スポンサーサイト --年--月--日 スポンサー広告

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

横田基地、7.21の離着陸機 2014年07月23日 YokotaAirBase:横田基地 トラックバック:0コメント:2

オスプレイの丘珠からの帰りを撮った7/21の横田基地、それ以外の離着陸機の写真です。
横田基地は基本的にトラフィック少な目。戦闘機はめったになく、ほとんどが輸送機です。
この日は所属機が何機かローカルフライトで上がりました。

朝、拝島駅に降りて南側エンドへ向かう途中、この機体がRW18で離陸するのを見て引き返しました。
ビーチクラフト1900を軍用に改造したC-12。要人輸送のための機体です。
apo-IMG_2723.jpg

RW18エンドに着いたあと、まだ風向きが東北東でもしかしたら南からのアプローチ?と不安になってた所へこのC-12のアプローチ。
おかげでこの日はRW18で北からアプローチ、南へ離陸というのが確信できました。
apo-IMG_2730.jpg

オスプレイの着陸後、南へ移動して。ちょうど所属のC-130が何機か上がりました。
わりと撮り慣れた機体ではありますが。オスプレイ撮影前の露出を合わせるのに最適。
apo-IMG_2866.jpg

プロペラからちょっとベイパーが出ていますね。
apo-IMG_2878.jpg

オスプレイ離陸後も、トラフィックパターンをぐるぐるまわってローアプローチを繰り返します。
3,4機いるので断続的に頭上を通過していきました。
apo-IMG_2940.jpg

ド逆光だけど、このダークな色合いの機体をどこまで描写できるか・・
帰ってからの現像の練習にもなります。
apo-IMG_2989.jpg

後追いでも。もうちょっとすっきりピントが追えれば、もっと大きく写せるのですが。
apo-IMG_2998.jpg

近くの公園で休憩していると、こんなアングルで真上を飛んでいきます。
もし飛ぶことがわかっているなら、この公園で撮るのがいいのかも。
apo-IMG_3010.jpg

アンダーにして、雲と空の描写優先で。
1か月半後のフレンドシップデーではもっといい天気になってくれることを望みます。
apo-IMG_3012.jpg

このくらいの露出がいちばんバランスとれているかな。
この機体、色合いが露出的にけっこう難しいのですよね。
apo-IMG_3015.jpg

というわけで、横田所属機も何枚か撮って撤収。次に来るのはフレンドシップデー前日のフライイン。
珍しいのがくるといいなあ。
スポンサーサイト

テーマ:航空機 - ジャンル:写真

オスプレイ横田飛来 7.21 2014年07月21日 YokotaAirBase:横田基地 トラックバック:0コメント:3

一昨日の予告通り、今日も横田基地外周へ行ってきました。
丘珠での航空ショーから帰投途中、給油のために着陸し岩国へ向かうオスプレイの撮影のためです。
土曜は間一髪アプローチに遅れそうになった教訓から、やはり9:00すぎに外周到着。ただ風向きが東からだったので迷いました。
いろいろ考えて、土曜と同じ北からのアプローチと予想。雲が多くて光線をあまりに気にせず済むから、いつもと違う滑走路東側から撮影です。

9:40ごろに丘珠を離陸したとの情報。そこから2時間で横田に到着しました。予想通り北からのアプローチ。
いつも撮ってる滑走路西側よりも視界が広いので撮りやすいです。エンジンナセルはごらんの角度。一昨日と同じ感じかな。
apo-IMG_2746.jpg

真横から。斜め前の方からやや光が差しているので、一昨日よりはずっと撮りやすく露出も決まりました。
apo-IMG_2751.jpg

少し斜め後ろから。
apo-IMG_2754.jpg

後部ハッチの中が見える角度から。やっぱり隊員が後ろを見張っていますね。
apo-IMG_2763.jpg

続いての機体。エンジンナセルがほぼ真横の固定翼モードで飛来です。滑走路の上空まで来たところでモード変換開始。
apo-IMG_2808.jpg

ちょうど目の前でエンジンナセルが立っていく様子が見えました。これはなかなか貴重なシーン。
apo-IMG_2827.jpg

あっという間にギアダウン、ナセルも角度が急になります。
apo-IMG_2837.jpg

こちらは一昨日と同じように後部ハッチは開いていませんでした。
apo-IMG_2847.jpg

2時間後に離陸と予想し、風も南風のままなのでRW36エンドへ移動。土曜の撮影場所と同じです。
14:00になってタキシング開始。今度は2機同時に離陸を開始しました。
apo-IMG_2888.jpg

