スポンサーサイト --年--月--日 スポンサー広告

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

大宮駐屯地創立記念行事⑥装備品展示 2012年06月16日 CampOomiya:大宮駐屯地 トラックバック:0コメント:4

今回で大宮駐屯地の写真はおわりです。
模擬戦が終わり、グラウンドの安全点検が終わると装備品展示のために開放されました。
装備品を間近で、物によっては直に手に取ることができます。
マニア的な面ももちろんありますが、自分たちの税金がどのような装備に使われているか
有事のことも考えて見ておくのも大事なことだと思います。

グラウンド開放に先駆けて、模擬戦でレンジャー部隊を運んできたUH-1Jが飛来。
ad-IMG_5082.jpg

そのままグラウンドに着陸するとのこと。すぐ真上を飛んでくれました。
ad-IMG_5091.jpg

下が土だから迫力ある砂埃が起きるかも、とちょっと期待。
ad-IMG_5095.jpg

しかし前日までの雨のせいか、まったく大人しい着陸となりました。
エンジン排気のメラメラが撮れたからいいかな。
ad-IMG_5096.jpg

中から隊員さんが降りてきました。見事な坊主頭w
それにしても左の人、どこかの駐屯地で見た記憶があるんだよなあ。
習志野の空挺団だったかなあ。
ad-IMG_5103.jpg

UH-1Jは展示されることなく、すぐに離陸していきました。
ad-IMG_5111.jpg

さて、いよいよグラウンド開放。
まずは朝からずっと置かれたままのAH-1S「コブラ」。
いろんなところで撮っていますが、広角で煽ってシルエットで青空強調。
ad-IMG_5120.jpg

車両は手で触ることもできます。これは化学防護車。
ad-IMG_5121.jpg

装甲軽機動車。正面からのかっこいい姿を。
ad-IMG_5123.jpg

化学監視装置をつけた高機動車。
ad-IMG_5124.jpg

偵察バイク。カワサキのKLX250をベースにしています。
ちなみに自衛隊といえども、平時に公道を走るときはもちろん道交法に準じた
装備・仕様で走ることになっているそうです。
ad-IMG_5126.jpg

これは化学監視装置付き高機動車の車内。
モニターなどに監視内容が表示されるんでしょうね。
ad-IMG_5127.jpg

看板がでていたのでこれの名称判明。
除染車3形(B)だそうです。タンクに除染剤を積んで、噴霧ノズルからまくそうです。
ad-IMG_5131.jpg

新型のNBC偵察車。見た目には96式装輪装甲車に近いですが
中身も含めまったくの別物だそうです。
ad-IMG_5133.jpg

装甲は厚く、放射線の遮蔽もできます。
さらにオプションをつけることで、中性子の遮蔽もある程度できるとか。
ad-IMG_5135.jpg

これは電話ではありませんw生物剤警報機ユニットの一つ。
製造元は戦闘機を作っているロッキード・マーティン社です。
ad-IMG_5142.jpg

化学防護衣4形。地下鉄サリン事件でも使われた、化学剤対処の防護服です。
サリンでも対応できる密閉度の高さのため、30分くらいで活動の限界がくるそうで。
ad-IMG_5146.jpg

防護マスク4型。このフォルムもだいぶおなじみになったというか。
映りこんだ空を強調してみましたが、ちょっとシュールかな。
ad-IMG_5148.jpg

一周して最後はチヌーク。またシルエットで。アップしていない装備品もたくさんありました。
実際に手に取ってみると隊員さんも説明してくれるので、駐屯地祭などに行ったらぜひ。
ad-IMG_5149.jpg

見るもの見て、撮るもの撮ったので撤収。
しようとしたら帰りに野外炊具1号発見。これでカレー作って売ってました。
自分が通ったときはもう売り切れでしたが。
ad-IMG_5151.jpg

これで大宮駐屯地の写真はおしまいです。しばらく自衛隊関連のイベントはないかなあ。
陸自のイベントがもしかしたらあるかも。今年は予定が未定のところも多いので要チェックです。
次回は在庫で溜まっている写真にしようか。このあと大宮で撮った写真にしようか。
スポンサーサイト

