スポンサーサイト --年--月--日 スポンサー広告

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

平成25年練馬駐屯地記念行事④ 2014年04月28日 CampNerima:練馬駐屯地 トラックバック:0コメント:0

今回で練馬駐屯地の写真はラストです。

車両行進の最後に機甲科が出てきます。10式戦車の間に96式装輪装甲車。
ano-IMG_3676.jpg

そして4両の10式。これが大迫力です。数メートル先を走っていくので、地響きがそのまま伝わってきました。
ano-IMG_3682.jpg
ano-IMG_3685.jpg
ano-IMG_3688.jpg
ano-IMG_3692.jpg
ano-IMG_3696.jpg

これで式典は一通り終了。最後に観閲官の駐屯地司令が降壇しておわりです。
ところで、この司令は今年度から着任した方ですが。式典式辞の冒頭で、昨年のこの日に整備中の事故で亡くなった隊員のために黙とうを呼びかけました。
都知事や議員など、結構なお偉いさんが来ているなかで真っ先にそのことを持ち出したのはちょっと感動しました。
日々粛々と業務をしている自衛官にしてみれば、忘れられない同僚の殉職を一番最初に追悼できるのはやはり大きいと思います。
人の上に立つ、というのはこういうことができる人でないといけないんだろうなあ、と。
ano-IMG_3698.jpg

さて、式典が終わったので装備品展示を見て回ります。
81式近距離地対空誘導弾。ミサイルの訓練弾も展示されていました。
ano-IMG_3701.jpg

87式対戦車誘導弾。息子的に一番興味があったもの。
ano-IMG_3703.jpg

こっちの観測機器が気になっていたようです。何に使うのか、見た目でわかりませんからね。
ano-IMG_3705.jpg

120mm迫撃砲。これはどうやって撃つの?と息子。総火演で見たでしょ・・・
ano-IMG_3709.jpg

化学防護車。汚染された地域を偵察できる能力があります。
ano-IMG_3714.jpg

しかし説明の看板がこれw恥ずかしがり屋なので今日は顔は置いてきました、とのこと。
ano-IMG_3716.jpg

施設科の装備。これはお風呂セットのお湯を沸かすための装置。
ano-IMG_3721.jpg

水はこのような過程でろ過されきれいに。分子レベルでろ過するので、最終的には飲めるほどになります。
ano-IMG_3722.jpg

これは音響探知機。手前の装置から伸びているラインの先に、地面に挿した集音マイク。
ano-IMG_3724.jpg

実際に聞かせてもらうと・・数メートル離れたところで普通に歩く人の足音がうるさいくらいに聞こえます。
隊員さんがマイクのそばでボソボソ呟く声が、地中のマイクでしっかりと拾われていました。
ano-IMG_3726.jpg

これは放射線対応の防護服。首には鉛の入った防護マフラーを巻いています。
ano-IMG_3730.jpg

パントマイムで子供たちを喜ばせる隊員さんも。こういう一芸に秀でた人もいるものなんですね。
ano-IMG_3732.jpg

こども広場ではミニSL。トンネルは手作り、さすが自衛隊。
息子も小さいころはこういうの大好きだったなあ。
ano-IMG_3738.jpg

というわけで練馬駐屯地記念行事でした。けっこう生活に近いところの装備があったりするので、参考になります。
次回からこれまた恒例、高円寺のびっくり大道芸です。
スポンサーサイト

テーマ:祭り/イベント - ジャンル:写真

平成25年練馬駐屯地記念行事③ 2014年04月28日 CampNerima:練馬駐屯地 トラックバック:0コメント:2

仕事がまた忙しくなって更新さっぼちゃいました・・職場の体制が変わって、今までの3倍近い負担がかかってます。
土日出勤はまずないのだけど、平日の忙しさがなかなか厳しい感じ。とりあえず練馬駐屯地記念行事の写真を終わらせないとね。

