FC2ブログ

鴨川シーワールド・ベルーガ 2013年07月29日 Aquarium:水族館 トラックバック:0コメント:6

今回から、海の日の連休にいった家族旅行での写真を。
海の日の前の週くらいに、義父が「ホテル代出すからみんなで鴨川とか勝浦行こう」ということで鴨川へ。
息子が鴨川シーワールド大好きなので、数年ぶりくらいに行くことになりました。

朝の特急に乗って安房鴨川へ。外房は交通があまり整備されているとは言い難く、特急でも2時間くらいかかります。
ak-IMG_0663.jpg

でも朝一の特急に乗ったおかげでシーワールドのショーもたくさん楽しめました。
まずはちょうど到着後すぐに見ることができたシロイルカ=ベルーガのショウ。愛嬌のあるベルーガがガラス越しにご挨拶。
ak-IMG_0670.jpg

シロイルカとはいいますがクジラの分類になるそうで。頭の上の呼吸口から泡がでます。
ak-IMG_0678.jpg

ガラスの前を行ったり来たりで体の様子をよく見せてくれます。
ak-IMG_0685.jpg

どう見ても思考する生き物にしか見えない表情。これがまた人気の秘訣ですね。
ak-IMG_0697.jpg

観客の中から選ばれた男の子が窓越しに挨拶。ベルーガも応えてくれます。
ak-IMG_0698.jpg

ちょっと分かりにくいですが、胸ビレを動かしての応答もあります。
ak-IMG_0703.jpg

トレーナーの合図で再び泡。
ak-IMG_0705.jpg

そのまま回転もしたり。
ak-IMG_0706.jpg

呼吸口もよく見せてくれました。ただ残念なのは、目隠しをしたまま泳いだりというショーがなくなったこと。
3匹いるベルーガも1989年頃から水族館にやってきているのでけっこうな高齢です。
自分が小学6年生の臨海学校で来た時からいるのだからそりゃあ年も取りますね。
ak-IMG_0709.jpg

それでもサービスで大量の泡を出してくれたり。
ak-IMG_0717.jpg

また、トレーナーの「あぶく」という声に反応して、空気の泡を小出しにプクプク出してくれたり。
ak-IMG_0720.jpg

最後は一礼のごあいさつで終わり。
ak-IMG_0727.jpg

愛嬌のあるベルーガは見ているだけでもいいですね。
次回はイルカのショーです。

テーマ:動物の写真 - ジャンル:写真

ペンギン他・葛西臨海水族園② 2010年10月03日 Aquarium:水族館 トラックバック:0コメント:12

葛西臨海水族園の写真、続きです。
暗い水槽コーナーに続いては、屋外のペンギンプールへ。
ISOを低くして、望遠に付け替えて撮ります。

ここにいるのはフンボルトペンギンとフェアリーペンギン。
どっちがどっちか忘れましたが。
a-IMG_3310.jpg

日向ぼっこしているのか、なかなか動きがなくて。
a-IMG_3311.jpg

お、遠くのほうになにかあるのかな?
a-IMG_3312.jpg

どうやら子ペンギンが餌をもらっていました。
フェンス越しに大人のペンギンが群がってます。
a-IMG_3315.jpg

水槽の下からもペンギンを撮ってみました。
むこうもこっちを観察しているようです。
a-IMG_3324.jpg

水中を泳いでいる様子を撮りたかったのですが
なかなかそういうシーンもなく。
a-IMG_3325.jpg

それにしても、水中でも見えるんでしょうか。
目をパッチリ開けて周りを観察していました。
a-IMG_3328.jpg

どういうわけかみんな水中を見ています。
習性なんだろうか。
a-IMG_3331.jpg

ペンギンプールから再び暗い水槽へ。
クマノミ?がイソギンチャクと戯れていました。
なんかフィルムみたいな写りですね・・
a-IMG_3339.jpg

ウミガメも。まだ小さいから、もしかしたら初顔かも。
a-IMG_3342.jpg

これはタコクラゲというそうです。
ふわふわと水中を漂っていました。
a-IMG_3345.jpg

最後はイカのトリオ。
まるでシンクロナイズドスイミングをしているように
そろって泳いでいました。
a-IMG_3348.jpg

水族館の写真はおしまい。
続いては葛西臨海公園のコスモスです。

テーマ:水族館 - ジャンル:写真

高感度で水族館・葛西臨海水族園① 2010年10月02日 Aquarium:水族館 トラックバック:0コメント:18

さて、お出かけからもどってきました。
まだまだ写真のネタはあるのでどんどんアップしないと・・
今回は水族館。9/25に幕張でブルーを撮った帰り道に、葛西臨海水族館に寄ってみました。
7Dを買ってから本格的に高感度を試してみようかなと。ISOを6400固定で撮影です。

まずはシュモクザメ。悪そうな顔だなあ。
30Dだとこの被写体はまず撮れませんでした。あまりにも暗かったので。
でも高感度が使えると一発でこれくらい撮れます。
a-IMG_3249.jpg

もちろんノイズはのってますが、なんとか鑑賞に耐える範囲かと。
サメと同じ水槽のエイも簡単に撮れます。
a-IMG_3250.jpg

人気者のクエ。いつも同じところにいてぬぼ~っとしてます。
a-IMG_3252.jpg

これはなんだろう?いそいそと泳ぎ回っていました。
ちょっとピントが甘いですね。
a-IMG_3257.jpg

大きい目のハリセンボン。
可愛らしい表情が撮れました。
a-IMG_3258.jpg

ベラの一種かな。トロピカルな模様もなかなかうまく写ります。
a-IMG_3264.jpg

これもたぶんベラかと。
AFは19点自動選択なのですが、うまい具合に目にピントがいきません。
かといって1点任意選択だとちょっとついていけないし。
a-IMG_3266.jpg

海草にしか見えないないですが、タツノオトシゴの一種です。
a-IMG_3273.jpg

これはわからないや。
よく見ると背びれが千切れてます。他の魚に食われたのかな。
a-IMG_3278.jpg

この魚、いつも思うんですが堅物って感じですよねw
銀色の体が光を反射してきれいでした。
a-IMG_3281.jpg

熱帯ゾーンだったかな。この辺になると全然種類がわかりません。
a-IMG_3287.jpg

上の魚の角度を変えて撮ったものがこれ。
光の反射でいろんな色に見えます。
a-IMG_3291.jpg

この水族館の名物、マグロです。
猛スピードで泳ぎ回っているのですが、高感度でびしっと抑えられました。
a-IMG_3306.jpg

というわけで水族館の写真、続きます。

テーマ:水族館 - ジャンル:写真

揺らぎとは宇宙の本質である 2010年04月19日 Aquarium:水族館 トラックバック:0コメント:26

そんなこと言っていた人がいましたね。
まあ写真の内容とはあまり関係ありませんがw
そ~んな感じのゆるい写真ってことで。

s-30D070430 003

水族館にも撮影でよくいきます。
子供を連れて行けば喜ぶし、いい被写体も多いので。
そのなかではやはりイルカが好きなんですが、
別に気に入っている場所が、品川にあるエプソンアクアスタジアムのトンネル水槽。
ここのノコギリエイがなかなかいいんですよ。
うまく背景と重なったところを狙うんですが、たまにすごいのが撮れたり。
最近行ってないから連休明けたら行こうかな。

テーマ:動物の写真 - ジャンル:写真

« «