スポンサーサイト --年--月--日 スポンサー広告

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

2012年初日の出 2012年01月01日 ■Landscape:風景 トラックバック:0コメント:18

あけましておめでとうございます。
今年もよろしくお願いいたします。
さて新年一発目、恒例の初日の出を撮りに行きました。
場所は去年と同じく新木場の東京ヘリポート。5:30に起床して自転車で向かいます。
予報では曇りとなっていたものの、家を出るときは空にそれほど雲がないのでいけるかな、とは思いましたが。

現地について東の空を見渡すと真っ黒・・・しかも東側だけなんですよね。
白く光る〇は葛西臨海公園の観覧車。右側のオレンジが東京ディズニーリゾートです。
ac-IMG_1207.jpg

海側のほうも真っ黒。こりゃ厳しいなあ・・・
ac-IMG_1212.jpg

日の出の6:50までしばらく待ちます。
観覧車の上は幾重にも重なった厚い雲。
ac-IMG_1223.jpg

まあダメだろうなあとは思いましたが。
6:50。日の出時刻はこんな感じでした。
ac-IMG_1224.jpg

西の空はだいぶ明るかったんですけどね。
ac-IMG_1237.jpg

でもこれであきらめたらもったいない。
しばらく待つと雲の切れ目が急激に明るくなりました。
ac-IMG_1239.jpg

望遠で太陽が出るのを狙います。
右上の黒い雲がとれれば・・・
ac-IMG_1241.jpg

ほんの一瞬、雲の隙間から太陽が出たかな・・・
レタッチで色を浮かしてみましたが。わかりにくいですね。
ac-IMG_1247.jpg

今年はこれでよしとするかな、とここで帰宅の途へ。
しかししばらく自転車で走っていると背後から急に明るい日差しが。
振り返ると本当にわずかな隙間から太陽が顔をのぞかせていました。
ac-IMG_1252.jpg

急いで望遠に付け替えます。うす雲にさえぎられてはっきりしない形ではありますが。
いまだ希望見えぬ日本に、わずかな希望の光が差していることを暗示しているような光景。
これも縁起物としてとらえておきますか。
ac-IMG_1254.jpg

というわけで2012年の初日の出でした。
明日はこれまた恒例の箱根駅伝を撮りに行きます。
近いから4:00くらいからスタートを間近から撮ろうかな。
スポンサーサイト

テーマ:風景写真 - ジャンル:写真

箱根駅伝2012・往路スタート 2012年01月02日 Sports:スポーツ トラックバック:0コメント:12

今まさに熱戦が繰り広げられている箱根駅伝。そのスタートシーンを撮ってきました。
朝5:00すぎの始発に乗って大手町のスタート地点へ。真っ暗なうちから場所取りです。

6:00ぐらいにスタートラインの上にある横断幕が張られます。
ac-IMG_1259.jpg

7:30。すでに沿道は観客でいっぱいです。
まだまだ選手は姿を見せてはいませんが。
ac-IMG_1264.jpg

スタート10分前になってベンチウォーマーに身をくるんだ選手が現れました。
ac-IMG_1267.jpg

このマークは東洋大かな?
ac-IMG_1271.jpg

係員から指示を受けながらも、周りに気を配っている様子。
スタートの位置取りについての精神戦が始まっているんでしょうね。
ac-IMG_1272.jpg

体を絶えず動かして冷やさないようにしています。
ac-IMG_1274.jpg

1区注目の選手、早稲田の大迫選手です。
精神集中しているんでしょうか。しばらく目をつぶって動きませんでした。
ac-IMG_1275.jpg

他の選手もウォーマーを脱いでユニフォーム姿に。
ac-IMG_1276.jpg

スタート時間が刻一刻と迫ってきて、選手の緊張感がどんどん高まっていくのがわかります。
ac-IMG_1277.jpg

スタート3分前。早稲田の大迫選手がちょうどいい位置にいます。
っていうかめちゃくちゃイケメンですね。
ac-IMG_1279.jpg

1分前。スタートラインに立ち、前を見据えます。
ac-IMG_1285.jpg

周りに目を配る選手も。スタートは混戦だから、かなり気を遣うんでしょうね。
ac-IMG_1286.jpg

いよいよスタートの号令がかかります。
選手が並んで構えている様子を撮りたかったのですが、選手との間でぼーっと突っ立っている警備が多すぎて撮れませんでした。
ac-IMG_1287.jpg