普通科の行進に続いては、車両部隊の登場です。先頭は偵察バイク部隊。
ano-IMG_3611.jpg

その後ろから偵察隊の軽装甲機動車。
ano-IMG_3617.jpg

87式偵察警戒車。やや高価な装備となっています。
ano-IMG_3620.jpg

黄色のスカーフは特科。火砲を運用します。
ano-IMG_3622.jpg

指揮官のジープの後ろからトラックが来てますね。
ano-IMG_3626.jpg

そのトラックには155mm自走榴弾砲、通称FH70が牽引されています。
ano-IMG_3629.jpg

93式近距離地対空誘導弾。高機動車にミサイルユニットが搭載されています。
ano-IMG_3633.jpg

こちらは81式短距離地対空誘導弾。11式短距離地対空誘導弾に置き換えられつつあります。
ano-IMG_3637.jpg

えび茶のスカーフは施設科。震災でも大活躍した部隊です。
ano-IMG_3640.jpg

これが制式名が不明。なにかの作業用なんでしょうけど・・・
ano-IMG_3643.jpg

橋をかけることができる07式機動支援橋。90式戦車も渡れる橋をかけることができます。
ano-IMG_3646.jpg

通信科の車両も通ります。機材を運搬する車両がいくつか通りました。
ano-IMG_3649.jpg
ano-IMG_3652.jpg
ano-IMG_3655.jpg

緑の旗は衛星科。でもスカーフは違う色ですね。
隊長さんはおそらく医官の女性隊員。
ano-IMG_3657.jpg

後ろからは救急車がついてきます。
ano-IMG_3659.jpg

82式指揮通信車。戦闘装備はありますが、主に指揮通信が任務となります。
ano-IMG_3664.jpg
ano-IMG_3666.jpg

そしていよいよやってきました。10式戦車です。このアングルから狙いたかったw
ano-IMG_3670.jpg
ano-IMG_3672.jpg

機甲科の車両は次回。次でラストです。

テーマ:祭り/イベント - ジャンル:写真

平成25年練馬駐屯地記念行事② 2014年04月22日 CampNerima:練馬駐屯地 トラックバック:0コメント:2

調布飛行場のまったり飛行機写真が終わったので、今度こそ練馬に戻ります。
前回は部隊が式典会場に入場して、観閲官・執行官が入ったところまででした。

国旗・日の丸が登壇。会場にいる全員が起立します。
ano-IMG_3499.jpg

続いてお偉いさんの観閲。第1師団は東京都との連携も深いため、毎回都知事が観閲に参加します。
ano-IMG_3501.jpg

前車が練馬駐屯地司令、後車が都知事。
ano-IMG_3505.jpg

というわけで今年はこの人。舛添都知事が観閲に出てきました。しかし人相悪いなあw
ano-IMG_3512.jpg

小池百合子元防衛相は去年に引き続き参加。でも何話したか忘れちゃったw
ano-IMG_3514.jpg

お偉いさんのお話は意外とあっさり終了。続いて観閲行進の準備のため部隊は駆け足で一度退場します。
ano-IMG_3518.jpg
ano-IMG_3522.jpg
ano-IMG_3525.jpg

散水車が登場、砂埃が立たないように整備します。
ano-IMG_3531.jpg

ちなみにこの散水車は道路整備でも役に立ったり、場合によっては除染などにも使えます。
ano-IMG_3532.jpg

さて、観閲行進スタート。まずは第1音楽隊が入ります。
ano-IMG_3541.jpg

1都6県の旗が通過すると、いよいよ普通科部隊の行進。
BGMはもちろん「陸軍分列行進曲」。これ、かっこいいんだよなあ。
ano-IMG_3570.jpg

斜め前からのアングルなので、「頭、右」の姿勢がよく見えます。
ano-IMG_3574.jpg
ano-IMG_3578.jpg
ano-IMG_3585.jpg
ano-IMG_3592.jpg
ano-IMG_3596.jpg

