スポンサーサイト --年--月--日 スポンサー広告

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

航空祭のあと、茨城空港にて 2013年09月17日 HyakuriBase:百里基地 トラックバック:0コメント:0

不安定な天候だったけど飛行展示はほぼ行われて満足だった百里基地航空祭の予行。
帰りは本番ほどではなくとも渋滞は予想されるので少し時間をおいて帰ることに。
夕方、東京駅へ直行するバスがあるのでそれで帰ることに。時間があったので少しのんびり撮影します。

茨城空港の建物はまだピカピカ。そりゃあできたばっかりですからね。
施設もきれいで、使う分にはまあいいですよ。
ak-IMG_8556.jpg

ご飯を食べてのんびり・・・と思ったらF-15のエンジン音。
もう航空祭予行は終わったはず・・と思って滑走路の方を見てみるとアラートハンガーが開いて、イーグルのエンジンがまわってます。
これはスクランブル・・!と思ったのですがただのエンジンラインナップでした。
ak-IMG_8560.jpg

ついでにそのまま、空港横に展示してあるファントムの用廃機を撮影。
少し高くなっているところからコクピットの高さで撮れます。
ak-IMG_8563.jpg

ファントムは2機。偵察用のRF-4EJ改とこのF-4EJ改。
ak-IMG_8564.jpg

RF-4Eのほうはシャークトゥースが残されたままです。
ak-IMG_8566.jpg

夕刻がせまり、背景の空もなかなかいい感じに。
アンダーで撮ってみます。
ak-IMG_8572.jpg
ak-IMG_8574.jpg

広角で空を大きく取り込んで。
ak-IMG_8591.jpg

日が傾くと機体の下の方からも撮りやすくなりますね。
ak-IMG_8594.jpg

と、ここで滑走路からまたエンジン音。
今度はスカイマークのB737が降りてきました。
ak-IMG_8598.jpg

1日の便数は非常に少ない茨城空港。
立地が悪すぎて旅客は成功しないのが目に見えているのだから、成田の貨物枠を持って来ればいいのにとは思います。
ak-IMG_8601.jpg

空港の展望デッキにも行ってみます。
全面ガラス張りのデッキなんですが、ここのはちょっと変わってます。
ak-IMG_8609.jpg

このように、左方向は曇るように特殊加工されていて見えないのです。
左側は空自の基地。つまり機密保全のためにわざわざこんなことをしているわけです。
ak-IMG_8610.jpg

先ほどのB737も左側に移動して、斜め右方向を向くように見るとちゃんと写ります。
ak-IMG_8611.jpg

空港内にはこんなオブジェも。筑波山のガマガエルを模したものでしょうね。
ak-IMG_8613.jpg

埴輪?もありました。
ak-IMG_8614.jpg

この後バスに乗って東京駅へ。もし百里に撮影に来ることがあるなら、航空祭でなければ東京駅からのバスがいいかも。
常磐線で来ると石岡からの交通手段に困るんですよね。
次回は、先週の土曜に行った陸自松戸駐屯地の記念行事の様子を。
スポンサーサイト

テーマ:航空機 - ジャンル:写真

百里基地航空祭2013特別公開・戦術偵察デモ 2013年09月13日 HyakuriBase:百里基地 トラックバック:0コメント:4

百里基地航空祭予行、午前最後の飛行展示です。
最後は百里にしか配備されていないRF-4Eによる戦術偵察デモ。静浜でも見られましたが、地元では「本気」が見られます。

RF-4Eはフォーメーションで離陸します。けっこう気温あがってきているんですが、ブラストがよくわかります。
遠目で撮れなかったけど、この後タックディパーチャーでブレイク。
ak-IMG_8071.jpg

戦術偵察は、低空を高速で飛び一気に敵地上空を駆け抜けて偵察するというもの。
しかも敵の攻撃を避けるため、急旋回などを取り混ぜて飛びます。
ak-IMG_8108.jpg

低空を急旋回。360度のターンをします。そしてこのベイパー。
この時間帯が一番ベイパーが出ていたようで、ファントムがここまでベイパーを出すのは初めて見ました。
ak-IMG_8118.jpg

