スポンサーサイト --年--月--日 スポンサー広告

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

松戸駐屯地創立61周年記念行事・装備品展示 2013年10月02日 CampMatsudo:松戸駐屯地 トラックバック:0コメント:0

さて、調布のブルー関係の一連の写真も出し終ったので、松戸駐屯地に戻ります。
最後の装備品展示だけまだ出していませんでした。需品展開展示が終わり、一般公開できる状態に。
こういう需品・装備品がいっぱいある駐屯地は展示もまた楽しみの一つになります。

迷彩服の試着ができるコーナー。しかし息子が着たのは迷彩柄でもこれ。
防弾チョッキです。子供用のサイズもあったので着せてもらっています。顔にもなにやら装着。
ak-IMG_9112.jpg

付けてもらっていたのはサングラスw
C-1輸送機の手作りパネルもあったので記念写真。しかしなぜ鳥取の美保基地所属の部隊マークなのかw
ak-IMG_9122.jpg

試着コーナーの隣には中SAMこと03式中距離地対空誘導弾のシステム一式。
松戸には高射科、つまり防空を任務とする部隊もいますので。
ak-IMG_9129.jpg

合同で訓練展示した松戸消防の隊員さんたちが、自衛官さんから説明を受けます。
やっぱりこういうのは珍しいのでしょうね。
ak-IMG_9131.jpg

この四角い筒の中にミサイルが格納されています。
ak-IMG_9132.jpg

こちらは誘導装置やレーダー。こういった装置とセットで運用されるのです。
ak-IMG_9133.jpg

グランドの需品展示が開放されたようなのでそちらにも移動。
まずは入浴場。本来であれば、周りは天幕で覆われて見えなくなりますが。
展示のために外から見える状態。
ak-IMG_9136.jpg

洗い場もちゃんとシャワー付き。日本人は基本的にお風呂が好きですから
災害時にもこういうのは大活躍ですね。
ak-IMG_9139.jpg

お湯は強力なヒーターで作られます。水も浄水セットを使えば川の水でもOK。
ak-IMG_9140.jpg

洗濯機を搭載した車もあります。一見、市販品のように見えますが実は特注。
車に乗せるので振動対策とか違うらしいです。
ak-IMG_9142.jpg

こちらも災害時に大活躍。様々な食事を作ることができる野外炊具です。
新型の野外炊具1号(22改)が展示されていました。調理能力が格段に向上しているそうです。
ak-IMG_9144.jpg

ジャガイモなんかを入れるとあっという間に皮むきされる機械らしいです。
どういう仕組みなのか気になりますね。
ak-IMG_9146.jpg

こちらは今までの野外炊具。それぞれの調理器具が小さいです。
ak-IMG_9145.jpg

災害訓練展示で切断された車が置いてあったので近くまでいってみます。
ごらんの通り、屋根がばっくり。廃車なんでしょうけど、なんかもったいない気もw
ak-IMG_9156.jpg

ガラスはカッターでこのように鮮やかに切られていました。
ak-IMG_9157.jpg

家屋は三角形の穴を開けられています。
この形にすることで、建物自体の強度をあまり損なうこともなく、また四角よりも切断する長さが短くて済む
ということで効率的なようです。ただどこに穴を開けるか、というのは非常に重要だそうで。
ak-IMG_9160.jpg

救急の医療ユニットも。
ak-IMG_9162.jpg

頸椎を痛めた人などをそのままの姿勢で運ぶとき、こういう担架も使われます。
ak-IMG_9164.jpg

ダミー人形が首を固定されています。こういう固定器具も大事ですね。
ak-IMG_9165.jpg

心臓マッサージを行うためのダミー人形。試しにやらせてもらいましたが、とても大変です。
1分も続けるとかなり疲れるのですが、それを10~15分は続けなくてはなりません。
しかも人形の場合、少し反動がつくみたいですが実際にはそれがないのでもっと大変とか。
ちなみに眼球なんかもついていてリアルなんですが、子供たちが変顔させて遊んでますw
ak-IMG_9167.jpg

