スポンサーサイト --年--月--日 スポンサー広告

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

一夜限り、幻の夜桜③野川桜ライトアップ2014 2014年04月08日 Sakura:桜 トラックバック:0コメント:4

今回で野川桜ライトアップもラストです。
1周まわってきて、まだ時間があるので望遠レンズをメインに再び撮ります。
ただ距離的な関係で、やはり広角の方が撮りやすいですけどね。明るいライトアップならではの写真を狙ってみます。

望遠で少し圧縮した構図で。ただ意外とごちゃっとしちゃいますね。
手前遠くとでもう少しメリハリが付けられれば・・・
ano-IMG_2650.jpg

なのでもっと花に寄ってみます。夜景だと背景は真っ暗になりますが、背景の桜もあかるくライトアップされるのでこの露出。
ano-IMG_2652.jpg

もう少し引いた方がいいかな・・ということでこのくらい。バランスはとれました。
ano-IMG_2654.jpg

あまり本意ではありませんが、フラッシュでメリハリも付けてみます。
背景がうまいことピンクになる露出が見つけられました。
ano-IMG_2657.jpg

頭上一杯の桜はやはり広角で。これは一番迫力あります。
ano-IMG_2663.jpg

風で揺れる手前の枝と、奥の景色と。動きがでていい感じ。
ano-IMG_2665.jpg

また上流の橋まで来ました。
ano-IMG_2679.jpg

いっぱいに花がついて、少し枝が垂れています。
これもまた風流でいいものですね。
ano-IMG_2685.jpg

写真を撮る人の後ろから、ちょっと画面の明かりを借りて。
ano-IMG_2690.jpg

アップだとやはり背景がくすむか・・もっと明るく撮ればよかったかな。
ano-IMG_2709.jpg

一番上流の橋。圧縮効果で、背景を全部桜にしてみました。手前はシルエット。
ano-IMG_2721.jpg

少し抑え目の仕上がりにもしてみます。ライトが強烈なので、ちょうどいい加減を見つけるのがむずかしい・・・
ano-IMG_2731.jpg

これも少し暗めに。夜の桜の雰囲気が出せたかな。
ano-IMG_2735.jpg

今回はけっこう空いていたので、動画を撮りながら歩きました。
ところどころで撮った動画をつなぎ合わせてます。音楽もかぶせてみました。解像度高めでの視聴をお勧めします。


というわけで、今年も幻の夜桜が見られました。
また来年、見ることができるといいけど。
スポンサーサイト

テーマ:花・植物 - ジャンル:写真

一夜限り、幻の夜桜②野川桜ライトアップ2014 2014年04月07日 Sakura:桜 トラックバック:0コメント:2

調布市の野川で行われた桜ライトアップの続き。
京王線の国領駅から歩いて10分ほどのところ、野川の河川敷の400mくらいのエリアで行われます。
周りに目立った建物がない、ふつうの住宅地なので桜だけをきれいに撮るのにちょうどいいのですよね。

水面に映った桜もとりいれながら。まだそんなに人が集まってきていなかったのでじっくり撮れます。
去年は人ごみにおされながらだったので、ここまで撮れませんでした。
ano-IMG_2545.jpg
ano-IMG_2551.jpg

手前のほうの、枝が伸びていくところの裏側もまたいいんですよね。
ただうまく撮らないとごちゃごちゃになる・・・
ano-IMG_2556.jpg

川の両岸を人が歩いて行って見学するのですが、手前側のほうが混雑は少な目。
また木もちょっと少ないので、こちらのほうが撮りやすかったりします。
ano-IMG_2559.jpg

