スポンサーサイト --年--月--日 スポンサー広告

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

雲の向こうのアメリカへ・成田航空科学博物館より② 2013年07月07日 NaritaAirpot:成田空港 トラックバック:0コメント:4

今回で成田の写真はラストです。最後は離陸ラッシュの時間帯になったので、低い雲を抜けて飛んでいく航空機を。

ちょうど雲の切れ間の太陽と、離陸機の飛行コースが重なりました。
太陽の周りの雲が強い光に照らされて彩雲の状態に。飛行機のまわりがきれいな色に囲まれます。
ak-IMG_0288.jpg
ak-IMG_0314.jpg

ここからアメリカ東海岸行のデルタ航空機が次々と飛んでいきます。
燃料満載で重たくなっているB747が3000m近く滑走して離陸。
ak-IMG_0320.jpg

国内線の羽田で見ればもっと高度の上がりがいいはずですが、重たいせいかなかなか高度があがりません。
ak-IMG_0331.jpg

高度がなかなか上がらないので、引きで撮った後にこんなアップも狙えます。
大きい機体はやっぱりいいなあ。
ak-IMG_0335.jpg

暗いドン曇りの雲めがけて飛んでいきます。そのうち雲に紛れて見えなくなりました。
ak-IMG_0344.jpg

時折低い雲が流れてきます。パキスタン航空のA310は博物館脳上空に流れてきた雲に溶けるように見えなくなりました。
ak-IMG_0365.jpg

またデルタのB747が離陸。この離陸シーンが見えるところの手前に、駐機している機体があってうまく撮れません。
ak-IMG_0386.jpg

表情のある雲をバックに、エンジンから黒い排気を出しながら上昇していきます。
これも重たいのでなかなか高度があがりません。
ak-IMG_0387.jpg

このアングルの雲がなかなかいい感じ。
ak-IMG_0397.jpg

一番近いところでまたアップで。
ak-IMG_0414.jpg

後ろから見るとエンジンからの黒煙がかなり出ています。これは別に故障しているわけではなく
搭載しているエンジンが古いからというのが大きな原因でしょうね。
ak-IMG_0423.jpg

しかしこれだけ煙出ているとちょっと心配にもなりますねw
ak-IMG_0444.jpg

次もデルタ。たぶんB767です。
ak-IMG_0461.jpg

ここで低い雲が流れてきて、湿気が非常に多い雲が機体を覆います。分かりづらいですが翼の上面にすごいベイパー。
ak-IMG_0465.jpg

次のB747で最後にすることに。これも滑走路の端まで引っ張ってきました。
この手前のANAが邪魔なんですよね・・・
ak-IMG_0480.jpg

だいぶ引きにして雲を主役に。機体が大きなB747だから絵になります。
ak-IMG_0495.jpg

なかなか高度をあげずに飛んでいきます。
ak-IMG_0511.jpg

スピードが出てきたところで少しずつレートをあげていきました。
フライトレーダー24で追っていったら、九十九里浜を超えて太平洋に出るあたりでもまだ雲の上に抜けていませんでした。
ak-IMG_0524.jpg

これで今回の成田は終わり。やはり外周の方がよく撮れますね。
次も来るときは外周中心で攻めようと思います。
スポンサーサイト

テーマ:航空機 - ジャンル:写真

雲海の離陸・成田航空科学博物館より① 2013年07月05日 NaritaAirpot:成田空港 トラックバック:0コメント:2

成田空港で撮影した飛行機の続きです。
滑走路北側・さくらの山公園を撤収して、バスに乗って南側へ移動。これまたエンド付近にある航空科学博物館から離陸機を狙います。

さくらの山から歩いてバス停に行き、そこからバスで15分ほどで航空科学博物館に到着です。
到着後、すぐに離陸機が頭上を通過していきました。さくらの山で撮ったばかりのエーデルワイス航空A330。わずか1時間半のステイでスイスに向かいます。
ak-IMG_0130.jpg

KLMオランダ航空のB767。雲がいい感じで模様になっていたので引いて撮ることに。
ak-IMG_0140.jpg

少し離陸機が途絶えたので、博物館内のレストランで離陸機を見ながら。
食べ終わるとすぐに1機きました。窓越しに撮影しているので少し霞んでいます。
ak-IMG_0153.jpg