いっぺんには撮れないアングルなので、片方は諦めます。
少し離れた場所を選択したので、ちょうどいいアングルで撮れました。
apo-IMG_2901.jpg
apo-IMG_2906.jpg
apo-IMG_2910.jpg

iPhone5Sでの同軸動画。アプローチ2機目のモード変換が分かるでしょうか。
また、オスプレイ離陸前にC-130が離陸したのでそれも撮ってあります。高度がかなり高いC-130、かなり低いオスプレイ×2機。
同じ場所から同じ条件で撮影しています。騒音が、という反対意見の真偽がよくわかるかと。


これでオスプレイのプチ祭りは終わり。なかなか楽しかったです。
今日はこれ以外にも撮れた機体があったので、次回アップします。

テーマ:航空機 - ジャンル:写真

オスプレイ横田飛来 7.19 2014年07月19日 YokotaAirBase:横田基地 トラックバック:0コメント:2

ニュースでもちょっと取り上げられていましたが、今日横田基地に米海兵隊のMV-22「オスプレイ」が初飛来しました。
札幌・丘珠飛行場で明日行われる航空ページェントに参加のため移動中で、給油のための着陸となります。
都内にオスプレイが初飛来、それも休日ということなら行かない手はありません。横田基地へ行ってきました。
午前中飛来、とだけ情報があったので9:00に行けば間に合うかなあと、いうことで最寄駅へ。
風向きを呼んで北からのアプローチと読んだので、八高線箱根ヶ崎駅からちょっと歩いてRW18エンドへ。
いつくるかな・・・と思ったら、なんとすぐに到着。7:30に岩国基地を出たらしいです。いやあ、もう一本後の電車だったら間に合わなかった・・・

本当はもっと基地の中ほどに近い撮影ポイントまで行きたかったのですが、時間がなかったので仕方なし。
滑走路エンド付近の定番ポイントから撮ります。2機飛来のうちのまず1機。固定翼モードからヘリコプターモードにエンジンナセルを立てながらアプローチ。
apo-IMG_2527.jpg

ほぼ直立にエンジンが立ってプロペラが上を向いていますが、ほんの少しだけ前に傾いています。
ヘリコプターも前に進むときはちょっとだけ傾けますが、それと同じ原理でオスプレイはエンジンナセルだけを傾けます。
apo-IMG_2533.jpg

ちょっと後ろからのアングル。後部ハッチが開いていて、搭乗員が周囲を見ています。
チヌークなんかの輸送ヘリも同じようにして、後ろの見張りをしていますね。
apo-IMG_2537.jpg

続いて2機目もアプローチ。先ほどよりもエンジンナセルがちょっとだけ横に傾いています。
その分だけ少しスピードが出ているようでした。
apo-IMG_2577.jpg

上の1機目の同じアングルと比べると分かると思います。
この辺は風の強さなどの関係で制御されるのでしょうね。
apo-IMG_2578.jpg

ちょっと斜め後ろからのアングルも。この機体は横ハッチから隊員が見張っています。
apo-IMG_2586.jpg

着陸は無事撮ったのですぐに移動します。離陸は南向きと読んだので、南側36エンドへ。
到着するとかなりの人。どうやら着陸はこっちで狙っていた人が多いようで。
着陸から2時間半後の11:50、いよいよ丘珠へ向けて離陸します。1機目は少しだけ滑走して勢いをつけ、近づいてきたときにはエンジンがかなり傾いた状態。
apo-IMG_2613.jpg

