スポンサーサイト --年--月--日 スポンサー広告

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

Big Beach Festival'13 RedBull Flight Paformance 2013年06月06日 DeepBlues:室屋義秀 トラックバック:0コメント:6

静浜基地航空祭の写真も終わったので、続いて先週土曜日に行った幕張での室屋さんのフライトを。
ここ数年、この時期の恒例フライトになった幕張の浜でのフライト。ビッグ・ビーチ・フェスタという野外音楽イベントの一環として飛んでいます。
チケットがなければ会場には入れませんが、会場がそもそも公共の砂浜を貸し切っているのでその制限エリア外なら出入りは自由。
室屋さんもそっちの方まで飛んできてくれるので、けっこう間近でフライトが楽しめるわけです。
11:15からのフライトという情報があったので、遅くとも30分前には幕張の浜についているように向かいます。
一昨年は場所がいまいち分からなくてマリンスタジアム横、去年は砂浜に入れて割と近くから撮れました。

去年のフライト
レッドブル・フライトパフォーマンス@Big Beach Festiva'12
レッドブル・フライトパフォーマンス@Big Beach Festiva'12②

一昨年のフライト
RedBull フライトパフォーマンス①
RedBull フライトパフォーマンス②

他の方の写真を見たり、地図を見たりして今年は去年の場所と会場を挟んだ反対側、海に100mちょっと突き出た突堤の上から撮影です。
どういう場所かはゆっきーさんのブログ記事にあがっている写真が分かりやすいかな。3枚目の左に写っている黄色いシャツが自分ですw

フライト開始の5分ほど前に室屋さんの駆るエクストラが登場。会場から離れた検見川沖でホールドします。
そして11:15。急降下から海スレスレのところまで下りてきて高速でこちらに飛んできました。こっちくる!と思って望遠で待ち構えると・・・
aj-IMG_6956.jpg

キレのあるバンクをいきなりとって、まさにこっち向きの真正面。ものすごい勢いでファインダーの中のエクストラが大きくなっていきます。
aj-IMG_6961.jpg

ものすごく近く、というか一番近いところで車輪しか写らないくらいのところをパスしていきました。初っ端からものすごい迫力。
エンジンの振動がそのまま体に伝わってくる近さです。
aj-IMG_6965.jpg

空がやや白く斜光だったので海の上のパフォーマンスは実質逆光気味。
それでも縦系も含めた素晴らしいパフォーマンスを展開してくれます。
aj-IMG_6989.jpg

翼がギラリと光る瞬間、アンダーにして撮ってみました。
aj-IMG_7072.jpg

基本的に突堤を空域の目印の一つにしているようで、自分の立っている突堤をなぞるように飛んでいきます。
aj-IMG_7104.jpg

メイン会場は砂浜のほうなので、海岸線沿いに超低空飛行も。
aj-IMG_7108.jpg

西側には千葉マリンスタジアムがあり、この日もプロ野球の試合。去年はそれで近くを飛んでしまい客からクレームがきたとかで
試合の時間は避け、さらにマリンスタジアムは徹底して避けて飛んでいました。やや高さのある複雑なマニューバーはド逆光。
しかしスモークがいい感じに茶色くなったので、逆にアンダーにしてスモークを強調してみます。
aj-IMG_7138.jpg
aj-IMG_7145.jpg
aj-IMG_7152.jpg

去年は向こうに見えている位置から撮りました。こういう超低空パスは近くていいんですが、すごい逆光なんですよね。
今年はマリンスタジアムの件もあって、あっちはあまり飛ばないと読んで場所を変えましたが正解でした。
aj-IMG_7339.jpg
aj-IMG_7342.jpg

こちらにも低空で向かってきます。突堤先端が目印みたいなので、海岸線からこちらに向かってターン。コクピットの室屋さんがこちらを見ています。
aj-IMG_7375.jpg

そのまま直上を通過。高度10mくらいしかないんじゃないかなあ。これ以上は近すぎ・速すぎでAFが追い付かないのです。
aj-IMG_7378.jpg

ここから超低空パスの連続。検見川方向からはいってきて・・・
aj-IMG_7388.jpg

まずはこちらに背中を見せます。今回は電池で有名なエナジャイザーがスポンサーカラーに。
色合いはかっこいいのだけども、エナジャイザーってカタカナで書かないほうがよかったかもw
aj-IMG_7392.jpg

