スポンサーサイト --年--月--日 スポンサー広告

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

SAYONARA国立競技場・ブルーインパルス飛行展示 2014年06月01日 BI@IventFly-By:イベント飛行展示 トラックバック:0コメント:8

金曜の予行に続いて、昨日夕方は国立競技場ファイナルイベントのブルーインパルスフライトでした。
予行は六本木ヒルズのスカイデッキからだったので、本番は下から狙うことに。
ただ場所があまりにあるすぎるので、どこで撮ろうか迷いました。
せっかく地元といえる場所で飛んでくれる、でも撮影に適した場所はどこか・・
地図とにらめっこして、市ヶ谷の駅前から狙ってみることにしました。
JR駅の出口から、靖国通りが渡る橋の上。やや視界が開けていて、子供のころは釣り堀で遊んだ場所です。

開始20分くらい前になると急に人が集まりだしました。
前日はテレビでもやっていたので、多くの人が知っていたのでしょうね。
17:35、オンタイムで6機デルタ編隊が通過です。思ったより真上に近いコースでしたがほぼ想定通り。
ano-IMG_8671.jpg

市ヶ谷駅と外掘。水面にスモークも映っています。
新宿・千代田の区界沿いを飛んでいくように、国立競技場へ向かっていきました。
ano-IMG_8685.jpg

折り返してスワン。これも水面に映りこみ。太陽はギリギリ右側のビルの屋上に隠れるかどうか。
夕焼け時のいい時間帯ですね。
ano-IMG_8697.jpg

また折り返してきてグランドクロス。コースがほぼ真上になりました。
橋の上の人たちは手を振ったりカメラに収めたり。
ano-IMG_8708.jpg

そして市ヶ谷駅上空通過と同時に、JRの電車が入ってきました。
家の前も走っている総武線各駅停車の車両。なんだか感慨深いものが。
ano-IMG_8724.jpg

最後はリーダーズ・ベネフィット。
ano-IMG_8745.jpg

あっという間の4パスでした。
でもたくさんの人がたくさん場所からブルーを見上げた、これまでにない企画だったと思います。
横浜上空や調布で飛んだ時とはまったく違う感じのイベントですね。
これがまた次のオリンピック時につながれば・・・そう期待できたフライトでした。
スポンサーサイト

テーマ:航空機 - ジャンル:写真

SAYONARA国立競技場・ブルーインパルス飛行展示到着&予行 2014年06月01日 BI@IventFly-By:イベント飛行展示 トラックバック:0コメント:0

テレビでもやっていたらしいので、ご存知の方もいるとは思いますが。
昨日、今日と国立競技場建て替え前のサヨナライベントで、ブルーインパルスが飛行展示を行いました。
50年前の東京オリンピック、その開会式でブルーインパルスは世界初となる五輪マークを空中に描く偉業を成し遂げたわけです。
その半世紀後、老朽化し2020年の東京オリンピック目指して建て替えられることになった現国立競技場の最後の日。
これに合わせてフライバイをおこなうことになったわけです。
東京都心でブルーインパルスが飛行するのは50年ぶり。まずはそのお出迎えから。

松島基地から入間基地へ。朝方に到着しました。
今回は南東よりの風だったのでRW17からのアプローチ。こっちの撮影は初めてです。
1番機から順に、6番機まで。踏み台がなかったのでちょっとアングルが限定的でしたが。
光線状況は悪くないので、今後もアプローチを狙うにはいいかも。
ano-IMG_8068.jpg
ano-IMG_8087.jpg
ano-IMG_8101.jpg
ano-IMG_8124.jpg
ano-IMG_8142.jpg
ano-IMG_8165.jpg

今回、動画も撮影。レンズの三脚座とiphoneのアクセサリーを使って、同軸で撮影できるようにしてみました。
iphone動画も最近は侮れませんね。見せるため、というよりは記録用なので今後はあまり出すかわかりませんが。



