スポンサーサイト --年--月--日 スポンサー広告

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

木更津駐屯地航空祭・地上展示機 2011年10月02日 CampKisarazu:木更津駐屯地 トラックバック:0コメント:14

昨日の予告どおり、陸上自衛隊木更津駐屯地の航空祭に行ってきました。
木更津駐屯地は、陸上自衛隊の第1ヘリコプター団を中心とする部隊が駐留する航空基地です。
所属ヘリコプターによる迫力ある編隊飛行、訓練展示が見られます。
例によってまたたくさん撮ってきたので、時系列で順番にアップしていきます。
まずは地上展示機から。

天気はドン曇でしたが、雨は降らずに済みました。
ヘリ部隊の中核となる輸送ヘリ・CH-47J「チヌーク」です。
ab-IMG_6880.jpg

こちらは注目を集めていた対戦車ヘリ・AH-1S「コブラ」。
航空祭にあわせて記念ペイントが施されていました。
ab-IMG_6882.jpg

ロケット砲にはチビロケット弾。細かいところまで手が込んでます。
ab-IMG_6883.jpg

そしてこの萌え系キャラ。自衛隊にもこういうのが好きな人がいるんですねえ。
ab-IMG_6884.jpg

アメリカ軍のヘリも。海軍のSH-60には歌舞伎の絵が。
ab-IMG_6887.jpg

米軍のペイントってセンスがありますよね。
ab-IMG_6889.jpg

コブラの後継機として導入されたAH-64D「ロングボウ・アパッチ」。
しかし機体価格の高騰により、13機しか調達できませんでした。
ab-IMG_6911.jpg

海上保安庁のボンバルディア。YS-11の後継機です。
ab-IMG_6914.jpg

正面から見るとまん丸のお顔。
ab-IMG_6915.jpg

空自のC-1輸送機も来ていました。
この曲線美がたまらん・・w
ab-IMG_6919.jpg

海自で輸送任務に使っているYS-11。
老朽化により、C-130に置き換える話が出ています。
ab-IMG_6921.jpg

空自のVIP輸送機U-4。望遠で撮ったらミッキーマウスみたいにw
ab-IMG_6922.jpg

海自の連絡機LC-90。精悍な顔つき。
ab-IMG_6923.jpg

空自の輸送練習機T-400。なんというか、楽しそうですw
ab-IMG_6924.jpg

空自の初等練習機T-7。プロペラの単発機ってやっぱりいいなあ。
ab-IMG_6925.jpg

入間基地の飛行点検隊U-125。シンプルでかっこいいです。
ab-IMG_6940.jpg

最後の「顔」はこれ。
福島第1原発3号機に、ヘリコプターから放水を行ったときの隊員の装備です。
ab-IMG_6927.jpg

次回は陸自駐屯地祭で恒例の式典の様子です。
スポンサーサイト

テーマ:航空機 - ジャンル:写真

木更津駐屯地航空祭・記念行事 2011年10月03日 CampKisarazu:木更津駐屯地 トラックバック:0コメント:8

木更津航空祭の続きです。
地上展示機を一通り撮りおわると、記念行事が始まりました。
陸自の駐屯地祭では、隊員が整列して偉い人の話を聞くというイベントがあります。
その間一般のお客さんは待つだけwその辺が空自の航空祭と違うところです。

