スポンサーサイト --年--月--日 スポンサー広告

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

CP+2014① 2014年02月17日 ■Ivents:イベント トラックバック:0コメント:4

先週末、また大雪だったおかげで土曜日に行くはずだったCP+2014は中止。
しかし日曜日にはなんとか交通も復活したので行くことにしました。
たぶん時間が遅くなれば混雑するだろうなあ、ということで開場1時間前に到着。
やはり昼ごろから混雑したので、早めにいって正解でした。
で、数年前からわかっていたことですが事前登録により無料となるので、イベント自体もかなり縮小。
今年もまただいぶ寂しい内容となりました。入場料とってもいいから、もうちょっと充実させてほしいなあと。
とりあえず、メインの被写体の前に。目についたものを。

まずは我らがキヤノンのブースへ。EOS 7Dmk2のモックアップがあるなんて噂も聞いたんですが噂でした・・
歴代のEFレンズを集めたブースがなかなか圧巻。これだけでキヤノンのすごさが分かりますね。
ちなみに。今回からついにキヤノンはモデルを使わなくなりました。世も末だなあ・・・
an-IMG_8149.jpg

まだ空いていたので超望遠レンズの体験コーナーへ。毎年ありますけどね。
最近筋力トレーニングとかしているおかげで、428も640も軽く感じました。後は金だけ・・
an-IMG_8151.jpg

去年も聴きましたが、鉄道ライターの矢部直美さんと鉄道写真家の広田泉さんのトークショー。
摩訶不思議なトークの矢部さんとそれに的確につっこめる広田さん。なかなか面白いです。
ただ矢部さんはカメラ専門ではなく、テクニックがそれほど優れているわけではないのになかなかいい写真を撮ります。
「自分がいいと思ったシーン」をそのまま写真に写しこめる、そんなセンスの持ち主。それを広田さんがちゃんと解説してくれます。
an-IMG_8314.jpg
an-IMG_8316.jpg

今回出展された製品で、これは欲しいなあと思ったのがこれ。
DJIというところが出展した空撮用のラジコンヘリユニット。白いのは割と小型で7~9万くらいで買えるそうです。
これはかなり楽しいだろうなあ。こういう面白さがあるものをもっと作ってほしいですね。
an-IMG_8323.jpg
an-IMG_8324.jpg
an-IMG_8326.jpg

さて、キヤノンが出たからニコンも。イメージどおり黒で統一されたブースには歴代のNIKKORレンズが。
an-IMG_8406.jpg

ツアイスは高級感を前面に出した展示。何度見てもこの雰囲気はいいなあ。
an-IMG_8410.jpg

キヤノンだけがやっていると思ったけど、ツアイスもこんなことをやるとは。
レンズの縦切りです。意外とシンプルな構造に見えますね。
an-IMG_8413.jpg

またキヤノンブースに行ってLレンズのこれを。本物を買ったら3ケタ万円するものですよw
an-IMG_8415.jpg

CP+の展示でいつも興味深いのがカメラ博物館。今回のテーマはスポーツ写真。
オリンピックが東京に決まった記念もあるみたいですね。これはキヤノンが作ったスナイパーカメラ。
an-IMG_8441.jpg

ペンタックスの800ミリ。すごくでかいです。
an-IMG_8444.jpg

ニコンF2H。高速モータードライブを装着したタイプです。今のバッテリーグリップとは違います。
しかしこの高さ・・・フィルムを高速で送るというのが連写では必須とはいえ、すごい装備です。
an-IMG_8449.jpg

このフィルムと写るんですは知ってます。懐かしいなあ。
コダックの限定モデルも、友達が持っていたような。
an-IMG_8451.jpg

富山治夫さんが使用していたというニッコール600mm F5.6。カメラの幅とレンズの長さ、現代の大砲にも劣りません。
an-IMG_8459.jpg

さて、また別のブースへ。これは最近人気がありますね。出川哲郎ご用達、GoProのHEROです。
アメリカ軍や、はてはシリアの反政府軍も使っているという話も。
an-IMG_8507.jpg

