FC2ブログ

東京オートサロン2012② 2012年01月16日 ■Ivents:イベント トラックバック:0コメント:10

カスタムカーのイベント、東京オートサロンの写真の続きです。

未来的なシートと、緑色の照明に照らされた車内。
かっこいいけど、長時間乗ってたら疲れそう。
ac-IMG_2459.jpg

ホンダのブースはなかなかいい感じの車も。
モーターショーではこういう演出しないですね。
ac-IMG_2475.jpg

こういうペイントはやっぱりオートサロンの出展社らしいですよね。
写真で撮ってじっくり見てみると、本当に炎のように見えてきます。
ac-IMG_2476.jpg

女性向け内装。ステアリングがハートなのはともかく、
他はわりと現実的なドレスアップのような気もします。
ac-IMG_2481.jpg

埼玉自動車大学が作った「てんとう虫EV」。
スバル360がベースになってます。
EVカーでなくても、この色合いなら乗りたいかも。
ac-IMG_2482.jpg

これはどこがカスタムしてあるかわかりませんでしたが。
グッドイヤーのブースにあったポルシェです。
ac-IMG_2484.jpg

ホンダのブースの端っこにあったレーシングカー。
無限のものかな?組立のデモをやってました。
ac-IMG_2489.jpg

真っ黒な中に真っ赤なシートだけが浮かび上がるバイク。
カウルが磨かれていて、きらきら輝いています。
ac-IMG_2491.jpg

これもピカピカのバイク。同じブースです。
ac-IMG_2493.jpg

これは女性向けのエアロパーツを作っているメーカーの車。
サイトを見つけたので見てみたら、ピンクばっかりでしたw
ac-IMG_2494.jpg

モニターがいっぱいの内装。
後部にはでっかいスピーカー。
ac-IMG_2495.jpg

カウンタックにはラメがデコレーションされていました。
見る人が見たら卒倒するかもw
ac-IMG_2498.jpg

真っ赤なマネキンが座っている車。
まるで実用的ではないけど、芸術的な観点で見ると面白いと思います。
ac-IMG_2530.jpg

ニッサンのGTカー。究極のカスタムカーですよね。
そのたたずまいだけで圧倒的なオーラがあります。
ac-IMG_2537.jpg

真っ黒系の車は露出をとるのが大変。
でも照明の当たり方によってはすごくかっこよくなります。
ac-IMG_2559.jpg

ヨコハマタイヤのブースにあったレーシングカー。
実際に走っているのを映したPVが流れていたので、実走するんでしょうね。
ac-IMG_2562.jpg

こういうワンポイントなドレスアップもまたいいものです。
さりげないかっこよさがあるというか。
ac-IMG_2565.jpg

順序がいろいろとごっちゃになってますが。
GT選手権に参戦するチームアドヴァンの2012年カラーだそうです。
ac-IMG_2568.jpg

アウディもこうしてカスタムされると、まったく違うイメージの車に。
メーカーの看板と絡めたらなかなかいい感じに。
ac-IMG_2572.jpg

見えないところのチューンアップも大事ですね。
エンジンルームだけ照明を当てているのがありました。
車のエンジンって、無機質だけど生き物のような佇まいがあります。
ac-IMG_2576.jpg

ルマンを制したマツダの名車、787B。
あれからもう20年か。あのころが日本のモータースポーツの全盛期でしたね。
ac-IMG_2577.jpg

車のアップも撮ってみます。
機能美というか、無機質さゆえのかっこよさというか。たまりません。
ac-IMG_2586.jpg

このメルセデスはかっこよかったなあ。
人だかりが多くてゆっくり撮れなかったのが残念。
ac-IMG_2629.jpg

というわけでオートサロンの出展車でした。
次回から「本題」ですw

テーマ:祭り/イベント - ジャンル:写真

東京オートサロン2012③ 2012年01月17日 Girls:イベントコンパニオン、モデル トラックバック:0コメント:14

さてさて、お待たせいたしました。オートサロンの写真の「本題」ですw
車もかっこいいんですけどねえ、やっぱりコンパニオンのオネエサン撮らないことには始まらない。
モーターショーに比べるとやや派手目で露出も高めなのがオートサロンの特徴。
12月にあったモーターショーよりも、ずっと人数も多かった気がします。