36エンド側はかなり近いところを飛んでいきます。思ったより真上だったなあ。
apo-IMG_2623.jpg
apo-IMG_2625.jpg

10分ほどおいて2機目が離陸。今度はゆっくりホバリングで上がりながら高度をとります。
apo-IMG_2650.jpg

その後スピードが遅めながら進んできました。2通りの離陸方法が見られてラッキーでした。
apo-IMG_2656.jpg
apo-IMG_2661.jpg

iPhone5Sによる同軸動画も撮っています。



これで今日は撤収。と、36エンドフェンス沿いの道でこんな光景。
マスコミの中継車がたくさん来ていたのですがごらんの通りの路駐・・・一応許可証をもっているようですが。
撮影した方向とは逆、自分の後ろ側はブラインドカーブになってるため、対向車からは全く見えません。
写真奥から来る車はマスコミの車をよけるために、実質的に一方通行なのですが避けた車とカーブを曲がってきた車が何度かぶつかりそうに。
渋滞も何度も起きていました。いくら許可証があるとはいえ、もっと写真奥側に停車させるとかするべきなんでしょうね。
警察は文字通り見ているだけでした(その割にマニアにはやたら注意していましたが)。これじゃあ不信感でちゃいますね。
もちろん、我々マニアも迷惑にならないように注意するべきではあります。
apo-IMG_2673.jpg

明後日もまた丘珠から普天間に帰る途中に給油のため着陸するようです。
天気さえ悪くなければまた行くつもり。

テーマ:航空機 - ジャンル:写真

横田基地フレンドシップデー・C-130空挺降下 2012年08月25日 YokotaAirBase:横田基地 トラックバック:0コメント:6

本日は陸上自衛隊の富士演習で行われた総合火力演習予行に行ってきました。
いやあよかった・・・これはクセになりますね。写真も航空祭の比ではないくらい撮ったのでこれから現像。
横田の写真の後にアップします。その前に先週の横田をね。

U-2の飛来のあと、滑走路が見渡せる場所に陣取ってランチをとります。
ステーキかハンバーガーがよかったけど、並んでいたので空いていたターキー丼で。
もちろん飲み物とかき氷もかって、熱中症対策はばっちり。それでもこの後1時間半待ったのでクタクタでしたが。

なにをそんなに待っていたかというと、横田基地所属のC-130による空挺降下を撮るため。
会場の中ほどでも空挺降下は見えるんですが、せっかくなので離陸・着陸も撮りたかったのです。
暑い中待っていると、2機のC-130がタキシングしてきました。陽炎でメラメラしています。
ae-IMG_0249.jpg

そのまま誘導路を通って目の前を通過。
手前にある滑走路が少し盛り上がっているので、奥の機体は地面にくっついて見えます。
ae-IMG_0263.jpg

と、ここで機体が方向転換。もしかしてこちらに来る?
ae-IMG_0265.jpg

どうやらいた場所が誘導路から滑走路にはいるところのちょうど正面だったようで。
ae-IMG_0266.jpg

2機縦に並んだ機体が、こちらに向かってきます。
これはナイスアングル!シャッターを遅くしてプロペラをしっかり回転させます。
ae-IMG_0273.jpg

やっぱりプロペラ機は正面系がいいですね。
ae-IMG_0275.jpg

エンジンからの排気が大量の陽炎を発生させて、背景がメラメラとぼやけます。
我ながら完璧なアングルw
ae-IMG_0278.jpg

滑走路に入ると機体は再び転回。
ae-IMG_0282.jpg

けっこう近いところをプロペラを回しながら動いていく機体は迫力満点です。
ae-IMG_0285.jpg

2番機が単機になったところも押えます。
久しぶりにこういうシーン撮ったなあ。ちょっと興奮しました。
ae-IMG_0289.jpg

同じく転回。シャッタースピードが1/60まで落としてあるので、被写体ブレしないように注意します。
ae-IMG_0290.jpg

写真では見えないですが、コクピットから手を振ってくれていました。
ae-IMG_0293.jpg

滑走路に入ると徐々に加速して、離陸体勢に入ります。
ae-IMG_0296.jpg

長い滑走路を追い風の状態で離陸。飛び立つところは遠かったのでトリミング。
でも陽炎がすごいのでどちらにしてもぼやけますね。
ae-IMG_0313.jpg

2番機も離陸。エンジンからの排気がうっすらと見えます。
ae-IMG_0323.jpg

しばらく基地北側の空域で待機した後、一度滑走路上空をパスします。
気持ちのいいほど澄み渡った青空バックに、きれいに撮ることができました。
ae-IMG_0335.jpg
ae-IMG_0355.jpg