8:00。スタートの号砲とともに一斉にスタート。
後ろから人ごみが押し寄せてきて揉みくちゃになり、無我夢中で撮影。
ac-IMG_1289.jpg

まあしかし、長距離走とはいえすごい速いんですよね。
カメラの性能を信じてとりあえず連写したらけっこういい感じで撮れました。
ac-IMG_1290.jpg

報道のカメラからの強いストロボが選手を照らします。
うまい具合にシンクロして、なんだか不思議な雰囲気に。
少し露出を落としてみました。こういうのもありですね。
ac-IMG_1293.jpg

明日も箱根駅伝を撮りに行きます。
去年と同じく、10区ゴール1キロ手前で狙います。

テーマ:スポーツ - ジャンル:写真

箱根駅伝2012・復路日本橋付近① 2012年01月03日 Sports:スポーツ トラックバック:0コメント:12

昨日に続いて箱根駅伝を撮りに行きました。
復路は毎年撮影している日本橋、ゴール手前500m地点です。
カーブの先になっていていろんなアングルから選手を撮ることができるポイントです。

往路のスタートに比べればまだ暖かくて待つ時間も短め。
待つこと1時間半。まずは大きな中継車がやってきます。
ac-IMG_1306.jpg

その後ろからトップでやってきたのは東洋大学。
往路でのリードをさらに広げて、2位との差はぶっちぎりの8分。
ac-IMG_1308.jpg

リードはかなり余裕があるものの、やはり20キロ以上走ってきて一番苦しいところ。
ときおりかなり厳しい表情を見せます。
ac-IMG_1314.jpg

それでも確実な歩幅で快走。ここをすぎれば1分ほどでゴールです。
ac-IMG_1317.jpg

そのあとしばらく後続がやってきませんでした。まあ8分差ですからねえ。
2位でやってきたのは駒澤大学。
ac-IMG_1322.jpg

終盤になってだいぶ追い上げてきたようですね。
ac-IMG_1325.jpg

続いてやってきたのは・・影になっていてわかりにくいけど、エンジの早稲田かな・・?
ac-IMG_13333.jpg

と思ったらなんと3位は明治大学。後ろはまだ離せていないようで、後ろを振り返って確認していました。
自分の周りは3位を確信していた早稲田ファンがたくさんいたようで、「なんで?明治?」との声も。
ac-IMG_1338.jpg

往路2区を欠場したエースの鎧塚選手がかなり追い上げたようです。
ac-IMG_1340.jpg

鎧塚選手はだいぶひきつけてアップで撮ることができました。
他の選手もそうしたかったのですが、隣のおじさんがかなり前のほうにはみ出て旗を思いっきり振るので、
それが一緒に写ってしまったり・・・
ac-IMG_1347.jpg

ほどなく早稲田もやってきます。往路1区ではリードしていただけに、これほど離されるとは思ってなかったでしょうね。
ac-IMG_1354.jpg

ちょうど正面を撮る位置では、横から太陽の光が当たってなかなか印象的な絵になります。
ac-IMG_1358.jpg

続いては3チームの混戦。青が順天堂、白が中央、緑が青山学院です。
ただし青山以外は繰り上げスタートなので、見た目と実際の順位は違うようで。
しかしこれほど上位でも繰り上げになるチームがいるとは。それだけ今年の東洋大が速すぎたということでしょうね。
ac-IMG_1366.jpg