今回一番目立っていただろと思われるブースがグッドイヤー。
最初見たとき、あれ?なんか雰囲気が古くない?と思ったら、テーマが80年代だそうで。
ac-IMG_2171.jpg

コスチュームとかお化粧の感じが完全に80年代(というかバブル)になってます。
しかもお立ち台の上にいるから、男の子たちが群がるw
ac-IMG_2174.jpg

自分は撮りませんでしたが、ステージショーはMAHARAJAとタイアップしたダンスショー。
特別ゲストに岡本夏生さんも来たそうです。それは見たかったかもw
ac-IMG_2175.jpg

バイクと衣装の色合いがぴったりの組み合わせ。
もうちょっと引いてバイクの全体像も写せばよかったかな。
ac-IMG_2176.jpg

同じブースの、もう一つの黒いバイクにはこのオネエサン。
黒なのでよく見えなかったのですが、手が切れちゃいましたね・・・
ac-IMG_2178.jpg

フィアットのカスタムカーを作っているアバルトという会社のコンパニオンさん。
いつもサソリのマークをつけています。去年までは赤白のコスチュームでしたが、今年は白で統一していました。
ac-IMG_2184.jpg

こちらはなんのブースかわかりませんでしたが。
大人しめではあるけど、こういうのもありですね。
ac-IMG_2189.jpg

映画「ワイルド・スピード」のブース。黒のレザーを基調としたかっこいい衣装です。
ac-IMG_2190.jpg

車との組み合わせもいいのですが、「ワイルドスピード」ってカタカナで書いてある腕輪はいらないかなあと。
ac-IMG_2195.jpg

世界的なラジコンメーカー、ヨコモのブース。
毎年黄色と白をベースにした衣装ですが、微妙にデザインを変えています。
でもコンパニオンさんのタイプが一緒なのは社長の好みなんでしょうかw
ac-IMG_2199.jpg

ブリジストンも出展しています。
ステージの上ですが、かなり近くから撮ることができました。
ac-IMG_2205.jpg

背景が真っ黒で、光も横からあたっているので影をとるかどうか迷います。
補助光を当てるとちょっと平坦な印象になってしまいます。
ac-IMG_2206.jpg

でもうまく光が当たると、スタジオで撮ったようないい感じに。
ac-IMG_2207.jpg

今回かなりレベルが高かったのがヴェイルサイドというパーツメーカー。
ライティングとか衣装とか、演出とか。コンパニオンさんの人数も多くて撮りがいがありました。
ac-IMG_2215.jpg

このオネエサン、たぶん去年も撮ってます。
目線の雰囲気とか、なんとなく覚えているので。
ac-IMG_2216.jpg

10分くらいするとコンパニオンさんは入れ替え。
ブースを囲んで四方から撮れるし、障害物もないので撮りやすかったです。
でもそれだけ大人数で囲むので、目線をもらえるのは一瞬です。
ac-IMG_2226.jpg

でも目線はもらえなくてもいいポーズがあるんですよね。
ちょっとした仕草も見逃せません。
ac-IMG_2229.jpg

今回一番きれいに撮れたのはこの一枚かな。
これだけよく撮れれば大満足です。
ac-IMG_2243.jpg

また違うブースに移動。やっぱり黒基調が多いです。
でも会社によって、衣装デザインやお化粧の傾向がまるで変ってきますが。
ac-IMG_2247.jpg

これはどちらかというとコスプレぽかったですがw
不思議の国のアリス?・・・ではないですよね。
ac-IMG_2256.jpg

まだまだオネエサンの写真続きます。
とにかく枚数はたくさんあるので。

テーマ:女性ポートレート - ジャンル:写真

東京オートサロン2012④ 2012年01月18日 Girls:イベントコンパニオン、モデル トラックバック:0コメント:4

今日は会社の健康診断があったので、ちょっと早めに帰ってこれました。
しかしバリウムを始めて飲んだのですが、いろいろとダメージが・・w
さて、オートサロンの写真の続きです。だいぶ枚数撮ったと思ったのですが
あとからいろんなサイト見ると撮ってないのも多かったなあと。
会場もけっこう広いので回りきれない部分もありますが、もっとじっくり見た方がいいかな。

前回のラストに出てきた金髪のオネエサンと同じブース。
なぜか肉球と猫耳。露出高くてセクシーなんですが、あまり車と関係ないような・・・w
ac-IMG_2258.jpg