テーマ:祭り/イベント - ジャンル:写真

大宮駐屯地創立記念行事⑤模擬戦その2 2012年06月15日 CampOomiya:大宮駐屯地 トラックバック:0コメント:6

籠城している工作員を相手に、普通科連隊による銃撃を中心に制圧を図る自衛隊。
しかし反撃による隊員が負傷してしまいました。その収容から続きます。

物陰から機関銃で狙う隊員。顔にも迷彩ペイントがしてあります、
銃はミニミ軽機関銃ですかね。
ad-IMG_5005.jpg

こちらの隊員は89式小銃を持っています。
この小銃が現在陸上自衛隊の主力小銃となっています。
後ろに、負傷隊員を収容する高機動車がやってきています。
ad-IMG_5015.jpg

迫撃砲部隊からふたたび砲撃が始まりました。
着弾して煙があがります。
ad-IMG_5018.jpg

着弾と同時に一斉に射撃開始。
負傷隊員の収容を援護します。
ad-IMG_5021.jpg

装甲軽機動車の車上機関銃も発砲。
火砲に比べれば音は小さいですが、数があるのでけっこう音がします。
ad-IMG_5023.jpg

一斉射撃で敵がひるんだすきに、建物に近い物陰へと移動。
もちろん移動のときは狙われやすいので、姿勢を低くしたままです。
ad-IMG_5027.jpg

発射の瞬間を狙いますが、小銃の空砲だと火焔はでないんですよね。
ad-IMG_5038.jpg

しかし空砲とはいえ、連射するとやはり迫力があります。
ヒャッハー!って叫びたくなりそう。
ad-IMG_5045.jpg

正面からの射撃制圧で隙を作り、その合間に近くの建物からレンジャー隊員が降下。
建物の影へとせまります。
ad-IMG_5052.jpg

あっという間に集合し、突入の機会をうかがいます。
ad-IMG_5055.jpg

レンジャー隊員が迫っているとき、工作員の一人が隙を見せました。
すかさず狙撃手により、長距離からの狙撃。これは音だけの演出ですがw
ad-IMG_5057.jpg

狙撃され、さらに正面から射撃を受け反撃に必死になる工作員。
建物の後ろからレンジャー隊員がまさに突入しようとします。
気が付かない工作員。志村ーー!後ろーー!
ad-IMG_5061.jpg

ドアの前に陣取りレンジャー隊員は突入準備万端。
ad-IMG_5063.jpg

そしてドアを開けてあっという間に制圧される志村工作員。
ad-IMG_5065.jpg

工作員3名を確保し、そのまま後送します。
ad-IMG_5067.jpg

これで状況終了。銃撃戦中心ではありますが、なかなか迫力ある模擬戦でした。
ad-IMG_5069.jpg

百人演武の動画を撮った方が、模擬戦も撮っていたので拝借。


記念式典の一連のイベントはおしまいです。
このあとグラウンドが開放され、装備品の展示が行われました。
次回で大宮駐屯地の写真はおしまいです。

テーマ:祭り/イベント - ジャンル:写真

大宮駐屯地創立記念行事④模擬戦その1 2012年06月14日 CampOomiya:大宮駐屯地 トラックバック:0コメント:2

コメント返しが遅れてすいません。最近、平日はほとんど予約投稿になってます。
微妙に仕事が忙しくて、なかなか時間がとれる確約がないので。休日は休めてますけどね。
さて、大宮駐屯地記念行事の続き。いよいよ模擬戦が始まりました。
陸自イベントの定番ではありますが、各駐屯地ごとにバリエーションがあるのでいろいろ楽しめるのです。

まずはラッパ隊が登場。軍用ラッパは、今は決して実用性が高いとは言えませんが
儀礼的なものを重視する軍隊ではなくならないものかもしれませんね。ラッパが吹かれて状況開始です。
ad-IMG_4902.jpg

大宮のある建物に工作員が潜伏したとの情報を得て、レンジャー隊員を乗せたヘリコプターが急行します。
ad-IMG_4912.jpg

建物上空に到着するとヘリがホバリング。ロープが下げられて、4名のレンジャー隊員が降下してきました。
ad-IMG_4937.jpg

降り立った建物との距離はこんな感じ。
これでも乱気流の発生とかあるから、ヘリをホバリングさせるのは大変みたいです。
ad-IMG_4939.jpg

レンジャー隊員の急襲を受けて、工作員が建物から逃げてきました。
工作員というか銀行強盗のような気もw
ad-IMG_4943.jpg

逃走した工作員は籠城するための建物を見つけ、入り込みます。
ad-IMG_4951.jpg

自衛隊は逃げた工作員を追って、バイクの偵察隊を繰り出してきました。
派手なジャンプで登場。ちなみのこのバイク、市販のものを改造していますが
諸装備を追加しているので、重量は重たくなっているそうです。
ad-IMG_4952.jpg