そのままナイフエッジで海岸線沿いに飛びます。途中、背景に幕張アパホテルの高層ビルが。
aj-IMG_7397.jpg
aj-IMG_7403.jpg

切り返してまた超低空・超低速の背中見せパス。エクストラ300のウィングの幅は約7m。
そこから推測するに、高度は10mほどしかありません。
aj-IMG_7443.jpg
aj-IMG_7447.jpg
aj-IMG_7457.jpg
aj-IMG_7464.jpg

その高度のまま、突堤の上も通過していきます。これは真下から撮れるチャンスでもあったか・・
aj-IMG_7476.jpg

また切り替えし。背中撮り放題です。
aj-IMG_7495.jpg
aj-IMG_7498.jpg
aj-IMG_7504.jpg

高層ビルとの絡みもばっちり。こうしてみると幕張もロケーションがけっこういいですね。
aj-IMG_7511.jpg
aj-IMG_7513.jpg

そのまま会場前をパス。これも近かったでしょうね。
ただ11:15というのはまだ音楽イベントのお客さんが少ない時間帯。場外の見物人と同じくらいしかいなかったような。
aj-IMG_7525.jpg
aj-IMG_7529.jpg
aj-IMG_7532.jpg

最後は高速で突堤の上をパスして帰っていきました。
ちょっとブレちゃったけど、間近でのパスはやっぱり迫力あります。
aj-IMG_7590.jpg
aj-IMG_7591.jpg
aj-IMG_7593.jpg

当初は予定に載っていなかったのですが、17:40からのフライトもあったようです。それを知ったのは家に帰ってから。
野球の試合との兼ね合いもあったのかな。夕日の時間帯でしたが、この日は午後からドン曇りになってしまったので諦めはつきました。
次回はまだ途中だった地下鉄の写真です。
スポンサーサイト

テーマ:航空機 - ジャンル:写真

ブライトリング・室屋義秀アクロバットin小名浜② 2013年05月14日 DeepBlues:室屋義秀 トラックバック:0コメント:4

小名浜港でのブライトリングの室屋さんの続き。雲底もかなり低いので縦系の科目はありませんでしたが
港周辺に集まった人たちにまんべんなく見せるように、ひねりを入れながら何回もパスをしていきました。

タワーから見下ろせるところの割と近くを、急降下しながらエクストラが通過します。
防潮堤をバックに、完全に上から見下ろした形。望遠の圧縮効果もあるんだろけど、かなり低いところを飛んでいるように見えます。
aj-IMG_4244.jpg
aj-IMG_4249.jpg
aj-IMG_4260.jpg

アクアマリンふくしまの桟橋前を通過。こうしてみると高度がよくわかります。
aj-IMG_4279.jpg

工事中の橋脚をバックにこちらにターン。ここから一度スモークをきって高度をリカバリーします。
aj-IMG_4288.jpg

建造中の大型船をバックに。小名浜港は割と狭いエリアに工業地帯も商業地域もあるので、背景がバラエティに富んでいます。
aj-IMG_4312.jpg

そして上昇すれば内陸の方の景色も。コンビナートの建造物の巨大さがまたいいですね。
aj-IMG_4327.jpg

これで同じくらいの高さ(100m)ほどでしょうか。空撮的な写真って面白いです。
aj-IMG_4341.jpg

超低空からのリカバリー。この後思いっきりロールしてました。
あちら側からの映像などを見ると、相当低く飛んでいたようですね。
aj-IMG_4346.jpg

アクアマリンの建物の上の方も。ガラス張りの建物の高いところにも人がいます。
aj-IMG_4350.jpg

旋回してショウセンターに向かう直前。これが一番近いところになるのかな。
aj-IMG_4373.jpg

急降下していって背面で会場方向へ進入。進行方向の正面にいた人から見たら大迫力でしょうね。
aj-IMG_4390.jpg

微妙にショウセンターへの進入コースは変わります。
aj-IMG_4408.jpg

巡視船「なつい」をバックに。こういうコラボも小名浜らしくていいです。
aj-IMG_4424.jpg

斜めになりながらスロースピードでパス。これもだいぶ低いですね。
aj-IMG_4478.jpg

メイン会場のららミュウ前を通過。かなりの人が集まっているのがわかります。
本来の飛行時間であった12:00前後はもっと混んでいたでしょうね。
aj-IMG_4488.jpg

