スポンサーサイト --年--月--日 スポンサー広告

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

靖国神社みたま祭り2014② 2014年07月17日 Festival:お祭り トラックバック:0コメント:0

靖国神社みたま祭りの後半です。
日が落ちて完全に暗くなり、提灯の明かりが参道を照らすころにねぶたが始まりました。
本場ほど大きくはありませんが、立派なねぶたを持ち込み「ハネト」の実演を見せてくれます。

「らっせらー」の掛け声の中、ハネトと呼ばれる人(踊り子のようなもの)が跳ね回ります。
この動きがやっぱりねぶたらしいシーンですね。あえてスローシャッターで。
apo-IMG_2390.jpg

お囃子の男性。いい感じで光が当たっていました。後ろの提灯と合わせていい感じ。
apo-IMG_2413.jpg

ねぶたが大きく動きます。みたま祭りの提灯との相性はばっちり。
apo-IMG_2421.jpg

神門から待ち構えると、ちょうどやってくるねぶたと仙台たなばたが一緒に撮れました。
apo-IMG_2432.jpg

ねぶたが拝殿のほうまで行ってしまいます。
その後、参道の方から別のお囃子が聞こえてきました。
apo-IMG_2436.jpg

やってきたのは徳島の阿波踊り。日本全国のいろんな祭りのだしものが見られるのがみたま祭りの良さですね。
apo-IMG_2449.jpg

ちょうどねぶたが戻ってきて元の位置に収まります。
そのまえを阿波踊りの踊り子。ねぶた・阿波踊り・みたまの提灯と3つの祭りの出し物が揃いました。
apo-IMG_2454.jpg

女性のうしろからは男性。この人たちの動きが素早かった・・
apo-IMG_2480.jpg

さて、一通り見たいものをみたので参道を戻る形で出口の方へ。
ただ参道を歩くと混雑で進まないので、屋台の裏を通ります。
apo-IMG_2482.jpg

途中の大村益次郎像の下では、東京一早く始まる盆踊り。
ここまで大掛かりなのも、他ではないかもしれませんね。
apo-IMG_2486.jpg

提灯が煌々と照らす黄色の世界。屋台の裏から撮ると、その非日常的な感じがよく分かります。
apo-IMG_2490.jpg

さて、お目当ての見世物小屋に到着。しかしなんと今年もヘビ女の小雪さん、デリシャスィートスの登場はなし・・・
去年とほぼ同じ内容でした。しかも今年から撮影禁止に。
apo-IMG_2491.jpg

去年見世物小屋を見た人からすると、あまり面白くなかったうえに同じ内容なので見る人が少なかったような。
隣のお化け屋敷の方が盛り上がっていました。
apo-IMG_2499.jpg

最後は大鳥居の下から参道の様子を。相変わらずの人ごみです。
熱気がすごいから汗もでるし、なおさらビールやら屋台の食べ物がおいしかったり。
apo-IMG_2494.jpg

これでみたま祭りはおしまい。来年もまた、撮りに来るでしょうね。
スポンサーサイト

テーマ:祭り/イベント - ジャンル:写真

靖国神社みたま祭り2014① 2014年07月14日 Festival:お祭り トラックバック:0コメント:4

毎年この時期の恒例といえば、靖国神社のみたま祭り。
7月が盆である東京で、7/13-16の日付をまもって行われるお祭りです。
この祭りを撮らない事には夏が始まらない・・というわけで日曜日に撮ってきました。

夕方前くらいに神社に到着。すでに大鳥居の周りは大混雑。
というわけで靖国通りからまわって内苑のほうへいきます。まずは展示を。著名人の雪洞です。
Google+のアルバムにしてみましたが、見られるかな・・・
靖国神社みたま祭り2014 著名人の奉納雪洞