そして夕方。本番と同じ時間に予行フライトを行います。どこで撮影するか迷って、六本木ヒルズの屋上へ。
ここは窓ガラスがなく、開放されたエリアで撮れるので視界が非常に広いです。
高度が高めなため俯瞰にはなりませんが、先日の山形と同じ高さということでイメージはつかめていました。
開始1時間前、防衛省に入間のチヌークが降りるのが見えました。地上支援班はあれに乗ってきたのかな。
ano-IMG_8536.jpg

17:35、北東方向から6機のデルタ編隊がスモークをひいて登場。ついに50年ぶりにブルーが都心を飛びました。
遠くに見えるのが新宿の高層ビル群。霞みがひどく逆光ですが、それがかえっていい雰囲気に。
ano-IMG_8564.jpg

南西方向にぬけていってプロシージャターン。戻ってきて今度はスワン隊形で。
ano-IMG_8588.jpg

また折り返してきます。今度はグランドクロス隊形。
太陽がもろにかぶりますが、夕焼けが近いのでいい感じ。
ano-IMG_8615.jpg

渋谷から三軒茶屋方面へいってまた隊形変化。リーダーズベネフィットです。
ano-IMG_8633.jpg

到着時と同じように動画も同時に撮影。霞みのすごさとコントラストの薄さから、撮影が難しかったのがわかれば・・
しかし今のiphoneはよく写りますね。


たった4パスでも、わが街東京をフライバイしたのはやはり感慨深いものがあります。
次回は、今日の本番の様子を。

テーマ:航空機 - ジャンル:写真

東北六魂祭2014・ブルーインパルス展示飛行② 2014年05月28日 BI@IventFly-By:イベント飛行展示 トラックバック:0コメント:2

東北六魂祭でのブルーインパルス後半です。

5機のトレイルでの進入、チェンジ・オバーターン。トレイルを横から見ると厚みがあるスモークになりますね。
ano-IMG_7853.jpg

高度2000ft。やはり高い・・通常の航空祭だと700での進入です。
ano-IMG_7868.jpg

市街地上空でのブレイク。木の枝も入れてみます。
ano-IMG_7881.jpg

ブレイクして一周してくるところは頭上を通過していきました。木が邪魔なので撮れませんでしたが。
編隊をアップで寄ってみました。航空祭以外でのフライトなのでタンク付。
ano-IMG_7900.jpg

また市街地上空に戻っていきます。
ano-IMG_7901.jpg

5機でのサンライズ。右にちょっと枝があるのでやや窮屈な構図。
ano-IMG_7967.jpg

戻ってきてもう一回のサンライズ。今度はうまく構図が決まりました。
ano-IMG_7922.jpg

右の枝がやはり余計ですが・・広がりのあるスモークでいい感じの絵になりました。
ano-IMG_7929.jpg

最後は6機そろってデルタでのパス。編隊長のコールは「バイバイ」。バイバイパスってことですね。
ano-IMG_7931.jpg

月山も構図にいれて。
ano-IMG_7953.jpg

今回は場所を変えたことで大成功でした。
次は今週末の国立競技場。たくさんの人が見上げるのでしょうね。
山形で撮った経験が活きるといいのですが。

テーマ:航空機 - ジャンル:写真

東北六魂祭2014・ブルーインパルス展示飛行① 2014年05月26日 BI@IventFly-By:イベント飛行展示 トラックバック:0コメント:2

山形市で行われた六魂祭でのブルーインパルス飛行展示、今回は本番です。
前日は予行の下見、ということで割り切って地形確認。千歳山が失敗だったことがわかったのはかえってよかったです。
その日のうちにもう一か所目をつけていた山にいき、視界などを確認。こっちなら大丈夫ということで翌日に備えました。

翌日の本番は朝から見事な快晴。この日上ったのは千歳山からさらに北、市の中心部から1.8kmの盃山というところ。
高さが270m程なので千歳山より若干低いですが、視界が開けているのでこっちのほうがベターといえますね。
ano-IMG_7521.jpg