立てこもる工作員を発見。近づいていきます。
ad-IMG_4959.jpg

ある程度の距離まで来たところで工作員からの発砲。
バイクを倒して盾にし、姿勢を低くして応戦します。
ad-IMG_4961.jpg

しかし偵察隊は情報を持って帰るのが任務。深追いせずに、本隊へ情報を知らせるため撤収します。
ad-IMG_4967.jpg

偵察情報を受けて、制圧部隊が出動します。
まず出てきたのが迫撃砲部隊。3人の工作員相手に大人げない気もしますがw
L16 81mm迫撃砲による発射の実演(ただし弾はでません)が行われました。
ad-IMG_4973.jpg

砲弾が籠城している建物の前に着弾。
ad-IMG_4982.jpg

砲撃の間に、攻撃部隊の本隊も登場しました。
装甲軽機動車から隊員が展開します。
ad-IMG_4988.jpg

素早い行動で物陰に退避。そこから工作員を狙います。
ad-IMG_4993.jpg

しかし展開中に工作員からの重火器による反撃。
ad-IMG_4997.jpg

隊員が一名負傷してしまいました。
ad-IMG_4999.jpg

状況はどうなる?
というわけで続きは次回。

テーマ:祭り/イベント - ジャンル:写真

大宮駐屯地創立記念行事③百人演武 2012年06月13日 CampOomiya:大宮駐屯地 トラックバック:0コメント:0

大宮駐屯地の記念行事、訓練展示の部に入ります。
まずは隊員たちによる百人演武。徒手格闘の演技になりますが、見るのは初めてです。

観閲行進が終わると、動きやすそうな服に着替えた第32普通科連隊の隊員がグランド脇に待機します。
ad-IMG_4819.jpg

太鼓の合図で一斉に走り出し、グラウンドの中央へ。
ad-IMG_4820.jpg

まずは徒手演技。さすが自衛隊の普通科隊員。ガタイがいいです。
ad-IMG_4829.jpg

格闘の演武ではありますが、実戦でこの蹴りを受ければやはりひとたまりもなさそう。
ad-IMG_4834.jpg

この間に小銃を持った場合の演武もありましたが、うまく撮れなかったので。
続いての、2人一組の演武。小銃を持った方が自衛隊員。素手が襲撃側です。
ad-IMG_4860.jpg

長い小銃を持った状態で、このように潜り込まれて接近戦に持ち込まれると不利ですが・・・
ad-IMG_4861.jpg

うまくさばいて組み伏せます。
ad-IMG_4867.jpg

今度は相手がナイフを持った状態で。
相手の右足での蹴りを受けて・・
ad-IMG_4880.jpg

突いてきたナイフを交わしそのまま投げの体勢へ。
ad-IMG_4883.jpg

あっという間に投げ倒します。
連写しているんだけど、けっこう速いのでうまく写らないんですよね。
ad-IMG_4885.jpg

また対ナイフ格闘。
今度は自衛隊員側から突っ込んで行って・・・
ad-IMG_4888.jpg

投げ!襲撃側の隊員もけっこう大柄(180はありました)なんですが
ふわりと浮いてますね。
ad-IMG_4891.jpg

いろいろな「受け」を披露します。
ナイフ相手なら、実生活でももしかしたら役に立つシーンがあるかも・・・
そんなことにならないことを祈りますが。
ad-IMG_4895.jpg

投げる側も技術がいりますが、投げられる側もしっかり受け身をとらないといけないので
やはり相当鍛錬はしているでしょうね。受け身は基本だけど、練習しないと身につかないものなので。
ad-IMG_4897.jpg

動画があれば分かりやすいかなあと思って探したらやはりありました。
最初のほうは同じ隊員をとらえてますね。撮ったのはたぶん斜め後ろにいた人かなあw


訓練展示、続きます。
続いては模擬戦です。

テーマ:祭り/イベント - ジャンル:写真

大宮駐屯地創立記念行事②観閲行進 2012年06月12日 CampOomiya:大宮駐屯地 トラックバック:0コメント:6

大宮駐屯地創立55周年記念行事の続きです。
来賓の長いお話が終わり、観閲行進が始まります。普通科連隊の徒歩による行進に続いては
車両群による行進がはじまります。化学部隊がある大宮ならではの車両も見られました。