そのあとに別の展示も。これは江戸風鈴。
apo-IMG_2225.jpg

京都の和紙を使った提灯だったか・・繊細なタッチの絵柄がとてもきれいでした。
apo-IMG_2229.jpg

弘前のねぶた。靖国神社は、地方から上京してきた人が故郷を懐かしんでそれぞれに名物をもちよったところから始まって
こういう地方の祭りの出し物が集まる祭りになっています。
apo-IMG_2233.jpg

遊就館のロビーに佇む零戦。ちょうどよく夕日が当たっていました。
apo-IMG_2237.jpg

神門のほうへもどってちょっと時間を潰します。
人の流れと風でなびく仙台七夕飾りを流してみました。
apo-IMG_2242.jpg

七夕だけをさらにスローなシャッターで。
apo-IMG_2250.jpg

やがて暗くなり、19:00を過ぎると・・・恒例のつのだ☆ひろさんのライブが始まりました。
apo-IMG_2262.jpg

能楽堂を利用したジャズのライブ。なかなか素晴らしい雰囲気です。
apo-IMG_2263.jpg

提灯越しに撮ってみました。ちょうど御大がこっちを見たところを。
apo-IMG_2292.jpg

正面からも。
apo-IMG_2300.jpg

ライブをある程度見たら、次の出し物を撮りに移動します。
雪洞の前で写真を撮る人たちをスナップ的に。
apo-IMG_2309.jpg

神門のところまで来るとたくさんの人がデジカメやスマホで景色を撮影。
これがまた絵になるのですよね。
apo-IMG_2353.jpg

夜になり提灯もきれいに光ります。これからいよいよ祭りの一番盛り上がる時間。
apo-IMG_2358.jpg

今年もありました。100個の永代奉納、佐藤忠男さん。
apo-IMG_2361.jpg

次回、ねぶたなどが登場です。

テーマ:祭り/イベント - ジャンル:写真

靖国神社みたま祭り・7/15⑤神輿奉納 2013年07月24日 Festival:お祭り トラックバック:0コメント:0

今回でみたま祭りの写真もようやくラストです。
すっかりあたりも暗くなり、無数の提灯のなかを麹町靖国講の神輿が内苑へと入ってきました。

最初はそのまま撮ろうかと思いましたが、あまりに暗すぎるので補助光を使います。
シャッタースピードは落としてスローシンクロすることに。最初はちょっと速め。
ak-IMG_2398.jpg

露出を測りながら徐々にシャッターを遅くします。
しかし連写がきかないから難しい・・・
ak-IMG_2401.jpg

この辺からいい感じでスローシンクロし始めました。
ak-IMG_2404.jpg

広角でなるべく近づいて、集団の上からカメラを掲げて撮ります。
ノーファインダーなので、どう写ってるかは撮れてからのお楽しみ。
ak-IMG_2406.jpg

時折照明が背景に見えて露出が上がるのがまた難しいです。
ak-IMG_2408.jpg

1秒ちょっと露光してみました。かなりスローシンクロになりました。
ak-IMG_2409.jpg

だいぶスピード感も出ます。
ak-IMG_2412.jpg

もう一段、高いところから撮れればいいのですが。
これだけの人ごみでは踏み台も危険ですし。
ak-IMG_2414.jpg

こちらもかなりのスローシャッター。2秒近く開けてます。
ak-IMG_2418.jpg

拝殿の前まで神輿が来たところでスローシンクロはやめて高感度で。
ak-IMG_2425.jpg

講元が大声で神輿を仕切ります。まさにクライマックスのシーン。
ak-IMG_2427.jpg

拍子木を打って・・・
ak-IMG_2430.jpg

三本締めで終了。
ak-IMG_2433.jpg

さて、神輿奉納も終わったので帰路につきます。
みたま祭りの夜の景色を撮りながら歩くことに。
ak-IMG_2439.jpg

神門前は少しだけ空いています。しかし参道の向こうの方はすごい人ごみ。
ak-IMG_2442.jpg

毎年変わらぬ東京のお盆の風景。テレビなどでは取り上げられないけど、それでもすごい来場者数。
でもその賑やかな風景もまた、平和の象徴と言うことですから、靖国にはふさわしいです。
ak-IMG_2443.jpg