陸自の自衛隊旗。よく勘違いされますが、海自のは自衛艦旗、陸自は陸上自衛隊旗。それぞれデザインが少し異なる旭日旗を使っています。
ano-IMG_3598.jpg

勇壮な隊列は次々と続きます。
ano-IMG_3601.jpg

次は車両行進。

テーマ:祭り/イベント - ジャンル:写真

平成25年練馬駐屯地記念行事① 2014年04月18日 CampNerima:練馬駐屯地 トラックバック:0コメント:0

先週の土曜、陸上自衛隊の練馬駐屯地で行われた創立記念行事へ行ってきました。
ここ数年、この駐屯地祭に行くのが恒例になっています。
模擬戦はないのですが、近場で装備も間近で見られるのでお得なイベントです。

開門と同時に到着。グラウンドの最前列に場所取りです。
記念行事まで時間があったので、少し装備品を見て回りました。今年も10式戦車が展示。
ちょっと高いところから見下ろして撮ることも可能でした。周りの人と比べるとだいぶ背が低いのが分かります。
世界的にも、もっともコンパクトな主力戦車ともいえますね。ご覧のようにロープが張られ、装甲には絶対触れません。
ano-IMG_3438.jpg
ano-IMG_3441.jpg
ano-IMG_3442.jpg

戦車隊のヘルメットも。そういえばこれは間近で見たことがありませんでした。
ano-IMG_3444.jpg

災害派遣時の個人装備の展示。けっこういろんなものをもっていますね。
ano-IMG_3449.jpg

10:30前になり、記念行事と観閲行進のための準備が始まります。
恒例の第1音楽隊がまず整列して待ちます。
ano-IMG_3453.jpg

第1師団の隊員が順番にグラウンドに入ってきます。
他の駐屯地に比べて、かなりの人数がいっぺんに入ってくるのも練馬の特徴。
ano-IMG_3461.jpg
ano-IMG_3463.jpg

青のスカーフは通信科。こちらも人数がたくさんいますね。
ano-IMG_3466.jpg
ano-IMG_3471.jpg

最後はこれだけの隊列が横に広がります。
前はもっといたのですけどね。
ano-IMG_3476.jpg

その場で待機。偉い人が入ってくるまでじっと待ちます。
このシーンもまたいいものですね。
ano-IMG_3480.jpg
ano-IMG_3482.jpg

観閲部隊執行官の副司令がやってきました。
指揮官が並んで敬礼します。
ano-IMG_3487.jpg

部隊も栄誉礼。
前から見るとなかなか厳粛な雰囲気が伝わってきます。
ano-IMG_3488.jpg
ano-IMG_3489.jpg

観閲官の第一師団長兼練馬駐屯地司令。
ano-IMG_3493.jpg

司令に対して栄誉礼。やっぱり決まってますね。
ano-IMG_3495.jpg
ano-IMG_3496.jpg

この後お偉いさんが入ってきて式が進行します。

テーマ:祭り/イベント - ジャンル:写真

平成25年練馬駐屯地記念行事・装備品展示 2013年04月20日 CampNerima:練馬駐屯地 トラックバック:0コメント:2

今回で練馬駐屯地の写真はおしまいです。
グランドでの戦車の撮影もできたので、最後に細かい装備品の展示などを見て回りながら出口へ向かいます。

まずは後方支援の装備。震災など災害派遣で重宝した装備です。
捜索者の探知用や、ガス・電気などの漏えい探知といった機器。
写真を撮り忘れましたが、レーダーによって瓦礫の下10mの範囲の生命探知ができるというものもありました。
aj-IMG_1113.jpg

探し当てた捜索者を救助するときなどに使える装備。
消防などでも持っているとは思いますが、自衛隊が持つことでさらに救助の効率も上がります。
aj-IMG_1115.jpg

化学防護車。化学兵器などに汚染された地域の偵察車両です。
様々なセンサーがとりつけられ、ある程度の防護装備もあります。
aj-IMG_1117.jpg

これは貯水タンク。ゴムでできているので普段は折りたたんで移動し、必要な場所でこうして展開できるわけです。
密閉性も高いので衛生面でも効果があります。
aj-IMG_1118.jpg

その貯水タンクにいれる水を精製するのも陸自の装備で可能。左から順に汚れた水を浄化していき、最終的に飲料可能な状態になります。
左から順にだんだんと目の細かいフィルターを通してきれいにしていくのですが、最後の逆浸透ろ過では水の分子より通らないほどの細かさ。
ウィルスや最近は分子レベルでは水より大きいので、このろ過によって文字通りの「真水」ができるわけです。
aj-IMG_1120.jpg