晴れているところとドン曇りのところで差があって、表情ある空になりました。
飛行機は小さめに、シルエットで撮ります。
ak-IMG_0160.jpg

少し青空も見えるので明るめに。大韓航空のB767かな。
でもちょっと露出が難しいです。
ak-IMG_0176.jpg

少し風があるせいか、雲もどんどん流れていきました。
飛行機はあくまで小さくして、空の表情をメインに。空の雄大さがかえって分かるかなと。
ak-IMG_0200.jpg
ak-IMG_0215.jpg

離陸と着陸が交互になるラッシュの時間帯に。手前に着陸を終えたばかりのユナイテッド航空のB737。
滑走路の上空にANAのB767がアプローチ中。そしてエンドでスカイマークのB737が待機中です。
ak-IMG_0231.jpg

また雲の表情をメインに。しかし窓越しはやっぱりメリハリがない・・・
ak-IMG_0239.jpg

ということで、外の展望台に移動です。少し雲がくっきり写るようになりました。
次々と離陸機が飛んでいきます。雲が流れて、数分後には表情が変わるのが面白かったです。
ak-IMG_0247.jpg
ak-IMG_0251.jpg
ak-IMG_0260.jpg
ak-IMG_0269.jpg
ak-IMG_0272.jpg
ak-IMG_0280.jpg

ロシア・シベリア航空のA321。カラーリングがなかなかいいので、これはシルエットにはしませんでした。
ak-IMG_0302.jpg

次回で成田の写真はラストです。

テーマ:航空機 - ジャンル:写真

曇天の成田空港RW16Rエンド・成田さくらの山から③ 2013年07月02日 NaritaAirpot:成田空港 トラックバック:0コメント:0

成田さくらの山からの飛行機撮影。離陸ラッシュがちょっと落ち着くとしばしのサイレントタイム。
離陸機は空港のダイヤを見ればわかりますが、着陸機はちょっと読めません。そんな時に便利なのが↓。

flightradar24(フライトレーダー24)

飛行機マニアの間ではけっこう必須アイテムになってますね。iphoneのアプリでもあります。
これを見れば、国際線ならほぼ100%リアルタイムで飛んでいる飛行機の情報がわかります。
飛行機をクリックすれば航空会社、機種、便名、行き先も出るのでアプローチしてくる機体が一目瞭然なわけです。
ちなみにこのサイト、ヨーロッパをちょっと広域にしてみてみるとすごいですよw

で、そのアプリを見ていたらちょうどアプローチが続いてくることが判明。最初に飛んできたのはデルタ航空のB747。
ジャンボはやっぱりこのアングルがいいですね。
aj-IMG_9952.jpg

北東方向の空はドン曇り。暗くて低い雲がたちこめていました。
レタッチでそれぞれ強調したらなかなかいい感じ。
aj-IMG_9956.jpg

巨大なジャンボのタッチダウン。ギアが多いから迫力あります。
aj-IMG_9963.jpg

次もデルタ。B767が来ました。これもアンダーで雲を強調して。
aj-IMG_9992.jpg

エンジン排気のメラメラがたくさん出ています。横風の多い成田では、このシーンでスライドしていくところも見えるとか。
ak-IMG_0002.jpg

一機、離陸機。B747です。垂直尾翼を目印にシンメトリーで。
ak-IMG_0018.jpg

アシアナ航空のB747でした。このエアラインもジャンボ持っていたんですね。
ak-IMG_0023.jpg

次はアラブ首長国連邦のエディハド航空。アラブの金持ちが半分道楽で作ったようなエアラインズですw
スポンサーになっているイギリス・プレミアリーグのマンチェスター・シティの特別塗装機。これかっこいいなあ。
曇天とのマッチングが最高です。
ak-IMG_0035.jpg

ウィングレットにはサッカーボール。エンジンカウルにはUAEの国章にもなっている金の鷹のマーク。
ak-IMG_0041.jpg

垂直尾翼にも鷹の国章。他国サッカーチームのスポンサーカラーでありながら、しっかりとナショナル・フラッグシップとしての
カラーを出しているのはさすがです。日本の航空会社もこれくらい主張してもいいような。
ak-IMG_0048.jpg