南側へ抜けて、基地西側を再び北上。遠くにある積乱雲をバックにシルエットで撮ってみました。
ae-IMG_0363.jpg

風がちょっと悪かったので少し待機した後、再び北側から進入してきます。
会場の中央正面あたりにきたところで、空挺隊員が降下開始。
ae-IMG_0403.jpg

2番機も続けて降下。って同じ写真になっちゃったw
ae-IMG_0414.jpg

降りてきたのは28人かな。
南風がちょっと強かったので、だいぶ北の方へ流されていました。
ae-IMG_0419.jpg

基地周辺の低い位置には雲がたくさんあって、それがまた背景にぴったり。
ae-IMG_0428.jpg

隊員が撤収し終わると、C-130が今度は南側から進入してきます。
ae-IMG_0439.jpg

2機続けて入ってきて、ブレイク。ちょっと遠かったので撮れませんでしたが。
ae-IMG_0448.jpg

ショートカットアプローチで滑走路に進入してきました。
ae-IMG_0466.jpg

またシャッターを遅くして、流し撮りします。1/60ほどで。
ブレはないのだけど、灯のようなものが串刺し・・orz
ae-IMG_0472.jpg

1機目は寄ってみました。でも背景がないと意味がないのでここまでしか寄れず。
ae-IMG_0479.jpg

ばっちり流れたのですが、構図がいまいちですね。
ae-IMG_0484.jpg

ランディングでスモークがあがります。ちょっとブレちゃいました。
ae-IMG_0490.jpg

続いて2番機も進入してきます。
ae-IMG_0503.jpg

1番機の失敗を踏まえて、少し引いて撮ることに。
ae-IMG_0511.jpg

やっぱり尾翼までしっかり入った方が絵になりますね。
ae-IMG_0514.jpg

ここまで引いたなら、もうちょっとシャッター遅くしてもよかったかな。
ae-IMG_0518.jpg

ちょっと構造物の影になっちゃいましたが、スモークも撮れました。
ae-IMG_0524.jpg

横田では数少ない飛行展示、ばっちり前で撮れて満足です。
でも久しぶりに撮ったからちょっと失敗も多かったかな・・・
で、例年ならこの後展示エリアが閉鎖されて帰投機が飛んでいくのを撮るのですが、今年は時間がかなり遅いことが判明。
帰る機体も少ないようなので、帰投は今年は諦めてライブを撮ってから帰ることにしました。
次回と、あともう一回くらい続くかな。

テーマ:航空機 - ジャンル:写真

横田基地フレンドシップデー・レースカー&U-2 2012年08月24日 YokotaAirBase:横田基地 トラックバック:0コメント:0

たくさんの展示機を撮り終えて、屋台のエリアへ戻ってきました。
お昼ご飯と飲み物を物色しつつ、このエリアに展示してあったものを撮りました。

毎年横田で展示されるお馴染みのものですが、レーシングカー。
アメリカンなドラッグレースで使われるマシンです。これはファニーカー。
子供連れの人は「カーズだ」と言ってましたが、ちょっと違うw
ae-IMG_0181.jpg

これはドラッグカーレースでよく見るマシン。400mを5秒弱でダッシュする力があります。
トップフューエルドラッグスターというそうです。カラーリングがかっこいい!
ae-IMG_0183.jpg

逆光気味になったところをアンダーで。
1時間に1回くらい、エンジンを始動させてその爆音を響かせていました。
ae-IMG_0184.jpg

これもドラッグカーレースで使われるマシン。
プロストックバイクというやはり直線仕様のバイクです。
ae-IMG_0186.jpg

もう一つトップフューエルドラッグスターが展示されていたところへ、レースクィーンのオネエサン登場。
願ってもないシチュエーションですねwもちろん望遠に付け替えてばっちり撮りますw
ae-IMG_0192.jpg

サングラスかけているのがちょっと残念ではありますが。
周りにでかいカメラを持っている人がいなかったためか、視線を独占できましたw
ae-IMG_0194.jpg

おっと、マシン全体も撮らないとw
こういう長いマシンは斜めにするとかえって安定した構図になりますね。
ae-IMG_0198.jpg

でもやっぱりこっちに目がいってしまうw
横田は地上展示ばっかりだからといって、広角レンズだけではいけません。
こういうこともあるのでw
ae-IMG_0201.jpg