最初の長毛ろ過で使われるフィルター。ちょっと分かりづらいですが細かい長い毛がたくさんついています。
長い毛の犬や猫よりもさらに細かい毛が高密度で植えられています。これによって汚れをこしとるのです。
aj-IMG_1121.jpg

綺麗になった水を飲料にしたり、このようなお風呂に使用したり。
これも被災地で活躍して有名になりましたね。正式名称は「野外入浴セット2型」。一日あたり1200人の入浴能力があります。
aj-IMG_1122.jpg

中はこんな感じ。しっかり遮蔽されたなかで安心して入浴できるようになっています。
元々は123便墜落事故で大規模災害派遣をした際、民間会社のボランティアとして隊員向けに提供されたものでした。
それが隊員の士気向上や衛生管理で非常に役に立つことがわかり採用、被災地でも大活躍する装備になったわけです。
お風呂大好きな日本人ならではの支援装備ですね。
aj-IMG_1123.jpg

正面装備のコーナーも。120mm迫撃砲。こうしてみるとけっこう大きいですね。
aj-IMG_1124.jpg

そして今回ちょっと話題になっていた小銃類。一番上が89式5.56mm小銃、真ん中がMINIMI軽機関銃、下が01式軽対戦車誘導弾。
去年はこれは触らせてもらえました。しかし今年はこのイベントの直前に市民団体を名乗る人たちが「一般市民に銃を触らせるのは銃刀法違反」と
当時の防衛大臣や自衛隊責任者などを告訴したのです。ちゃんと法律を読めば、駐屯地イベントで実弾の入っていない小銃を触らせることが法律違反になると
解釈できるはずもなく、これまでにもこういう告発をしてすべて受け付けてもらえなかったという実績を考えたら、はっきり「嫌がらせ」といえるようなものなんですけどね・・
ただ自衛隊もお役所ですから、面倒事になることは極力避けたいということもあって今回はしっかりを鎖で固定した展示のみとなっていました。
こういうバカげた告発をするのがそもそも税金の無駄だし、平和を訴えながら中国北朝鮮の軍事行動に抗議しないダブルスタンダートな市民団体って本当に迷惑・・・
最近は自衛隊のイメージがかなり向上して生きて、そういう団体の存在意義が薄れてきた(というより主張が間違っていることがばれてきた)ことへの危機感からそういうことをするんでしょうけど。
aj-IMG_1125.jpg
aj-IMG_1126.jpg
aj-IMG_1127.jpg

ちょっと愚痴っぽいことを書き連ねてしまいましたが。81式短距離地対空誘導弾の発射ユニット。近くで見るとやはりでかいです。
あれ?ロープ張ってないけどこれは触っていいのかな?w銃刀法違反にならない?
aj-IMG_1128.jpg

87式偵察警戒車もロープなし。装甲がある車両の表面をちょっと触ってみたりできるのも、こういうイベントならではです。
aj-IMG_1129.jpg

そして10式戦車も展示してありました。これは装甲部分の機密保持のためさすがにロープで仕切られています。
aj-IMG_1132.jpg

でも近くからいろいろ撮らせてもらえます。部分部分をアップで撮ってみました。
aj-IMG_1133.jpg
aj-IMG_1134.jpg
aj-IMG_1136.jpg
aj-IMG_1137.jpg

隊員さんが置いたのか、クマのぬいぐるみ。ダッフィーかな?
aj-IMG_1141.jpg

ライブビューにして、カメラだけ持ち上げて主砲の正面から。かっこいい戦車の写真になりました。
背の低い10式だからこそ撮れる写真です。もっと大きい90式だと主砲の位置まで手が届かないんです。
aj-IMG_1152.jpg

駐屯地内に常設展示されている古い戦車もありました。61式戦車。74式の前の国産主力戦車です。
これのレプリカを角川書店が作って、映画「ぼくらの七日間戦争」や最近では「逃走中」「戦闘中」といった番組にも出てきています。
あれはレプリカであって、元は重機を改造したものなので本物ではないですよ。
aj-IMG_1153.jpg