フェデックスの貨物型B777が登場。MD-11はやや難のある機体なので、安定感のあるB777がいいんでしょうね。
ak-IMG_0056.jpg

最近CMでもやっているLCCのジェットスター。LCCもうまく使えばすごくお得なんでしょうね。
ak-IMG_0061.jpg

そしてながーい胴体のルフトハンザA340-600。B747-8のほうが長いのですが、胴体の細さでこちらが長く感じます。
ak-IMG_0064.jpg

大韓航空のB747カーゴ。最近経済の先行きがかなり怪しいこの国・・・ちょっと写真的にマッチしてますねw
ak-IMG_0072.jpg

巨大な機体の前半分だけアップで、タッチダウン寸前のシーンを。
ak-IMG_0075.jpg

地面効果があるのか、ここからなかなかタッチダウンまでいきません。けっこう奥まで引っ張ります。
ak-IMG_0078.jpg

そしてA340-600が滑走路に入ってきました。やはり長い・・・
ak-IMG_0104.jpg

A380に比べれば小さいですが、それでも大きさを十分感じます。
ak-IMG_0107.jpg

これで帰るかな・・・と思ったらもう一機アプローチ。
エバー航空のキティちゃんジェット。内装もばっちりキティの拘り機です。
ak-IMG_0119.jpg

日本発のハローキティが台湾の航空会社で使われるのもなんだか不思議な感じです。
でもこれだけ可愛く書いてあると人気も高いでしょうね。
ak-IMG_0126.jpg

ここまで撮ってなりたさくらの山を撤退。滑走路の反対側エンドにまわって離陸機を狙います。

テーマ:航空機 - ジャンル:写真

曇天の成田空港RW16Rエンド・成田さくらの山から② 2013年07月01日 NaritaAirpot:成田空港 トラックバック:0コメント:4

成田空港北側のさくらの山公園から撮影した、国際線の離陸の続き。
離陸シーンと言うよりは、誘導路から滑走路にはいるイントゥ・ポジションのシーンですけどね。

スカンジナビア航空のA340。相変わらずこの機体は長さがあるくせにスマートなので撮りづらい・・
スウェーデン、デンマークとノルウェーの共同出資による航空会社です。
aj-IMG_9779.jpg

最近日本でも定着しつつあるLCC。マレーシアのLCCであるエアー・アジアと全日空が合同で設立したのが
日本版LCCのエアー・アジア・ジャパンです。その機体であるA320。赤白のツートンだと日本の会社らしいですね。
aj-IMG_9783.jpg

そしてまたJALのB787がやってきました。革新技術もあるし、まだまだ新鋭機なのでトラブルはしばらく出るでしょうね。
aj-IMG_9792.jpg

ブリティッシュ・エアウェイズのB777。このエアラインズはカラーリングのセンスがいいです。
aj-IMG_9812.jpg

そしてその後ろから巨大機が2機ならんできました。前はチャイナ・カーゴのB747、後ろはエールフランスのA380。
世界の航空機メーカートップ2のフラッグシップ機がなんと並んでやってきました。
aj-IMG_9824.jpg

その一つ前にロシアのアエロフロート航空のA330。このカラーリングもかっこいいです。
というか、ロシアがエアバス使ってて中国がボーイング使って、その後ろにエールフランスのエアバス最新鋭機。
これが日本の成田でごく当たり前に見られるのだから、冷戦時代ももう過去のものだなあと。
aj-IMG_9826.jpg

貨物型ではありますが、名機B747のれっきとした一員。ターンインも迫力があります。
aj-IMG_9835.jpg

正面から見てもやはり大きいですね。
4発のエンジンの外側だけ撮りこんで、あとは切っちゃいました。
aj-IMG_9837.jpg

B747ターンインの間にアエロフロートのA330が離陸。
aj-IMG_9841.jpg

そしてB747がイントゥ・ポジション。その背後にうまくA380が重なってご対面。
aj-IMG_9846.jpg

A380もターンインするところまでやってきました。っていうかでけえw
aj-IMG_9851.jpg

総2階建て、世界最大の旅客機だけあってサイズが半端ないです。
こうしてみると、こんな巨大なものが空を飛ぶというのが不思議なくらい。
aj-IMG_9856.jpg