他のマシンも撮ります。真っ黒のエンジンがやたらでかいマシン。
できれば横から撮りたかったかな。
ae-IMG_0203.jpg

クラシカルな車も飾ってありました。ナンバーがあったのでこれで公道走るんでしょうね。
横田基地がある福生界隈では、クラシカルな車をけっこう見かけます。
アメリカンな雰囲気が、そういう趣味の人を集めるのかも。
ae-IMG_0204.jpg

さて、車を撮って屋台でお昼を買って。滑走路の近くで食べていたら周りがなにやら空に注目。
何か飛んでくるのかな・・・と思っていたらなんとやってきたのはこの機体。
韓国に配備されている高高度偵察機、というかスパイ機のほうがしっくりくるかな。U-2が飛んできました。
ae-IMG_0212.jpg

この機体が配備されたころ、迎撃の対空ミサイルが届かない高度を飛んで領空侵犯し、偵察を行っていました。
古くはキューバ危機でも話題になった古い機体です。
ae-IMG_0226.jpg

土曜日に飛来することはわかっていたのですが、まさか日曜も飛んでくるとは。
脚を降ろしていますが、前後に一つずつしかありません。これは徹底した軽量化によるもので
着陸するときは一輪車のようにバランスをとりながらランディングし、速度をじゅうぶんに落としてから翼の先を接地させて止まります。
そのあと翼の先に取り外しができる補助輪をつけて格納庫へ向かい、離陸するときに外れるようになっています。
ae-IMG_0232.jpg

今回は2パスのみでした。2回目のパスで、途中でエンジン音があがり急上昇。
といっても戦闘機のようにはいきませんが。
ae-IMG_0239.jpg

長い翼で風をとらえるようにゆっくりと上昇していき、そのまま見えなくなりました。
現在の戦闘機よりはるかに高い25000mまで上昇することができます。(F-22でも実用高度は15000m)
非常に高い高度を飛ぶため、パイロットは宇宙服のような与圧服を着て任務にあたるのです。
ae-IMG_0241.jpg

晴れていてラプター他珍しい機体を撮れただけでも満足でしたが、さらにこんなサプライズもあるとは。
今年の横田、2日目は大当たりでした。続いても飛行展示の写真です。横田基地所属のC-130が登場です。

テーマ:航空機 - ジャンル:写真

横田基地フレンドシップデー・展示機⑤中型機・小型機 2012年08月23日 YokotaAirBase:横田基地 トラックバック:0コメント:4

横田の展示機は今回でおわり。
一回りするのに1時間ちょっとかかりました。たくさん機体があるから時間がかかるけど
夢中になると熱中症になりがちなので注意が必要。最後はへろへろになりながらも撮りました。