その後ろから6位に入った城西大学。
いつもはぎりぎりシード落ちしてしまう位置でフィニッシュしているのですが
今年は大健闘して見事シードを勝ち取りました。
ac-IMG_1378.jpg

アップで撮ると、大汗をかいているのがわかります。
じっと待っていると寒いのですが、やはり長距離を走ると暑いのでしょうね。
ac-IMG_1385.jpg

枚数が多いので、後半は次回に続きます。

テーマ:スポーツ - ジャンル:写真

箱根駅伝2012・復路日本橋付近② 2012年01月04日 Sports:スポーツ トラックバック:0コメント:2

箱根駅伝、日本橋での写真の続きです。
今回は後半。東洋大のあまりの速さのため繰り上げスタートが相次ぎ
下位のほうはほとんど見た目の差がなくやってきました。

13位帝京大学。気温は高めなんですがビル風のせいかコンディションはあまりよくないようです。
ac-IMG_1389.jpg

続いて拓殖大学。
ac-IMG_1398.jpg

そういえば去年も拓大は喪章をつけていました。
2年続けて不幸があったんでしょうか。
ac-IMG_1403.jpg

かつては留学生パワーで上位にいた山梨学院大も最近はあまり伸びません。
ac-IMG_1414.jpg

前日、往路5区でトップから40分差まで遅れた東農大。
復路は繰り上げながら頑張って、見た目の順位は上げてきました。
ac-IMG_1415.jpg

去年はゴール直前で道を間違えたものの、ぎりぎりシードに入ることができた国学院。
今年は別の選手がアンカーでした。道も間違えなかったようですw
ac-IMG_1427.jpg

中央学院大。一昨年だったかな。大健闘で3位だったような。
本選の常連にはなってますが、まだまだ安定した力はないようです。
ac-IMG_1437.jpg

その中央学院のすぐ後ろにせまる後続。
ac-IMG_1438.jpg

やってきたのは日体大でした。
ac-IMG_1441.jpg

続いては群馬の上武大。だいぶ苦しそうです。
ac-IMG_1449.jpg

上位にいることが多い東海大学。見た目の順位はだいぶ後ろでしたが
トータルタイムではもっと上のほうだったようです。
ac-IMG_1457.jpg

神奈川大学も実際にはもうちょっと上の順位。
繰り上げスタートが重なると、どうも順位がわかりにくくなります。
ac-IMG_1469.jpg

最後は学連選抜。トップとの差は約20分でした。
ac-IMG_1476.jpg

というわけで箱根駅伝の写真でした。
また来年も撮りに行こうと思います。

テーマ:スポーツ - ジャンル:写真

Caretta illumination2011 「Blue Forest」 2012年01月07日 Night View:夜景 トラックバック:0コメント:10

正月休みも終わり、今度の連休までまた撮るものがないなあと思っていたのですが
毎年取りに行っているカレッタ汐留のイルミネーションをまだ撮っていないのを思い出しました。
イルミと言えばクリスマスまでが定番ですが、汐留の場合は年明けまでやっているので会社帰りに行ってきました。
例年ならば海の波をイメージしたイルミネーションなのですが、さすがに震災のあとではまずいんでしょうね。
今年は森をイメージしたものになっていました。全体的にも少し控えめです。

クリスマスシーズンも過ぎ平日ということで人はあまりいませんでした。
いつもなら人がいっぱいになっている「亀の甲羅」も今年は電飾がはられていています。
ac-IMG_1483.jpg

メインとなる円錐のツリーは例年と一緒。その周りに大きな木のイルミがいくつか立っています。
ac-IMG_1486.jpg

メインのツリーの前では記念撮影も行っていました。
周りはブルー一色の電飾で覆われていて、これがなかなか幻想的。
ac-IMG_1490.jpg

例年の「波」に比べれば確かに地味なんですが、逆に落ち着いている印象があります。
構図もとりやすくて、写真にするにはいい被写体かも。
ac-IMG_1496.jpg