桜の裏の人を見ると、ちょっとずつ混んできている模様。
ただいい場所に人が滞留しているだけなので、まだまだ空いてますけどね。
ano-IMG_2566.jpg

一番上流のところまで来てみました。ここで折り返し。
川面に映った桜を強調してみます。
ano-IMG_2570.jpg

暗い中で浮かび上がるシーンも。シャドウ部はかなり落としています。
ano-IMG_2574.jpg

橋の上から、桜を真横から。まだまだ盛りの時期というのがわかりますね。
ano-IMG_2576.jpg

住宅地に一本、ぽっかりと浮かび上がる様子。
ano-IMG_2581.jpg

手前と奥とで距離感を出してみます。夜にこんな撮り方できるの、ここだけですよ。
ano-IMG_2592.jpg

桜並木の裏側から、盛大に咲いている様子も。
ano-IMG_2595.jpg
ano-IMG_2615.jpg

風がけっこうあって、桜吹雪が時折流れます。
ただこれをこのシーンで写真に撮るのは難しいですね。
ano-IMG_2616.jpg

光の当たり方で奥と手前で微妙に色合いも違います。
風で枝も揺らされていました。
ano-IMG_2625.jpg

この場所がかなりいいところなんですが、うまく構図を取るのが難しい・・
ano-IMG_2645.jpg

あと一回だけ、野川の桜続きます。

テーマ:花・植物 - ジャンル:写真

一夜限り、幻の夜桜①野川桜ライトアップ2014 2014年04月06日 Sakura:桜 トラックバック:0コメント:3

年度初めで忙しいけど、これだけは撮りに行きたかったもの。
去年も行きましたが、調布市に流れている野川という川沿いの桜ライトアップです。
メタルハライドランプという太陽光と同じ波長光の高輝度のライトをふんだんに使用したイベント。
地元の企業が数百万近い費用を持ち出しでやってくれるというものです。
仕事がギリギリ終わるかなあと思っていたけど、なんとか開始後の時間に間に合いました。
去年は時間がなくてちょっとしか撮れなかったけど、今年はじっくりいけます。

まずは下流の橋からこの景色。周りは閑静な住宅地で街灯も少ないため真っ暗。
その中で浮かび上がる幻想的な桜。
ano-IMG_2451.jpg

対岸から桜が多いほうの岸をとりながら歩きます。ライトの光が強烈なため、光源と正対してなくてもゴースト発生。
ano-IMG_2463.jpg

桜の裏側からも撮れます。とにかく明るくて、高感度に強い一眼レフでなくてもじゅうぶん手持ちで撮れる明るさ。
ano-IMG_2466.jpg
ano-IMG_2468.jpg

遊歩道を歩く人たちはみないろいろなもので撮影していきます。
今年は当初開催日の悪天候順延、さらにこの日も夕方前に雨が降ったためか人が少な目。わりとゆっくり撮れます。
ano-IMG_2475.jpg
ano-IMG_2485.jpg

暗闇の中で桜が明るく輝くので、背景のボケにしてもいい感じ。
ano-IMG_2486.jpg

雨でやや散ってしまったとはいえ、やはりこの量の桜は見ごたえがあります。
ano-IMG_2496.jpg
ano-IMG_2498.jpg

露出をやや落として、手前の桜を浮かび上がらせるのもまたいいかと。
ano-IMG_2504.jpg

川面に映った桜もまた幻想的。ちょっと明るめに補正してやることで、川がうっすらとピンクになっているのがわかります。
ano-IMG_2509.jpg
ano-IMG_2517.jpg
ano-IMG_2522.jpg
ano-IMG_2528.jpg

川沿いの家の窓も。こんなに近くで素晴らしい夜桜が見られるのはうらやましい限り。
ano-IMG_2533.jpg

今年はたくさん撮ったのであと2回続きます。

テーマ:花・植物 - ジャンル:写真

一夜限り・幻の夜桜②野川桜ライトアップ 2013年04月02日 Sakura:桜 トラックバック:0コメント:2

一日だけしかやらない幻の夜桜ライトアップ。続きです。
前回、発電費用が云々と書きましたが、これアークシステムさんの持ち出しです。
屋台なんかは出ないから完全にこの会社のボランティア。このご時世、なかなかできることではありません。
しかし機材も、ライトの当たる角度もすべてプロの仕事でやってくれています。こういう会社こそ、世の中に必要なんですよね。