出展物はこの辺で。さて、次回から・・お待たせですw
スポンサーサイト

テーマ:祭り/イベント - ジャンル:写真

東京オートサロン2014② 2014年01月21日 ■Ivents:イベント トラックバック:0コメント:2

カスタムカーのイベント、オートサロンの出展車の写真の続きです。

また見つけたメタリックなホイール。完全に無機質にすることでかっこよくなります。
an-IMG_3682.jpg

この元の車は・・?鏡に映っているのでなんかかっこいいです。
an-IMG_3685.jpg

ボンネットに描かれた地球。写真だとちょっと分かりづらいですが、ディテールがなかなかすごいです。
an-IMG_3687.jpg

TWSの出展はいつもセンスがあります。真っ白なフェラーリ。まさに白馬ですね。
an-IMG_3690.jpg

マカロンをモチーフにしているのかな?なんだかかわいい感じ。
an-IMG_3831.jpg

オートサロンらしいペイント。やっぱりこういう派手さがいいです。
an-IMG_3847.jpg

これは自家用にほしいかもwカートみたいですけどね。
an-IMG_3848.jpg

カーズのマクイーン。でもペイントじゃないんですよ。口とかもちゃんと作りこんでいます。
an-IMG_3850.jpg

巨大なデコカー。ここまで来るともはや道楽ですねw
an-IMG_4016.jpg
an-IMG_4018.jpg

これもけっこう凝ってます。このペイントも大変だろうなあ。
an-IMG_4019.jpg

なぜカスタムカーで出てくるのかはわかりませんが。F1の名車、ロータス78。
このジョンプレイヤースペシャルカラーは、F1史上に残る名カラーリングと言えます。
an-IMG_4020.jpg
an-IMG_4021.jpg

正統派のカスタム。こういうのもいいなあ。
an-IMG_4305.jpg
an-IMG_4308.jpg

これで車はおしまい。次回からはいよいよ・・・

テーマ:祭り/イベント - ジャンル:写真

東京オートサロン2014① 2014年01月20日 ■Ivents:イベント トラックバック:0コメント:4

習志野の写真が終わったので、続いてはその前日に行ったカスタムカーのイベント、東京オートサロンの写真です。
これもすっかり毎年の恒例になっていますね。いまやモーターショーを上回る規模、イベントの質としてももしかしたら上かも。
1/11の朝に海浜幕張へ。開場時間から少し遅れていったので待ち時間はなし。ただ最初からけっこう混んでいました。
まずは車の方からアップします。お楽しみはあとでw

最近はあまりなかったのですが、今回は痛車がまあまあ目につきました。
痛車ばっかりになるから一時期排除されていたみたいなんですけどね。
an-IMG_3199.jpg

これはシャア専用の車。コンパニオンもジオン軍の制服ぽいのを着ています。
an-IMG_3265.jpg

コルベット・・・にしてはちょっと違う?たぶんレプリカかと。
an-IMG_3267.jpg

これはなかなかの力作。外板はすべて手作りなんでしょうね。
an-IMG_3269.jpg

また痛車。ただ一時期ほどの人気はないみたいですね。
こういうのもやっぱりセンスが重要ですから。
an-IMG_3277.jpg
an-IMG_3283.jpg

カスタムカーなので、こういうアクセサリーも重要。
メタリックなホイールは好みの被写体です。
an-IMG_3309.jpg

ペイント系はこんな感じの、アートテックながいいかな。
an-IMG_3405.jpg

サウンド関係はなかなか派手です。これも写真に撮ると映えますね。
an-IMG_3409.jpg

デジタル迷彩的なペイント。写真に収めようと思うとなかなか難しいです。
an-IMG_3410.jpg

これはかなり芸術的。以前はサムライの絵をかいていたところかな。
an-IMG_3539.jpg

ランボルギーニのカスタムカーもたくさんありました。
高級スポーツカーを思い切ってドレスアップするのはなかなか大変でしょうね。
an-IMG_3540.jpg
an-IMG_3548.jpg
an-IMG_3552.jpg