今までイルミもいくつか撮ってきましたが、意外とレタッチの重要性が高い被写体ですね。
少し明るめに撮って、あとで背景のトーンを落としていく。そうすることでメインのイルミが浮かび上がってメリハリのある絵になります。
ac-IMG_1498.jpg

30分に一回、音楽に合わせたショーが行われます。
去年まではスモークとかレーザー光線を使った派手な演出でしたが、今年はかなり大人しめ。
ac-IMG_1513.jpg

周りが黒くなるくらい露出を落として、イルミの光だけを浮かび上がらせてみました。
青と赤の対比がなかなかきれいです。
ac-IMG_1518.jpg

途中、少しだけシャボン玉がでてきました。
風向きの関係で自分のほうに飛んできたので、フラッシュを使ってシャボン玉を光らせてみました。
ac-IMG_1523.jpg

ここまでは広角で撮ってきましたが、途中で望遠に付け替えます。
イルミの電飾をボケにして、メインのツリーにある鐘を狙ってみました。
ac-IMG_1509.jpg

イルミのほうが明るいので、ピントもそちらに引っ張られやすいのですが、
なんとか頑張って鐘にピントを合わせます。露出は鐘がシルエットになるくらいに。
ac-IMG_1527.jpg

これも毎回やっている撮影法。
デジカメとか携帯で撮影しているのを後ろから撮らせてもらって・・・
ac-IMG_1539.jpg

今のデジカメは液晶も鮮明なのできれいに写ってくれます。
今回は人が少なかったので、こういうシーンがほとんど撮れなかったのが残念です。
ac-IMG_1542.jpg

というわけでカレッタ汐留のイルミネーションでした。
来年以降はまた海のテーマに戻るのかな・・森もけっこういいのでこのままでもありかなとは思います。

テーマ:夜景 - ジャンル:写真

第一空挺団降下訓練始め① 2012年01月08日 1st Airborne Brigade:第1空挺団 トラックバック:0コメント:8

今日は正月恒例イベントの一つ、千葉県の陸上自衛隊習志野駐屯地で行われた、第一空挺団降下訓練始めに行ってきました。
空挺降下の規模としては国内最大、さらに模擬戦やヘリの機動が間近で見られます。

朝8:30の開門に合わせて入場。荷物検査待ちの時間に訓練展示に参加するヘリがやってきました。
早朝の天気は細かい雲が広がっているものの、太陽の光も見えています。最初にやってきたのはUH-1J。
ac-IMG_1571.jpg

続いて来たのは降下訓練始めは初登場。対戦車ヘリAH-64D「ロングボゥ・アパッチ」です。
ac-IMG_1581.jpg

輸送作戦のメイン、CH-47J「チヌーク」も登場。
ac-IMG_1588.jpg

対戦車ヘリのAH-1S「コブラ」。これは3機やってきました。
ac-IMG_1599.jpg

手荷物検査を受けた後、メイン会場となる演習場へ。
しばらくすると米陸軍のUH-60がやってきました。
ac-IMG_1604.jpg

去年と同じく参謀?が登場。やっぱりスキンヘッドですw
ac-IMG_1614.jpg

続いてUH-1Jも降りてきました。こちらもお偉いさんが乗っていたようです。
ac-IMG_1622.jpg

お偉いさんを降ろした後、低空を這うように離陸していきました。
ac-IMG_1625.jpg

そのあと寒空の下待つこと2時間。晴れているけど風が強く、なにより日陰だったので寒かった・・・
演習場の風向きを調査するための試験降下が行われました。パラシュートを操作せずに、どれだけ風に流されるか調べます。
ac-IMG_1632.jpg

試験降下が終わり、訓練展示開始の11:00が近づいたところでチヌークが離陸していきます。
ac-IMG_1641.jpg

しばらくしてチヌークが戻ってきます。いよいよ降下訓練展示の開始。
空挺団の幹部と最年少隊員が降下します。
ac-IMG_1656.jpg
ac-IMG_1659.jpg