迷彩服を着た隊員たちが整列したまま行進してきました。
ab-IMG_6891.jpg

凛とした表情がまたかっこいい!航空祭・駐屯地祭は年に一回の
隊員たちにとっての晴れ舞台でもあるわけです。
ab-IMG_6895.jpg

音楽隊もやってきます。
東部方面隊音楽隊は様々なイベントで演奏を行い、その数は年100回を超えるとか。
ab-IMG_6909.jpg

式典会場となっているエプロンの一角に隊員たちは整列。
今年は涼しかったからいいけど、これが暑い夏場だったら大変だろうなあ。
ab-IMG_6937.jpg

敬礼では隊旗を掲げます。
ちょっと距離が遠いけど、びしっとそろった様子がかっこいいです。
ab-IMG_6943.jpg

国旗入場・退場では最敬礼。
一般客も起立して迎えます。
ab-IMG_6945.jpg

1時間くらいお偉いさんの話が続き、ようやく式典は終了。
ab-IMG_6947.jpg

音楽隊は2曲ほど演奏していきました。
ちょっと遠かったのと、風きり音がはいちゃって動画はうまく撮れませんでした。
ab-IMG_6952.jpg

最後は少年工科学校の生徒によるドリル演奏。
こちらはうまく撮れたので動画で。周りの話し声はあまり気にしないでくださいw



このドリル隊はクラブ活動の一環として行われているそうです。
今回がデビューの一年生もいるそうで。顔を見るとやっぱり初々しいです。
ab-IMG_6956.jpg

次回はいよいよヘリコプターの編隊飛行です。

テーマ:航空機 - ジャンル:写真

木更津駐屯地航空祭・編隊飛行 2011年10月04日 CampKisarazu:木更津駐屯地 トラックバック:0コメント:8

お偉いさんの長いお話も終わり、いよいよ今回の航空祭のメインイベントです。
木更津駐屯地所属のヘリコプターによる大編隊の飛行、それに続く訓練展示がはじまります。

工科学校のドリル演奏が終わると、待機していたヘリコプターのエンジンが回りだします。
全部で20機ほどのヘリコプターが、いっせいにエンジンスタートする瞬間はマニアにはたまりません。
ab-IMG_6959.jpg

陸自では主に連絡機として使われるLR-2が先に離陸していきます。
ab-IMG_6965.jpg

コブラも列を成して離陸準備。来年はこれを正面から撮りたいなあ。
ab-IMG_6974.jpg

そのうち編隊長機のチヌークが離陸し、後続機も続々飛び立ちます。
ab-IMG_6981.jpg

VIP輸送に使われるEC225が飛び立つとそれにつられてコブラの編隊も離陸。
ab-IMG_6985.jpg

6機のコブラが一斉に浮かびます。このシーンはやっぱり迫力あるなあ。
ab-IMG_6989.jpg

観測ヘリのOH-6Dと多用途ヘリのUH-60Jも離陸。
ab-IMG_6992.jpg

編隊の後ろには9機のチヌークがついていきました。
ab-IMG_6997.jpg

しばらくすると編隊が上空に戻ってきます。
去年はもっと低い高度で、会場上空でターンしていったので大迫力でしたが。
今年はちょっと控えめな飛行展示になりました。
ab-IMG_7008.jpg

コブラの編隊が一番収まりがよかったので。
ab-IMG_7010.jpg

ヘリ編隊の後ろから、LR-2の編隊が追い越していきます。
ab-IMG_7014.jpg

ヘリの編隊はそのまま着陸態勢へ。
ab-IMG_7023.jpg

会場からは陰になるところに降りて、次の訓練展示に備えます。
ab-IMG_7030.jpg

次回は第1空挺団との連携による訓練展示です。

テーマ:航空機 - ジャンル:写真

木更津駐屯地航空祭・訓練展示① 2011年10月05日 CampKisarazu:木更津駐屯地 トラックバック:0コメント:12

木更津航空祭もいよいよ佳境に入ってきました。
編隊飛行に続いては、第1空挺団との連携による訓練展示です。

まずは観測ヘリのOH-6Dが登場。
ab-IMG_7040.jpg

偵察員を前線手前で降ろします。
ab-IMG_7049.jpg

偵察員から敵情を知らされて、ヘリから空挺団が降下し前線を制圧する作戦が始まります。
ab-IMG_7059.jpg

最初に降下した隊員が、風向きを観測し後続部隊に知らせます。
ab-IMG_7061.jpg

2機のチヌークから6名の空挺隊員が降りてきました。
ab-IMG_7064.jpg

続いて戦闘用の物資も投下されます。
ab-IMG_7068.jpg

ヘリボーン作戦はまだ続きます。
UH-60Jにがドアを開けたまま登場。前線に降下します。
ab-IMG_7072.jpg

チヌークは後部ハッチを開けています。
ab-IMG_7074.jpg

ある程度の高さでホバリングして、ラペリングで隊員が降りてきました。
これがあっという間に降りてくるので、シャッターチャンスは一瞬です。
ab-IMG_7079.jpg

