スポンサーサイト --年--月--日 スポンサー広告

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

機材リスト① 2010年03月03日 ■機材リスト トラックバック:0

まだCURURUのほうが終わってないので、こちらのほうは数日に一回くらいの更新になりますが…なるべくむこうとはかぶらないようにしたいとは思います。で、今回は自己紹介編の続きということで。持っているカメラのリストでも紹介してみようと思います。写真はあったりなかったりですが。


Canon EOS 30D
今使っているメインのデジタル一眼レフです。もう買ってから4年も経ちますが、まだまだシャッター回数も大丈夫なようで。でも前回も書いたように新しいのに乗り換えたいなあと思うこのごろ。別に30Dに不満があるわけではないですが、新しいのを見ると欲しくなるんですよね・・というわけで後継機にEOS 7Dを狙っていますがいつ手に入るこちやら。

Canon Kiss Digital
カメラを趣味にするにあたって最初に買ったカメラです。2004年に買ったものですが、当時は入門機かハイエンド機かという選択肢しかなかったので、Canonを選んだ時点でこのカメラを買うことに決まっていたのです。今のキスデジとは違って、非常に「じゃじゃ馬」なカメラでした。今はシャッターが壊れて使っていません。

Nikon F3
フィルムのちょっと(だいぶ?)古い一眼レフ。もともと妹が使っていたのを譲り受けたものです。シャッター音がニコンらしいというか、メカメカした感じが気に入ってます。
nikonF3.jpg


Canon AE-1
これも古いカメラの一眼レフ。今のEFマウントの前のFDマウントのカメラです。せっかくCanonのカメラを使っているならフィルムも欲しいなあ、と思ってオークションで落としました。シャッタースピード優先というちょっと際物ぽいカメラで、使いこなすのにちょっとコツがいります。
AE1.jpg


VQ1005
デジタルのトイカメラです。写真で見てわかるように手のひらサイズで気楽に持ち歩けるので、スナップするのにちょうどいいです。ただディスプレイがついていないので、デジタルカメラなのにどう写ったがPCにアップするまでわからないという特長があります。
VQ1005.jpg


MinoltaCord
自分が持っている中でおそらく一番古いカメラ。今はもうない、ミノルタの二眼レフカメラです。おそらく1953年ごろに作られたもの。中古カメラ屋で半分ジャンク扱いになっているのを拾いました。もちろんきちんと写ります。ブローニーのフィルムを使うのでサクサクとは撮れないですが、撮ることそのものが楽しめるカメラだと思います。
MinoltaCord.jpg

HOLGA 135BN
トイカメラの王様、ホルガの135フォーマット版です。トンネルエフェクトを強調してあって、写真に撮ると周辺が暗く写るようになってます。最近のお気に入りカメラになってます。
HOLGA.jpg

Diana+
これもトイカメラ。ブローニーフィルムを使うタイプです。これもトイカメラ独特のゆるい絵が特長。ホルガ以上にクセがあって、まだ使いこなせないでいます。
Diana.jpg

Minolta UniomatⅡ
最近オークションで落としたカメラです。普通なら手を出さなかったのですが、箱から保証書、さらには買った当時(昭和39年)のミノルタのクーポン券までついているという逸品。実はまだ使ったことがないのですが、飾っているだけでも絵になります。


というわけで持っているカメラをずらっと並べてみました。こうして見るとどっぷりはまっているのがわかりますね。撮るときは1台しか使えないんですが、持っているとなんか安心するというかwやばい方向にいってるなあ。
スポンサーサイト

機材リスト② 2010年03月16日 ■機材リスト トラックバック:0コメント:6

CURURUが終わるまではこちらの更新は週2,3回くらい、と思っていたらすっかり放置状態になってしまいました。やはり2足のわらじというのは大変なものです。
さて、ちょっと間が空いてしまいましたが持っている機材の紹介の続き。今回はレンズ編です。こちらはカメラ以上に買いあさった時期があったので、自分でもちゃんと数を把握していなかったり。覚えている限りで数えてみたら30本くらいになりました。これを全部紹介するのはもちろん無理なので、特に気に入っているものを数点紹介してみたいと思います。

まずはメインのEOS30Dで使っているレンズから。すべてオークションで入手しました。
・Carl Zeis jena フレクトゴン 35mm/f2.8
image2064695.jpg
CanonのEFマウントで使えるツァイスレンズというのはあんまりないのですが、これはマウント部分を改造してEOSにも装着できるようにしたものです。古いレンズなのでAF、AEには対応していないのですがデジタル一眼レフでマニュアル的な使い方をするのもなかなか新鮮なもので。さすがツァイスレンズといった感じの解像度が魅力的でもあります。実は最近使っていないのですが、逆光で撮ったときの写りは最近のレンズにはないものがあるので、またスナップなんかで使っていくかなあ。
image5646963.jpg


・Carl Zeis ゾナー 135mm/F2.8
image2148513.jpg
これも元々EFマウントではないのですが、アダプターを介してEOSにつけています。これもAF、AEは非対応。絞り開放で撮ったときのボケ味がとてもまろやかです。まだこのレンズでいろんな被写体を撮ったことがないので、人物とか撮ってみたいです。作例はイルミネーションから。
image4826542.jpg

・Carl Zeis テッサー 50mm/F2.8
image1431208.jpg
ツァイスレンズを35mm、135mmとそろえたところで50mmも欲しくなって買ったレンズです。きりっとした写りが特長的。等倍とまではいかないですがかなり寄ることができます。コンパクトなのでとても使いやすいレンズです。

まだいろいろあるんですが、ブログを書いている途中で何回も消えてしまうので今回はここまで。

テーマ:★カメラ&レンズ・機材 - ジャンル:写真

機材リスト③ 2010年03月31日 ■機材リスト トラックバック:0コメント:8

CURURUもついに終わっちゃいました・・なんかあっけないものです。まあもうないものはないので、心機一転こちらのブログを本格稼動しますのでよろしくお願いいたします。で、ちょっと放置気味だったので途中の話題を終わらせないと。機材リストのレンズ編続きです。と言っても二つだけですけどねw

・Auto Tamron 21mm/f3.5
image4160629.jpg
CanonのFDマウントの広角レンズです。AE-1につけて撮っています。これもオークションで落としました。中古カメラ屋でもなかなか見つからない一品ではないでしょうか。単に広い画角で撮れるというだけでなく、被写体から20センチくらいまで寄れるのでマクロ的にも使えます。
image7589165.jpg


・Nikon Nikkor-S 35mm/f2.8
image8121798.jpg
ニコンの古い単焦点。友達からもらいました。開放値は2.8なのですが、寄って撮ることで背景をかなりぼかして撮れます。そのボケ味がなかなか味があるんだなあ。
s-10_27_07.jpg


と、前回はここまで書きたかったのですが、なぜか消えてしまうので今回追記ということで書きました。
次回から本格的に写真をアップしていきますのでお楽しみに。最初は桜の写真からです。

テーマ:★カメラ&レンズ・機材 - ジャンル:写真

 
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。