軽装甲機動車がたくさん登場します。練馬の時よりも数は多いかな。
隊列を組んでいる軍事車両もかっこいいものです。
ad-IMG_4749.jpg

写真だとわからないですが、実はけっこう動きが速く。
構図を考えながらだと、あっという間に通り過ぎてしまいます。
ad-IMG_4752.jpg

けっこうな数の軽装甲機動車。他の戦闘車両が少ない分、この車両が多いようです。
ad-IMG_4757.jpg

これはジープでいいんでしょうか。呼称がわからず。
ad-IMG_4770.jpg

ちょっと大きめの高機動車が登場。
ad-IMG_4778.jpg

後ろには120mm迫撃砲を牽引していました。
ad-IMG_4779.jpg

82式指揮通信車・・なんですがここ大宮のはちょっと仕様が違います。
放射能、化学兵器に対応した化学防護車というもの。密閉度を高くして、中の乗員を守ります。
ad-IMG_4787.jpg

その後ろに高機動車に何かのユニットを積んだ車両。
なんか石焼き芋みたいですがw
ad-IMG_4791.jpg

この辺の車両は名前も用途もよくわからないです。
汎用の輸送用車両にユニットを組み合わせてあるから、見分けがつきにくくて。
ad-IMG_4793.jpg

赤く塗ったら消防車のようにも見えますね。
ad-IMG_4796.jpg

車両は3つほどの隊に分かれて列を組んでいます。
ad-IMG_4798.jpg

で、この隊列に混ざっていたのがこれ。新型のNBC偵察車です。
核・化学・生物いずれの兵器にも対応できる車両となっています。
この大宮が最初に配備されました。
ad-IMG_4802.jpg

その後ろからまたなにやら化学対応のユニット。
ad-IMG_4806.jpg

タンクみたいなのがあるから、化学汚染などがされた場所を洗浄するのに使うのかな。
ad-IMG_4807.jpg

また隊列がやってきました。
ad-IMG_4808.jpg

この化学防護車、なかなかかっこいいですね。
元々装甲が暑いので汚染に対して強いということもあり、そうした地域での状況を偵察するのにつかわれます。
ad-IMG_4810.jpg

これも名前はわからないのですが、上についている装置は化学監視装置といって
化学物質が散布されているかどうかを判別する装置だそうです。
ad-IMG_4814.jpg

その後ろのユニット車。
前衛の防護車が偵察した汚染地域を洗浄するんでしょうけど、こちらは防護装甲などはなし。
作業の際には、隊員が防護服などを着ると思われます。
ad-IMG_4815.jpg

こちらも荷台のタンクは水タンクとあるので、洗浄用でしょうね。
上の車両と同じく、装甲はなし。
ad-IMG_4817.jpg

観閲行進はこれでおしまい。続いて訓練展示です。
普通科隊員による、百人演武が始まります。

テーマ:祭り/イベント - ジャンル:写真

大宮駐屯地創立記念行事①式典 2012年06月11日 CampOomiya:大宮駐屯地 トラックバック:0コメント:6

昨日日曜日は埼玉県にある陸上自衛隊大宮駐屯地の創立記念行事に行ってきました。
そういえば今年になってから陸自のイベントはよく行ってるなあ。空自の航空祭が秋本番というのがありますが。
航空祭に比べるとそれほど混まなくて、交通の便がいい駐屯地が多いので行くのが楽なんですよね。
もちろん内容も充実しているので楽しめますし。
さて、大宮駐屯地には自衛隊で化学兵器などを担当する中央特殊武器防護隊が駐在しています。
核・生物・化学の特殊兵器の攻撃などに対する偵察・除染などを行います。
かつての地下鉄サリン事件や東海村の臨界事故、さらに昨年の福島原発事故でも出動しています。

朝の9時前に駐屯地へ到着したものの、開門は10時。日差しがあってさっそく日焼けしましたw
1時間ほど待って入場。メイン会場のグラウンドへ行くとすでに第32普通科連隊の隊員が並んで待機していました。
ad-IMG_4620.jpg

観客が入り始めてからしばらくすると、連隊が一斉に行進を始めます。
そのまま前進して来賓などが待つ会場正面へ。後ろのチヌークから出てきた感じですね。
ad-IMG_4628.jpg

いつも思いますが、この行進って撮るの難しいです。
手が上がったところを狙うんですが、意外と動きが速くて・・・
ad-IMG_4630.jpg

連隊の入場が終わると、各中隊の幹部が連隊旗をもって入場します。
ad-IMG_4638.jpg

記念式典が始まります。まずは敬礼。
やはりびしっとしていて締まりますね。
ad-IMG_4648.jpg

日曜の最高気温は27度。隊員たちは長袖の戦闘服を着ているので相当暑いでしょうね。
休めの姿勢でも長時間立っていなければならないのだから大変です。
ad-IMG_4651.jpg