気がついたらUH-60Jからもすでに隊員が降下していました。
ab-IMG_7080.jpg

降下した隊員は前線に向かい、陣形を組みます。
ab-IMG_7081.jpg

隊員をおろしたチヌークは前線を離脱。
すぐ真上を飛んでいきました。
ab-IMG_7082.jpg

前線の敵に対し、ヘリから援護射撃で制圧を試みます。
UH-60Jはドアガンを装着して、上空から発砲。
ab-IMG_7088.jpg

ドアガンは2丁装備しているようです。
ab-IMG_7095.jpg

チヌークもやってきました。これもどうやらガンを装備している模様。
ab-IMG_7097.jpg

手前のUH-60Jはかなり近いところまで来てくれました。
芝生が風で舞い上がっているのがわかるでしょうか。
ab-IMG_7100.jpg

一通り打ち終わると、ものすごい勢いで捻っていって離脱していきました。
ab-IMG_7101.jpg

チヌークは後部ハッチから発砲します。
もちろん空砲なんですが、すごい音がしました。
ab-IMG_7102.jpg

訓練展示、あと一回続きます。

テーマ:航空機 - ジャンル:写真

木更津駐屯地航空祭・訓練展示② 2011年10月06日 CampKisarazu:木更津駐屯地 トラックバック:0コメント:10

木更津航空祭の写真は今回でラストです。

チヌークが低空で進入してきました。
そのまま芝生へ着地します。
ab-IMG_7109.jpg

後部ハッチが開いて、中からバイクが出てきました。
ab-IMG_7113.jpg

続いてジープが登場。こんなものを積んでも飛べるところがすごいです。
ab-IMG_7119.jpg

ジープはそのまま走って前線へ。
ab-IMG_7120.jpg

入れ替わりに人が乗っていないジープを撤収させます。
車の上でぎりぎりの高度を保ちながらホバリング。
その間に車とチヌークを連結させます。
ab-IMG_7129.jpg

そのまま吊って後方へ飛んでいきました。
ab-IMG_7132.jpg

違うチヌークがまた飛んできて、後部ハッチからロープを下ろします。
ab-IMG_7136.jpg

下では隊員がロープを持って待機。
その横でなにやら作業しています。
ab-IMG_7138.jpg

ロープを何かにつないで、そのまま上昇していくと・・・
ab-IMG_7139.jpg

隊員たちは塊になって吊るされていきました。
ab-IMG_7140.jpg

空挺の訓練展示でいつも見られる罰ゲーム(嘘)ですw
何回見てもこれは怖いなあ・・・
ab-IMG_7144.jpg

続いては救難訓練展示を見せてくれました。
UH-60Jから隊員がぶら下がったまま降りてきます。
ab-IMG_7155.jpg

要救助者と一緒に吊り上げられていきました。
ab-IMG_7160.jpg

チヌークのほうはメディックはなしで、要救助者だけで吊り上げられます。
強風にあおられてくるくると回りながら上昇していました。
ab-IMG_7165.jpg

最後は消火訓練展示。消火地点で発炎筒がたかれます。
ab-IMG_7171.jpg

先の原発事故で実際に放水した機体での展示でした。
ab-IMG_7173.jpg

5tの水をバケットから放水して、しっかり火を消していきました。
ab-IMG_7174.jpg

木更津航空祭はこれでおしまいです。
次の航空祭は月末の浜松基地。今から楽しみです。
次回から季節の花、彼岸花の写真をアップします。

テーマ:航空機 - ジャンル:写真

曼珠沙華・巾着田① 2011年10月07日 OtherFlower:その他の花 トラックバック:0コメント:24

今週の火曜は休みが取れたので、せっかくだから今まで撮りに行ったことがないところへ行ってみました。
何年か前からずっと気になっていた、埼玉県日高市の巾着田。関東でも有数の彼岸花の名所です。
彼岸花はいろいろ呼び名があって、日高市のホームページでは曼珠沙華という名前ででているのでそれを使うことにします。

都心から1時間ちょっと。秩父の山が近くに見えるところ、日高川の川べりに巾着田はあります。
この流れが日高川。左の奥に赤いのがちらっと見えるでしょうか。
ab-IMG_7182.jpg

曼珠沙華の群生地に行くまでに、小さい群れになって咲いているのが見えました。
よく晴れた空をバックに一輪を強調して。
ab-IMG_7183.jpg

この花はアンダーで撮るのがいいですね。
赤が落ち着いた色合いになってくれて、曼珠沙華に似合った雰囲気になります。
ab-IMG_7185.jpg

情熱的な赤をバックに。
背景とメインの花の露出が近いと埋もれてしまうのですが
ちょっとアングルを変えることで、メインの花が浮かび上がります。
ab-IMG_7189.jpg