こちらのオネエサンは腹筋がお見事でした。
見られる商売だから、やっぱり鍛えているんでしょうね。
ac-IMG_2264.jpg

ちょっとムチムチ系のオネエサン。
まあでもある意味伝統的な?コンパニオンさんって感じです。
ac-IMG_2266.jpg

毎年お決まりのコスチューム、しかもここ数年はコンパニオンさんも同じ、
慶虎という軽トラ専門?のエアロパーツメーカー。
3人いると、全員一度に目線をもらうのが難しいです。
ac-IMG_2274.jpg

ホイールメーカーのTSM。こちらも毎年同じようなイメージの衣装です。
ac-IMG_2281.jpg

2人ならんでいるうちの一人をアップで。
瞳の奥までばっちりピントがあいました。
ac-IMG_2282ss.jpg

これもTSMのブースだったかな?
手にしているのはドイツのハルトゲというパーツメーカーのロゴ。
TSMが輸入代行みたいなのをしているようです。
ac-IMG_2288.jpg

サソリのマークのアバルトのブースの前を再び通ったら、さっきとは違うコンパニオンさん。
せっかくだから正面を外して、バックがちゃんと白になるようにポジショニングしました。
人があまりいなかったこともあって、目線もばっちり。
ac-IMG_2292.jpg

これは何のブースか失念。
レースクイーンのような雰囲気でした。
ac-IMG_2295.jpg

こちらもブース名失念。しかし一人のオネエサンがポーズまでとってくれました。
もしかしたら自分の近くに知り合いがいたのかもしれませんが。
ac-IMG_2302.jpg

反対側へまわって全身ポーズ。う~む、美脚。
ac-IMG_2305.jpg

またがらっとイメージが変わります。
なんだかエキゾチックな雰囲気。
ac-IMG_2310.jpg

こちらの方、手足なげ~、顔小さい~。
ac-IMG_2314.jpg

また別ブース。この辺はふらふらと放浪していたので、全然どこのブースか覚えてませんw
周りが明るかったのですが、被写体は暗め。かなり背景を飛ばしました。
ac-IMG_2324.jpg

一人より二人のほうが構図とかピントの関係で難しくなります。
ある程度絞らないと、どちらかがピンボケになったりしますので。
ac-IMG_2329.jpg

このオネエサンは去年も撮りました。
衣装が同じだったので記憶があります。
ac-IMG_2334.jpg

シボレーはDJブースの前で撮影会。
でもすごく暗くて、露出が厳しかったです。
ac-IMG_2344.jpg

スズキはやっぱりステージに力が入ってます。
でもオートサロンというよりは、モーターショーに近い雰囲気かな。
ac-IMG_2382.jpg

でもモーターショーよりは小さいステージ。
なので近くから撮ることができます。
ac-IMG_2385.jpg

ちなみにショートカットが好きなので、この女性は何枚も撮ってしまいましたw
ac-IMG_2392.jpg

最後はやっぱりオートサロンらしいゴージャスなコンパニオンさん。
広角で全身ポーズにすると、とてもいい感じになりました。
ac-IMG_2421.jpg

オートサロン、次でラストです。

テーマ:女性ポートレート - ジャンル:写真

東京オートサロン2012⑤ 2012年01月21日 Girls:イベントコンパニオン、モデル トラックバック:0コメント:8

なんだかんだでまただらだらと続けてしまいましたが。
オートサロンの写真も今回でラストです。

会場はすでに一回りしているのですが、まだ撮ってないブースもあったりするので
またぶらぶらとまわります。2人ならんでいるシーンは、目線をもらうのが難しい・・・
ac-IMG_2425.jpg

大阪のハイエース専門のカスタムメーカー「LEGANCE」のコンパニオンさん。
強そうな爪だ・・w
ac-IMG_2439.jpg

これはトヨタだったかな。人だかりがすごくてほかの人は撮れませんでしたが
外国人の金髪のオネエサンもいたようです。
ac-IMG_2443.jpg

東洋ゴム工業は名前に似合わず?先進的な感じのブース。
しかし周りはとても明るく、衣装が黒という撮影にはなかなか厳しい条件。
背景は飛ばして露出をおさえました。
ac-IMG_2448.jpg