小名浜の市街地をバックに。
aj-IMG_4493.jpg

また巡視船上空を通過。この背景近辺は貨物船の駅になっています。
ただイオンモールを誘致した再開発も計画されているようです。
aj-IMG_4507.jpg

工業地帯をバックに急降下。
aj-IMG_4510.jpg

今回一番近いところを通過したのがこの時。翼の裏の文字もはっきり見えます。
それでいて背景が陸地。俯瞰撮影大成功です。ここからメイン会場へ向けて急降下していきます。
aj-IMG_4556.jpg
aj-IMG_4558.jpg
aj-IMG_4563.jpg

最後はメイン会場をなめるように、翼を振りながらのパス。
そして西の方向へと帰っていきました。
aj-IMG_4581.jpg
aj-IMG_4582.jpg

このフライトと同時に行った天候チェックの結果、やはりジェットチームがフライトを行うには厳しすぎる状況とのこと。
残念ながら本命のアクロバットは中止となってしまいました。でも強風と霧の寒い中5時間待っても、室屋さんが飛んでくれただけでも満足です。
室屋さんのフライト後、中止が決まり屋上にいた人たちも撤収用意。残念だねえとちょっとがっかりしていたら、地元の方が名産の「メヒカリ塩チョコ」を配ってくれました。
「飛ばなかったのは残念だけど、人がたくさん来てくれてうれしいです。今日の記念にどうぞ。」と。聞けば原発被害で全住民が避難している双葉町の方だとか。
前向きな姿勢になんだか救われた気がしました。室屋さんが頑張って飛んでくれたし、信じて待ってれば何かいいことあるんですよね。そう思ったイベントでした。
タワーを下りて遅いお昼に、三崎公園の下の市場横にある定食屋でメヒカリから揚げ定食を食べました。
4月に同じく被災地の東松島市野蒜で食べたカキフライと同じくらい美味しかったです。
aj-IMG_4597.jpg

お昼を食べて、いわき駅までバスで出てそこからまた高速バスで東京へ。
肉体的には疲れましたが、なかなか有意義な遠征だったと思います。
次回からまた大道芸の続きを。

テーマ:航空機 - ジャンル:写真

ブライトリング・室屋義秀アクロバットin小名浜① 2013年05月13日 DeepBlues:室屋義秀 トラックバック:0コメント:10

更新2日ほどさぼっていたうえに、大道芸の写真を中断して今日行ってきたイベントの写真を。更新さぼってたのはこれの作戦を練っていたので・・・
GWから今週末にかけて、スイスの時計メーカー「ブライトリング」が所有するアクロバット・チームが来日し飛行展示を行っていました。
そのクライマックスが福島県でのフライト。震災復興を祈願して、この土曜日に県内各地でフライバイ、日曜日にいわき市小名浜港沖でのフルアクロが予定されていました。
土曜日は横浜でもフライト予定でしたが悪天候でキャンセル。今日の小名浜でのフライトにかけていました。
なにしろ日本にやってくることなんてめったにあるものではない、ヨーロッパのアクロバットチームのフライトです。これを見ない手はない・・・と土曜の夜から現地展開してきました。
いわき市内で仮眠して早朝に小名浜港へ。目をつけていたのはメイン会場となる港周辺ではなく、ちょっと離れたところにある三崎公園という場所に建つ建物。
いわきマリンタワー」という高さ60mの展望タワーです。海抜40mちょっとのところに建つため、合わせて100mちょっとの場所から小名浜港を見下ろせます。
空域との距離がちょっと気がかりでしたがどうしても俯瞰で撮りたかったのと、なんといっても「小名浜でアクロバット」という写真が撮りたかったので。

朝9時に開館。一番乗りしたおかげで屋上の空域が一望できる特等席をゲットできました。ただいつもは動いているエレベータが緊急点検のため停止。
なんと60m・360余段の階段を歩いて登りました。さすがに足がつりそうになりましたよwでもおかげでこの景色。しかも天気は文句なし。
aj-IMG_4030.jpg