この日の式典の観閲官は駐屯地司令。司令であると同時に、駐屯地にある
化学学校の校長でもあります。
ad-IMG_4657.jpg

式典の節目ではびしっとそろった敬礼。号令がかかると一斉に動作するのですが
隊員の数も結構なもの。これを統率しているのが・・・
ad-IMG_4659.jpg

式典祭壇の後ろにある櫓の上で旗をふる隊員。
無線で指示を受けながら、旗で会場の隊員たちに指示を送っています。
ad-IMG_4660.jpg

さて、隊員たちに「つけ剣」の指示がでました。
小銃を持った隊員は銃剣を装着します。これも10秒以内で行わなければなりません。
ad-IMG_4661.jpg

銃剣を装着したら最敬礼である「捧げ筒」の状態。
ad-IMG_4668.jpg

国旗が入場してきたので、最敬礼の体勢になったわけです。
来賓はもちろん、一般の入場客も起立して国旗に向かいます。
ちなみに手前の敬礼している方、制服を着ていたけど来賓席にいました。
たぶん駐屯地の幹部のOBなのかなと。
ad-IMG_4669.jpg

観閲官である駐屯地司令の巡閲。これは陸自の式典では外せないイベントですね。
車両に乗って、部隊を敬礼しながら観閲します。
ad-IMG_4677.jpg

前日土曜は雨でしたが、日曜はいい天気。とにかく暑かった。
こんなに天気がよかったのです。
ad-IMG_4682.jpg

駐屯地司令による祝辞。パッと見、理系ぽい事務方みたいな雰囲気の司令ですが
祝辞の内容、口調ともにとても毅然としていて指揮官らしい凛々しさを感じました。
ad-IMG_4683.jpg

続いて来賓の祝辞。これが長かった・・・
さいたま市長、埼玉県知事の祝辞が続きます。写真は埼玉県の上田知事。
ad-IMG_4687.jpg

で、枝野産業経済大臣。なんかいろいろと喋ってましたが。「お前が言うか」って内容。
もっとひどいのはこの後出てきた民主党の国会議員。震災などで見直されてきた自衛隊の人気にあやかろうというのが見え見え。
選挙演説みたいに話し方は仰々しいんですけどね。身のない話、しかもみな似たような内容。
えーっと、当ブログは写真だけでやっていきたいけどたまにははっきり言わせてもらいます。

「お前らの対応がまずかったから、原発の事故で自衛隊隊員、特にこの大宮駐屯地の化学防護隊が
 文字通り命の危険にさらされたんだろうが!責任のなすりあいしたまま、どの面下げて『おめでとう』と言ってるんだ!」
ad-IMG_4691.jpg

失礼しました。でも周りの人もうんざりしていました。
民主の議員はとにかく喋りたかったんでしょうね。式典が20分ほど押しました。
でも最後にこの人が喋ったから、来賓も隊員も溜飲が下ったかも。「ひげの隊長」こと佐藤正久議員です。
陸自出身、しかもこの大宮の化学学校出身の佐藤議員の祝辞の後だけ、盛大な拍手が起きました。
ad-IMG_4693.jpg

さて、長かった式典も終わり観閲行進のため隊員たちはいったん退場します。
退場する時もみな揃って駆け足。
ad-IMG_4697.jpg

少し準備時間があり、観閲行進が始まりました。
先頭は陸自の音楽隊、第1音楽隊です。関東の陸自のイベントにはほとんど出てきます。
ad-IMG_4704.jpg

続いて駐屯地の部隊が登場。先頭は副司令の乗ったジープ。
ad-IMG_4716.jpg

後ろから連隊幹部が続きます。
ad-IMG_4721.jpg

普通科連隊は徒歩で隊列を組んだまま行進。
やや正面から撮ることで、かっこよさが表現できたかと。
ad-IMG_4725.jpg

隊列はよく見ると、背の高い順で並んでいます。ただし列の先頭は幹部ですが。
ad-IMG_4737.jpg

隊員たちの年に一度の晴れ舞台ですね。
天気が悪いと行われないので、とにかく晴れてよかったです。
ad-IMG_4741.jpg

しばらく記念行事の写真が続きます。
次回も観閲行進の続き。そのあとに訓練展示などが続きます。

テーマ:祭り/イベント - ジャンル:写真

 
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。