こんなトゲトゲがついたカウンタックまで・・・
an-IMG_3554.jpg

カスタムカーの写真、続きます。

テーマ:祭り/イベント - ジャンル:写真

展示車両②東京モーターショー2013 2013年12月21日 ■Ivents:イベント トラックバック:0コメント:0

モーターショーの展示車両の続き。
今回はなかなか展示車両の置き方などに工夫があって撮りやすかったです。

いすゞのウーズレーCP型1.5tトラック。関東大震災のころのものです。
an-IMG_1631.jpg

こちらもいすゞ。ギガダンプです。こういうのがやはりいすゞらしさというか。
an-IMG_1635.jpg

バイクメーカーのカワサキ。電動3輪モービル「J」。かっこいいなあ。
漫画「AKIRA」に出てきたバイクに似てます。そういえばあのマンガ、2020年東京オリンピックが描かれているんですよね。
an-IMG_1680.jpg

そして定番のバイク。Zとニンジャ。カワサキのバイクは個性的ですがかっこいいんですよえ。
an-IMG_1684.jpg
an-IMG_1685.jpg

トヨタ、ルマン参戦車のTS030。これもハイブリットです。
しかしトヨタはルマンに勝てませんね・・・
an-IMG_1704.jpg

メルセデスはやはり高級車。このエンブレムはそれだけで格があります。
an-IMG_1751.jpg

もっとも高級感を醸し出していたのが、コンセプト・Sクラスクーペ。
伝統的な重厚感と斬新さの両方が感じられます。
an-IMG_1755.jpg
an-IMG_1757.jpg
an-IMG_1767.jpg

メーカーは忘れましたが。農業トラクター。
しかしこれはかっこよすぎますねw
an-IMG_1779.jpg

同じメーカーのブースなんですが。う~む、車種などがわからない・・・
an-IMG_1782.jpg
an-IMG_1783.jpg

ホンダ。60年代にF1参戦した時のマシン、RA271です。
勝利こそなかったものの、初めて日本のメーカーがF1に参戦したという歴史的な車です。
an-IMG_1792.jpg

これも60年代に使われたもの。なんと農業用のトラクター。
無骨な雰囲気が素晴らしいです。
an-IMG_1794.jpg

最新の車も。NSXのコンセプトカーです。
でもNSXは前のモデルの方がかっこいいかなあ。
an-IMG_1810.jpg

最後は三菱自動車。コンセプトAR。これ、乗ってて楽しいかもと思いました。
an-IMG_1877.jpg

これで展示車両はおしまい。次回からはいよいよ・・・

テーマ:祭り/イベント - ジャンル:写真

展示車両①東京モーターショー2013 2013年12月19日 ■Ivents:イベント トラックバック:0コメント:4

ここ何か月か、秋の航空祭シーズンということもあってずっと自衛隊関連の写真でしたが。
久しぶりに違うイベントの写真です。またイベントか・・という気はしますがw
11月の末から12月の初めまでやっていた、東京モーターショー2013。その最終日に行った時のものです。
お目当てはもちろん・・・ですが、車ももちろんちゃんと撮ります。お楽しみは後で、先に車の写真を。
朝8:00にビックサイトに到着。航空祭のつもりで行ったのですが、まだ10人程度しかいませんでした。
しかしイベントということもあって、ちゃんと順番を守らせる誘導でゆっくりと入りつつも、最初に入る恩恵を受けられました。