ポンプ車の操作パネル。各ホースごとに水圧を変えられるようです。
ak-IMG_9168.jpg

この車は支援車1型。車体の一部が拡張して、中のスペースが広がります。
ak-IMG_9172.jpg

中に入ってみるとキャンピングカーのような内装。
しかしかなり広くて、20人くらい入ることができていました。
ak-IMG_9173.jpg
ak-IMG_9176.jpg
ak-IMG_9180.jpg

最後は動画。車両の体験登場です。いくつか種類があって選べたので軽装甲機動車を選択。
ルーフのハッチを開けた状態で、そこから身を乗り出せるので息子と二人で上半身を出して乗ります。
大人と子供が一人ずつならギリギリの広さ。総火演だと対戦車ミサイルをここから撃っていますね。
途中、スピードをそれなりに出してくれてけっこう楽しめました。


これで松戸駐屯地の写真はおしまい。まったりしていてなかなか楽しめました。
たまにはのんびりの自衛隊イベントもいいものですね。
スポンサーサイト

テーマ:祭り/イベント - ジャンル:写真

松戸駐屯地創立61周年記念行事・需品装備展示 2013年09月27日 CampMatsudo:松戸駐屯地 トラックバック:0コメント:0

松戸駐屯地の訓練展示、後半です。
大災害が起きて消防や自衛隊が出動。負傷者の救助が終わると、次は被災者に仮のライフラインを提供します。
ここからが自衛隊の本領発揮。災害派遣でもお馴染みの、需品装備の展開です。

先導のジープがやってきます。こちらには部隊指揮官が乗車。
ak-IMG_9055.jpg

その後ろからトレーラーの需品装備が続々とやってきました。
ak-IMG_9058.jpg
ak-IMG_9061.jpg

下車して整列。機敏な動きで点呼をとります。
ak-IMG_9068.jpg

すぐにダッシュで散開し、さっそく装備の展開。
ak-IMG_9070.jpg

今回開設されるのは、給水所・入浴所・洗濯所・調理所。
こういう看板もしっかり手作りで作ってあります。
ak-IMG_9074.jpg

一番近いのが給水所。水タンク車から水道管を手でつないでいきます。
ak-IMG_9079.jpg

入浴所では風呂場の設営のため、テントを張る要領で作られていきます。
ak-IMG_9082.jpg

水道管はあっという間につながれていきました。
ak-IMG_9084.jpg

奥のほうでは炊事のための装備が展開。先ごろ新型が発表された、野外炊具です。
ak-IMG_9088.jpg

風呂を沸かすためのポンプも置かれます。
ak-IMG_9090.jpg

風呂場の屋根になるテントが早速出来上がりました。
ak-IMG_9093.jpg

トレーラーが開いて、中から出てきたのは洗濯マシン。
ak-IMG_9095.jpg

風呂場はいよいよ湯船が運ばれてきます。ここまで10分程度。
ak-IMG_9098.jpg

最後はテントをしっかり展開して終わりです。全部で15分ちょっとしかかかりませんでした。
もちろん調理は具材を切ったりするし、お風呂は水がなければ水の生成から始まります。
しかしそれも自前ですべてできるのが自衛隊。「自己完結性」という軍隊独特の能力ですね。
ak-IMG_9101.jpg

車両は需品の展開時のみ必要なので撤収していきます。
また拠点に戻れば、次の展開先にもいけるわけです。
ak-IMG_9103.jpg
ak-IMG_9105.jpg

次回で松戸駐屯地の写真は終わりです。最後は装備品展示。

テーマ:祭り/イベント - ジャンル:写真

松戸駐屯地創立61周年記念行事・災害訓練展示 2013年09月25日 CampMatsudo:松戸駐屯地 トラックバック:0コメント:0

松戸駐屯地の記念行事もいよいよ佳境です。
グランドを使って、陸自ならではの訓練展示の開始。しかし松戸駐屯地はちょっと違った訓練展示です。
需品学校、つまり後方支援の物資についての学校なので戦闘よりも、災害時の救助などの展示が行われました。
参加したのは陸自だけではなく、松戸市の消防なども合同参加です。