しばらくして西の方から金色のロビンソンR44が飛来。タワーの近くを飛んでいきます。
aj-IMG_4031.jpg

旋回して港の方へ降りていきました。かなり小さい機体であるR44でもこんな感じで撮れます。これは期待できそう。
どうやらブライトリングの地上支援スタッフを連れてきた模様です。
aj-IMG_4036.jpg

これで後は開始時間を待つばかり・・・と海の方を見るとなにやら不穏な空気。隣にいた人が「なんだか幻想的できれいですね~」と。
しかしこれは・・・海霧:シーフォグ!南東北から北海道の太平洋側で暖かくなると発生する現象。これが出るとかなりやばい・・・
aj-IMG_4040.jpg

展望台から北のほうを望むと、不気味な黒っぽいシーフォグがあっというまに海岸地帯を飲み込みます。これは非常にまずい。
aj-IMG_4043.jpg

で、恐れていた事態に。海で発生した霧が小名浜港全体を覆ってしまったのです。高度50~数百メートルのエリアでかなり密度の濃い霧がびっしりと。
60m下の公園すらも全く見えない真っ白な世界に・・・10:30から予定されていた室屋義秀さんのアクロに続き、11:50からのブライトリングジェットチームもディレイ。
ただ天候回復の可能性もあるということで夕方まで空域を確保し、状況改善次第飛ぶことになりました。その間いきなり寒くなった屋上で震えて待ちます。
というか耐えきれなくてトイレにも行きたくなったので、屋上からの階段を4往復しましたが。
aj-IMG_4045.jpg

13:00過ぎ、視界がなんとか開けてきました。ただ上空はすっかり雲が出てしまい大気も不安定。
そこで室屋さんが天候偵察も兼ねて小名浜港でアクロバットをやってくれることに。ごらんの通り、数キロ先は見渡せています。
プロペラ機のアクロバットならなんとかできる視程。
aj-IMG_4053.jpg

そして13:40。室屋さんの駆るブライトリングカラーのエクストラ300が登場!
思惑通り、100mより低い高度での飛行展示で俯瞰で撮ることができます。距離もなんとかOK。
aj-IMG_4065.jpg

タワーから小名浜港を見ると、空域のバックは主に工業地帯。でもこれもまたいいものですね。
まぎれもなく小名浜の景色ですから、イメージ通りの写真になります。
aj-IMG_4072.jpg

いわきマリンタワーも含めて、陸地には高い建物がけっこうあるので海上のみのフライトになります。
それでも望遠で圧縮すれば問題なし。
aj-IMG_4085.jpg

いつもは狙いにくい紺のレッドブルカラーですが、今日は目立つ黄色なのでピントも合わせやすい。
aj-IMG_4092.jpg

工事中のエリアがけっこうあるので、無機質な背景にはなってしまいますが。
aj-IMG_4096.jpg

あと、晴れていれば海が真っ青になってすごききれいだったろうなあと。
メイン会場からはド逆光or曇り空でスモークが見えづらい状況のはずなので。
aj-IMG_4108.jpg

港に泊まる貨物船をバックに。とにかく連写で景色を取り込んでいきます。
aj-IMG_4115.jpg

このあたりで高度は70mくらい?ここからさらに高度を下げて位置エネルギーを運動エネルギーに変換しながらアクロを開始です。
aj-IMG_4119.jpg

港の中ほどにある突堤に囲まれた部分を埋め立てて商業地域にするらしく。その連絡橋の工事中の橋げたも。
aj-IMG_4126.jpg

そしてアクアマリンふくしまという水族館の周りに集まった人々が写ります。
予定時刻に飛べなかったので諦めてしまった人はだいぶ帰ってしまったようです。
aj-IMG_4137.jpg

ここで背面に移行。向こうの人たちからはどう見えているのかな。
aj-IMG_4142.jpg

陸地にかかる前にブレイクして海上へ逃げます。
ヨーロッパ方式のディスプレイですね。
aj-IMG_4156.jpg

火力発電所の朦々とした煙をバックに。まさか工場萌え要素とアクロバットが一緒に撮れるとは。
aj-IMG_4165.jpg

再び同じコースで進入。メインとなる海上はアクアマリンふくしまのある突堤ではなく、一つ手前の場所。
aj-IMG_4176.jpg

こっちの方が人がたくさん写ってていいかな。
aj-IMG_4177.jpg

そしてメイン会場の手前上空と思われるところでロール。背面になったところを撮ります。
aj-IMG_4186.jpg

枚数が多いので続きは次回。

テーマ:航空機 - ジャンル:写真

レッドブル・フライトパフォーマンス@Big Beach Festiva'12② 2012年06月03日 DeepBlues:室屋義秀 トラックバック:0コメント:8

