スポンサーサイト --年--月--日 スポンサー広告

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

春薔薇2013・旧古河庭園② 2013年05月21日 Rose:薔薇 トラックバック:0コメント:2

旧古河庭園で撮った薔薇の続き。日差しはあるものの、風によって雲が流れて時折影がさします。
人ごみもけっこうあるので、タイミングを見計らいながらの撮影になりました。

自己主張が強い花だけに群生を撮るのは難しいですが、うまくまとめるとやっぱり華やかになります。
aj-IMG_4667.jpg

ここから望遠に切り替え。背景にしろっぽい薔薇をいれて、手前に赤の一輪。
aj-IMG_4677.jpg

暗い木々をバックに、明るい薔薇の横顔を。
aj-IMG_4680.jpg

緑もたくさん取り入れてみます。ただ暗くするだけじゃつまらないですから。
aj-IMG_4683.jpg

ちょっと曇り空になったときは、逆にシルエットにして不安感のある露出に。
aj-IMG_4698.jpg

一転して明るくなったところで、また鮮やかな赤を映し出します。
aj-IMG_4707.jpg

背景のモミジとの緑の兼ね合いが難しいですね。
緑もいい色にしてやらないと、赤が引き立たないので。
aj-IMG_4709.jpg

ふと、目の前の薔薇にセセリチョウ。こんな時期からもう飛んでいるとは。
人に慣れているこの種類の蝶は、近づいても逃げません。慎重にピントを合わせます。マクロがあれば・・・
aj-IMG_4721.jpg

背景はあまりいれずに、薔薇のアップも。
aj-IMG_4728.jpg

逆に暗い背景を多くして、やや散漫な構図で逆に薔薇の色を引き立ててみます。
aj-IMG_4739.jpg

植込みに咲いていたとても小さい花をぼかして雪のようなイメージで。
でも手前の薔薇の主張がやっぱり強いですね。
aj-IMG_4748.jpg

で、植込みのうえの薔薇がきれいだったので望遠で。
きれいに刈り取られた、真っ平らな植込みもまたきれいです。
aj-IMG_4768.jpg

なかにはこんなにシャイな薔薇も。
aj-IMG_4772.jpg

白い薔薇の花びらが光に透かされていたので、暗部を落して光に透ける花びらを強調します。
aj-IMG_4783.jpg

かなり大きめの花はマクロぽく。でも望遠で寄っているだけでマクロじゃないんですけどね。
aj-IMG_4784.jpg

だいぶ雲が出てきて太陽の光も途絶えがち。そろそろ撤収かな、というところで雲間からでた日光と絡めてどアンダーな日中シンクロで。
aj-IMG_4795.jpg

薔薇はやっぱり王道ゆえ難しいですが、写真の基本を確認できるの楽しいです。
こういう被写体もどんどん撮らないとうまくなれないですからね。次回はまた久しぶりの被写体。地下鉄です。
あとお知らせ。最近ちょっとスパムコメントが多いので、しばらく認証コメントで様子を見ます。
スポンサーサイト

テーマ:花・植物 - ジャンル:写真

春薔薇2013・旧古河庭園① 2013年05月20日 Rose:薔薇 トラックバック:0コメント:4

先の週末はあまり遠出せずゴロゴロ・・ではもったいないので今ちょうどシーズンの薔薇を撮りに。
薔薇と言えばやっぱり旧古河庭園ですね。やや雲があったけど天気もまあよかったので行ってきました。

古河庭園といえば洋館。そのオシャレな窓をバックに。中には喫茶室もあります。
aj-IMG_4598.jpg

石造りの重厚な建物と華やかな薔薇を対比。しかしこの撮り方難しいんですよね。
明るい花と建物の暗さがあまりにも差がありすぎて。
aj-IMG_4602.jpg

白いバラはもはや建物と合わせるのは無理なので、群生しているところだけ切り取って。
aj-IMG_4604.jpg

きれいに刈り取られた植込みのところにぽつんと赤いバラ。
あまりにきれいにまとまっていて、なんだか非現実的でもあります。
aj-IMG_4608.jpg

最初は広角で撮ってみます。なるべく同じ色・形の薔薇でまとめて構図取り。
aj-IMG_4611.jpg

薔薇はやはり暗部を落すとしっとりとした雰囲気になっていいですね。
ただ太陽が雲に隠れてしまうと光がフラットになるので、太陽光が差すところを狙います。
aj-IMG_4616.jpg