川を挟んで手前と奥とで並べてみます。下からかなり強烈な光があたるのでフレアとゴーストがでてしまいました。
ai-IMG_9362.jpg

川沿いに並ぶ桜を広角で撮ります。こういうのは構図が大事なので慎重に。
ai-IMG_9366.jpg

露出加減がちょっと難しい・・・というのは桜がやはり明るすぎてしまうので、周りとのバランスを考えるのが大変です。
ai-IMG_9372.jpg

反対側の遊歩道も人がいっぱいです。あちら側からも撮りたかったけど、時間がなかった・・・
ai-IMG_9377.jpg

夜なのに、桜をバックに桜を撮る、なんてちょっと贅沢なことも。
後ろがある程度明るいからちゃんと写ってくれるのです。
ai-IMG_9383.jpg

だからこんな構図も。風があったのでやや被写体ブレしてますが。
昼間だと逆に色がまぎれてしまってうまく写らないんですよね。理想的な桜色になります。
ai-IMG_9391.jpg

この桜のトンネルももっとうまく撮りたいものですが・・
こういう時はやっぱり魚眼がいいのかな。
ai-IMG_9396.jpg

ライトアップ会場の一番端にある橋の上にきました。
望遠で遠くの桜を圧縮します。いくら明るいとはいえ、距離があれば光もそれなりに減退します。
距離によるその落差がまた幻想的な雰囲気を醸し出していました。
ai-IMG_9415.jpg

野川の桜ライトアップの定番の風景。
これだけ小さい川なんです。周りには高いビルがなく真っ暗。でも遠くまで桜が光っているのがわかります。
ai-IMG_9421.jpg

川面に映った桜も写してみます。葦なんかも多い、自然な形の川なのでカワセミがいたりするそうです。
ai-IMG_9425.jpg

最後にもうちょっと露出を下げて、川の桜と合わせて。
輝度の高い、特殊なライトアップだらこそできる撮り方というか。
ai-IMG_9447.jpg

いつまでも撮っていたいライトアップでしたが、時間もないのでここで撤収。
来年また撮りに来れるといいけど・・・

テーマ: - ジャンル:写真

一夜限り・幻の夜桜①野川桜ライトアップ 2013年04月01日 Sakura:桜 トラックバック:0コメント:4

おとといの金曜日、仕事が終わってから急いで職場近くのある場所へ。
カメラをはじめてから知った撮影ポイントなんですが、いろいろと事情があり今まで撮ることができないでいたものです。
調布の野川という小さな川沿いにある桜並木のライトアップ。職場がすぐ近くになったのでようやく撮ることができました。
ここの桜のライトアップは普通じゃないんです。アークシステムという調布(今は三鷹ですが)の照明機器の会社さんが主催するライトアップ。
撮影とかステージに使われる照明を扱う会社さんなんですが、元々会社の花見用に自社の照明を使って野川の桜をライトアップしたところ大好評になり、調布の恒例イベントになりました。
なにしろ照明におけるプロ中のプロがライトアップをするのですから、他のものとは比べ物にならない美しさ。
その秘訣はメタルハライドランプという、ナイターなどでも使われる高出力のライトをふんだんに使っている豪華さにあります。
しかし一晩、3時間ライトアップしただけでなんと発電にかかる費用数百万にもなるとか・・・なのでその年ごとに桜の一番きれいな日を狙って開催されます。
数日前にならないと開催日は決まりません。だから平日になることも当たり前にあり、今までなかなか行けないでいました。
仕事も片付いたので、定時後に会社をでて調布へ。最寄駅は国領という駅なのですが順路なども考えて調布からタクシーで行きました。

川沿いの遊歩道(すごく狭いです)に入り、なるべく立ち止まらないようにしながら進みます。
しかしいきなり圧倒されました。すごい明るさ。なにより太陽光と同じ波長なので桜が自然な発色をするのです。
暗闇に浮かび上がる桜のトンネル。その奥に人影のシルエット。いきなりいいものが撮れてしまいました。
ai-IMG_9243.jpg

夜桜と言えば三脚必須ですが、ここのライトアップは光量が非常に多いため手持ちでも十分撮れます。
桜の下に置いてあるのがメタルハライドランプ。場所にもよりますが、ISO400で少し絞っても手持ちでOK。
ai-IMG_9245.jpg