幕張海浜公園で行われた、レッドブル・フライトパフォーマンスの2回目。
1回目のフライトのあと、砂浜から撤収して近くの喫茶店へ。
2時間だべってw、2回目の17:45が近づいてきたので
再び砂浜へ移動・・と思ったら夜に音楽イベントの絡みで花火があがるので、砂浜への立ち入りが禁止。
仕方ないので少し戻って、高さのある歩道橋の上から撮ることにしました。
天気もちょっと悪くなってきて雲がだいぶ厚く、やや露出が厳しい状態でした。

1回目とは違った経路での進入。ただ高さは同じなので、歩道橋から見ていても防風林に隠れるほどの
低い高度になってしまって、一番いいところが見られません。
ad-IMG_4306.jpg

距離もちょっとあるので、スモークの軌跡を狙います。
しかし曇り空のためなかなかスモークが見えず・・・
ad-IMG_4315.jpg

なんとかトリミングして、レタッチもしてはみますが。
だいぶ厳しいですね。
ad-IMG_4320.jpg

ねらい目は主に上昇していくところ。
防風林の影からいきなり飛び出すので、捉えるのが難しいです。
ad-IMG_4323.jpg

今回、これだけは面白いというかよかったなあというのがこれ。
旅客機とのクロスです。羽田へのアプローチと空域が近いのでタイミングさえあえば撮れるわけです。
もちろんトリミングしまくってますどね。
ad-IMG_4334.jpg

急降下も狙いますが。う~む、あまり面白みがない・・・
ad-IMG_4343.jpg

ただ航空祭では標準くらいの距離になるのかな。
砂浜からの撮影は環境としては恵まれすぎですね。
ad-IMG_4346.jpg

身軽なプロペラ機ならではの機動。
スモークの軌跡で動きがわかるでしょうか。
ad-IMG_4362.jpg

ちょっとスモークが薄いですが・・・これも機敏な動きがわかります。
ad-IMG_4364.jpg

これはよく見ると変な動き。フラットスピンしながら、真下に落ちています。
機首は前を向いたまま。これ、かなり技量がいる技です。
ad-IMG_4368.jpg

とまあこんな感じで撮っていてもなかなか伝わらないので。
距離もあることだし、動画で撮ってみました。一眼レフ&望遠で飛行機を動画撮影するのは難しいんですけどね。
ブレブレではありますが、機動のすごさが伝われば。







次回からまたオフ会の写真に戻ります。

テーマ:航空機 - ジャンル:写真

レッドブル・フライトパフォーマンス@Big Beach Festiva'12 2012年06月02日 DeepBlues:室屋義秀 トラックバック:0コメント:6

先週のオフ会の写真がありますが、先に今日撮ってきた写真を。
幕張海浜公園で行われたBigBeachFestivalという音楽イベントの一環として、
レッドブルのフライトパフォーマンスでDEEP BLUESの室屋義秀選手がアクロバット飛行を行いました。
去年も撮ったフライトパフォーマンス。去年の記事は↓です。
RedBull フライトパフォーマンス①
RedBull フライトパフォーマンス②

去年は場所の詳細が分からずに、位置取りに失敗。今年はその教訓を活かして早めに会場近くの
幕張の浜という砂浜へ到着。イベントが行われているところのすぐそばまで行って撮ることができました。
フライトは14:30と17:45の2回。まずは一回目のフライトの写真から。

14:30少し前から室屋選手のエクストラ300が上空を旋回。時間きっかりになったところで
会場のすぐそばの海面上空に、超低空で進入してきました。
ad-IMG_3785.jpg

こちらは砂浜の水際にいるので、ものすごく近い距離から撮れます。
航空祭などで撮るよりも断然近いですね。
ad-IMG_3787.jpg

引き起こして、そのままくるくるとロール。背面飛行する飛行機は久しぶりに見たなあ。
ad-IMG_3798.jpg

最初は数回、会場のすぐそばをローパス。ちょうど背景と海岸で撮る人が撮れたので。
ピントが甘いのでもやもやしてますが、距離の近さと高度の低さがわかるでしょうか。
ad-IMG_3804.jpg