薔薇の群生を狙うというのはけっこう難しいものです。
一輪での存在感が非常に強いですからね。背景の薔薇もけっこう主張するので、構図のバランスがとにかく大事。
aj-IMG_4619.jpg

古河庭園のシンボル、洋館をいれて。これはちょっと工夫の余地あり、かな。
aj-IMG_4624.jpg

またきれいに刈り込まれた植込みをバックに。これもきっちり構図を取ると面白いです。
aj-IMG_4631.jpg

薔薇園の下にある日本庭園への入口をバックに。背景はモミジなので、11月末になると赤くなります。
ただその時期に薔薇はほとんど咲かないんですけどね。一度そういう景色を見てみたいものです。
aj-IMG_4632.jpg

二輪の黄色を前後に。これも前後の感覚が難しい・・・もうちょっと後ろをボカしたいとは思います。
aj-IMG_4638.jpg

周りの暗部を落して、黄色を際立たせてみました。
しかしちょっと絞りが甘いですね。
aj-IMG_4640.jpg

植込みに小さい白い花。その隣に存在感抜群の薔薇。
この対比もまた面白いです。
aj-IMG_4647.jpg

いろいろな種類の薔薇が密集しているところは、手前にメインの薔薇をおいて日中シンクロで強調。
そのまま撮ると後ろの方がごちゃごちゃしすぎて、散漫な印象になっちゃうので。
aj-IMG_4655.jpg

ただ日中シンクロもやりすぎるとけばい印象になります。
加減がなかなか難しいんですよね。人があまりに多すぎて写りこんでしまうのもむずかしいところです。
aj-IMG_4660.jpg