サーチライトが天に向かって伸びていました。
ちょっとコントラスト高めてその軌跡を撮ります。
ak-IMG_2445.jpg

参道の混み具合はものすごいので、裏の駐車場を通ることに。
電気が消えてしまった提灯の修理に、職人さんらしき人が体一つで上って直しに行きます。
ak-IMG_2446.jpg

最後に大鳥居から参道の方。見渡す限りの人の海。
よくもまあ、これだけ人が集まるものですw
ak-IMG_2451.jpg

今年もまたみたま祭りを楽しめました。
これが終わるといよいよ夏本番。頑張って乗り切りたいものです。
次回は先の日曜日に行ってきた護衛艦の一般公開から。

テーマ:祭り/イベント - ジャンル:写真

靖国神社みたま祭り・7/15④夜の祭りへ 2013年07月23日 Festival:お祭り トラックバック:0コメント:0

見世物小屋を見た後は、だいぶ夕方に近づいてきたのでまた参道から内苑の方へと戻ります。

参道まで出るとちょうど子供みこしがやってきました。大人は大混雑の時間帯、子供それより前の少しすいている時間帯に通ります。
ak-IMG_2202.jpg

神門の前まで来ると、神輿に先行していた山車が休憩中。
通りがかりのおじいさんはipadで撮影。なんだか時代の流れを感じますね。
ak-IMG_2205.jpg

子供たちが乗った大きめの山車も参道を練り歩いてきました。
ここの山車の上には東郷平八郎元帥の人形が乗っています。
ak-IMG_2208.jpg

内苑にまた入ってちょっと時間つぶし。遊就館の前に奉納された東京風鈴。
とても涼しげな音を奏でます。
ak-IMG_2213.jpg

遊就館まで来たから、ホールの零戦も撮っておきました。
ちょうど西日が当たって、シルエットがきれいに輝きます。
ak-IMG_2221.jpg

機体はレプリカですが、きれいに再現された貴重なもの。
そういえば所沢の零戦公開も8月まで。まだの人はぜひ。
ak-IMG_2223.jpg

18:00になると、能楽堂でつのだ☆ひろさんの奉納ライブ・・・のサウンドチェック。
音の出方をチェックするだけなのですが、そこはさすが御大。他のミュージシャンとの即興セッションが始まりました。
ak-IMG_2238.jpg

19:00からのライブも楽しみだけど、神輿も捨てがたい・・即興セッション見れたからあとは神輿見よう、ということで神門へ。
ak-IMG_2243.jpg

日没が過ぎてだいぶくらくなってきたところへ、神輿がやってきました。人ごみをかきわけてきます。
ak-IMG_2251.jpg

やってきたのは女神輿。恒例の、大妻女子大の学生によるものです。
ライブビューで撮るために手振れ補正切ったまま撮ったのでぶれちゃった・・・
ak-IMG_2265.jpg

一段と暗くなって、提灯に灯りがともりました。いよいよみたま祭りの本番の時間帯。
ak-IMG_2276.jpg

しばらく休憩ののち、大妻女子の神輿が動き出します。
ak-IMG_2281.jpg

その後ろから、地元麹町の靖国講による神輿。
サーチライトが当てられて、金の飾りがきれいに輝きます。
ak-IMG_2304.jpg

とりあえず拝殿の手前までいって、先に入った大妻女子の神輿を撮ります。
ちょうど拝殿の前で最後の盛り上がりのところ。
ak-IMG_2319.jpg

最後に拍子木を叩いて締めます。
ak-IMG_2327.jpg

次に来る神輿を狙いにまた神門へ。すっかり暗くなり、みたままつりも佳境にはいります。
神門からの眺めはまさに壮観。行きかう人々は足を止めて思い思いにカメラに映し止めます。
この光景もまた、みたままつりらしさかなあと。
ak-IMG_2334.jpg
ak-IMG_2344.jpg
ak-IMG_2349.jpg
ak-IMG_2358.jpg
ak-IMG_2368.jpg
ak-IMG_2369.jpg