まだメインの群生地についていないのですが、これだけの花が咲いています。
これでもまだ序の口だというのだから、期待が高まります。
ab-IMG_7190.jpg

で、入場料を払って群生地へ・・・目の前に広がる景色を見て圧倒されました。
奥のほうまで絶え間ない赤。これはすごい。
ab-IMG_7196.jpg

これだけ咲いていると、どう切り取っていいか悩みますね。
とりあえず手前に白があったので、ワンポイントで強調してみて。
ab-IMG_7201.jpg

緑との対比もまたきれいです。
この一帯だけ、浮世のものとは思えない美しさがありました。
ab-IMG_7203.jpg

しかしもっと素晴らしかったのは、日が差してきてから。
木漏れ日が反射して、赤が浮かび上がってきました。
ab-IMG_7209.jpg

先日の台風の影響か、倒れた木もありました。
しかしそれもまた景色に情緒を与えています。
ab-IMG_7217.jpg

曼珠沙華の圧倒的な景色、まだまだ続きます。

テーマ:花・植物 - ジャンル:写真

曼珠沙華・巾着田② 2011年10月10日 OtherFlower:その他の花 トラックバック:0コメント:12

一日あいちゃいましたが。巾着田の曼珠沙華の続きです。
本来、彼岸花という名前のとおりお彼岸の日の前後に咲く花なのですが
今年はちょっと天候不順があったりして、開花が例年よりも1週間ほど遅かったようです。
おかげでちょうど見ごろの時に撮ることができました。

さて、写真のほうはどう撮ろうか悩みつつ、赤い絨毯などいろんな景色を背景に
一輪を強調するような撮り方をしてみることに。
うまい具合に一輪だけ日が当たったところを望遠で狙ってみます。
ab-IMG_7221.jpg

ちょっとピントが甘いですが・・背景を暗めにして。
うまい具合に背景の模様と重なるように、微妙にアングルを変えて撮っていきます。
ab-IMG_7224.jpg

メインの花がシルエットというのもありかなあと。
こういうぜいたくな撮り方ができるのも、巾着田ならではだと思います。
ab-IMG_7231.jpg

川べりの花は、光を反射した川面をバックに。
花が斜面に咲いているからこそ、この構図で撮ることができています。
ab-IMG_7243.jpg

木漏れ日が一輪だけにあたって、まるでスポットライトのように。
曼珠沙華は光の反射率が高いから、こういう光の当たり方をするととても劇的な絵が撮れます。
ab-IMG_7253.jpg

一面赤い絨毯なのですが、光の当たり方によって赤い帯のような描写にも。
ab-IMG_7255.jpg

ほとんどが赤い花なのですが、まれに白いのが混ざっています。
咲いている場所にもよりますが、こういうのはいいアクセントになります。
ab-IMG_7257.jpg

手前が太陽の光を浴びて明るく、奥が林の影で暗く。
同じ花でもこうも表情が変わるとは。なかなか奥の深い被写体です。
ab-IMG_7259.jpg

これも一輪だけ光が当たって。
こういうシーンが見られるのは、一瞬だけだったりもするので
なるべく注意深く花畑を観察しています。
ab-IMG_7261.jpg

まだまだ曼珠沙華の写真、続きます。

テーマ:花・植物 - ジャンル:写真

曼珠沙華・巾着田③ 2011年10月11日 OtherFlower:その他の花 トラックバック:0コメント:8

なんだかFC2のサーバーが不安定なようですね・・・
またいつ落ちるかわからないので、今のうちにあげておかないと。
巾着田の曼珠沙華の続きです。今回も含めてあと2回あるのでお付き合いを。

この赤い花は、バックを黒くすると色が映えます。
巾着田の場合背景が赤くなりがちなので、いいロケーションを探すのは案外苦労しました。
ab-IMG_7271.jpg

一株の花にスポットライトのように光が差します。
この絵は暗部をちょっと引き締めているくらいで、ほとんど加工はしていません。
ab-IMG_7274.jpg

日が当たっているところと、影になっているところが斑模様に。
明暗の差を出すことで、たくさん群生している雰囲気がでるかなあと。
ab-IMG_7281.jpg

枯れてしまっている花もまた味わいがあります。
同じように咲いているように見えて、日光の当たり方の微妙な差で枯れはじめが変わるようです。
ab-IMG_7288.jpg