ド逆光なのでベイパーがあまり見えませんが。
光に透かされて少し色がついています。
ak-IMG_8130.jpg

直上通過でドアップ。機体が雲に包まれている様子が分かります。
ak-IMG_8135.jpg

順光方向へ。翼の上面がすごいことになっていますね。
ak-IMG_8138.jpg

こちらに背中を向けたときがねらい目。旋回のアングルと場所によっては少な目にベイパーがでることも。
ak-IMG_8156.jpg

会場方向から見れば背中、こちらから見たらお腹が見える場合も実はねらい目でした。
お腹を見せて向こう側にターンしていくと・・・
ak-IMG_8171.jpg

翼の上面から激しくベイパーを出しながらターンしてくのが見えます。
ak-IMG_8176.jpg

まっすぐ飛んでいて、ちょっと仰角をとっただけでもこのベイパー。
機体の上部が雲に包まれています。
ak-IMG_8188.jpg

遠目ですが、やはり雲に包まれてターン。
ak-IMG_8191.jpg

この日一番のベイパーがこれ。立ち位置からのアングルも最高でした。
一瞬、ベイパーが収まったと思ったら再び雲に機体が包まれます。
ここまですごいのはホントに初めて。イーグルでは見たことあるんですけどね。
ak-IMG_8209.jpg
ak-IMG_8212.jpg
ak-IMG_8213.jpg
ak-IMG_8214.jpg
ak-IMG_8215.jpg
ak-IMG_8216.jpg
ak-IMG_8219.jpg

お腹をこちらに向けてのターンでも、ベイパーの大量発生がよくわかります。
むしろ順光側で背景に雲がないから分かりやすいですね。
ak-IMG_8235.jpg
ak-IMG_8256.jpg
ak-IMG_8260.jpg

今思えば、一枚くらい低速シャッターでもよかったかも。けっこういい絵になると思うのですよね。
ak-IMG_8271.jpg

と、また盛大に雲がでます。
ak-IMG_8280.jpg

最後はあちら側へのブレイク。ここでも機体が真っ白に。
ak-IMG_8331.jpg
ak-IMG_8341.jpg

ここまですごい機動は久しぶりに見ました。
やはりベイパー祭りだった2006年に匹敵します。これがあるから百里まで来れる・・w
次はブルーインパルスです。

テーマ:航空機 - ジャンル:写真

百里基地航空祭2013特別公開・救難隊デモ&F-4AGG 2013年09月11日 HyakuriBase:百里基地 トラックバック:0コメント:6

百里基地航空祭の予行の続き。F-15の機動が終わると空が急に晴れてきました。
予報は曇り時々雨だったのでちょっと驚き。というか完全に油断して真っ赤に日焼けですw

ファントムが下りてからしばらくして、スカイマークのB737-800が着陸。
一応共用空港なので、民間機もこうして降りてきます。ちなみに民間機は近いほうの滑走路を使うので、目の前を通過します。
ak-IMG_7807.jpg

太陽の光が窓ガラスに反射。この写真では見えませんが、外周に集まったマニアを見てパイロットも驚いていた様子。
ak-IMG_7815.jpg

滑走路まで80mもありません。小型のB737とはいえ、間近で見ることになり大迫力。
ak-IMG_7819.jpg

スカイマーク機がターミナルへ引っ込むと、救難隊の出番。
百里救難隊のU-125Aがまずは要救助者の捜索。
ak-IMG_7823.jpg

発見の連絡を受けてUH-60Jも飛んでいきます。ここぞとばかり、けっこうなひねり。
ak-IMG_7833.jpg

旋回して要救助者の上空へ。
ak-IMG_7850.jpg
ak-IMG_7856.jpg

ホバリング状態になってから、メディックが降下します。
縦構図にするとその高さがよくわかりますね。これをロープ一本で降りてくるわけです。
ak-IMG_7864.jpg