暗い中でめだっていたドキンちゃん。
こんなふうに浮かれた様子もまたいいものです。それだけ平和ってことなんですよね。
ak-IMG_2382.jpg

次回で靖国みたままつりの写真は終わり。最後は神輿の奉納です。

テーマ:祭り/イベント - ジャンル:写真

靖国神社みたま祭り2013・7/15①昼間の参道とかっぽれ 2013年07月17日 Festival:お祭り トラックバック:0コメント:4

連休に撮った写真、続きは何を出そうか迷いましたが靖国神社みたま祭りの続きにすることにしました。
旅行の写真はあとでもいいかな、と。7/14に房総の家族旅行から帰ってきて夜にお祭りにでかけ、さらに翌日も行きました。
7/15はどちらかというと昼間の写真がメインとなります。

九段下から歩いて行って坂の上の大鳥居の前まで。昼間は空いています・・とはいってもこのくらいの人はいますが。
ak-IMG_1834.jpg

西日がもろに当たるので暑いです。でもそれがまた夏らしくていいかなと。
夜はカメラを構える余裕なんてないので、昼のうちにこういう写真を撮っておかないとね。
ak-IMG_1836.jpg

いつもの佐藤忠男さんも撮っておかないと。
ak-IMG_1837.jpg

お偉いさんコーナーにもたくさん出ています。どこぞの新聞が、「閣僚から2人が献灯なんて」ニュースにしてましたが。
何十年も前からずっとやってきたことなのにねw参拝問題と同じで、自分で放火して火事のニュースを書く=マッチポンプをやっているのがよくわかります。
ak-IMG_1839.jpg

個人の信条なんで、別に議員が献灯しようがしまいがどうでもいいことです。
でも、それらしいことを主張するなら・・とは思いますね。
ak-IMG_1840.jpg
ak-IMG_1841.jpg

神門の七夕。仙台から毎年奉納されているものです。
風が少しあって、涼しげに靡いていました。
ak-IMG_1844.jpg

著名人の雪洞をじっくりと見たあと、能楽堂で行われている奉納芸能を見ます。
ちょうど「かっぽれ」が行われていました。
ak-IMG_1884.jpg

江戸時代から続く「江戸芸かっぽれ」は大道芸のルーツともいえるものだとか。
ak-IMG_1886.jpg

男性の集団が最初に出てきて、とにかく踊ります。
けっこう動きが激しいんですよね。
ak-IMG_1891.jpg
ak-IMG_1895.jpg

入れ替わりで女性陣が登場。
なんかフォーメーションの組み方と言うか、基本的に今の集団アイドルと変わらんのじゃないかと。
ak-IMG_1898.jpg

やはり動きはきびきびしています。この暑さだとけっこう大変なんじゃないかと。
ak-IMG_1906.jpg
ak-IMG_1910.jpg

最後のお辞儀は凛としています。
この後も芸能があるかと思ったら昼の部はこれでおしまいで。夜のつのだ☆ひろライブまでお休み。
ak-IMG_1912.jpg

時間がだいぶあるので、先に見世物小屋を見ておくことにしました。
内苑から入口のほうまで移動します。途中、ちょこっと提灯を撮影。
ak-IMG_1915.jpg
ak-IMG_1919.jpg