朝到着して場所取りしたのも正解でした。市内は9:00から交通規制、さらに1時間くらい前になって山にも人が押し寄せてきたので。
そして12:30になり、フライトの開始。朝よりやや空が白くなってしまいましたが、それでも昨日よりも良いコンディションです。
ano-IMG_7617.jpg

この日は遠くの朝日連山もよりくっきり見えました。そしてこの高さ。今週末の国立競技場も同じ2000ftでのフライト。
左下の霞城セントラルタワーが100mちょっとなので、200~300m近いビルが立ち並ぶ都心だとどういうイメージか・・というのも分かりますね。
ano-IMG_7627.jpg

デルタ360は近くを通ったので少し寄ります。滑走路のない場所でのフライトなので、全機タンクをつけたまま。
ano-IMG_7639.jpg

市西北部をターンするようにまわってきます。月山もいい感じで入ってくれました。
ano-IMG_7654.jpg
ano-IMG_7666.jpg

スワンパス。山形盆地と遠く朝日連山。斜めに入ってくるブルーインパルスの編隊。構図としては最高ですね。
ano-IMG_7691.jpg
ano-IMG_7706.jpg

サクラはまたも枝に隠れた・・でも半分だけ。これはこの山頂での自分の立ち位置のミスですね。
ano-IMG_7716.jpg

ダブル・クローバーリーフ・ターン。最初のトレイルでの進入。
ano-IMG_7742.jpg

ダイヤモンドになってこちら側に向かってきます。
ano-IMG_7769.jpg

5番機ソロの720ターン・・はなんとハチが手前にw
撮影ポイントはクマバチが繁殖期を迎えてあちこちでホバリングしていたので。刺さないので無害ですけどね。
ano-IMG_7813.jpg

ハチは無の720ターン。航空祭のアクロよりもGを抑え目にして旋回半径が大きいかな。
ano-IMG_7841.jpg

後半に続きます。

テーマ:航空機 - ジャンル:写真

東北六魂祭2014・ブルーインパルス展示飛行予行 2014年05月25日 BI@IventFly-By:イベント飛行展示 トラックバック:0コメント:2

昨日は山形へ。当初は今日行われた静岡の静浜基地航空祭に行く予定でしたが、ブルーインパルスが山形で行われる六魂祭でフライトするとのことで予定変更。
まあ編隊連携機動飛行で下から見るだけなら、静浜にしようかな・・と思っていたのですが山形市の地図を見て考えを変えました。
市街地中心部から数キロのところに標高300~400mの山が迫っているので、もしかしたら岐阜基地北の権現山からのような感じで撮れるのでは・・と。
まったく知らない土地だし雨が降ったら・・とは思いましたが、念入りに下調べして、目星をつけた山へ上がって撮ってみることにしました。

まず予行。飛行展示の中心はおそらく駅近くの市役所近辺。そこから2.8キロのところにある千歳山という山に行きます。
早朝に山形市に到着して、軽く準備したらそのまま千歳山へ。高さは417mで普通にハイキングで上って下りても1時間半かからないような山。
ただ撮影場所として適しているか探さなければならないので、一度頂上まで行きます。下調べでもある程度分かっていましたが、頂上はやはり不向き。
周りの木が高すぎて、市街地が見下ろせないのですよね。というわけで視界が開けている頂上から100mほど下った善光寺岩というポイントまで来ました。

善光寺岩からの眺めはこんな感じ。ちょうど真下に山形駅が見下ろせます。遠くの雪山は朝日連山。
ロケーションとしてはばっちり・・・と言いたいのですが、これでも周りに木があって視界が限定的。ショウセンターが駅前くらいになれば大丈夫そうですが・・・
ano-IMG_7411.jpg

朝日岳までの距離はおよそ40km。これが関東なら霞んで見えないところですが、周りに雲があって天気がいいとは言えない状況でもしっかり見えます。
ano-IMG_7412.jpg