続きは次回。

テーマ:花・植物 - ジャンル:写真

旧古河庭園のバラ・2012春② 2012年05月31日 Rose:薔薇 トラックバック:0コメント:10

古河庭園の春薔薇の続きです。広角で一通り撮ったあとは望遠に切り替え。
いつもの撮り方ですが、暗い背景を選んで切り取った花を浮かび上がらせます。

高い位置にあるツルバラ。白い枠組みがちょっと邪魔ですが。
最小限におさえてバランスよく撮れました。
ad-IMG_3096.jpg

低い位置にあるものも。あまりメリハリがないので全体的にアンダーですが。
色が濃くなった感じがしてこれはこれでありかな。
ad-IMG_3097.jpg

同じ薔薇を角度を変えて、さらに寄ります。
ad-IMG_3104.jpg

光を受けて輝く葉っぱを背景に。露出の設定に迷いましたが結局補正なし。
ad-IMG_3107.jpg

一輪だけの薔薇をオーソドックスに。しかし存在感が出るように。
ad-IMG_3110.jpg

光の当たり方がよかったので、暗部をぎりぎりまで落とします。
花と葉っぱの一部だけ光が当たるようにしました。
ad-IMG_3114.jpg

後姿を浮かび上がらせて。
もうちょっと余白が多くてもよかったかな。
ad-IMG_3116.jpg

これも花だけを浮かび上がらせます。
左下がちょっとボケてますね。まあ仕方ない。
ad-IMG_3121.jpg

そのうち一輪をさらに強調して。
少し痛んでいるのもまた風情があります。しかしピントが甘いな。
ad-IMG_3123.jpg

今回唯一ハイキーな写真。
白バラの隙間から覗いた赤いバラです。
ad-IMG_3124.jpg

その白バラの群生。思いっきり絞り込んでピントを合わせました。
ad-IMG_3126.jpg

また望遠で切り取ります。
花の全体はあえて写さず、一部だけというのもいいかなと。
ad-IMG_3128.jpg

余白のとりかたに気を付けて。
暗部もだいぶ落として花を暗闇にうずめます。
ad-IMG_3131.jpg

縦にして2/3ほどしか写さず。
ad-IMG_3134.jpg

黄色もこの撮り方をするのに向いている花です。
ただ今回はあまり黄色をとりませんでした。
ad-IMG_3139.jpg

いつもならここでマクロも出しますが、今回はなし。
次見に行くところがあったので。古河庭園から移動して上野に向かいます。

テーマ:花・植物 - ジャンル:写真

旧古河庭園のバラ・2012春① 2012年05月30日 Rose:薔薇 トラックバック:0コメント:4

先にも書いた通り、土日は秋田から23がやってきたので東京観光。
ここ何年か、年一回の恒例行事になってます。以前やっていたCURURUというSNSサイトからのお付き合いのある
ブロ友さんたちで集まって撮影オフをたまにやっているのです。
いろいろと東京の名所や穴場的なところを案内していて、今回は土曜が上野や新宿、中野。
日曜日は横須賀に行って船を見てきました。写真もたくさん撮ったので順番にアップしていきます。
まずは土曜日。朝一で、この時期薔薇が咲いている旧古河庭園に行きました。
ここの景色も他では見られない、ある意味東京らしい場所かなあと。天気もよく薔薇も見ごろで絶好の撮影条件です。

9時になると同時に開門。ここ数年、すっかり名所として有名になってしまい
朝一か夕方でないと、休日は混みすぎてとてもじゃないけど撮影もできないような状態。
この洋館もしっかり撮ろうと思ったら、やはり光線状態のいい朝が最適です。
ad-IMG_3056.jpg

金曜に少し雨が降ったものの、いい天気が続いたおかげで薔薇も満開。
まずは広角で洋館を絡めながら。古河庭園らしい薔薇の写真を狙います。
ad-IMG_3059.jpg

天気がいいので薔薇の色もクッキリ。ただ洋館の壁のいろが暗いのでバランスがとりにいくいです。
露出は中間でとって、現像時にシャドウ部をもちあげ、ハイトーンを少し下げるようにしています。
ad-IMG_3061.jpg

洋館を背景にいれなければこうして、シャドウ部を落とせるんですけどね。
ad-IMG_3065.jpg

斜面の緑はつつじ。空の青さと花の鮮やかさと。洋館の落ち着いた色がいい組み合わせになりました。
ad-IMG_3067.jpg

古河庭園のバラ園は小さいですが、それだけにしっかりと手入れが行き届いています。
こうして写真に撮ったときに、庭園の美しさというのがわかりますね。
ad-IMG_3068.jpg

日差しが強い分、明るいところと暗いところのメリハリが強くなります。
現像でさらにその明暗差を強めて。情熱的な赤を強調してみました。
ad-IMG_3073.jpg

古河庭園の王道的な構図で。人が入ってしまいますが、その方が情景的にいいかなと。
あまり混みすぎているのは勘弁ですが。このくらいなら。
ad-IMG_3074.jpg

斜面を切り開いたバラ園は洋館より低い位置にあるので、広角で絡めて撮りやすくなってます。
ただ上にも書いたように、露出のバランスが難しい。これも暗部をけっこう持ち上げてます。
ad-IMG_3079.jpg

満開の薔薇と洋館。PLフィルターが欲しくなりますね。
ad-IMG_3083.jpg

白いのはあえて飛ばしてみました。
その方がこの日の天気の良さ、日差しの強さが表現できるかなと。
ad-IMG_3084.jpg

大きな2輪を広角で寄って強調します。
背景はもちろん落として。微妙な色合いのピンクがきれいです。
ad-IMG_3086.jpg

遠目に撮っても、赤いバラは存在感がありますね。
背景が暗い色の洋館だとなおさら色が映えます。
ad-IMG_3090.jpg

ちょっと構図に無理がありますが。一輪によって、洋館を絡めて。
ad-IMG_3093.jpg

とまあこんな感じで洋館と薔薇をメインに撮ってみました。
次回は望遠で切り取った薔薇です。

テーマ:花・植物 - ジャンル:写真

華やかに薔薇・・・谷津バラ園③ 2011年11月23日 Rose:薔薇 トラックバック:0コメント:2

薔薇の写真も今回でラストです。最後は背景も取り込んで撮ったものを。
背景を落として撮った場合は、メインの花だけを考えればだいたい構図はOKなのですが
背景もきちんと写すとなると、メインとの兼ね合いも考えなければいけないので難しくなります。