日程が決まるのが数日前というのもあって、雑誌なんかでも取り上げられることがほとんどないと思います。
写真雑誌でも紹介されているのを見たことがありません。でも地元の人を中心にすごい人出。桜のトンネルをたくさんの人がくぐります。
ai-IMG_9247.jpg

桜が少ないところもライトアップがされます。周りは住宅街で余計な明かりが殆どないから、桜が闇夜に浮かび上がるんです。
ai-IMG_9252.jpg

桜トンネルを望遠で圧縮してみたり。人がたくさん並んで歩いているのが分かりますかね。
ai-IMG_9256.jpg

一本だけの桜もちゃんとライトアップ。
背景も写ってますが、ごらんのとおり本当に普通の住宅街なんですよ。
屋台もまったく出ません。花見が文字通りの花見です。
ai-IMG_9260.jpg

太陽光と同じ光なら、昼間見ても・・・と思っちゃいますが全然違うんですよね(当たり前か)。
一夜限りだというのもあって、非日常という言葉がぴったりくる風景です。
ai-IMG_9279.jpg

明るさが十分なので望遠でこんな撮影も。もちろん手持ちで。
昼間だと逆に背景が明るすぎてこんな絵にはなりません。
ai-IMG_9282.jpg

初めて撮る夜桜なので、どう撮ろうか迷っちゃいます。
とにかく他では見られない美しさと壮大さがあるというか。まだまだ自分の感動が写真で伝えきれません。
ai-IMG_9289.jpg

夜に十分な明るさ、という矛盾した環境が実現されているのでいろんな撮り方ができてしまいます。
実は仕事終わった後に職場の飲み会があったので、それの合間に撮りにいったのですが時間がちょっと足りなかった・・・
ai-IMG_9298.jpg

時間がないから撮るところも選びながらの撮影・・また来年に向けていろいろ考えなといけないかな。
ai-IMG_9306.jpg

ライトも入れてみました。でもあまりに明るすぎてアングルによっては簡単にゴーストがでます。
さらにファインダー越しに見てしまうと目が痛むので、あまりやらないほうがいいかな・・・
ai-IMG_9336.jpg

人ごみに流されながらも、素晴らしいライトアップを撮って歩きます。
ai-IMG_9358.jpg

枚数が多いので次回、後半へ。

テーマ: - ジャンル:写真

夕暮れ、靖国の桜② 2013年03月26日 Sakura:桜 トラックバック:0コメント:0

満開の靖国の桜の続き。内苑に入って桜を撮りつつ参拝も済ませます。
その後は遊就館のほうを通って拝殿の裏のほうへ。そこに桜はたくさん咲いています。

携帯を桜に近づけて撮ってるカップル。他に人がいなくてなんだかいい感じ。
裏のほうはあまり人がいなくて撮りやすいです。
ai-IMG_9147.jpg

境内の一番奥にある神池。見事な枝垂桜が咲いています。
池には花びらが落ちています。
ai-IMG_9155.jpg

池にびっしりの花びらにカメラを向けてみました。
ちょっとあいた隙間から鯉が顔を覗かせます。
ai-IMG_9160.jpg

スローシャッターにして水の流れに舞う花びらとほとんど動かない鯉と。
いろいろ撮れて面白いので何枚か撮ってみました。
ai-IMG_9180.jpg
ai-IMG_9186.jpg
ai-IMG_9188.jpg
ai-IMG_9192.jpg
ai-IMG_9197.jpg

しばらく池で撮っていたらすっかり日暮れに。
夕焼けの空をバックに、フラッシュを使ってみます。
ai-IMG_9206.jpg

だいぶ境内も暗くなってきたので、小さい花だけ狙って撮ってみます。
幹からちょこっと出た花。露出加減が難しい・・・
ai-IMG_9212.jpg

背景がもうちょっとはっきり写せればよかったかな。
明るい時間帯のほうがよかったかも。
ai-IMG_9215.jpg

靖国の桜はこれでおしまい。今年は予想外に早く満開になっちゃったのと
イベントとかと重なってしまったのでこれだけかも。でもあと一回チャンスがあるんですが、まだいけるか不明なので。
次回はそのイベントの写真です。