切り株の周りに咲いているのもまたいい景色だなあと。
種の植え方にもよるんでしょうけど、ちょっと距離を置いてあるのが印象的。
ab-IMG_7308.jpg

一方では大樹に寄り添うように咲いている花もあります。
ab-IMG_7310.jpg

赤い曼珠沙華に埋もれるように、一輪だけ白い花が。
ab-IMG_7325.jpg

最後はスポットライトを浴びているような花を強調して。
こういう描写ができるっていうのが、この花の不思議なところです。
ab-IMG_7326.jpg

次回で曼珠沙華の写真ラストです。
最後はマクロで撮ったものを。

テーマ:花・植物 - ジャンル:写真

曼珠沙華・巾着田④ 2011年10月12日 OtherFlower:その他の花 トラックバック:0コメント:6

曼珠沙華の写真も今回でラストです。最後はマクロで撮ったものを。
なにしろあまりに多くの花が咲いているので、マクロで切り取るのは大変でした。

曼珠沙華をマクロで、となるとやっぱりこの部分ですね。
普通の花でいえば蕊の部分にあたるんでしょうか。
abm-IMG_7292.jpg

たまに蜘蛛の糸が張っているのがあって、それをうまく捉えたいんだけど・・
もうちょっと寄って、糸に光が反射するのを狙うのがいいのかな。
abm-IMG_7294.jpg

絞り開放で全体的に柔らかく・・と思ったけどピントが甘いだけですかね。
ソフトフォーカスを使ってみたいものです。
abm-IMG_7296.jpg

蕊が交錯しているところもまたねらい目。
もっと背景が暗くてもよかったかな。
abm-IMG_7298.jpg

花の本体を赤くぼかしてみました。
これはまあまあいい感じ。
abm-IMG_7302.jpg

ちょっと絞って、複雑に絡んだ部分を。
もうちょっと構図を整理してもよかったかも。
abm-IMG_7307.jpg

曼珠沙華では難しいのですが、前ボケを使ってみました。
abm-IMG_7313.jpg

こちらも前ボケで。奥の白い花をターゲットにしてます。
やっぱり難しいですね。
abm-IMG_7315.jpg

曼珠沙華はこれでおしまい。
最後にコスモスの写真をアップして、巾着田は終わりです。

テーマ:花・植物 - ジャンル:写真

秋空コスモス・巾着田 2011年10月13日 Cosmos:コスモス トラックバック:0コメント:10

巾着田の写真の最後はコスモスで。
巾着田は曼珠沙華以外にもいろいろな花が咲いていて、特に同時期にみられるコスモスはなかなか見事でした。
前回、浜離宮で撮ったときはまだ夏の日差しが残っていたので色を濃い目にしましたが、
今回はだいぶ秋めいていたので、空の色を薄めにして現像し雰囲気を出してみました。

郊外の里山が近い場所にあるから、空がとても広いです。
淡い空に、これまた淡い色のコスモスが似合います。
abc-IMG_7331.jpg

ちょっとうす雲があるくらいがちょうどいいですかね。
なるべく自然光だけで撮ろうと思い、今回はフラッシュはつけてません。
abc-IMG_7336.jpg

風がちょっとあったのですが、靡いているコスモスもまたいいかなと。
逆光でも色が映えるので、撮りやすい花ではあります。
abc-IMG_7337.jpg

広角で一輪を強調するのがコスモスに似合う撮り方です。
自然がたくさんある景色のほうがやっぱりいいなあ。
abc-IMG_7341.jpg

広角であおって、空を多めに構図をとります。
なんというか、うまくさわやかな雰囲気になりました。
abc-IMG_7343.jpg


望遠に付け替えて、遠くの花を寄せます。
広い空に向かって一生懸命背を伸ばす様子がまた健気です。
abc-IMG_7344.jpg

白いコスモスは逆光にすかされて輝いていました。
濃い色の林をバックにすることで、さらに白が引き立ちます。
abc-IMG_7348.jpg

一輪だけを切り取って。空は極力淡い色付けにしました。
abc-IMG_7352.jpg

シンプルな構図が似合うのがコスモスですね。
空が広いとこういう撮り方が自由にできるのがいいです。
abc-IMG_7353.jpg

というわけで巾着田の写真はおしまい。
次回は何にしようかな・・・

テーマ:花・植物 - ジャンル:写真

 » »
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。