光の角度によっては撮りやすくもなるんですけどね。
背景処理がいまいちだな・・・
ac-IMG_2454.jpg

admirationというエアロパーツメーカーのブース。
美脚のオネエサンたちが再び登場です。
ac-IMG_2464.jpg

カスタムメーカーのMSYガレージ。東村山にあるそうです。
こちらのコンパニオンさんの衣装はオーソドックスな感じ。
ac-IMG_2507.jpg

カーボン部品のドレスアップを手掛けるハセプロのコンパニオンさん。
こちらもオーソドックスな衣装です。広角で全身写真にしました。
ac-IMG_2517.jpg

最近はメガネっこのコンパニオンさんもいるんですね。
個人的にはなくてもいいような・・・
ac-IMG_2526.jpg

ブリジストンに戻ってくると、展示バイクのところでフォトセッション。
かなり暗かったのでフラッシュ使ってます。でも調整が難しいや。
ac-IMG_2536.jpg

ニッサン・ニスモのブースは明るかったのですが、光の角度が悪かったかな。
上からの光が強すぎて、変に影ができてしまいました。
ac-IMG_2539.jpg

こちらも同様。でも横から補助光当てるとのっぺりした絵になるし。
難しいところです。
ac-IMG_2545.jpg

こちらは巫女さんをイメージした衣装。もう巫女さんとはだいぶほど遠いですがw
おみくじを引くこともできて、凶をひくとお祓いプレイもしてくれるそうです。
ac-IMG_2547.jpg

ホイールメーカーのTOPY。
広角だったけど、かなり近くから撮ることができました。
大人しめの衣装だけど、こういうのもいいなあと。
ac-IMG_2551.jpg

これもかなり至近距離から。しかし手が切れてしまった・・・
ac-IMG_2558.jpg

ヨコハマタイヤのパンフ配りのオネエサン。
混んでいなければ、こういう方たちにもどんどん声掛けして撮りたいものです。
ac-IMG_2560.jpg

ヴェイルサイドのブースに戻ってきました。
どうやら先に撮ったときとは衣装がチェンジしている模様。
ac-IMG_2578.jpg

いいポジションがとれたうえに、視線がもらえました。
しかし手首切れた・・・orz
ac-IMG_2633.jpg

アップも狙ってみます。
微細なブレが出てしまいましたが。
ac-IMG_2639.jpg

ものすごい人だかりができていたのがエクセディという会社のブース。
人の隙間からなんとか撮ります。
ac-IMG_2591.jpg

距離が近いけど、とにかく周りの人がすごくてアングルの自由が利かず。
こういう時こそ今まで鍛えた?スナップショットのテクニックを発揮せねば。
ac-IMG_2604.jpg

まあとにかく群がるカメラマンがすごかったわけですよ。
有名なコンパニオン?モデルさん?なんでしょうか。
ac-IMG_2624.jpg

というわけでオートサロンの写真はおしまい。
また来月にコンパニオンさんを撮る機会があるので楽しみです。
次回は同じ日に撮った水仙の写真でも。

テーマ:女性ポートレート - ジャンル:写真

葛西臨海公園の水仙 2012年01月23日 OtherFlower:その他の花 トラックバック:0コメント:10

幕張メッセでオートサロンの写真を撮り終るとちょうどお昼ご飯の時間。
簡単に食事を済ませた後は、葛西臨海公園に移動してちょうど今季節の水仙を撮りに行きます。
うまく時期が重なるうえに、天気がいいことが多いので水仙もきれいに撮れるはずなんですが、今年はちょっと違いました。
まず天気があまり良くなかった・・・まあそれは仕方ないとして。去年までは満開だった水仙が半分弱の咲き具合。
どうやら公園でやっている「水仙祭り」の時期をずらした関係で、まだ見ごろではなかったようです。

まあでも満開ではないのはしょうがないので、ある花を撮ります。
まずは広角で。手前の一輪を強調して、広角ながらも背景はぼかします。
ac-IMG_2650.jpg

葛西臨海公園と言えば大観覧車。しかしこれと絡めるのは実は難しいのです。
水仙の背が低いのと、観覧車を背にしたときに花がこちらを向いているのが少ないので。
ac-IMG_2660.jpg

天気が良ければ真っ青な空を背景にするんですが、今回は叶わないので疑似夜景。
アンダーに露出をとって、ごく弱いフラッシュを当てます。でもいまいちだな・・・
ac-IMG_2665.jpg