仮仕立ての倒壊家屋、怪我をして倒れた人たち。
大震災が起きたばかり、という想定です。
ak-IMG_8967.jpg

家屋の横では衝突した車。中には人がまだ閉じ込められています。
ak-IMG_8969.jpg

まずは通報を受けて松戸の消防が登場。
指揮車を先頭に、ポンプ車などが続きます。
ak-IMG_8972.jpg

オレンジのレスキュー隊も出てきて急いで救助の展開をします。
ak-IMG_8984.jpg

負傷者多数ということで救急車もたくさん駆けつけます。
ak-IMG_8987.jpg

鎌ヶ谷市のハイパーレスキューが、さまざまな工具を取り出して救助に取り掛かろうとしていました。
ak-IMG_8989.jpg

消防だけでは足りないということで、自衛隊も出動要請。
災害派遣の形で応援に駆けつけます。ちなみに災害派遣は知事だけでなく、消防の長なども要請ができます。
ak-IMG_8993.jpg

トラックもやってきました。砂埃をあげて急行します。
ak-IMG_8997.jpg

災害派遣される車両にはこのような横断幕が付けられます。テレビなどでもお馴染みですね。
こういう時の自衛隊車両は緊急車両と同じ扱いになります。
ak-IMG_9001.jpg

トラックから隊員たちが下車して、機敏な動きで展開。
何やら大きなものを降ろしています。担架の模様。
ak-IMG_9005.jpg

人の丈よりも大きな担架を担いで駆け足で現場へ。
ak-IMG_9008.jpg

さて、車に閉じ込められた人を救助するためハイパーレスキューがカッターで車を分解していきます。
ak-IMG_9014.jpg

その間に家屋などから救助された人たちを自衛隊がどんどん運んでいきます。
ak-IMG_9018.jpg

車は屋根が切り取られ、オープンカーのいでたちに。
これで救助が進みます。
ak-IMG_9026.jpg

負傷者も一通り救助したので、自衛隊は撤収。
素早く担架をたたんで、また駆け足で戻っていきます。なかなかいいシーンですね。
手前の小さい人は女性隊員。こんなに大きな担架でも男性隊員と同じように持って走ります。
ak-IMG_9032.jpg

救急車は一斉に病院に向かいます。
ak-IMG_9038.jpg
ak-IMG_9040.jpg

最後は消防車からの放水。
ak-IMG_9043.jpg
ak-IMG_9050.jpg

これで訓練展示の第1部は終了。続いて災害派遣の後半、後方支援の需品機材展開です。

テーマ:祭り/イベント - ジャンル:写真

松戸駐屯地創立61周年記念行事・ファンシードリル 2013年09月24日 CampMatsudo:松戸駐屯地 トラックバック:0コメント:2

松戸駐屯地の記念行事の続き。音楽隊の演奏が済んでから、続いては防衛大学の儀仗隊が登場。
防大の開校祭でも見られるファンシードリルの演技です。

ちょうど自分がいるところのすぐ後ろに集合していました。凛とした表情で、音楽隊の演奏を待ちます。
世間一般では大学生と全く同じ年頃なんですが、一般大学生でこういう凛とした人たちはほとんどいませんね・・・
ak-IMG_8774.jpg
ak-IMG_8782.jpg

音楽隊と入れ替わりで入場していきます。
それにしても、音楽隊もそうですが制服があまりにもピカピカで反射がまぶしいのでプラス補正が必要w
ak-IMG_8791.jpg

グランドの中央まで来て整列します。
この整列の動きもかなり機敏。
ak-IMG_8800.jpg

指揮官の合図で一斉に壇の前へ移動。
指揮官がサーベルを掲げて・・・
ak-IMG_8804.jpg

きれいな行進で前進です。
ak-IMG_8819.jpg

そして観閲官である一日基地司令の福島和可菜さんに対して栄誉礼。
指揮官が号令すると「捧げ筒」の姿勢へ。ちなみに今年の儀仗隊指揮官はなんと女性です。
何年か見続けていますが、女性指揮官は初めて見ました。
ak-IMG_8820.jpg