続いてストレッチャーに要救助者をのせて吊り上げます。
ak-IMG_7870.jpg

いつもと同じ救難デモ。しかしこの積み重ねが大事なんですよね。
展示を終えて着陸します。
ak-IMG_7888.jpg

次は302飛行隊のF-4EJ改ファントムによる対地射爆デモ(AGG)。
こちらからは遠くて撮れないスクランブル発進のデモに続き、超低空のローアングルからの離陸。
1番機、この高さ。背景の建物の高さを覚えておいてください。
ak-IMG_7914.jpg
ak-IMG_7918.jpg

2番機は流し撮りにしよう、と1/60秒に設定。
浮き上がってから全然高度をあげません。
ak-IMG_7926.jpg

けっこう低速シャッターなのでブレブレですが。先ほどの1番機と比べても異常に低いのが分かるでしょうか。
ファントムの高さが5m。その分よりもおそらく低い高度を保ったまま、高速で飛んでいます。
こんなすごいローアングル、ブルーインパルスでも最近は見ません。
ak-IMG_7939.jpg
ak-IMG_7940.jpg
ak-IMG_7947.jpg

2機とも滑走路エンドで急上昇してハイレートクライム。
戻ってきてブレイクしてからAGGに移ります。そのブレイクの直前、真上を通過したところ。
ak-IMG_7963.jpg

AGGは緩降下で突っ込んできて、バーナー全開で急上昇の繰り返し。
機動飛行に比べれば地味ですが、戦闘機のパワーを実感できる飛行でもあります。
ak-IMG_7974.jpg
ak-IMG_7985.jpg
ak-IMG_8014.jpg

ブレイクするときは急旋回。バーナーの炎もよく見えました。
ak-IMG_8025.jpg

こちら側にブレイクするときはベイパーも軽く見えます。
ak-IMG_8032.jpg

何回かAGGをして着陸。爆音を楽しむにはちょうどいい飛行展示です。
ドラッグシュートで減速しながら、着陸滑走します。
ak-IMG_8041.jpg
ak-IMG_8051.jpg

AGGが終わって、またスカイマークの機体が離陸するころ。ちなみい17mmの広角で撮ってます。
こんなにも天気がよくなりました。翌日もこの天気なら疲労を押してもいったんですけどね。
ak-IMG_8066.jpg

次はまたファントム。偵察飛行隊のRF-4Eが登場です。
この日一番のベイパー祭りになりました。

テーマ:航空機 - ジャンル:写真

百里基地航空祭2013特別公開・F-15J機動飛行 2013年09月09日 HyakuriBase:百里基地 トラックバック:0コメント:2

百里基地航空祭の予行、続いての飛行展示は305飛行隊「梅組」のF-15Jによる機動飛行です。
まだ曇り空が広がっていましたが、水平系の機動なら十分できそうな天候。むしろ高湿度によりベイパーが期待できそうです。

エプロンから誘導路を通って滑走路エンドへ向かうイーグル3機。ちなみに1機は予備機です。
百里の誘導路は反戦(反日)運動家の嫌がらせによる土地買収で、一部が「く」の字に。その部分を通っているところです。
ak-IMG_7415.jpg

離陸はフォーメーションではなく、単機で。ローアングルからハイレートクライムが1機目。
ハイレートはちょっと遠かったので目の前を通ったところを。
ak-IMG_7429.jpg

2機目もローアングルからいきなりひねり。そのまま360度旋回の大迫力機動。
捻りのところは撮れなかったけど、ばっちり目に焼き付けましたw
ak-IMG_7451.jpg

その旋回で戻ってきたところを押えます。逆光気味だけどちょっと露出補正が足りないかな。
ak-IMG_7471.jpg

自分のいるところが旋回の起点に近いので、背中を向けたところがばっちり狙えます。
逆光気味ではあるけど、翼の縁のベイパーがやや虹色に。
ak-IMG_7494.jpg

旋回中、ターンのアングルがきつくなると翼の上面にベイパーが大量に発生。
これは翼の表面に沿って流れていた空気が高機動によって剥がれ、その部分の気圧が急激に下がることで
水蒸気飽和量が減少、空気の中の水分が凝結して雲状のものが発生するというものです。
ak-IMG_7533.jpg