広角では限界があるので、望遠で一輪を寄せて撮ることに。
なるべく背景はぼかしたいところですが、ある程度絞らないとメインの花もピントから外れてしまうので要注意。
ac-IMG_2669.jpg

なんとか群生しているところを見つけて、望遠で圧縮します。
一番手前の花にピントがいくように気を付けます。
ac-IMG_2672.jpg

レタッチで暗部を落として、花を浮かび上がらせてみました。
花の中央の黄色がもうちょっと目立てばよかったかな。
ac-IMG_2675.jpg

一輪にたくさんの花が咲いているのもあまりなくて、
見栄えがいいものを探すのにも苦労しました。
ac-IMG_2682.jpg

それでも一輪で撮るのはまだ簡単な方で、背景にも花を取り入れて撮るとなると
構図のバランスやらを考えるのが難しいです。年一回しか撮らないから、もっと勉強が必要ですね。
ac-IMG_2685.jpg

花畑はいくつか別れていましたが、場所によってはほとんど咲いていないところも。
こういう場合はさみしそうに咲いている雰囲気を出してみます。
ac-IMG_2692.jpg

ぽつんと咲く花を、と思ったけど日の丸だなあ。
もっと引いて撮ればよかったです。
ac-IMG_2697.jpg

一瞬だけ日が差して、花だけ輝いて見えました。
これが満開の花畑だとものすごくきれいなんですが。
ac-IMG_2703.jpg

ちょっと消化不良な感がありましたが、水仙の写真は以上です。
水仙祭りは2/19までやっているので、機会があれば行ってみてください。
たぶん2月に入れば、見事な満開の水仙畑が見られると思います。

テーマ:花・植物 - ジャンル:写真

黄昏大観覧車 2012年01月25日 ■Landscape:風景 トラックバック:0コメント:10

15日の日曜日に撮った写真はまだまだ続きます。
せっかく寒い中出てきたから撮れるうちに撮っておかないとね。
今回は葛西臨海公園名物の大観覧車。本当は青空、水仙とからめたかったのですが天気がいまいちだったので、
アンダーにして空の模様をメインに、観覧車はシルエットで撮ります。

水仙を撮りながら、太陽との角度がいいかなと思ったら見上げて撮ります。
かなり大きいので、近くからだと広角でも入りきりません。
ac-IMG_2643.jpg

たまに望遠に付け替えたり。中の人の様子も見えたらよかったかな。
ac-IMG_2646.jpg

思いっきりアンダーで露出を合わせて、ゴンドラの窓にわずかに差した日の光が当たる瞬間を狙って。
しかしちょっと光が弱かったか。
ac-IMG_2654.jpg

順光になる角度を選んで、色を出してみます。
もちろんそのままだとくすんだ感じなので、レタッチで色を濃くしてはいますが。
ac-IMG_2700.jpg

ゴンドラだけじゃなくて、複雑に入り組んだ鉄柱だけで。
これも一部分に光が当たったところを狙ってみました。
ac-IMG_2709.jpg

近くから観覧車撮るときは望遠のほうが撮りやすいですね。
しかしアンダーで撮ったのばっかりだな・・最近自分の中で流行っている撮り方ではあります。
ac-IMG_2712.jpg

水仙も撮り終えたので撤収。距離が離れてから空の模様を取り込んで。
実際はこんなに赤は濃くないですが。それでも夕暮れが近づいてきたのがわかります。
ac-IMG_2724.jpg

最後は電車の中から。
うまい具合に太陽が重なったので。
ac-IMG_2726.jpg

次回で15日に撮った写真はおしまい。
昨夏に撮ったのを差し置いて、地下鉄の写真です。

テーマ:風景写真 - ジャンル:写真

地下鉄撮影シリーズ・有楽町線月島駅 2012年01月28日 Subway:地下鉄 トラックバック:0コメント:4

さて、ようやく15日に撮った写真もこれでおしまい。帰る途中で撮った地下鉄の写真です。
葛西臨海公園で水仙も観覧車も撮ったので満足だったのですが、乗換で降りた東京メトロ有楽町線の
月島駅がなかなかいいなあと思ったので、ちょこっとだけ撮りました。
そうえいば地下鉄撮影も久しぶり。一日中カメラを構えていたのでだいぶ疲れてはいましたが。