風は画面の左奥から右手前へ。だいぶ風が強く、流されています。
ac-IMG_1667.jpg

着地した後急いでパラシュートを片付け。
ac-IMG_1674.jpg

いつもならきれいに着地しますが、今日はかなり風が強くパラシュートが引っ張られるため
無理をせず5点着地でランディングします。
ac-IMG_1679.jpg

しかし中にはパラシュートが閉じられず、そのままの体勢で強風に煽られて引きずられる隊員も。
いつも簡単にこなしているのを見慣れていますが、実際は命がけの危険な任務であることを実感します。
ac-IMG_1681.jpg

一通り降下を終えると、3機のチヌークが演習場に降りてきました。
ものすごいダウンウォッシュで、枯れた芝が舞い上がります。
ac-IMG_1688.jpg

で、降りてきたのは陸自の参謀や来賓。
3機目には一川素人防衛大臣が乗っていて、アナウンスで拍手が促されていましたが観客一切拍手は起こらず。
まああと何日かで辞めてしまう人だし。来ないほうがよかったかな。
ac-IMG_1693.jpg
ac-IMG_1702.jpg
ac-IMG_1712.jpg

来賓が席に着いたところで模擬戦が始まります。
次回、状況開始!

テーマ:航空機 - ジャンル:写真

第一空挺団降下訓練始め② 2012年01月09日 1st Airborne Brigade:第1空挺団 トラックバック:0コメント:12

習志野駐屯地で行われた降下訓練始めの続きです。
幹部と年少隊員の降下が終わり、来賓が席に着くと模擬戦が始まります。

侵入してきた敵に対してまずは偵察を行います。
チヌークが2機、やってきました。左からやってきて時計回りにターン。動きもそろってます。
ac-IMG_1734.jpg

演習場の自陣側=左手側に着陸し、後部のハッチが開きます。
ac-IMG_1739.jpg

今週のビックリドッキリメカ発進~、てなわけで偵察バイクが登場。
ac-IMG_1742.jpg

使用しているのはカワサキKLX250。カワサキか・・・
ac-IMG_1743.jpg

前線となっているところ、丘の上で停車し偵察行動を開始します。
ac-IMG_1747.jpg

続いてはUH-1Jが登場。タラップにはギリースーツで偽装したスナイパーが乗っています。
ac-IMG_1756.jpg

前線の手前までやってきて、ヘリは低空ホバリング。
スナイパーチームはロープすら使わずに飛び降ります。
そのまま前線へ展開。
ac-IMG_1762.jpg

上空では偵察ヘリのOH-1とOH-6Dのコンビが飛んでいました。
ac-IMG_1764.jpg

偵察ヘリと同じくしてやってきたUH-1J。
写真には撮れませんでしたが、ドアガンで前線への制圧射撃を行いました。
そのあと離脱して、目の前をパス。射撃手は意外とくつろいだ雰囲気w
ac-IMG_1767.jpg

さらに要員がヘリで輸送されてきます。
まだ制空権を確保していないので、空挺部隊による大掛かりな増員は行えません。
先ほどのスナイパーと同様、タラップに隊員を乗せたUH-1J。
シャッタースピードが遅くてブレしまったのですが、このあとロープを使って一斉に降下していきました。
ac-IMG_1789.jpg

隊員が降下している間も、別のUH-1Jによる制圧射撃が行われます。射撃を行うのは2機。
写真だとうまく撮れないのですが、敵からの射撃を避けるため激しく機動しながら攻撃していました。
ac-IMG_1798.jpg