笛の合図で隊列が動きだし、演技をはじめます。
重さ4キロ以上のM1ガーランド小銃をくるくるとまわしたり。
ak-IMG_8826.jpg

隊列を組んだまま変化させていったりします。
ak-IMG_8837.jpg

時にはこんな技も。4キロというとこうやって放り投げるだけでも大変なのですが
それをちゃんとそろった動きでキャッチすることもできます。
ak-IMG_8841.jpg
ak-IMG_8842.jpg
ak-IMG_8855.jpg
ak-IMG_8860.jpg

横一列に並んだところでスローシャッターに。
左から右へ、ドミノ倒しのような動きで小銃の操作が連鎖していきます。
こうしてみるとコマ送りのスローモーションみたいですね。もうちょっとシャッター速くしてもよかったかな。
ak-IMG_8863.jpg
ak-IMG_8869.jpg
ak-IMG_8891.jpg
ak-IMG_8897.jpg
ak-IMG_8901.jpg
ak-IMG_8910.jpg
ak-IMG_8914.jpg
ak-IMG_8915.jpg

動きが一瞬止まると、空砲の射撃。この後はお決まりの子供の泣き声w
息子は総火演で戦車の射撃を聞いたばかりでしたが、不意打ちでびっくりしていましたw
ak-IMG_8926.jpg

再び隊列を組んだ動きになります。
ak-IMG_8931.jpg

二列縦隊の間を通り抜ける指揮官。
両サイドのから小銃が投げかわされています。
ak-IMG_8937.jpg

最後は再び隊列を組んで壇の前へ。
ak-IMG_8951.jpg

再び捧げ筒で栄誉礼。
ak-IMG_8953.jpg

福島さんが再び敬礼して挨拶です。なんでも最初の栄誉礼で敬礼のタイミングを間違えてしまったとかw
ak-IMG_8955.jpg

これで儀仗隊の演技は終了。
11月の立川駐屯地でも見られるし、そのあとの防大開校祭でもやる予定。
ak-IMG_8960.jpg
ak-IMG_8965.jpg

同じような位置から動画を撮っていた人がアップしていたので拝借。



次は防災訓練展示です。

テーマ:祭り/イベント - ジャンル:写真

松戸駐屯地創立61周年記念行事・記念式典② 2013年09月23日 CampMatsudo:松戸駐屯地 トラックバック:0コメント:4

忙しくてちょっと放置しちゃいました。すいません。松戸駐屯地記念行事の続きです。国旗入場に続いて、お偉いさんの祝辞。
まあこの辺は撮っても・・という気はしますねw民主党ほどじゃないですが、自民党も同じような祝辞を続けるのはちょっと・・という感じではありました。

祝辞が終わると部隊観閲。観閲官の駐屯地司令と支援団体の会長さんが車に乗り込みます。
ak-IMG_8683.jpg

一度こっちの方へやってきて・・・
ak-IMG_8685.jpg

端から敬礼で観閲。まあこれは陸自イベントの大事な様式といったところですね。
ak-IMG_8687.jpg

観閲が終わると国旗の退場。こちらに向かってやってくる姿もまたいいものです。
ak-IMG_8698.jpg

観閲部隊は敬礼で見送ります。
ak-IMG_8702.jpg

式典が終わると部隊も退場。まずは隊長クラスの一団。
ak-IMG_8713.jpg
ak-IMG_8716.jpg

あまり近くから撮る機会がないのでアップで。陸自で支給されている9mm拳銃です。
ザウエル&ゾーンのP220というモデルをライセンス生産しています。
ak-IMG_8718.jpg

観閲部隊も退場。スーツ姿の人たちも混ざってました。
防衛省の職員さんかな?
ak-IMG_8723.jpg

隊列を組んだ部隊がこちらもに行進。
それにしても暑い中、ずっと立ちっぱなしのあとしっかりした行進でおつかれさまです。
ak-IMG_8729.jpg
ak-IMG_8731.jpg
ak-IMG_8735.jpg
ak-IMG_8738.jpg