旋回したまま逆光方向へ。翼の縁が色づいているのが分かるでしょうか。
太陽光によりプリズム効果の一部が出ているわけです。これってアングルの関係からか、百里以外ではなかなか見られないんですよね。
ak-IMG_7537.jpg

こちらから見てバーナーの炎がよく見えるアングルでもターン。
けっこう近いのではっきり見えます。
ak-IMG_7547.jpg

とにかく近いところを360度旋回、というのが多かったです。
爆音も体中に浴びる感じ。これぞ戦闘機の機動ひこうですね。大満足。
ak-IMG_7574.jpg
ak-IMG_7580.jpg
ak-IMG_7618.jpg
ak-IMG_7621.jpg

曇り空で補正+2とかなので背景が真っ白ですが。
でもかえって機体がくっきり見えていいかも。
ak-IMG_7637.jpg

近いところでお腹もばっちり見えます。
ak-IMG_7648.jpg

去年は散々やったナイフエッジ。今年は一回だけ。
去年は背中の記念塗装がきれいでしたからね。
ak-IMG_7658.jpg

タッチ&ゴーは全力の上昇が目の前。測ってみたら200mくらいのところで飛んでました。
ak-IMG_7671.jpg

バーナーもばっちり。
ak-IMG_7679.jpg

今回何回も見られた背中を見せる機動。エプロン側だとここまで見られません。
ak-IMG_7706.jpg

基地管制塔裏側から、エプロン上空を通ってのターン。
翼の端からきれいなベイパーが出ました。それもすごく長い筋状のもの。
ここまでのものはなかなか見られません。
ak-IMG_7714.jpg
ak-IMG_7743.jpg
ak-IMG_7746.jpg
ak-IMG_7752.jpg

最後は2機でのブレイク。近いほうの機体へ狙います。
直上を通過して・・・
ak-IMG_7765.jpg

ブレイク。バーナーなしだったのが残念。
ak-IMG_7766.jpg

着陸は流してみました。だいぶぶれちゃってますが。
ak-IMG_7783.jpg
ak-IMG_7798.jpg

最後のほうでまた太陽の日が差してきました。
続いては救難隊とファントムの対地射爆デモです。

テーマ:航空機 - ジャンル:写真

百里基地航空祭2013特別公開・航過飛行 2013年09月08日 HyakuriBase:百里基地 トラックバック:0コメント:4

今日は百里基地航空祭・・・ですが、今日の本番は断念しました。
昨日の特別公開(予行)が意外に天気がよく満足いった内容だったことと、やっぱり疲れてしまって再度あの渋滞がひどい航空祭に出るのはきつくて。
雨じゃなくて晴れなら現地泊するかしてでも行ったのですけどね。どうやら飛行展示はすべて中止だったようです。
というわけで、今回の百里の写真は全て予行からになります。
土曜の始発で常磐線石岡駅へ。タクシーで茨城空港へ向かいますが、すでに国道が渋滞。裏道を通ってもらって無事到着しました。
空港からではショウセンターが遠くてよく見えないので、滑走路を挟んで基地管制塔が正面に見える「西門ポイント」へ。
民間機の滑走路のすぐ横からの撮影になります。歩いて向かっているときに天候偵察のT-4が飛んでいました。

ポイントにはすでに先客がたくさん。フェンス際からだから脚立があったほうがいいですね。
オープニングのT-4航過の後、基地所属機による編隊飛行のため次々と上がっていきます。まず救難隊のU-125A。
ak-IMG_7295.jpg

続いて偵察飛行隊のRF-4Eが2機編隊で。しかし重なりがうまく撮れず。
ak-IMG_7300.jpg

302飛行隊のファントムはうまく重なりました。
ak-IMG_7309.jpg

F-15はけっこう引っ張ってきたのでちょうどいい高さのところを押えます。
ak-IMG_7322.jpg

しばらくして、天候不良のため編隊を組むことができないので2機編隊ごとの航過に切り替えるとのアナウンス。
基地のエプロンからアナウンスが聞こえてくるので情報も入りやすいです。まずは302飛行隊。薄曇りで逆光なので真っ黒。
ak-IMG_7327.jpg