最初に入ったところにはポルシェ。やはりこの車はかっこいいですね。これはカレラS。
an-IMG_1251.jpg

この曲線美が最高、ケイマン981cです。この洗練された感じ、さすがです。
an-IMG_1283.jpg

ケイマンのホイール。無機質に仕上げてみました。
an-IMG_1292.jpg

フォルクスワーゲンのXL1。超軽量カーボンボディとディーゼル・電気のハブリットでなんとリッター100キロを超える燃費を誇ります。
an-IMG_1296.jpg

アウディのルマン参戦マシン。これもハイブリットのR18 e-tron クワトロです。それで優勝してしまうのだからすごいものです。
an-IMG_1306.jpg

アウディの高級車S8。お値段なんと1500万を超えます。
an-IMG_1307.jpg

ボルボのコンセプト・XCクーペ。ヘッドライトの形がなんか先鋭的。
an-IMG_1315.jpg

なんだか顔の用にも見えるスズキの「クロスハイカー」。この大きさはやっぱり日本的ですね。
an-IMG_1364.jpg

ルノーの大胆なコンセプトカー「デジール」。やっぱりこういうのがモーターショーらしくていいなあ。
an-IMG_1550.jpg

こちらもルノーの「ルーテシア」。ルノーのコーポレートカラーは黄色だけど、青の方が似合う気がします。
an-IMG_1551.jpg

大人気だったのがニッサンGTRニスモ。やはり本気のスポーツカーは違いますね。
an-IMG_1553.jpg

こちらも注目。ニッサン・ゼロエミッション。電気自動車です。
内部的なコンセプトもそうですが、やっぱり見た目も大事ですね。
an-IMG_1571.jpg

ニッサンのニューモビリティコンセプト。人の顔のように見えるのがかわいらしいです。
an-IMG_1575.jpg

ダイハツはなんと軽トラのコンセプトカー。液体燃料電池で走ります。
an-IMG_1578.jpg

トヨタレクサスのスポーツクーペ、RC300h。これも注目を集めていました。
an-IMG_1609.jpg

BMWのハイブリットスポーツカー、i8。このコクピットには座ってみたいですね。
an-IMG_1611.jpg

スバルのビジヴ。スバルらしからぬデザインかなとは思います。
an-IMG_1630.jpg

けっこう量があるので、続きは次回。

テーマ:祭り/イベント - ジャンル:写真

棒倒し②第61回防衛大学校開校記念祭 2013年12月17日 NDAJFest.:防衛大学校開校記念祭 トラックバック:0コメント:2

今回で防大開校祭の写真はおしまい。
棒倒しの決勝戦です。この棒倒しを見るようになってから、ずっと第1大隊と第3大隊の決勝でしたが今年は第2大隊が勝ち上がったため
この組み合わせによる決勝を初めて見ることになりました。

決勝までの間、応援団による応援が行われます。これも恒例。
今まで後ろからしか見たことがありませんでしたが、前からみるといいものですね。
al-IMG_8246.jpg
al-IMG_8247.jpg

なんというか、やや時代を感じる「バンカラ」な雰囲気ですが、それもまたいいものです。
al-IMG_8251.jpg

さて、決勝戦開始。夕日に照らされながら選手が入ってきます。
al-IMG_8259.jpg
al-IMG_8266.jpg

安全点検。爪の伸び具合もそうですが、突き指をしないためにテーピングをしっかりしているかの点検もしています。
al-IMG_8267.jpg

試合開始。1回戦と同じく、最初はスローシャッターで。守るのは第2大隊です。
al-IMG_8279.jpg

直後、殺到する第1大隊の赤の攻撃陣。
al-IMG_8291.jpg

どうやら向こう側を重点的に攻めている模様。周りにいる防御を抑え込んでいます。
al-IMG_8295.jpg

「キラー」と呼ばれる、防御側の遊撃隊を数人がかりで抑え込み、棒を攻め落とす部隊が専念できるようにする作戦のようです。
al-IMG_8307.jpg

いよいよ棒の近くまで攻撃が迫ってきました。
al-IMG_8316.jpg

棒の上の指揮官は必死に昇ってくる攻撃を蹴り落としますが、バランスを崩して引き摺り下ろされます。
al-IMG_8319.jpg
al-IMG_8323.jpg
al-IMG_8329.jpg
al-IMG_8334.jpg

そして怒涛のようにあっという間に棒に群がる攻撃側。
al-IMG_8338.jpg
al-IMG_8340.jpg

棒に完全に取りつき、バランスを崩して傾けることに成功しました。
al-IMG_8345.jpg
al-IMG_8349.jpg

勝者、第1大隊!審判のコールに沸き立ちます。
al-IMG_8354.jpg

総長同士で握手をして健闘を称えます。
al-IMG_8359.jpg

表彰式。決勝の2チームが整列し、学長から表彰されます。
al-IMG_8362.jpg

優勝旗の授与。
al-IMG_8366.jpg

第1大隊の学生舎の前で待っていると、しばらくして歓喜の凱旋。すごく嬉しそうなのが分かります。
al-IMG_8382.jpg

トロフィーなどを掲げて喜ぶ学生たち。もう日没の時間になろうとしています。
al-IMG_8386.jpg

大声援の中、総長が壇上へ。嬉しくて涙を流していました。
al-IMG_8390.jpg

No.1のハンドシグナルが無数に掲げられます。
al-IMG_8397.jpg

総長、男泣き。やっぱいいものですね。
al-IMG_8405.jpg

幹部が入れ替わりであいさつし、なんと学長も登場。
現学長はけっこう学生と打ち解けているというか、なかなかユーモアのある方です。
al-IMG_8424.jpg

最後は、昨年で卒業した前総長も登場して第1大隊伝統の「ごちそうさま」で締めます。
ちなみに、これまで最高は4連覇だそうですが、それを超える5連覇を狙っているそうです。
al-IMG_8439.jpg