ヘリのエリアの隣に中型輸送機のエリア。空自のC-130です。
特長的な機首部分をアップで。強い日差しを利用して影を濃くしました。
ae-IMG_0149.jpg

反対側、順光になる位置から。
窓の多さがこの機体の古さを感じさせます。
ae-IMG_0150.jpg

こちらにも翼の影で休む人たち。
時間が経てば影も移動すると思うのですが、そうするとこの人たちも移動するのでしょうか。
ae-IMG_0153.jpg

空自C-130の隣に、横田基地所属のC-130。色は灰色の制空迷彩です。
機体後部のこのでっぱりはなにかのセンサーかな。
ae-IMG_0154.jpg

コクピットをまた同じように。赤外線暗視装置が見えます。
ae-IMG_0159.jpg

反対側に回ると、コクピットになにやらホースが。
たぶん冷却用の空気を送っていると思われます。
ae-IMG_0160.jpg

またエンジンカウルを開けている機体。
いろいろパイプがあって何が何やら。
ae-IMG_0162.jpg

その機体はこちら。海兵隊の人員輸送機C-12です。
展示機の①で登場した海自のLC-90と系列は同じです。
ae-IMG_0164.jpg

プロペラが取り付けられてる部分はきれいに磨き上げられています。
映りこんだ機体を一緒に撮ってみました。魚眼みたいですね。
ae-IMG_0166.jpg

ノーズ部分にこの文字。しかし書いてあると押したくなるw
ae-IMG_0169.jpg

もう1機C-12が展示されていました。どちらかが空軍機かな。
こちらも映りこんだ機体と、会場の様子。
ae-IMG_0171.jpg

遊覧用の小型機、富士重工のFA200。エアロスバルの名前で知られます。
桶川のホンダエアポートの機体かな。
ae-IMG_0173.jpg

こちらはセスナ。横田の遊覧飛行で使われます。
ここの機体は日本の伝統的なもののマーキングがしてあります。
ae-IMG_0174.jpg

基地のペイントはおそらく写真をベースにしたものですがなかなかきれいです。
こういう機体が近くを飛んでいたら楽しいでしょうね。
ae-IMG_0176.jpg

それにしても派手なペイント。軍用機でも最近はこういうのはないですね。
ちなみにこのセスナ、改修を受けてコクピットがグラスコクピットになっていました。
ae-IMG_0179.jpg

展示機は以上でおしまい。
これでも5年くらい前に比べると機数が少なくなったくらい。
このあと屋台でアメリカンフードと冷たい飲み物を飲んでエネルギー補充。
まだまだ続くお祭りの楽しみに備えます。

テーマ:航空機 - ジャンル:写真

横田基地フレンドシップデー・展示機④ヘリコプター 2012年08月22日 YokotaAirBase:横田基地 トラックバック:0コメント:4

横田の展示機、巨大輸送機のところでようやく折り返し。
なにしろさえぎるものがなくて暑いので、のんびりしていると逆に危険。
効率よく撮って、なるべく早く冷たい飲み物が売っているところに・・・
というわけでサクサク進みます。

陸上自衛隊のCH-47J「チヌーク」。機体の屋根に国旗と記念の文字。
ae-IMG_0094.jpg

エンジンカウルが開けてありました。
自衛隊のイベントに比べると、ちょっと開放的な展示になってるかも。
ae-IMG_0095.jpg

ロープが張られていないので自由に触ることができます。
リベットのごつごつがいい感じ。
ae-IMG_0098.jpg

機首部分。弐飛の文字がかっこいいです。
群馬の相馬原駐屯地の機体と思います。
ae-IMG_0101.jpg

アメリカ空軍の救難ヘリ、HH-60です。
戦場において撃墜された味方航空機の搭乗員を救助するのが任務です。
ae-IMG_0103.jpg

機体の前方にあるこの装置。夜間でも任務ができるように備えられた
赤外線監視装置でしょうか。空自のUH-60Jにはなかったと思います。
ae-IMG_0104.jpg

特長的なのがこの空中給油用の給油口。
これを給油機から下げられたドローグに差し込んで給油します。
ae-IMG_0107.jpg

機体後方から。前線での任務が多いので、UH-60シリーズに比べて装甲が強化されています。
この無骨な感じがたまりません。
ae-IMG_0111.jpg

要救助者を釣り上げるときに使う装具。
PULLと書かれたアームが3方向に開いて、そこにまたがる形で乗り、
そのままヘリへ釣り上げられるわけです。
ae-IMG_0114.jpg

海自のSH-60J。準国産の後継機、SH-60Kに置き換わりつつあります。
ae-IMG_0116.jpg

と、ここで横田基地所属機のフライト。
UH-1が飛び立って、滑走路上空を旋回してくれました。
でもちょっと高度高め、特に何をするわけでもなく。
ae-IMG_0133.jpg

陸自のUH-60J。機首部分にメッセージが書かれています。
こういうのはステッカーで作成して、展示エリアについてから貼ることが多いようです。
ae-IMG_0139.jpg

エンジンの排気口部分。
ae-IMG_0142.jpg

機体横に吊るされた燃料タンク。これを爆弾・ミサイルと言う人(オジサン)がけっこう多いんですよね。
それも自信たっぷりにwだいたいそばで見ていた隊員さんが訂正してくれますが。
ae-IMG_0143.jpg

これは全体像を撮ってませんが、米陸軍のUH-60。
つまりブラックホーク・ファミリーが4機ならんでいたわけです。
空自のが加われば、また圧巻だったでしょうね。
ae-IMG_0147.jpg

その横にちょこんとおいてあった陸自のOH-6D。小さくてかわいらしい機体です。
でもこの大きさで4人乗りこむことができます。
ae-IMG_0148.jpg

次で展示機はラスト。最後は中型輸送機と、小型の飛行機です。

テーマ:航空機 - ジャンル:写真

 » »
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。