遠くの薔薇の群生をバックに。手前のメインのほうがちょっと色が暗いので
全体的に明るくしています。ちょっとピントが甘いですね。
ab-IMG_8418.jpg

薄らとした玉ボケをバックに。あくまでメインは花なので、背景がうるさくならないように。
ab-IMG_8419.jpg

全体的に柔らかいピンクにまとめたかったのですが、ちょっと露出が足りないかな。
構図も偏っていて甘いですね。
ab-IMG_8420.jpg

緑の背景に一番似合うのはやはり王道の赤かな。
ピンクの花を軽いアクセントに入れてみました。
ab-IMG_8421.jpg

またピンクの花をバックに。でもメインの花が弱いなあ。
かなり離れたところから望遠で寄っているので、メインの構図に制約が出てしまいます。
ab-IMG_8422.jpg

背景を完全に黒くすることも考えたのですが、上にちょっと緑のラインを入れてみました。
そうすることでまた違った奥行きが得られるかと。
ab-IMG_8423.jpg

高いところから下を向いている花。
バックの玉ボケをシャワーからでる水しぶきのイメージで撮ってみました。
もうちょっと玉ボケがあるといいんですけどね。
ab-IMG_8425.jpg

こういう群生の花は広角で絞ってしっかり被写界深度を稼ぎ、明るめに撮ります。
そうすることでだいぶ立体感がでたかなあと。
ab-IMG_8433.jpg

これは赤と緑のコントラストがきれいだったのですが、左上に白い部分ができてしまうので、
なるべく花の先に置いて一体感があるように。もうちょっとアングルを工夫できたかな。
ab-IMG_8435.jpg

たくさん薔薇が咲いている様子を広角で。
手持ちなのでブレとの兼ね合いがありますが、なるべく絞って撮ります。
あと大事なのは、こういうシーンでもしっかりメインの花を決めることですね。
今回は手前右のちょっと色が濃い花にピントを持ってきています。
ab-IMG_8438.jpg

明るい花がバックに見えるところで、枯れかけ?の暗い色をメインに。
ab-IMG_8445.jpg

適当な背景がないときはあえて寄っちゃいます。
マクロというほどではないけど、背景がないくらいにアップにして。
中途半端にしないのが大事ですね。
ab-IMG_8454.jpg

バラ園のサイトでは満開と出ていたのですが、実際はだいぶ枯れているのがありました。
そういうのもまた趣があっていいなあと思うんですよね。
ab-IMG_8458.jpg

というわけで少し遅れた薔薇の写真でした。
次回もまた在庫から。久しぶりに地下鉄の写真です。

テーマ:花・植物 - ジャンル:写真

Bight Roses 谷津バラ園② 2011年11月21日 Rose:薔薇 トラックバック:0コメント:6

谷津バラ園で撮った薔薇の続きです。この日は曇天で光のメリハリがない光線状況。
こういう時は前の記事のように思いっきり暗くするか、逆にまぶしいくらいに明るくするか。
今回は後者の明るい露出で撮った写真です。

高い位置にある薔薇はどうしても空がバックになるので。測光して+2以上の補正。
現像でシャープネスをちょっとだけあげて輪郭をはっきりさせます。
ab-IMG_8407.jpg