まずは新木場方面のホーム端から。出発していく電車と、トンネルの壁のくねくね感がいいなあと。
ただ暗くてなかなかピントが合わず、抑えたのはかろうじて一枚。
ac-IMG_2748.jpg

新木場方面からやってくる電車はこんな感じ。
隣の豊洲駅との間には運河があるので、そこの部分だけトンネルが深くなっており、
望遠で圧縮すると高低差がよくわかる写真になります。
ac-IMG_2749.jpg

久しぶりに撮ったので露出のとり方を忘れてました。
ヘッドライトの明るさに負けて全体的に露出が暗め。
シャッターも速すぎて、LEDの表示板がちゃんと写ってません。
ac-IMG_2751.jpg

最近アンダーな写真が好みとはいえ、これはちょっと暗かったかな。
ac-IMG_2752.jpg

何本か撮って露出を詰めればよかったんですが、今回はそれほど時間も余裕もなく。
いつも撮っている半蔵門線よりはトンネルが暗めの様子。この辺は次回リベンジします。
ac-IMG_2766.jpg

これも半蔵門線と違う点なのですが、ホームの端に柵がなので安全のため少し離れて撮影します。
支えるものがないのでちょっと手ブレも出やすくなってます。
ac-IMG_2768.jpg

続いて反対側のホーム端へ移動。こちらは駅の先がカーブになっていて、構図的には面白いものが撮れそう。
ただ障害物があってアングルが限られてしまいます。
ac-IMG_2775.jpg

面白いのは、少しサイドからの撮影になるのでうまくやれば流し撮り風味で撮れそうな点。
だいぶ暗いのと、真横ではないのできっちり抑えるのは大変ですが。
ac-IMG_2795.jpg

ホームの端が少しカーブしているので、進入してくる電車が正面で撮影できます。
これもちょっと珍しいかな。
ac-IMG_2783.jpg

というわけで久しぶりの地下鉄写真でした。
そういえばまだアップしてない地下鉄もありましたね。それも近々。
明日は冬牡丹を撮ってきます。

テーマ:鉄道写真 - ジャンル:写真

上野東照宮の冬牡丹① 2012年01月29日 Peony:牡丹 トラックバック:0コメント:8

昨日の予告通り、上野東照宮の冬牡丹展へ行ってきました。
天気はよかったけど、風が強くて寒かった・・・しっかりした花なので風の影響は少なかったですが。
あまり広くない場所なので混む前に行こうということで10時過ぎに到着。まだ来園客も少なくて楽でした。

冬牡丹といえばこの雪囲い。まあ東京ではめったに雪は降りませんが。
それでも火曜には降ったので必要なんでしょうね。霜よけという意味合いもあるようです。
ac-IMG_2805.jpg

この雪囲いが実はやっかいなんですよね。広角でないと入りきらないし
日の差し方によっては影になってしまうし。まあでもそれをどうするか、撮影の楽しさも増しますが。
ac-IMG_2811.jpg

一輪の存在感が非常に大きい花なので、寄って撮っても十分絵になります。
それだけにきっちり撮ってやらないといけませんが。
ac-IMG_2812.jpg

今回は日がうまく差してくれたので、光の加減を調節しながら撮りました。
ac-IMG_2813.jpg

真冬の厳寒期に、健気に咲いている様子をうまく表現できればなあと。
寒い中にもほんのり暖かい日光を浴びているのを狙います。
ac-IMG_2815.jpg

雪囲いとのバランスを考えて構図取り。
縦になりがちですが、なるべく広がりのある構図を心がけます。
ac-IMG_2820.jpg

せっかくの青空なので、下から広角で見上げて。
赤と青のコントラストがうまくでました。
ac-IMG_2822.jpg

理想的なのは雪囲いの中の花だけに光が当たって、周りは影になっていること。
こういう白っぽいのは花びらの光の反射率が高いので、だいぶアンダーで撮っても花がしっかり写ります。
ac-IMG_2823.jpg

しかしまあ、本当に存在感というか主張の強い花です。
薔薇と牡丹はそういう意味では似てますね。そういえばそんなタイトルの昼ドラありましたね・・・
ac-IMG_2828.jpg