テーマ: - ジャンル:写真

夕暮れ、靖国の桜① 2013年03月24日 Sakura:桜 トラックバック:0コメント:7

昨日の土曜日は朝から撮影三昧。有明のイベントを二つ、夕方に靖国神社の桜。
本当は今日も米軍の横須賀基地へ行く予定だったのですが、ちょっと疲れがたまってしまっていたので断念です・・・
とりあえず靖国の桜からアップしていきます。もう満開であさってくらいから散り始めちゃうようなので。
金曜の時点では早朝に靖国へ行ってから有明のイベントへ向かう予定だったのですが、金曜に飲みすぎちゃって・・w
でも夕方もいいかな、ということで行ってみました。

九段下の駅は大混雑。まあ毎年のことです。靖国神社まで行くと屋台も出ていて大盛況。
満開の桜の奥に大鳥居。西日を浴びているから、桜もいい感じで輝いています。
ai-IMG_9060.jpg

参道から一歩入ったところでは花見客が屋台で買ったビールやおつまみで宴会。
この時季しか見られない、花見らしい浮かれた雰囲気が日本らしくて好きです。
ai-IMG_9065.jpg

今年の桜はちょっと隙間が多いのかな?それでもこうして満開の桜の下で飲む酒はいいでしょうね。
自分は撮るばっかりなので、あまり花見というものをしないのですが。
ai-IMG_9069.jpg

さらに進むと、神門の奥に見える拝殿と桜の花。参拝客もたくさんいますね。
望遠で圧縮して、神門の向こうの風景を額縁のなかに入れてみました。
ai-IMG_9075.jpg

お馴染みのこの御紋の奥には内苑が広がり、桜もたくさん咲いています。
ここから先はどんちゃん騒ぎの外苑とうって変わった厳粛な世界。このギャップがまた靖国らしさです。
ai-IMG_9080.jpg

神門をくぐると、そのすぐ横で上を見上げたり写真を撮ったりする人が多数。何だろうと思ってみてみると
白いハトがたくさんいました。靖国神社で飼育している白い伝書鳩です。真っ白な鳩というのは遺伝的に非常に稀らしく
靖国ではそこに拘って白いハトをそろえているようですね。
ai-IMG_9091.jpg

ちょっと粘って飛んでいるシーンをなんとかゲット。暗い場所だからけっこう厳しいですが。
ちなみにこの時望遠の手振れ補正が切れていることに気がつかなかった・・
ai-IMG_9109.jpg

もう一か所、人々が視線を送る先が。みんなが撮っているのは靖国の「標準木」。右側にちらっと映っている枝がそうです。
天気予報などで「東京の桜が開花しました」とニュースになるとき、靖国にある一本の桜を基準としています。
気象庁の職員が観察をしているのですが、それが標準木になるわけです。前はいたずら防止のために公開していないと聞きましたが。変わったようですね。
ai-IMG_9116.jpg

望遠で背景も桜にして。ソメイヨシノは色が薄いので、こうしたボケを活かした写真にするのって実は難しいです。
ちゃんと明るめに補正してやらないと、くすんだ色合いになっちゃうんですよね。
ai-IMG_9118.jpg

能楽堂の木の質感と対比させて。ちなみに写っているのは標準木です。
かなり明るさに差があるので露出加減が難しい・・・
ai-IMG_9121.jpg

やや逆光となる方向の桜も。拝殿の青い屋根を背景にします。
逆光気味になると光が透過してきれいに色が出ますね。
ai-IMG_9129.jpg

幹に咲いた花もクローズアップ。西日でだいぶ赤くなっています。
ai-IMG_9136.jpg

また能楽堂をバックに。描かれている松と比べてみました。
西日が傾いて中まで光が当たるので、だいぶ撮れるようになっています。
ai-IMG_9139.jpg

後半へ続きます。

テーマ: - ジャンル:写真

 » »
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。