そして61式より前に使われていたM24軽戦車。まだ自衛隊発足前の保安隊から使われていた米軍の供与品です。
当時は戦車という呼び方はせず、M24特車と呼んでいました。
aj-IMG_1154.jpg

テーマ:自衛隊 - ジャンル:写真

平成25年練馬駐屯地記念行事・戦車展示&試乗 2013年04月19日 CampNerima:練馬駐屯地 トラックバック:0コメント:0

駐屯地記念式典が終了、観客も半分くらいは帰っていきます。
しかしまだ展示装備を撮っていないので、駐屯地の開放エリアを見て回ります。

式典が行われたグランドの隣の駐車場に、10式戦車が待機していました。
この後トレーラーに乗せられて富士にある配備駐屯地に帰るために簡単な点検中。
aj-IMG_0983.jpg

砲塔の上に備え付けられた銃架。この時は装着していませんでしたが、12.7mmM2機関銃が装備されます。
aj-IMG_0987.jpg

ずらりとならんだ10式。背の高さが隊員と比べると。世界的な主力戦車に比べても2割軽量で、
小型にまとめられている10式の大きさがよくわかります。
aj-IMG_0989.jpg

やや下からのアングルでも撮ります。キャタピラにゴムパッドが付けられています。
市街地など舗装された場所を通るとき、コンクリートやアスファルトを傷つけないためのものです。
aj-IMG_0994.jpg

主砲である44口径120mm滑腔砲。西側戦車でこのサイズの戦車砲を装備しているものはだいたいドイツのラインメタル社製。
しかし10式はそのラインメタル社製をベースに性能をアップした国産です。あまりの性能の良さにラインメタル社から共同制作を持ちかけられたほど。
武器輸出三原則というくだらない政治指針(法律ではないですよ)のために断念しましたが。
aj-IMG_0999.jpg

ちょっと引いた構図で全体像を。コンパクトにまとまっていて、前から見ると投影面積が少ないのも分かります。
aj-IMG_1004.jpg

ちょうど隊員が引いたところで並んだ10式を撮ります。
この後トレーラーに乗せられていったようです。
aj-IMG_1006.jpg

グランド内を歩いていると、別の車両を発見。車体部は10式戦車ですが上部は違います。
aj-IMG_1018.jpg

サソリのマークの部隊エンブレム。
aj-IMG_1019.jpg

前から見るとこんな形。10式戦車の車体を流用した11式装軌車回収車です。
故障・損傷した戦車を回収するための車両。10式と同じところを行動するので車体を流用しているのです。
aj-IMG_1021.jpg

操縦席の前には煙幕の発射装置。戦車回収ということは戦場にもでるわけですから、自衛用の機関銃を装備する銃架もあります。
aj-IMG_1024.jpg

そこへグランド横の道路から74式戦車が登場。戦車試乗のイベントのためにやってきました。後ろに搭乗用の籠がついています。
aj-IMG_1026.jpg

試乗が行われるグランドでは再び散水車が水をまきます。
aj-IMG_1031.jpg

細かい水しぶきが飛んでくるほどの近さ。
aj-IMG_1044.jpg

散水するところをアップにしてみると、かなり水流が強いのがわかります。
aj-IMG_1047.jpg

試乗の観客を乗せた74式戦車がやってきました。望遠で正面から狙ってみます。
連続写真で。すぐ手前のところでカーブしていきます。
aj-IMG_1067.jpg
aj-IMG_1071.jpg
aj-IMG_1080.jpg
aj-IMG_1082.jpg


今度は場所を変えて広角で。数メートル先を地響きをあげながら走っていきます。
aj-IMG_1088.jpg

砂埃がかなり舞うところでも。このターンのところが土の巻きあがりがすごかったです。
aj-IMG_1092.jpg
aj-IMG_1097.jpg
aj-IMG_1109.jpg
aj-IMG_1110.jpg