雪囲いの横には俳句の書いた立札も立てられていることがあります。
まさに和の風景ですね。牡丹の原産は中国ではありますがw
ac-IMG_2831.jpg

雪囲いも隙間があって、うまく日の光が差していることもあります。
こういうのがまた温かみがあっていいなあと。
ac-IMG_2834.jpg

北国の雪ん子のような佇まい。
育てた人の愛情を感じます。
ac-IMG_2836.jpg

冬牡丹は直前まで温室で育てて、タイミングを合わせて外に植え替えるそうです。
その調整が大変難しいそうで、この寒さの中咲かせるのは至難の業だとか。
ac-IMG_2838.jpg

そういう苦労を知るとやはり撮る側もきっちり撮ってやらないと、という気分になります。
野生の花とは違った、美術品のような美しさはそれはそれでいいものです。
ac-IMG_2846.jpg

この冬牡丹展に通って5年以上ですが、初めて雪と絡めて撮ることができました。
雪が降った翌朝の火曜はもっと素晴らしい光景だっただろうなあ。
ac-IMG_2849.jpg

ちなみに牡丹展のポスターは大雪の写真になってます。
でもここ10年くらいは降ってないような大雪なので、だいぶ昔に撮ったんでしょうね。
ac-IMG_2852.jpg

光が当たった真紅がきれいだったので、それを強調して。
ac-IMG_2854.jpg

何輪か寄り添って咲いているのもまたかわいらしいです。
牡丹を撮るときは、単体でも複数でもなるべく絞って撮るようにしてます。
花が大きいので、被写界深度はじゅうぶん確保しないといけないので。
ac-IMG_2856.jpg

というわけで牡丹の写真、続きます。

テーマ:花・植物 - ジャンル:写真

上野東照宮の冬牡丹② 2012年01月31日 Peony:牡丹 トラックバック:0コメント:4

上野東照宮でやっている冬牡丹展の写真の続きです。
例年なら1/31、つまり今日で終わりなんですが今年は延長しているようで。
2/19までやっています。次に雪が降ったら行きたいなあと。

最初はオーソドックスに撮っていましたが、だんだん感触がつかめてきたので
露出を上げ下げしてちょっとした演出効果を狙います。
雪囲いの中でちょうどよく影になっていた花。
ac-IMG_2858.jpg

これも実は同じ花なのですが、光の角度によっては見え方が全然違います。
ac-IMG_2860.jpg

冬牡丹は雪囲いとセットで撮るのがやはりいいですね。
とても大きな花を撮るイメージで。
ac-IMG_2865.jpg

囲いとのバランスがもちろん大事です。
「護られている」というイメージを表現したいなと。
ac-IMG_2868.jpg

雪囲いの藁の隙間から漏れた日差しだけを強調して。
これはマクロでもっと寄れればよかったかな。
ac-IMG_2871.jpg

同じく隙間からの光。微妙な露出加減が難しい・・・
ac-IMG_2872.jpg

もうちょっと寄ってみます。
薄めのピンクがこういうシーンには似合うかな。
ac-IMG_2873.jpg

もっと明暗差を強くして、光の当たっているところだけを目立たせます。
牡丹独特の花びらの造形の美しさが現れているかなと。
ac-IMG_2876.jpg

牡丹だけでなく、蝋梅も咲いていました。
うまく絡めるのはこれまた難しいですが。
ac-IMG_2879.jpg

上野東照宮の五重塔とも絡めて。
でも木が多かったり、アングルの関係でうまく撮れる花は少ないです。
ac-IMG_2884.jpg

数は少ないですが、薄い黄色の花もあります。
ac-IMG_2886.jpg

順光できれいに撮れたけど、右下の花が葉っぱに隠れているのがちょっと残念。
真冬の花なのに葉っぱもしっかりしています。
ac-IMG_2892.jpg

背景処理に困るかと思ったけど、雪囲いの影でうまく主役が引き立ってます。
ちゃんと晴れているとけっこう撮りやすい花かも。
ac-IMG_2902.jpg

また背景の色を落として花だけ強調。といっても調整程度ですが。
露出の加減だけでけっこうメリハリがつきます。
ac-IMG_2906.jpg

これも同じ花。寄り添って咲く、という雰囲気がよく出せました。
ac-IMG_2907.jpg

次で冬牡丹の写真はおしまいです。

テーマ:花・植物 - ジャンル:写真

« «