ここまでバックが白いとスタジオ写真のようでもあります。
赤もこうするとだいぶ映えますね。
ab-IMG_8408.jpg

花びらが薄いのは、光が透けているようにも見えます。
もうちょっと構図を工夫すればよかったかな。
ab-IMG_8409.jpg

明るい写真はやっぱり色の薄いのが似合います。
というか黄色いのは明るくても暗くてもいけますね。
ab-IMG_8411.jpg

背景が空でないものを。花びらの黄色が飛ばない程度に明るめに補正。
シャープネスを落として柔らかい印象にします。
ab-IMG_8412.jpg

マクロも明るく。ピントを薄くすることで淡い雰囲気が出ました。
ab-IMG_8413.jpg

ピンクもこういう雰囲気のほうが似合います。
ab-IMG_8414.jpg

これはあまり露出はいじらず。
そのままでも明るい写真になりました。
ab-IMG_8415.jpg

コントラストも上げないほうがいいみたいですね。
明るさ以外はなるべく自然な感じで。
ab-IMG_8416.jpg

あと一回薔薇の写真つづきます。

テーマ:花・植物 - ジャンル:写真

漆黒に浮かぶ・・・谷津バラ園① 2011年11月19日 Rose:薔薇 トラックバック:0コメント:2

自衛隊イベントの写真が一通り出たので、先月撮ってまだ出していない写真から。
10月の末に秋薔薇を撮りに行きました。最初は近場でいつもの古河庭園にしようかと考えていましたが
最近の混雑具合はかなりひどいものになってきたので、今回はちょっと穴場的なバラ園へ。
千葉県習志野市にある谷津バラ園です。古河庭園よりも広くて薔薇の種類が多いのですが
あまり知られていないためか、あまり混雑することがありません。
撮影当日は曇り。被写体に光がまんべんなくまわる代わりに、ドラマティックな露出を撮りにくくもなります。
まあでもそこは与えられた環境で撮るしかないので、いろいろ工夫してみることに。
まずはアンダーに撮って、現像段階でさらに背景のトーンを落として花だけを浮かび上がらせたものを。

この撮り方ではなるべく黄色系の花を選ぶのがコツです。
測光して-1~-2くらいで補正。あまり暗くなりすぎないように注意です。
ab-IMG_8348.jpg

背景は土壌とか色の濃い葉っぱをバックに。現像で暗部を落としますが
そうすることでこんなふうにメインの花が浮かび上がってくれます。
ab-IMG_8349.jpg

明るい黄色だと露出もとりやすくなります。背景の葉っぱは気持ち残すのがちょうどいいかなと。
ab-IMG_8350.jpg

周りが暗いことで、花の造形の美しさが引き立つと思うんですよね。
ab-IMG_8352.jpg

これは補助光は使ってません。
もちろんストロボを炊くのもいいとは思います。その場合は極弱めに光らせるのがいいでしょうね。
ab-IMG_8366.jpg

望遠で遠くの花に寄って、暗い背景を使うのもありですね。
ただこれはちょっと背景処理失敗かな。もっと切りつめて、暗い部分だけを使いたかった・・・
ab-IMG_8367.jpg

それにしても王道の赤というのは存在感が違いますね。
あまり暗くするとくすんでしまうのですが、背景を落とさなくても十分花が映えます。
ab-IMG_8369.jpg

明るいグラデーションの花はとても撮りやすいです。
ただコントラストには注意ですね。なるばくおさえないとありえない色になるので。
ab-IMG_8382.jpg

ミニバラも意外とねらい目。
寄り添って咲いているのがかわいいです。
ab-IMG_8391.jpg

ちょっと変わった造形の薔薇があったので、背景を完全に黒くしてその形を引き立たせてみました。
ab-IMG_8393.jpg

これも背景を完全に落として。
前後に薔薇を置いて、距離感がでるかなあと。もうちょっと二つの花を離したほうがよかったかな。
ab-IMG_8400.jpg

ピンクは色の調整が難しいです。
なるべく淡い感じになるようにして、赤味も抑えるようにしてます。
ab-IMG_8401.jpg

これもちょっと変わった造形ですね。
大きい花を撮るときは、ある程度絞って撮るといいです。
花の手前・奥の端までピントがきているほうがきれいですから。
ab-IMG_8405.jpg

最後はダークな雰囲気に合っている枯れた花を。
ab-IMG_8406.jpg

次回も薔薇の写真。がらりと雰囲気を変えて明るく仕上げたものをアップします。

テーマ:花・植物 - ジャンル:写真

 » »
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。