。お友達から。
ad-IMG_1056.jpg

でもやっぱり振られてw
ジャージの上着を脱ぐと何やらでてきました。「募集中」
ad-IMG_1058.jpg

振り向くと。文章がつながりましたw
ad-IMG_1060.jpg

そしたら先ほどの男性からOKがでて。
まずは友達からスタートということらしいです。
ad-IMG_1062.jpg

さっそく友達の男性に引っ張り出して・・・
と思ったら掃除をさせはじめました。ここまでのパフォーマンスで散らかってたから・・w
ad-IMG_1063.jpg

片付け終わったら頭をなでてあげます。ちょっと横柄ですがw
ad-IMG_1067.jpg

お礼にマーブルチョコをあげます。ただし一粒だけw
ad-IMG_1069.jpg

ここで「恋人よ」は終了。次のパフォーマンスのために
小道具をいれるポーチをチェンジ。しかしメガネってなんだw
ad-IMG_1072.jpg

枚数が多いので続きは次回。
その前に今回のパフォーマンスと同じ内容の動画を。

準備体操(追いかけてヨコハマ)


恋人よ

テーマ:祭り/イベント - ジャンル:写真

高円寺びっくり大道芸2012・加納真実② 2012年05月11日 KoenjiFest:高円寺びっくり大道芸 トラックバック:0コメント:6

高円寺での加納真実さんの続き。
ちなみこの方はパフォーマーとしての経歴は長く、舞台などにも出ているとか。
パントマイムをやる女性大道芸人としては第一人者ともいえるほどで、
現在活躍している多くの大道芸人さんに影響を与えているらしいです。
もしかしたら、人によって好き嫌いがあるかもしれませんが、分かりやすいシュールさは自分的にはツボです。

さて、パフォーマンスの続き。「仮面舞踏会」だそうで。
ad-IMG_1073.jpg

え?仮面ってそれ?
ad-IMG_1077.jpg

踊りって?ドジョウすくい?
ad-IMG_1079.jpg

BGMは中島みゆき「あしたバーボンハウスで」。
なんかすごくしっくりくるんですよねw
ad-IMG_1088.jpg

そしてワンコーラスの終わり目で振り返り。
ちょっと怖いw
ad-IMG_1099.jpg

2コーラス目。仮面増殖w
前回お友達からスタートの男性ですw
ad-IMG_1103.jpg

けっこうノリノリ。
ad-IMG_1116.jpg

最後は振り返り。
ad-IMG_1117.jpg

3コーラス目。まだ増殖中w
ad-IMG_1120.jpg

5人まで増えましたwそしてみんなで振り返り。
ad-IMG_1132.jpg

ちゃんとお礼にマーブルチョコを配ります。
一人一粒ですがw
ad-IMG_1139.jpg

いよいよクライマックス。
ad-IMG_1144.jpg

この「M」は中島みゆきのことだそうで。
そういえば中島みゆきの曲がBGMであることが多いです。
ad-IMG_1147.jpg

そして最後のパフォーマンスも中島みゆきの曲で。
名曲「うらみ・ます」です。なぜか冒頭はスプーン曲げならぬフォーク曲げ。
ad-IMG_1151.jpg

男性に振られたという設定でしょうか。
カワイイぬいぐるみを見つめます・・・がこの後ぬいぐるみの首が落ちますw
ad-IMG_1154.jpg

運命の赤い糸。しかしその先は誰もつながっておらず・・・
ad-IMG_1166.jpg

またターゲットを探してますw
しかし雰囲気が怖い。
ad-IMG_1168.jpg

で、やっぱりこの男性w
むりやり小指につけますが・・・
ad-IMG_1170.jpg

なぜか切れてしまいます。プチマジックはいってますね。
そしてもすごい表情。
ad-IMG_1173.jpg

その切れた赤い糸をつなげるマジック・・・
ad-IMG_1178.jpg

はできないw代わりに誰かからの手紙を読みます。
何が書いてあるのか。絶望している様子。
ad-IMG_1180.jpg

その手紙をハサミで切り刻み始めました。
曲の雰囲気に合ってるなあ。
ad-IMG_1182.jpg

その切り刻んだ紙が・・・
ad-IMG_1184.jpg

って切り絵かいwなぜ寿司?そして上手いw
ad-IMG_1187.jpg

そして最後の決めのポーズ。
ad-IMG_1191.jpg

終わったらやっぱりこれですね。
投げ銭タイム。
ad-IMG_1195.jpg

「募集中」の頭の文字をとって・・・
ad-IMG_1196.jpg

さらに下の文字を変えたらw
こういう細かいところの凝りよう、すごいなあ。
というわけで加納真実さんのパフォーマンスでした。
ad-IMG_1197.jpg

今回のパフォーマンスと同じ内容の動画です。

仮面舞踏会


Mに捧ぐ


次回は大道芸でも一番人気。毎年撮っている中国雑技団が登場です。

テーマ:祭り/イベント - ジャンル:写真

高円寺びっくり大道芸2012・中国雑技芸術団 2012年05月12日 KoenjiFest:高円寺びっくり大道芸 トラックバック:0コメント:6

加納真実さんのシュールなパントマイムを見た後は、すぐ近くで行われた中国雑技芸術団のアクロバットを撮影。
高円寺びっくり大道芸を毎年見に来ているのも、この雑技団のパフォーマンスがあるからこそ。
もちろん他のパフォーマーの演技も素晴らしいんですが、初めて雑技団を見たときの衝撃はかなりのものでした。
過去の記事。2010年2011年です。