B747が離陸を開始。4発機のエンジン音はやはり迫力満点。
aj-IMG_9862.jpg

そしてA380が滑走路へ。でかい。とにかくでかいですw
aj-IMG_9870.jpg

主翼の大きさ、厚さ、その他いろんな大きさ。そういえばこれが飛んでいくのを見るのは初めて。
aj-IMG_9884.jpg

巨大機2機が飛び去った後、久しぶりに着陸機。
派手なカラーリングの機体が飛んできました。
aj-IMG_9901.jpg

スイス・エーデルワイス航空のA330です。
ナショナル・フラッグシップではないのですが、お国柄がよくわかる機体です。
aj-IMG_9905.jpg

滑走路へアプローチ。先ほどのA380と比べるとなんと軽やかか。
aj-IMG_9909.jpg

タッチダウン寸前のなかなかいいシーンが撮れました。
寒ければもっとジェット排気のメラメラが目立つでしょうね。
aj-IMG_9915.jpg

ここからスポッター的に。タイ国際航空のB777。
サービスの高品質さが評価されている航空会社です。
aj-IMG_9918.jpg

ガルーダ・インドネシア航空のA330。こちらは逆に安全面で一時期懸念があったエアライン。
aj-IMG_9926.jpg

黄色の派手なB777。台湾のLCC、SCOOTの機体です。
そういえば黄色い飛行機ってあんまりないですね。
aj-IMG_9934.jpg

次でさくらの山からはいったん終了。

テーマ:航空機 - ジャンル:写真

曇天の成田空港RW16Rエンド・成田さくらの山から① 2013年06月30日 NaritaAirpot:成田空港 トラックバック:0コメント:0

ちょっと時間ができたので、久しぶりに成田空港へ行ってきました。
厚木も考えたけど調べてみたらもう空母が出港した後だったのと、羽田も代わり映えがないので・・ということで成田へ。
これまでは空港の展望デッキからが殆どでしたが、今回は初めて滑走路エンドの撮影ポイントへ行ってみました。
南風運用だったので、まずは着陸機を狙うためにA滑走路北側にある「成田さくらの山公園」へ。ここからはA滑走路がエンドから一望できます。
成田駅からバスに乗って15分、そこから歩いてさらに15分。空港北西側の公園に到着。
展望台のようになっている場所から、次々に離陸していく飛行機が見えました。

最初はキャセイ・パシフィックのエアバスA330。
aj-IMG_9630.jpg

続いてJALのB777。国際線仕様の機体が列をなして誘導路で待機、次から次へと離陸していきます。
この位置からの離陸シーンはやっぱり迫力があります。
aj-IMG_9640.jpg

滑走路へ入る航空機が誘導路でしばらく停止しているな、と思ったら着陸機。
フェデックスの貨物型MD-11がアプローチしてきました。今となっては珍しい3発機です。
aj-IMG_9654.jpg

主翼の下の2発と、垂直尾翼に付けられた1発のエンジン。
今の没個性的な航空機の中ではかなり存在感があります。
aj-IMG_9657.jpg

まもなく滑走路にタッチダウン。このシーンがなかなか素晴らしい。
aj-IMG_9660.jpg

貨物型のMD-11は客がいないからか、どすん!という感じで降ります。
ランディングギアもかなりのスモークをあげていきました。
aj-IMG_9667.jpg

そして入れ替わりで滑走路に入って離陸体勢をとったのも、同じくフェデックスのMD-11。
aj-IMG_9670.jpg

オーストリア航空のB777。この機体は内装がかなりリニューアルされていて
オーストリア航空の肝いりの飛行機となっています。相性も「Spirit of Austria」とつけられているほど。
aj-IMG_9681.jpg

シンガポール航空のB777。上記のオーストリア航空のB777よりもボディが長い-300型です。
aj-IMG_9685.jpg

続いて4発機がきました。イギリスのバージン・アトランチック航空のエアバスA340。
スマートながら4発というこれまた個性的な機体。
aj-IMG_9695.jpg