低空から引き起こして垂直に上昇。
ad-IMG_3810.jpg

ちょっと高度をとったところでスナップロール。
高速で何回転も連続で行います。
ad-IMG_3813.jpg

薄曇りでしたが太陽は見えている状態。
アンダーでスモークの軌跡を撮ります。
ad-IMG_3831.jpg

かなりの高さまで上昇していって、減速しながら下向きに向きを変える
「ハンマーヘッド・ターン」。これも久しぶりに見たなあ。
ad-IMG_3844.jpg

回転しながら急降下していきます。
もっとスモークの回転した軌跡を撮ればよかったかな。
ad-IMG_3847.jpg

しばらく離れたところでの高空からのダイブなどがあったのであまり写真は撮らず。
そのうちまた低空へやってきて、至近距離でのローパス。背面になっていきました。
ad-IMG_3876.jpg

背中をこちらにみせたままのナイフエッジ。300mmでトリミングなしです。
コクピットの中までしっかり見えました。
ad-IMG_3878.jpg

逆光方向になると機体がきらりと光ります。
ad-IMG_3881.jpg

会場前のローパスから、切れのあるターンにはいるところ。
近いのでこういうシーンも撮れます。
ad-IMG_3884.jpg

ちょっと近いところでスナップロール。
レタッチでスモークの軌跡を濃くしてみました。
ad-IMG_3905.jpg

こちらに向かってくる角度で、ループも。
ad-IMG_3960.jpg

再び太陽をいれてアンダーで。
逆光で距離があるときはこういう撮り方もありですね。
ad-IMG_3990.jpg

スモークがあることで、飛行機がどんな動きをしたかというのがわかります。
ブルーインパルスのようなジェット機とは違ったトリッキーな動き。
ad-IMG_3992.jpg

再びナイフエッジ。今度は逆向きでお腹を見せながら。
ad-IMG_4104.jpg

お腹もばっちり撮れました。
ad-IMG_4114.jpg

そしてターン。少し曇っているからスモークが目立ちませんが。
手前はスモークで機体が隠れそうになります。
ad-IMG_4125.jpg

またナイフエッジ。少し角度を緩めているのかな。
切り替えしのターンまで連続写真でご覧ください。
ad-IMG_4147.jpg
ad-IMG_4151.jpg
ad-IMG_4156.jpg
ad-IMG_4166.jpg

低空で入ってきては近距離のローパスを何回も見せてくれました。
自分たちは会場外からだけど、こちらのほうまでしっかり飛んでくれるので
十分に近い距離で撮ることができるのです。
ad-IMG_4184.jpg
ad-IMG_4188.jpg
ad-IMG_4196.jpg

今度は右側から低速で、機体を傾けながらパス。
何やら室屋選手が手をかざしています。
ad-IMG_4213.jpg

トリミングで拡大してみると、会場に向けて手を振っているのがわかりました。
しっかり見ていると肉眼でもわかります。それだけ近いということで。
ad-IMG_4211.jpg

機体を安定させてからとはいえ、スロットルから手を離して機体の角度調整を
右手だけで行いながら超低空をパスするわけですから、相当な技量です。
ad-IMG_4218.jpg

また高速にシフトチェンジしてローパス。
翼を大きく振りながら航過していきました。
ad-IMG_4266.jpg
ad-IMG_4269.jpg
ad-IMG_4275.jpg
ad-IMG_4288.jpg

一回15分のパフォーマンス。それでもかなり満足です。
このあと二回目のパフォーマンスも夕方行われました。
次回アップします。

テーマ:航空機 - ジャンル:写真

RedBull フライトパフォーマンス② 2011年06月05日 DeepBlues:室屋義秀 トラックバック:0コメント:12

幕張で行われたレッドブルのアクロバットの写真の続きです。
今回は時間ギリギリで行ってしまったうえに、会場が分からなくて迷ってしまいました。
もしかしたら順光でもっと近いところから狙えたかもしれませんが、まあ見られただけいいかな。