ヘリボーン担当のUH-1Jが離脱していきます。
ac-IMG_1801.jpg

それに続いて制圧射撃担当のヘリも離脱。
ac-IMG_1804.jpg

観客の前を航過ときに、射撃担当の隊員が敬礼してくれました。
ac-IMG_1808.jpg

もう一機の隊員はそのまま。
ac-IMG_1811.jpg

敵が戦車を繰り出してきたので、対戦車ヘリが登場します。
降下訓練始めには初登場、AH-64Dアパッチがやってきました。
ac-IMG_1818.jpg

AH-1Sコブラも2機編隊でやってきて、敵戦車を攻撃します。
ac-IMG_1835.jpg

攻撃を終えると急速でターン。こちらに向かってきます。
ac-IMG_1837.jpg

敵戦車の撃破を確認し、偵察ヘリチームもいったん撤収。
正面からの重なりがいい感じで撮れました。
ac-IMG_1848.jpg

模擬戦はまだまだ続きます。
空挺降下による部隊投入の準備ができたので、次回は本隊が登場です。

テーマ:航空機 - ジャンル:写真

第一空挺団降下訓練始め③ 2012年01月10日 1st Airborne Brigade:第1空挺団 トラックバック:0コメント:4

習志野の降下訓練始めの続き。
先遣部隊の活躍により、空挺本隊が降下できる環境が整いました。
演習場周辺で待機していた輸送機が飛来して、大規模な空挺降下を行います。

例年と同じく部隊を運んでくる輸送機は2機種×2。
まずは小牧基地からC-130輸送機が部隊を降下させます。
ac-IMG_1855.jpg

高度340m、航空機の速度は200km/h強。
高度が低い割にスピードがあるので、非常に危険な降下になります。
しかもこの日は風が強かったので、難度もさらにアップしたかと。
ac-IMG_1862.jpg

続いてはC-1輸送機。こちらも降下の条件は同じです。
ac-IMG_1879.jpg

パラシュートはすぐ開くとはいえ、重装備で飛行機から飛び出すのは尋常ではない怖さでしょうね。
ac-IMG_1889.jpg

空挺隊員は武器をはじめとした装備をつけたまま降りてきます。
その重さはおよそ70kg。
ac-IMG_1882.jpg

部隊の降下が終わると、チヌークがやってきて物資を投下しました。
隊員が持ちきれない武器・弾薬を下します。
ac-IMG_1893.jpg

その間に輸送機編隊は戻ってきて、2回目の降下を行いました。
一回の降下で5人。4機×2回で全部で40人が降下します。
ac-IMG_1903.jpg

降下していく隊員と、その奥に旋回するC-1。
ac-IMG_1907.jpg

ちなみに航空機は地上先遣隊の誘導により、適切なコースを選択・通過します。
ac-IMG_1910.jpg

輸送機の中の空挺隊員たちは外の様子が見えません。
しかし降下地点に到達し、「降下!降下!降下!」と無線アナウンスが入ると躊躇なく外へ飛び出します。
ac-IMG_1923.jpg

ただ飛び降りるだけでも怖いですが、直前まで見えない場所へ勢いよく飛び出す勇気。
空挺隊員が陸自で精強を誇る所以です。
ac-IMG_1929.jpg

さて、空挺部隊の降下が終わり敵と対峙するため展開します。
その間に敵部隊が再び戦車を繰り出してきました。我が方も対戦車ヘリのアパッチを出動させます。
ac-IMG_1932.jpg

ちょっと遠かったのですが、前線上空でアパッチが機動飛行をしてくれました。
実戦でこんなことしたら狙い撃ちされますけどねw
ac-IMG_1939.jpg

続けてチヌークが3機、迫撃砲を吊るしてやってきました。
ac-IMG_1946.jpg

強風で迫撃砲があおられますが、ものともせず運んできます。
ac-IMG_1953.jpg

観客の目の前で迫撃砲を下します。
ac-IMG_1960.jpg

ワイヤーを切り離し離陸、と同時にダウンバーストで芝が舞い散ります。
ac-IMG_1962.jpg

チヌークは撤収していきました。
ac-IMG_1965.jpg

降下訓練始め、次回でラストです。

テーマ:航空機 - ジャンル:写真

第一空挺団降下訓練始め④ 2012年01月11日 1st Airborne Brigade:第1空挺団 トラックバック:0コメント:14

今回で降下訓練始めの写真はおしまいです。
最初の降下から訓練展示が終わるまでは1時間。でもその前に3時間以上待ってます。
まあとにかく寒い。元旦の初日の出から箱根駅伝、そしてこの訓練始めと早起きして寒い中待つイベントばかりでした。