始まる30分前からすでに会場は人だかり。やはり人気があります。
時間前に準備体操代わりにすでにパフォーマンスが始まりました。
鞭を持っているのが雑技団のエース、侯軍(コウグン)さんです。
ad-IMG_1199.jpg

こちらの胡散臭いおじさんが雑技団を率いる神山領民さん。20年以上前に来日して、一人で大道芸としての雑技を行っていたそうです。
今はMC専門ですが、2010年の演技ではびっくり人間並みのパフォーマンスもw
ad-IMG_1200.jpg

周りに人がいますが、十分にスペースがあることを確認しつつ鞭を振ります。
ad-IMG_1201.jpg

その先には助手の若い男の子。去年まではいなかったから新人さんかな?
小さい紙切れを持たされて、それを鞭で破るというパフォーマンス。
低速シャッターでかろうじて鞭が写りました。
ad-IMG_1207.jpg

さて、本番のパフォーマンス。今回はステージの後ろ側、少し高くなっているところから。
望遠レンズで圧縮して、演技に見入る観客の様子も写してみました。
まず鞭で的役になった男の子(名前がわからない・・)が登場です。
大きな甕?壺?を自由自在に振り回すという演技。
ad-IMG_1226.jpg

軽々と見えますが、けっこうな重さのはず。
腕がたくましい感じがしていいですね。
ad-IMG_1230.jpg

さらに大きい壺を頭に載せたり。
観客の皆さんも注目しています。
ad-IMG_1242.jpg

続いて登場したのが一輪車の女性。何巧君(カ・チャオジュン)さんです。
日本語が全く分からないまま、2か月前に初めて来日して頑張っているというMCの弁。
まあ同じことを去年も聞きましたがw
ad-IMG_1252.jpg

一輪車に乗ったまま回転します。
下が写ってないのでわかりにくいですが、2m以上の高さがあります。
ad-IMG_1257.jpg

これも小さくてわかりにくいですが。頭の上に盆を載せて、
そこにコインのようなものを足でけり上げて入れるという技。
成功して、観客から喝さいを受けるシーンを撮りました。
ad-IMG_1268.jpg

さらに助手の女の子からお椀を受取ります。
投げられたものをキャッチしているのですが、これも何気にすごいなあと。
ad-IMG_1273.jpg

そのお椀を複数個足でけり上げて、頭の上に載せるという技。
これもかなりの難度です。風があるためなかなかうまくいきませんでした。
ad-IMG_1283.jpg

技のすごさもさることながら、観客が注目しているのがいいなあと。
高円寺の大道芸は観客との距離が近いのが特徴。その良さが撮れました。
ad-IMG_1293.jpg

これだけの人が一つに注目しているのってすごい風景ですよね。
でも大道芸本来の姿というか、大元になるものってこういうものだと思います。
ad-IMG_1298.jpg

そしてラストは侯軍さんが登場。
ad-IMG_1307.jpg

恒例のローリングバランスです。円柱の上に鉄板を載せて、そこでバランスをとるというもの。
これの世界記録保持者がこの侯軍さんだそうです。
ad-IMG_1310.jpg

まずは円柱が一個。このくらいだと全然余裕ですね。
ad-IMG_1314.jpg

板をぎりぎりまで端に寄せて、さらに片足バランス。
ad-IMG_1316.jpg

逆立ちまでしちゃいます。
ad-IMG_1323.jpg

そして片手でバランス。これでもまだまだ余裕なのだからさすがです。
ad-IMG_1328.jpg

円柱が3個に増えました。しかもアンバランスな積み方。
ad-IMG_1332.jpg

しかしこれも軽々と乗っちゃいます。
ad-IMG_1335.jpg

その体勢のまま回転を始めました。
ad-IMG_1342.jpg

さらに逆立ち。
ad-IMG_1352.jpg

なんとまた回っちゃいます。この人のバランス感覚、どうなっているんだ?
ad-IMG_1360.jpg

表情をクローズアップしてみました。
演技中は笑顔でおちゃらけたりもしますが、やはりこういうシーンでは真剣そのもの。
ad-IMG_1364.jpg

さらに円柱が増えて5個に。助手の男の子も手伝います。
なんか不安げな表情でこちらを向いてますがw
ad-IMG_1369.jpg

高さがあるので手を支えてもらいながら乗ります。
ad-IMG_1373.jpg

そして助手が手を離すと・・・見事にバランスをとっていました。
今回で見るのは3回目ですが、やはり何度見てもこれはすごいです。
ad-IMG_1381.jpg

5個の円柱の上でバランスをとってまま、ちょっとずつ回り始めます。
ad-IMG_1387.jpg

観客は拍手喝采。大喜びです。
大道芸の妙技と、それに注目する観客。理想的な大道芸の写真が撮れました。
ad-IMG_1390.jpg

一回転の間に連続写真で何枚も撮りました。どれもなかなかいい出来。
なかでもこれが一番かな。観客のほとんどすべてが注目しています。
ad-IMG_1394.jpg

これで中国雑技芸術団の写真はおわり。やはり素晴らしい技術でした。
また来年も見たいです。ここ以外でも各地の大道芸イベントに来ているようです。

さて、恒例の動画。







一輪車


ローリングバランス


大道芸の写真、次でラストです。

テーマ:祭り/イベント - ジャンル:写真

 » »
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。