スポンサーサイト --年--月--日 スポンサー広告

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

りっくんランド② 2013年04月23日 CampAsaka:朝霞駐屯地(りっくんランド) トラックバック:0コメント:2

朝霞駐屯地に併設された陸上自衛隊広報センターの写真の続き。
屋内の展示を一回り見て、今度は屋外にある車両の展示を撮ります。

75式自走155mm榴弾砲。今は大型の99式自走155mm榴弾砲に置き換わっています。
もう最後のものも用廃になったのかな。
aj-IMG_1181.jpg

その隣が74式自走105mmりゅう弾砲。コンパクトで小回りの利く自走砲というコンセプト。
しかし榴弾砲としての性能が足りなかったようで、20両作られて終わってます。
aj-IMG_1183.jpg

昨年の総火演で初めて登場した中距離多目的誘導弾の試作型。
車体は高機動車で、荷台のミサイル装置が新開発のシステムです。
aj-IMG_1184.jpg

上陸用舟艇や戦車をおもな標的としてミサイルを撃ちます。
見た目では分からないのですが、探知や捕捉・誘導のシステムがかなり新しいそうで。
aj-IMG_1185.jpg

94式水際地雷敷設装置。水陸両用車です。水際の浅瀬に地雷(機雷)を敷設する装備品です。
もちろん浅い海でも走れるため、震災では不明者捜索に大活躍でした。
aj-IMG_1186.jpg

87式自走高射機関砲。本来は戦車隊に随伴して、航空攻撃から部隊を守るためのものでした。
しかし航空戦力の発展で、この機関砲の射程外からアウトレンジで攻撃されてしまうことが確実になり
また10式には随伴できる機動力がないので、後継機は作られません。
aj-IMG_1188.jpg

89式装甲戦闘車。この手の装甲戦闘車としてはかなり高性能です。
しかし価格もかなり高いので、調達が進まず数が揃っていません・・・
aj-IMG_1190.jpg

96式装輪装甲車の試作車。イラク・サマーワに派遣された時の塗装と同じものが施されています。
aj-IMG_1191.jpg

74式戦車はアップで。シャドウを濃くして迫力を出してみました。
aj-IMG_1194.jpg

10式も試作車が置いてあります。練馬で撮ったのは量産型。細かいところでけっこう違うみたいですね。
aj-IMG_1196.jpg

74式には投光装置がつけられています。これはかなり発光量が多く、人間が前に立つと火傷をしてしまうほどとか。
aj-IMG_1198.jpg

10式と74式の並びの図。74式もあと何年見られることか。
aj-IMG_1202.jpg

砲塔付け根をアップでも撮ってみました。
aj-IMG_1204.jpg

室内に戻る手前のところにこんなトンネルが。
aj-IMG_1205.jpg

中は地下指揮所の様子が。シェルター的な防護力をもった施設の中に、前線部隊の司令部が置かれるわけです。
aj-IMG_1206.jpg

最後に2階から屋内展示を見下ろします。それほど広さはありませんが、けっこう充実していて楽しめます。
ミリメシ他自衛隊のグッズも売店で買えるので面白いです。
aj-IMG_1208.jpg

これで先週の日曜の写真はおしまい。その前々週の丸の内で撮った大道芸の残りがあるので、次回はそちらをアップするかな。コメント返信ちょっと遅れてます。すいません。
スポンサーサイト

テーマ:自衛隊 - ジャンル:写真

りっくんランド① 2013年04月22日 CampAsaka:朝霞駐屯地(りっくんランド) トラックバック:0コメント:2

練馬駐屯地のイベントを終えて、まだ時間があったので昼食後に移動。
練馬駐屯地の最寄駅・東武練馬から3駅。和光市駅から歩いて10分の朝霞駐屯地へ行きます。
ここにある陸上自衛隊広報センター、通称「りっくんランド」に来ました。

駐屯地の駐車場入り口から入ると、すぐこのりっくんランドがあります。
入場は無料。かつて民主党の事業仕分けで有料にされかかりましたが。
aj-IMG_1156.jpg

中には陸自の装備品や、関連するものが展示してあります。
これは不発弾。高さが2m以上ある1t爆弾です。太平洋戦争時に投下され爆発しないまま埋まっていました。
aj-IMG_1157.jpg

大きさなどのスペックはこの通り。
これが航空機(B-29)に運ばれてやってくるのも驚きですが、爆発せずに30年以上も地中にうまっていたのがすごいです。
aj-IMG_1158.jpg

偵察バイク。これはホンダのXLR250Rですが、旧式化してきたのでカワサキのKLX250に置き換わりつつあります。
ヘルメットをかぶってまたがることもできます。記念写真にちょうどいいですね。
aj-IMG_1159.jpg

ガス検知の装置。大きさはウエストポーチに収まる程度。
aj-IMG_1160.jpg

そしてそのガスを検知した時に被るのが防毒面。これもいろいろ種類があります。
aj-IMG_1161.jpg

館内で目立つ展示が90式戦車。試作車です。
10式より一回り大きいので迫力あります。
aj-IMG_1162.jpg

対戦車ヘリAH-1S「コブラ」。これは航空祭などでもよく見ますね。
aj-IMG_1164.jpg

コブラのフライトシミュレーターもあります。ただし操縦はできません。
aj-IMG_1166.jpg

コブラの「目」ともいえるTADS(目標捕捉・指示照準装置)。1500m先の「フリスクのタブレット」を見分けることができるそうです。
ここから見えた画像がそのまま目標として捕捉され、連動したミサイルや機関砲で攻撃するのです。
aj-IMG_1169.jpg

TOW対戦車ミサイルの発射装置。有線誘導の対戦車ミサイルを片方に4発ずつ搭載できます。
aj-IMG_1170.jpg

このアングルから撮るのはなかなかないですね。導入から時間も経ち、老朽化によって退役がちょっとずつ進んでいるのです。
aj-IMG_1171.jpg

戦闘糧食Ⅱ型。いわゆるミリメシというやつです。Ⅰ型が缶詰。いろんなバリエーションがあります。
食というのはやはり人間の活動の基本ですから、ただ食べるだけではいけないんですね。
aj-IMG_1172.jpg

中華風なんてあると一部から文句がでそうですがw
でも味のバリエーションがあることで、士気も向上するんです。
aj-IMG_1173.jpg

またコブラ。下から覗きあげてみました。これは航空祭では撮れません。
aj-IMG_1174.jpg

空挺団が降下するときの装備。20キロの装備を身に着けて降下します。
ただ降下するだけでも大変なのに、これだけのものを身に着けているのだからすごいものです。
aj-IMG_1176.jpg

陸自で使用している主な銃火器。
aj-IMG_1177.jpg

コブラのコクピットも覗けます。前席にはTADSを操作するための装置。
これを覗いて目標を捕捉するのです。つまり前席はガンナーで、後席がパイロットなのです。
aj-IMG_1179.jpg

りっくんランドの写真、続きます。

テーマ:自衛隊 - ジャンル:写真

 
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。