これで防大開校祭はおしまい。今年もなかなかいいものが見られました。
次回からまた新シリーズ。久しぶりに自衛隊関連ではない写真。東京モーターショーです。

テーマ:祭り/イベント - ジャンル:写真

棒倒し①第61回防衛大学校開校記念祭 2013年12月15日 NDAJFest.:防衛大学校開校記念祭 トラックバック:0コメント:4

防衛大学開校祭、いよいよメインの棒倒しです。
これを見なければやはり開校祭に来た意味はありませんね。
今年は午前の展示のうち、強風でパラシュート降下などがなくなったためやや時間が空きました。
いつもならグラウンドで待っているのですが、今年は学生舎前で出陣前も撮ってみます。

第1大隊の学生舎前では大きな旗を持った学生。
al-IMG_8103.jpg

と、そこへ第4大隊の一群が声をあげながら通過。これは威嚇の意味も含めているんでしょうね。
al-IMG_8109.jpg

それを見た、第1大隊のこちらの学生。「あれは体力の無駄遣いです」と説明w
彼は部活がラグビー部のため、棒倒しには参加できないそうです。コンタクト系の部活をやっているとダメだとか。
al-IMG_8119.jpg

そして第1大隊のメンバーが雄たけびをあげながら登場。
al-IMG_8122.jpg

総長が壇上にあがり、気合いを入れていきます。
al-IMG_8134.jpg

さて、時間になりまずは去年優勝の第1大隊から優勝旗の返還。
al-IMG_8142.jpg

1回線が始まります。第1試合は第1大隊vs第4大隊。チームカラーがオレンジの第4大隊が入場です。
al-IMG_8148.jpg

ここで動画。各大隊、開始前の気合い入れを撮りました。
以前は2チーム同時に行っていましたが、数年前から別々に交互にやっています。
第1大隊の「いただきます」と第2大隊の「つかめ!栄光!~」はずっと続けられている伝統の掛け声。


試合準備の号令で、棒が立てられます。安全の意味も含めて、周りの学生は手をあげています。
al-IMG_8154.jpg

そして試合開始!最初はスローシャッターで動きを出してみました。
al-IMG_8157.jpg
al-IMG_8170.jpg
al-IMG_8172.jpg
al-IMG_8175.jpg

第1大隊の攻撃陣が棒に取りつき始めたところで高速シャッターに。
ちょうど防御側のキックが、攻撃の顔面にヒットする直前・・・
al-IMG_8185.jpg

しかし作戦通りに戦いを進める第1大隊は防御側の一部を完全に切り崩し、棒に取りつく準備を整えます。
al-IMG_8193.jpg
al-IMG_8195.jpg
al-IMG_8201.jpg

棒の上に立つ指揮官を引きずりおろし、いよいよ攻撃のクライマックスに。
al-IMG_8203.jpg

棒を、3秒間30度傾ければ勝ち。審判にしか分かりにくい部分ですが、これで勝負は決まった模様。
al-IMG_8208.jpg

「勝者、第1大隊!」の声がかかり大喜び。
al-IMG_8212.jpg

リーダー同士で握手して終わります。
al-IMG_8214.jpg

勝った第1大隊は意気揚々と引き揚げていきました。
al-IMG_8215.jpg

続いては第2大隊vs第3大隊。青が2大隊、緑が3大隊。
al-IMG_8222.jpg
al-IMG_8224.jpg

勝負の模様は動画で。


結果は第2大隊の勝利。ここ数年、ずっと決勝に進んでいた第3大隊はがっくりしながら帰っていきました。
al-IMG_8231.jpg

次回、いよいよ決勝戦です。

テーマ:祭り/イベント - ジャンル:写真

 » »
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。