もっとプラス補正してイーグルはなんとか色を出します。
ak-IMG_7333.jpg

雲が多いところにさしかかったら逆にアンダーで雲の模様も出してみました。
ak-IMG_7335.jpg

偵察隊ファントムも同様。
ak-IMG_7343.jpg

ファントムは低速なのにちょっと動いたらベイパーが出ています。
これは機動飛行が楽しみ。
ak-IMG_7346.jpg

パスした順番で降りてきました。ちなみにU-125Aは救難展示もあるので着陸はなし。
ファントムは流してみます。
ak-IMG_7359.jpg

イーグルはドラッグシュートを使わないのでこのような仰角をつけたままで滑走。
ak-IMG_7367.jpg

スピードが落ちたら前も降ろします。
ak-IMG_7381.jpg
ak-IMG_7383.jpg

偵察隊のファントムで着陸はおしまい。
ak-IMG_7400.jpg

まだちょっと天気が安定しないかな・・と思っていたらちょっとずつ日が差してきました。

テーマ:航空機 - ジャンル:写真

百里基地航空祭2012・イーグル機動飛行2回目 2012年10月30日 HyakuriBase:百里基地 トラックバック:0コメント:10

だいぶ百里ネタで引っ張ってきましたが、もう今週末が入間だし
そろそろ終わらせます、というかさすがに百里ネタはもうないのでw
最後は305飛行隊のF-15による機動飛行2回目。航空祭のトリをつとめます。
滑走路端で救難隊を撮ったあと、ちょっと考えてまたエプロンの方へ戻ります。
1回目で撮り損ねたタックディパーチャーを撮りたかったので。
滑走路沿いに歩いてすぐ戻れるのが百里のいいところでもあります。

エンジンスタートで若干のトラブルがあったせいか、やや遅れての進行。
しかもそのせいか、編隊離陸が行われずタックディパーチャーはなし・・・
ややローアングルで離陸する記念塗装機の背中を見送ります。
af-IMG_7370.jpg

2番機はおそらくタックディパーチャーの動きをしたのかな。
会場方向と反対側にひねります。
af-IMG_7381.jpg

それがちょうどノズルがこっちに向く角度でのひねりだったので
アフターバーナーからの爆音をもろに浴びましたw
af-IMG_7384.jpg

すぐ切り返してきて、こちらに背中を向けながらパス。
この位置、意外といいかも。
af-IMG_7405.jpg

基地北側へ抜けるときの背中見せが順光になるので非常に撮りやすいです。
位置も近いし。1回目もここで撮れればよかったかなあ。
af-IMG_7414.jpg

ちなみにパイロットは誰だったか不明。
紹介アナウンス時にエプロンにいなかったので・・・
af-IMG_7422.jpg

南側から太陽を背にナイフエッジで侵入してくるイーグル。
背中見せでのパスと言えば・・・
af-IMG_7426.jpg

やっぱり記念塗装機です。午後の百里は逆光になるので撮りにくいですが
位置を工夫すれば順光でも狙えますね。
af-IMG_7432.jpg

2番機も太陽と重なったところを。
af-IMG_7442.jpg

そのまま滑走路側へブレイク。
黒く光る機体とアフターバーナー。
af-IMG_7446.jpg

記念塗装機はひたすら背中w
ここまでやれば、デザインしてペイントした整備員も満足でしょうね。
af-IMG_7485.jpg

2番機の猛烈な突っ込み。
やはり近いので迫力あります。
af-IMG_7499.jpg

そして上昇しながらベイパーをひいてブレイク。
af-IMG_7514.jpg

会場正面からこっちのほうへ突っ込んできてブレイク。
1回目と構成はだいたい同じみたいです。
af-IMG_7534.jpg

2番機も背中。意外とこの1枚が一番きれいに撮れていたりします。
af-IMG_7539.jpg

もうこの機体は背中だけでいいですねw
逆光気味なのでちょっと写りが悪いですが。
af-IMG_7551.jpg

2番機のタッチ&ゴー。
展示機のないところなので、人垣をうまく避ければかなりクリアに撮ることができます。
またとないチャンスなので、思い切って流し撮り。1/100秒です。
af-IMG_7573.jpg
af-IMG_7579.jpg