さて、模擬戦のほうは部隊の展開へと進みます。
ヘリボーンのほかにも車両に引かれて迫撃砲がやってきました。
ac-IMG_1982.jpg

芝を巻き上げながら低空をターンするチヌーク。
ac-IMG_1983.jpg

後部ハッチが開いてラぺリング降下で次々と隊員が降りてます。
ac-IMG_1985.jpg

一通り隊員を降ろし終ると、ハッチを開けたまま移動。
どうやら先遣隊の一部を撤収させるようです。
ac-IMG_1989.jpg

と、突然目の前を草の塊?が疾走。高機動車を偽装しているんですがこれはやりすぎw
モップというか毛虫というか、よくわからない物体が高速で移動していました。
ac-IMG_1995.jpg

さて、先ほどのチヌークが先遣隊を撤収させます。
空挺名物罰ゲーム!wこれの正式名称なんていうんでしょうか・・・
ac-IMG_2011.jpg

目の前を通過するので隊員をアップで捉えます。
それぞれ背中を合わせて周囲を警戒しているんですね。
ac-IMG_2015.jpg

罰ゲームに見入っている間に、地雷ポッドを装着したUH-1Jが通過。
地雷散布のシーンは見ることができませんでした。
ac-IMG_2023.jpg

アパッチもまた撤収していきます。
もっと近くで見たかったなあ。
ac-IMG_2036.jpg

アパッチと入れ替わりにコブラの編隊が登場。
上昇してから急降下。敵地上部隊に攻撃を加えます。
ac-IMG_2041.jpg

攻撃後はブレイクして反撃を回避。
もっと長いレンズで圧縮して撮りたくなるシーンです。
ac-IMG_2044.jpg

去年までは攻撃前に観客前通過→攻撃→離脱して反対側へ、というパターンでしたが
今年は逆になったため、ブレイク後のヘリを間近で捉えることができました。
ac-IMG_2048.jpg

降下した隊員が展開を終え、敵と激しい戦闘を繰り広げます。
そんな中隊員の一人が負傷しました。オーロラビジョンでしっかり中継されますw
ac-IMG_2054.jpg

すぐさま救護のUH-1Jが現場へ急行。負傷した隊員は仲間に引きずられヘリへと収容されます。
ちなみに去年までは肩に担がれていたのですが、今年は地べたを引きずられていました・・
ac-IMG_2066.jpg

負傷者を収容するとすぐに離陸します。敵の追撃を避けるため超低空で撤収していきました。
ac-IMG_2070.jpg

ドアガンで制圧射撃を行い、負傷者収容を援護したUH-1Jも戻ってきます。
ac-IMG_2079.jpg

前回敬礼してくれた隊員さん、また敬礼してくれました。
ac-IMG_2084.jpg

この間に前線に展開していたアパッチ、OH-1などがいったん撤収していきます。
ac-IMG_2102.jpg
ac-IMG_2118.jpg

激しい戦闘の末、前線の敵をついに撃破することに成功!
なんでオレンジかわかりませんが、煙があがりました。
ac-IMG_2123.jpg

そして一気に戦闘はクライマックスへ。
移動できる部隊は前線へ駆け上がり敵の追撃態勢へ。
ac-IMG_2128.jpg

戦闘に参加したヘリも編隊を組んで、空から追撃態勢へはいります。
ac-IMG_2131.jpg

こうして敵を掃討して模擬戦は終了。
ac-IMG_2137.jpg

というわけで第一空挺団の降下訓練始めでした。寒かったけど、充実した内容で大満足。
このあと一川大臣の訓示があったそうですが、どうでもいいのでさっさと撤収。
でもしっかり?失言してくれたようですw