部隊が捌けた後、松戸駐屯地から5キロ離れたところにある海自下総航空基地からP-3Cが飛来。
3機によるフライバイを行ってくれました。
ak-IMG_8753.jpg

次は第1音楽隊の演奏。ここで一日基地司令の福島和可菜さんが登場。
元陸自の自衛官で、退官後に芸能界で活動しています。さすが、敬礼は様になってますね。
ak-IMG_8758.jpg

音楽隊の演奏は数曲ほど。動画で撮ろうと思いましたが、周りで騒ぐ人がいたり
ブレがあったりしたのでやめました。
ak-IMG_8762.jpg
ak-IMG_8764.jpg

演奏終了後、退場。真っ白な制服がまぶしいです。
ak-IMG_8787.jpg

次は防衛大学のドリル隊が登場です。

テーマ:祭り/イベント - ジャンル:写真

松戸駐屯地創立61周年記念行事・記念式典① 2013年09月18日 CampMatsudo:松戸駐屯地 トラックバック:0コメント:2

台風で天気が悪かった3連休ですが、土曜日だけはいい天気。
わりと近場の千葉県松戸市にある陸自松戸駐屯地で創立記念行事(駐屯地祭)があったので行ってきました。
この駐屯地は、後方支援の補給物資などを取り扱う需品科の隊員を養成する学校「需品学校」があります。
派手な模擬戦もなく、存在自体があまり知られていないということもあって、かなりまったりのんびりの駐屯地祭です。

新京成線の元山から徒歩5分程度。ゲートの横に74式戦車?っと思ってよく見ると・・・
なんとバルーンでできた戦車でした。しかも細かいところまでよくできています。
ak-IMG_8622.jpg

87式自走高射機関砲のバルーン滑り台も。
ak-IMG_8624.jpg

式典などが行われるのは87式バルーンの後ろにあるグラウンド。
開始までしばらく待ちます。開門後にゆっくり入っても、前列がふつうに撮れるのがいいところ。
観閲部隊の部隊長さんたちがやってきました。
ak-IMG_8625.jpg

朝霞駐屯地から第1音楽隊。夏らしく、白の夏服です。これは初めて見たかも。
ak-IMG_8627.jpg

グラウンド脇に集合して、短い時間の間にチューニング。
見た目は自衛官ですが、やはりプロの音楽家です。
ak-IMG_8630.jpg

緑がまだ深い芝生を歩いていきました。
ak-IMG_8633.jpg

次にスタンバイしていたのは、国旗を持った一団。
両脇の衛兵はここで着剣します。
ak-IMG_8634.jpg

着剣の様子は間近で見ることはあまりありません。
ネジで止めているんですね。
ak-IMG_8636.jpg

着剣完了。
ak-IMG_8637.jpg

さて、観閲部隊も入場してきました。
他の駐屯地に比べれば数は少ないですが、それでも堂々としたもの。
ak-IMG_8643.jpg

松戸駐屯地は需品科、つまり後方支援の物資を扱う部隊の学校なので職種の旗は茶色です。
ak-IMG_8646.jpg

部隊長の一団も入場していきます。
ak-IMG_8648.jpg

整列して休めの状態で待機。けっこう暑さがありますがその中で直立不動で待ちます。15分くらいかな。
ak-IMG_8655.jpg

観閲部隊の隊長が入場。こちらは車で入ってきます。
ak-IMG_8657.jpg

敬礼を交わして列に加わり、式典の開始を報告します。
ak-IMG_8659.jpg

国旗入場。部隊は着剣して、捧げ筒。
ak-IMG_8664.jpg

音楽隊は君が代を演奏します。
ak-IMG_8669.jpg

先ほどの一団が国旗をもって入場。この厳粛な雰囲気はやっぱりいいです。
ak-IMG_8670.jpg

隊員たちは敬礼で迎えます。来場者も全員起立。
ak-IMG_8675.jpg

国旗登壇。このシーンは真横からがいいですね。
ak-IMG_8680.jpg

記念式典、続きます。

テーマ:祭り/イベント - ジャンル:写真

 
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。