最後は2機のコンバットブレイク。
2番機がちょうど真上に突っ込んできました。これはすごい迫力・・・・
af-IMG_7590.jpg
af-IMG_7592.jpg

そして滑走路上空でクロスして、入れ替わりに背中を見せながら記念塗装機。
最後なので連写しまくりました。特によかった3枚を連続で。
af-IMG_7607.jpg
af-IMG_7612.jpg
af-IMG_7616.jpg

この機動を撮った位置が、帰りのバス乗り場からすぐのところだったので
着陸は撮らずに撤収。すぐにバスに乗れました。
帰りは少し渋滞にはまりましたが(これは航空祭はあまり関係なく、石岡市の社会問題にもなってる
慢性的な国道の渋滞のようです)、日が暮れるまでに石岡駅に戻ることができました。
ブルーが来ない航空祭でも、地元部隊が頑張ってくれたので非常に内容の濃い航空祭でした。
また来年も期待できそうです。

次回はほったらかしだった新宿の大道芸の続き。
それが終わればいよいよ入間です。

テーマ:航空機 - ジャンル:写真

百里基地航空祭2012・救難隊飛行展示 2012年10月29日 HyakuriBase:百里基地 トラックバック:0コメント:2

百里基地航空祭もあと2つ記事アップしたら終了です。
いつもの航空祭なら、午後はブルーが飛んでだいたい終わりなんですが
今回の百里は午後も4つも飛行展示があって盛りだくさん。
たまにはブルーなしと言うのもありなのかもしれませんね。

ファントムの飛行展示が連続してあり、そのあとは救難隊が登場です。
最初は地上展示してあるあたりで撮ろうかと思いましたが、ちょっと思い立って滑走路端へ。
af-IMG_7233.jpg

百里は滑走路にものすごく近いところで、さえぎるものが殆どなく撮ることができます。
来年以降の下見も兼ねて、U-125Aの離陸を滑走路端で撮ることに。
しばらくしてタキシングしてきました。
af-IMG_7241.jpg

見張り窓から航法員が手を振ってくれます。
af-IMG_7243.jpg

これだけ近いところから見られるのもあまりないかも。
ただしショウセンターから離れているので、撮れないものも多くなりますが。
af-IMG_7245.jpg

エプロンのほうではUH-60Jが離陸体勢にはいっています。
ホバリングで待機して、U-125Aと同時に上昇予定。
af-IMG_7253.jpg

滑走路端でクリアランスをもらうと、エンジン全開。
とはいえ元がビジネスジェットなので、戦闘機に比べると大人しいですが。
af-IMG_7256.jpg

離陸後、しばらくしてU-125Aが滑走路上空へ戻ってきました。
滑走路端だとアプローチがよく見えますね。
af-IMG_7262.jpg

続いてUH-60Jも通過。ほぼ真上で順光なのできれいに撮れます。
af-IMG_7274.jpg

しかし救難展示はこの距離。まあ仕方ないですが。
むしろ距離があることで、ロープでの降下の高さが分かりやすいかも。
af-IMG_7288.jpg

続いて要救助者をピックアップ。
af-IMG_7293.jpg

その間にU-125Aは上空を旋回しながら周囲を警戒。
しかし意外と遠かった・・・
af-IMG_7295.jpg

救難展示が終わると、すぐにUH-60Jは離脱。
しばらくしてトラフィックパターンにのって着陸。
af-IMG_7318.jpg

U-125Aも着陸します。滑走路端に置いてあった廃バスと一緒に。
滑走路の白いラインから光が反射して、軽くレフになってますね。
af-IMG_7325.jpg

タッチダウン。スモークが少しだけ撮れました。
af-IMG_7340.jpg

UH-60Jもタッチダウンしかけています。
しかし設定間違えて完全にローター停まった・・・
af-IMG_7351.jpg

そしてエプロンへ戻っていきました。
af-IMG_7365.jpg

来年、この場所で撮るのも意外とありかも。
天候次第ですが、考えてみるかな。
次回のF-15機動飛行で百里の記事もラストです。

テーマ:航空機 - ジャンル:写真

 » »
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。