望遠でカメラを高く掲げて、拝殿と七夕を圧縮して撮ります。
手振れ補正を切らないとライブビューが使えないので少しブレちゃいました。
ak-IMG_1923.jpg

次回は見世物小屋の詳細レポです。

テーマ:祭り/イベント - ジャンル:写真

靖国神社みたま祭り2013・7/14① 2013年07月15日 Festival:お祭り トラックバック:0コメント:4

3連休、久しぶりに写真撮りまくってます。
昨日今日と房総半島の方へ家族旅行へ行ってきました。鴨川シーワールドほか海三昧です。
写真も海の日の連休にふさわしく、その手のものがいっぱい撮れました。
で、夕方に帰ってきてそのまま息子と靖国神社へ。この時期恒例のみたま祭りです。
息子が一緒だったのではぐれないこと優先であまり撮れませんでしたが、速報的にそちらの写真からアップしていきます。

いつもの奉納提灯。そしてもいつもの佐藤忠男さん。これを見ないとみたま祭りは始まりません。
ak-IMG_1650.jpg

これもいつも通り。巨大な七夕が神門に飾られていました。
ak-IMG_1652.jpg

内苑に入って、著名人の奉納雪洞を見ます。今年はなんとびっくり、AKBのメンバーのものがありました。
でもこのメンバーは知らないですがwその隣は的場浩司さんです。
ak-IMG_1653.jpg

ア・・坂田利夫師匠は常連です。素朴な感じがいいですね。
ak-IMG_1654.jpg

田母神さんも最近はすっかり常連。
ak-IMG_1656.jpg

小泉元首相は昔から奉納しています。
ak-IMG_1657.jpg

大相撲の力士も、上位の人はみな奉納。これは横綱白鵬。
ak-IMG_1659.jpg

ミリタリー漫画の第1人者・・かな。小林現文先生。まあ知ってる人は少ないか。
ak-IMG_1666.jpg

こちらは・・名前控えておくのを失念。絵が印象的でした。
ak-IMG_1668.jpg

なんと、初代タイガーマスクの佐山聡さん。しかも雪洞が大きかったです。
ak-IMG_1669.jpg

今年は格闘家が多かったような。というか雪洞の数が例年よりずっと増えました。曙と長州力。
ak-IMG_1670.jpg

アントニオ・・・じゃなくてあんときの猪木。この人は格闘家じゃないかwでもレスラーの並びでしたw
コピー元の人は北朝鮮とべったりなので靖国奉納なんてありえませんが。
ak-IMG_1671.jpg

この人から奉納があるとはびっくり。なんか便乗してないか・・とか本当に?とは思いましたが。
でもそういう人でも受け入れる、懐の深さが靖国神社のよさです。
ak-IMG_1672.jpg

こちらも常連。桂歌丸師匠。
ak-IMG_1678.jpg

去年と同じ文面ですが、台湾の李登輝元総統。
ak-IMG_1679.jpg

今年も小野田さんは奉納していました。この人のが一番重みがあります。
ak-IMG_1681.jpg

雪洞ばっかりアップしちゃってますが。能楽堂では奉納ライブが始まりました。
ここでのライブと言えばつのだ☆ひろさん。でも御大が出てくるのは明日です。今日はペギー葉山さんが歌ってました。
ak-IMG_1677.jpg

と、ここで太鼓の音と、「らっせらー」の掛け声。みたま祭り恒例の青森ねぶたの奉納です。
本場には及ばない規模ですが、やっぱりこの祭りの雰囲気は最高。真っ暗なのであえて動きを出しました。
ak-IMG_1682.jpg

奉納が終わるとねぶただけ先に引き上げます。
神門から参道を見渡してみました。いつものみたま祭りの風景です。
ak-IMG_1683.jpg

そして黄色い提灯の壁をバックにしたねぶたが見られるのも靖国だけ。
ak-IMG_1685.jpg

この後屋台を楽しみたい息子の希望で、大混雑の外苑へ。
ダーツ投げをしてます。焼きそばとか焼き鳥もたらふく。
ak-IMG_1691.jpg

しかし靖国のみたま祭りに来て、普通の屋台だけで終わるわけがありませんねw
例の場所へ連れて行きます。続きは次回。

テーマ:祭り/イベント - ジャンル:写真

富岡八幡宮豆まき式 2013年02月03日 Festival:お祭り トラックバック:0コメント:2

CP+の写真の続き、ということでしたがちょっと予定変更。
今日の節分の日に、地元冨岡八幡宮の豆まき式に行ってきました。
今年は曜日のめぐりがいいので、いつも平日にやっているこのイベントに行けたわけです。