A340の中でも最もボディが長い-600型。そのため滑走路に入っていくところ全体をとらえるのが大変です。
4発のエンジンを強調するように、前半分だけ撮りました。
aj-IMG_9697.jpg

またMD-11がきました。これも貨物専用機。
大手貨物会社のユナイテッド・パーセル・サービスの所有機です。
aj-IMG_9709.jpg

窓がないからちょっと軍用機みたいな感じもありますね。
aj-IMG_9710.jpg

離陸も長い距離を滑走した後にけっこうな角度で上っていきました。
aj-IMG_9718.jpg

次の機体は・・・真正面のシーンを撮って。そのままターンしていくと。
aj-IMG_9725.jpg

飛行停止が明けたB787です。そういえばJALのB787を撮るのは初めてかも。
外からはほとんど分かりませんが、国際線仕様も初めてです。
aj-IMG_9730.jpg

特長的なギザギザのエンジンカウル。そして翼はまだピカピカで、地面を映しこんでいます。
aj-IMG_9733.jpg

低騒音をうたっているだけあって、このエンジン全開のシーンでもかなり静かでした。
aj-IMG_9741.jpg

次の機体は、ちょっと分かりにくいですか銀色のピカピカの飛行機。
aj-IMG_9760.jpg

銀色塗装と言えばやはりアメリカン航空。ただ合併によりこのカラーリングも消えてしまうようですが。
今回はピンクリボンの特別塗装機が撮れました。
aj-IMG_9764.jpg

機体が鏡のようになっているので、地面の模様も簡単に映しこみます。
aj-IMG_9768.jpg

同じ銀色塗装でも、このようなポリッシュ・ド・スキンという地金むき出しのものはやはり質感がいいです。
新しい塗装も銀らしいのですが「銀色」を塗っているそうで、写真を見る限りでは昔JALが鶴丸をやめてアーク塗装にしたときのがっかり感に近いものがあります。
aj-IMG_9771.jpg

成田空港の写真、しばらく続きます。

テーマ:航空機 - ジャンル:写真

2/4の成田空港・航空科学博物館展望台から 2012年02月16日 NaritaAirpot:成田空港 トラックバック:0コメント:8

CP+の写真が終わったので、2/4に成田で撮った飛行機写真に戻ります。
前回は航空科学博物館の展示品まで出しましたね。そのあとに博物館5階の展望台へ移動。
ここは空港のA滑走路を見下ろせるようになっていて、離発着の飛行機も間近で見られます。

この日は博物館のある南側から、北側へ向けての離着陸。
デルタ航空のB747がちょうど滑走路端で待機していました。
ac-IMG_3161.jpg

展望台では係員が無線などを聞きながら、離発着便の機体、行き先などについて説明してくれます。
B747が待機していたのは着陸機の到着待ちということ。しばらくするとユナイテッド航空のB777が来ました。
ac-IMG_3164.jpg

この時間は逆光になるうえ、ガラス越しなのでどうしても画質が悪くなります。
ブログサイズならなんとか見られるレベルに補正。
ac-IMG_3165.jpg

タッチダウン寸前の機体を5階の高さから撮るので、けっこう近くまで寄れます。
ac-IMG_3166.jpg

ここで思いっきり引いて、逆光シルエットでも撮ってみます。
もうちょっと雲があると絵になるんだけどなあ。
ac-IMG_3174.jpg

ユナイテッドのB777が着陸すると、すぐにデルタのB747が滑走路に入ります。
ac-IMG_3177.jpg

アナウンスによると、確かデトロイト行だったかな。
燃料を満載しているので、4000mの滑走路を目いっぱい使って上がっていきました。
ac-IMG_3178.jpg

続いてエアチャイナのB777が滑走路へ入り、すぐに離陸。
距離が近いのと、エンジンのパワーに余力があるので滑走距離は短めでした。
ac-IMG_3180.jpg

入れ違いにデルタのB777がアプローチ。この日はデルタ機をたくさん見ました。
ac-IMG_3197.jpg

またシルエットで。夕方まで粘ればきれいな夕日をバックに撮れます。
今回は小さい子連れなので早めに切り上げましたが。
ac-IMG_3201.jpg

タッチダウン寸前の様子。ガラスの反射が入ってしまってますね。
まあこれは仕方ないか。
ac-IMG_3202.jpg

大韓航空のエアバスA330が滑走路に入ります。
ターンインする瞬間に、太陽の光が反射してきらっと光るのがきれいです。
ac-IMG_3208.jpg

羽田ほどではないですが、やはり便数の多い空港なので次々と飛行機がやってきます。
ユナイテッド航空のB747。やっぱりジャンボは重厚感あるなあ。
ac-IMG_3216.jpg