74式の一連の走行シーンを動画でも撮りました。迫力をだすためにローアングルで撮っています。
最後のシーンは文字通り砂かぶり席。カメラが砂まみれになりましたw


最後に装備品展示をアップして練馬駐屯地の写真はおしまいです。

テーマ:自衛隊 - ジャンル:写真

平成25年練馬駐屯地記念行事・観閲行進② 2013年04月18日 CampNerima:練馬駐屯地 トラックバック:0コメント:4

練馬駐屯地記念行事の観閲行進、後半です。
特殊車両から戦闘車両まで。様々な装備が登場です。

81式短距離地対空誘導弾。この2台がセットで行動します。
手前がミサイルの発射装置、奥が射撃統制装置です。射撃統制装置の誘導でミサイルが目標に向かうわけです。
aj-IMG_0879.jpg

道路障害作業車。文字通り、道路で障害となるものを除去するための車両です。
有事に放置された車なども撤去するようです。被災地でも大活躍ですね。
aj-IMG_0883.jpg

81式自走架柱橋。荷台の部分に橋をかけるために必要な機材が積まれています。
最大で60mの架橋を行うことができます。74式戦車も渡れるとか。
aj-IMG_0885.jpg

移動加入基地局装置、かな。正式な名前が分かりません。
通信用の装置であることは間違いないですが。
aj-IMG_0895.jpg

これもちょっと自信なし。たぶん電子交換装置。
aj-IMG_0896.jpg

重レッカ。最大10tの重量物のつり上げなどが可能です。
aj-IMG_0898.jpg

これは浄水セット・・かな。汚水から飲料可能な水を作り出すことができます。
aj-IMG_0904.jpg

7tトラック。汎用性が非常に高いから、いろんな用途に使われています。
aj-IMG_0909.jpg

1・1/2t救急車。搬送能力を重視し、一度に運べる傷病者の数は4名。
全員座って状態でなら8名まで輸送することができます。
aj-IMG_0913.jpg

ここから戦闘車両が登場。82式指揮通信車です。
aj-IMG_0915.jpg

操縦席の天蓋から身を乗り出している隊員と比べると、やはり操縦席は狭いことがわかります。
aj-IMG_0919.jpg

行進に先立ち活躍していた散水車こと除染車3形。500tの水の散布が可能です。
化学兵器・生物兵器などで汚染された地域の除染ができるわけです。ただし車そのものに防護装備はないため
重度に汚染された場所だと隊員の安全確保のための措置が必要になります。
aj-IMG_0928.jpg

そしていよいよ戦車登場。今年は新型の10式戦車が登場です。
富士の演習場・駐屯地以外で、これだけの数がまとまって出てくるのは初めてかも。
aj-IMG_0936.jpg

そのまえに82式指揮通信車が並んで通過。
aj-IMG_0939.jpg

そして戦車部隊が動き出します。軽量の戦車である10式ですが、やはり迫力は満点。
しかし手前のマスコミカメラマン、邪魔だよ・・・一番前なんだからでかい脚立乗らなくてもいいだろうに。
aj-IMG_0944.jpg

独特の砲塔部分をアップで。やっぱりかっこいいなあ。
aj-IMG_0948.jpg

引いた構図で全体も。
aj-IMG_0951.jpg

このロボットに変形しそうな砲塔の装甲、これも新機軸を採用しています。
詳細は機密のため不明ですが、モジュール装甲といって取り外して用途に応じていろいろな種類の装甲になります。
aj-IMG_0955.jpg

去年は74式でしたが、まさか今年は全部10式になっているとは。
配備数もどんどん増えているようですね。
aj-IMG_0966.jpg

2両並んだところも。
aj-IMG_0973.jpg

重なりも撮ります。ちょっと上の方から見下ろす感じで撮れるのでかっこよく写ります。
aj-IMG_0976.jpg

最後は第1音楽隊が続いて観閲行進は終了。すごい砂埃・・・
aj-IMG_0980.jpg

あっという間の観閲行進でしたが、10式もたくさん見られて大満足。
式典はこれでおしまいですが、まだまだ展示物はあるので見て回ることにします。

テーマ:自衛隊 - ジャンル:写真

 » »
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。