午後になってから富岡八幡へ。すでに豆まき式の準備ができています。
今日は参拝のお客さんも多め。
ai-IMG_1137.jpg

富岡八幡の節分で楽しみといったらこれ。富くじです。
一等はなんとハワイ旅行。たくさんの人が配布のために並んでいました。
ai-IMG_1140.jpg

檀上から豆をまく今年の年男年女の名前が並びます。
有名人の人もけっこういますね。
ai-IMG_1141.jpg
ai-IMG_1142.jpg

さて、時間になり豆まきのために年男年女たちが参道を歩いてきます。
まずは本殿にお参り、お祓いをするようで。氏子さんたちが先導します。
ai-IMG_1147.jpg

真っ白い衣装の神官さんに続いて裃を着た年男年女たちが入ってきます。
ai-IMG_1153.jpg

有名人がずらずらと入ってきます。
人ごみにもまれてピント合わせ失敗・・・
ai-IMG_1155.jpg

この人は毎年来ているような・・・オリンピックおじさんです。
すぐそばでホテルを経営しているので、地元のイベントにはよく出てくるんです。
そういえば相撲もよく見に行ってますね。
ai-IMG_1157.jpg

小学生にも人気。嘉門達夫さん。
先に登場した大和田伸也さんよりもある意味目立ってましたw
ai-IMG_1159.jpg

右の茶色い帽子の方、オスマン・サンコンさんです。なんだか懐かしいw
でも息子の小学校にも先日講演会でやってきたりしてます。けっこう活動しているんですよ。
ai-IMG_1162.jpg

神主さんがやってきて、群衆たちもお祓い。
いよいよ豆まきが始まります。
ai-IMG_1166.jpg

大和田伸也さんと嘉門達夫さんがまず入場。
いい旅夢気分♪な人ですが、この格好だと昔やってた格さんのイメージですね。
ai-IMG_1173.jpg

大和田家は家族で登場。夫人の五大路子さんと長男の大和田悠太さんも一緒です。
ai-IMG_1175.jpg

反対側の檀上にも勢揃い。オリンピックおじさん目立ちますねw
その隣が参議院議員の丸川珠代さん。昔TVタックルでポーカーフェイスでビートたけしとニュースコントやってたのを思い出します。
ai-IMG_1182.jpg

揃ったところで、太鼓が叩かれ豆まき開始。
ai-IMG_1188.jpg

下にいる人はみんな袋を開けて待ちます
ちなみにまかれるのは福豆だけ。
ai-IMG_1192.jpg

とりあえず豆がまかれている間は一生懸命豆を受け取ることに集中しました。
終盤、豆も十分集まったところで再び撮ります。豆は小さすぎて写りませんし・・
しかしこの二人が並んでるとちょっと迫力ありますねw
ai-IMG_1198.jpg

最後は余った豆を近くの人の袋に直接落としてくれました。
でも自分はちょっと近づくまでに至らず・・・
ai-IMG_1203.jpg

それでも家族3人、歳のぶんだけ食べるには十分です。
ai-IMG_1208.jpg

最後は富くじの抽選も行われました。残念ながら当たりませんでしたが・・
でも家のすぐ近くで、これだけ楽しめるイベントがあるからいいかな。
ai-IMG_1210.jpg

帰って豆をちょろっとまいて、歳の分だけ食べて。
今年もあと11か月、無事に過ごしたいものです。
次回はまたCP+に戻ります。

テーマ:祭り/イベント - ジャンル:写真

 » »
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。