タッチダウン寸前のシーンはいい感じ。ジェット排気がきれいに撮れました。
ac-IMG_3223.jpg

ANAのB777も降りてきます。羽田では見慣れているけど、成田で見るとちょっと新鮮。
ac-IMG_3233.jpg

ユナイテッドのB777も続きます。長距離国際便はすっかりB777が主役になりました。
ジャンボや他の機体ももっと見たいけどなあ。
ac-IMG_3255.jpg

最後にまたシルエット。これは展望台ではなく、屋外から撮ってます。
やっぱり写り方が違いますね。
ac-IMG_3283.jpg

次回は博物館の屋外に展示してある古い飛行機を。

テーマ:航空機 - ジャンル:写真

2/4の成田空港・展望デッキから 2012年02月07日 NaritaAirpot:成田空港 トラックバック:0コメント:12

先日の日曜日、久しぶりに成田空港へ行ってきました。羽田は去年の9月に行ったけど成田は何年かぶり。
2歳になったばかりの姪っ子が飛行機・鉄道大好きになり、実機を見たい&成田エクスプレスに乗りたい
ということから案内がてら行ってきたわけです。そういう理由でもないと成田は遠くていけないので・・・w

お昼すぎに空港について、ランチの後にまずは展望デッキへ。国際空港らしく色とりどりの飛行機が並びます。
最初に目についたのはロシアのアエロフロート航空・エアバスA330。こんな派手なカラーリングになってたとは。
昔は白地に青いラインの、いかにも東側っていう質素なカラーだったのに。
ac-IMG_3077.jpg

こんだけピカピカならやっぱりアンダーで撮るしかないですねw
かなり露出を落としてさらに暗部も落とします。
ac-IMG_3081.jpg

でもほかの機体は普通に撮りますw
大韓航空のB777。久しぶりに旅客機の飛ぶところ撮ったなあ。
ac-IMG_3082.jpg

湿気があればベイパーが出るシーンですが。
さすがに空っ風の吹く2月なので出ません。
ac-IMG_3085.jpg

アエロフロート機がプッシュバックされてエプロン上に止まります。
この機体を撮るときはアンダーで。
ac-IMG_3087.jpg

左側からアメリカ・デルタ航空のB757がやってきました。
手前がB滑走路に着陸してランプインする前、奥がA滑走路に着陸した機体です。
B757は日本の航空会社は購入しておらず、国内ではなかなか見られない機体です。
ac-IMG_3089.jpg

そしてアエロフロート機とすれ違います。
ac-IMG_3090.jpg

B757の通過をまってアエロフロート機は誘導路へ。
逆光に照らされて輝きます。かっこいい~。
ac-IMG_3095.jpg

整備から上がってきたばかりなんでしょうか。機体がピカピカなので周りの景色が映っています。
ac-IMG_3099.jpg

アエロフロート機が行ってしまったのと入れ替わりに、ドイツ・ルフトハンザ航空のエアバスA340が離陸。
旅客機としては長さが最も長い機体です。
ac-IMG_3104.jpg

大韓航空のB777がやってきました。この機体もピカピカです。
ac-IMG_3107.jpg

スリランカ航空のA340。ルフトハンザの機体よりは全長が短いタイプです。
ac-IMG_3108.jpg

で、件のアエロフロート機が離陸していきます。
やっぱりアンダーで撮りますよw
ac-IMG_3115.jpg

しかし逆光で離陸シーンをアンダーで撮るのは勇気がいります。
あまり露出を下げないで、あとでレタッチした方がいいかもしれませんね。
ac-IMG_3124.jpg

アエロフロートが離陸したところで展望デッキを撤収。
空港脇にある航空科学博物館行のバスに乗ります。

テーマ:航空機 - ジャンル:写真

 
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。