後半も2機によるフライト。
先行する室屋機が背面になり、ユルギス機がロール開始。
ab-IMG_3108.jpg

なんと、ブルーインパルスでもやっている「コークスクリュー」です。
ab-IMG_3110.jpg

まさかこんなところで見られるとは。
ジェット機のブルーよりも、揚力の「もち」がいいので回転数が多かったです。
ab-IMG_3112.jpg

交錯する瞬間も撮ってみたかったけど、ちょっとアングルがあわず。
それでも満足できる一枚が撮れました。
ab-IMG_3116.jpg

続いては描きもの。これもブルーでやっている「ビッグ・ハート」。
会場からは大歓声が聞こえてきました。
ab-IMG_3128.jpg

編隊がブレイクして、室屋機によるソロ・パフォーマンス。
上昇しながらだんだんスピードが落ちていって、静止状態に。
「トルク・ロール」という技です。
ab-IMG_3165.jpg

スモークに包まれながら自然落下していきます。
ab-IMG_3171.jpg

的が小さくてかすんでいるのであまりいいものが撮れず。
800mmくらいないときついだろうなあ。
ab-IMG_3184.jpg

それでもまだスモークがあるから、焦点距離足りなくてもなんとか撮れますが。
ab-IMG_3203.jpg

これはなんだかよくわからないですねw
ab-IMG_3206.jpg

会場の向こうが海岸になっていて、そこまでいければよかったけど。
もしくは少し高いところに上がればよかった。
ab-IMG_3215.jpg

最後は再び2機に。並んで進入してきた2機が交錯する「タック・クロス」。
これもブルーで見られる技です。
ab-IMG_3224.jpg

ユルギス機のバックショット。スモークが出ていなかったのが残念。
ab-IMG_3228.jpg

というわけで久しぶりのアクロバットショーでした。
また近いうちに見られればいいけど・・・
震災の影響で今年は航空祭が軒並み中止になっているので難しいかな。
西日本の空自基地なら、もしかしたら秋の航空祭はあるかもしれませんが。

テーマ:航空機 - ジャンル:写真

RedBull フライトパフォーマンス① 2011年06月04日 DeepBlues:室屋義秀 トラックバック:0コメント:14

というわけで、宣言どおり幕張へ行ってきました。予定が変わったので14:15~のを見ました。
まあ最初に言い訳しておくと・・・
メインのフライトコースからかなり離れたところでしか撮影ができませんでした。
それにくわえて晴れなのに視界が悪く。証拠写真程度ですがなんとか撮ってきました。

まずは赤白のスホーイ26に乗ったユルギスが登場。てか低すぎw
手前の林の向こうがライブ会場で、その真上を飛んでいるようなのですが
あまりに低すぎて機体が隠れてしまうほど。
ab-IMG_3051.jpg

高度を上げたところを狙いますが、今度は距離が遠すぎて・・・
なので今回はトリミングしまくりです。
ab-IMG_3056.jpg

続いて室屋のエクストラ300。こちらはレッドブルのカラーリングです。
ab-IMG_3061.jpg

低速でターンしていくのでスモークが分厚く吐き出されます。
ab-IMG_3064.jpg

入れ違いでユルギス。どんどん上昇していって・・・
ab-IMG_3072.jpg

太陽をバックにループ。あえてアンダーで撮ってスモークを浮き立たせます。
ab-IMG_3077.jpg

気がついたら室屋機もループしていました。
太陽の輪郭が変なのは、現像で無理やり露出を下げたためです。
ab-IMG_3080.jpg

今度は2機そろってループの体勢へ。
かなり密接な編隊を組んでいます。
ab-IMG_3086.jpg

種類の違う機体でここまでタイトな編隊ループをするとは
さすが世界トップクラスのパイロットです。
ab-IMG_3089.jpg

また太陽が変ですがw引いてループの軌跡を撮ります。
ab-IMG_3093.jpg

そして低空に戻ってきました。このままブレイクかな・・・
ab-IMG_3096.jpg

と思って見ていると再びループに入ります。
ab-IMG_3098.jpg

今度は高度も低くて、かなりいいショットが撮れました。
ab-IMG_3099.jpg

太陽の位置で比べると、一回目より左側で飛んでいるのが判明。
ab-IMG_3102.jpg

こうして2機並ぶと、スモークの厚さ・色が違うのがよく分かります。
ab-IMG_3104.jpg

枚数が多いので続きます。

テーマ:航空機 - ジャンル:写真

 » »
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。