とりあえず正月から撮った写真はこれでひと段落。
次からは、夏からずっと出しそびれていた地下鉄の写真でもアップします。

テーマ:航空機 - ジャンル:写真

東京オートサロン2012① 2012年01月15日 ■Ivents:イベント トラックバック:0コメント:8

習志野の記事のあと、地下鉄写真をアップすると書きましたがいろいろ忙しくて放置してしまいました。
というわけでまた上げ損ねました。まあそのうちね・・・
今日はまたイベントに行ってきたのでそちらの写真をアップします。
毎年恒例になっているカスタムカーのイベント、東京オートサロン2012に行ってきました。
思ったほど混雑してなくて、写真もたくさん撮れたので順にアップしていきます。

さっそく名車登場。トヨタ2000GTです。
ただカスタムカーのイベントなので、外側だけ2000GTで、中身は別ものなんてのもあるらしいですが。
ac-IMG_2245.jpg

手の込んだペイント?が施された車もたくさん見られます。
ある意味芸術ともいえるようなデザインのものもあったり。
ac-IMG_2339.jpg

あとは高級車に惜しみなく手を入れているのが特徴かなと。
この重厚感、さすがロールスロイスです。
ac-IMG_2340.jpg

ペイントだけでなく、細かな部品にもこだわりがあります。
照明関係はこうしてアンダーで撮るとかっこいいかな。
ac-IMG_2353.jpg

ラメを多用したペイント。これはオートサロンらしい車です。
ac-IMG_2354.jpg

ドレスアップもやっぱり思い切ってやるとかっこいいですよね。
ここまでくると感嘆するしかありません。
ac-IMG_2355.jpg
ac-IMG_2358.jpg

これはちょっと賛否両論ですがw
まあでもありですよね。
ac-IMG_2364.jpg

ここのブースは黒基調、というか黒づくめの車ばかりでした。
あちらの業界の方ご用達なんでしょうか。
ac-IMG_2365.jpg

全体的にメタリックできらきらしてます。
ac-IMG_2367.jpg

はたしてオートサロンで出てくるのが適当かわかりませんが。
ゲーム「グランツーリスモ5」に登場する架空のレーシングマシン「レッドブルX2010」。
レギュレーションの規制が一切なかったら、という条件で作られたF1マシンです。
ac-IMG_2372.jpg

ゴールドのカウンタック。ゴージャスさでは断トツですね。
ac-IMG_2379.jpg

でも真っ黒いのもやっぱりいいかなと。
ac-IMG_2405.jpg

スズキの軽にはムーミンのミイが描かれていました。
これくらいなら手軽にペイントできそうですね。
ac-IMG_2407.jpg

そういえば痛車はこれ1台しかありませんでした。
もう流行ってないんですかね。
ac-IMG_2409.jpg

かっこいい車は一部分だけ切り取っても絵になります。
ac-IMG_2411.jpg

内装も。TVがいっぱい。スピーカもたくさんあります。
あっという間にバッテリー消費しそうですがw
ac-IMG_2416.jpg

えーっと、この車の種類がわからない・・・
実はあまり車詳しくないので。かっこいいなと思ったのだけ撮ってます。
ac-IMG_2419.jpg

メルセデスというと、シルバーか白というイメージですが
こういう真っ黒なのもいいですね。
ac-IMG_2434.jpg

女性向けと思われる内装。
ac-IMG_2441.jpg

トヨタのブースで注目されていたのがこの2000GT。
実はソーラーEV車。ボンネットにパネルが装着されてます。
ac-IMG_2446.jpg

これまた別のブースの車の内装。
どこに座ればいいんだ・・・?w
ac-IMG_2456.jpg

同じ車の後部にはネオンで照らされた水槽があります。
もうここまでくると何が何やら・・・
ac-IMG_2458.jpg

枚数がとにかくあるので、分割してアップします。
次回は後編。

テーマ:祭り/イベント - ジャンル:写真

 » »
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。