駅前に見える大きなビルは霞城(かじょう)セントラルタワー。高さは100mちょっと。
今回の飛行展示の最低高度が、NOTAMで発表されている限りでは2000ft(約600m)なので、これの6倍の高さ。
ano-IMG_7417.jpg

山を下りて時間を潰してもよかったけど、とにかく岩場が狭すぎて場所がないし、また上ってくるのも面倒なので時間を潰します。
そして本番と同じく12:30に、ついにブルーインパルス登場。そういえば今年初です。まずは高度をかなり高くとって、地形の確認をしているようでした。
ano-IMG_7420.jpg

念入りに地形確認した後、いよいよ予行スタート。まずは5機のワイド・デルタ。やはり2000ftは高い・・・
そして視界の狭さが裏目に出て、市街地の様子をうまく入れることができません。
ano-IMG_7424.jpg

デルタ360。思ったよりショウセンターが右のほうで、樹木の枝に隠れがちです。
それでも遠くに見える冠雪した月山をバックに。
ano-IMG_7435.jpg

そのあとスワンパス・・だったのが一瞬ボーっとしてしまって見逃してしまいました。
月山をバックに、きれいに構図がとれるアングルだったのですが・・・そこからもどってきてサクラ。
この右側の木が完全に邪魔になっているのです。地元の方曰く、前までこんなに枝が伸びていなかったそうで。
ano-IMG_7443.jpg

5番機ソロの720度旋回。朝日連山をバックにします。
山形市街上空は少し晴れているものの、周りが曇り空でスモークも霞んでしまう状態。
コントラストをかなりあげてなんとか見られるレベルにしました。
ano-IMG_7486.jpg

チェンジ・オーバーターンの進入。ブレイクは完全に木の影。
やっぱり高度高いなあ。これを押えるのに山登ったのは正解です。
ano-IMG_7496.jpg

月山も入れてみます。ショウセンターはどうやら市役所のさらに向こう側だったようです。
千歳山からだと後ろから見る感じ。予行でこの場所が失敗だったのはまだよかったかな。
本番だけでここに来たらがっかりだったはず。
ano-IMG_7502.jpg

ソロとサンライズもあったのですが、ショウセンターの確認に集中して撮影はしませんでした。
今回はあくまで予行ですので、本番で撮れればいいかなと。天気もいまいちでしたし。
この後下山してお昼を食べて、もう一つ目星をつけていたポイントの下見をしました。
次回は本番の様子です。

テーマ:航空機 - ジャンル:写真

将門祭り・ブルーインパルス飛行展示予行 2013年11月17日 BI@IventFly-By:イベント飛行展示 トラックバック:0コメント:0

ブルーインパルス三昧だった入間基地航空祭の写真が終わりましたが、またブルーの写真です。
入間の翌週、茨城県坂東市で行われる平将門公にちなんだお祭り、将門祭りにて飛行展示を行うことが急きょ決定。
ただ天気がいまいちだし、噂では2パスで終わりそうだし、立川と利根でエアショーもあるし・・・でいろいろ迷ってました。
天気予報と相談して、天気がよさそうな土曜日に将門祭りの予行、天気が崩れそうだけど飛びそうな立川駐屯地の防災航空祭を日曜に行くことに。

と、坂東市ってそもそもどこにあるの?というところから始まり、朝始発で行かないと予行の時間に間に合わないことが確定。
なにしろ鉄道がとおってなくて、最寄がつくばエクスプレスの守谷か隣の千葉県の野田市。すこから10数キロ以上離れているのです。
そして9:50からの予行に間に合うように、暗いうちから出発してなんとか到着。予行までしばらく待ちます。

メイン会場にはアナウンスのブースが設置されて、ブルー地上班で今回アナウンス担当の平間1尉(次期3番機)がやってきました。
話を聞くと、やはり2パスのみの展示。急きょ決まったため、編隊での航過しかできなかったそうで。
al-IMG_6792.jpg

空は若干曇り空。しかし時折青空。このままいってくれれば・・・
この場所は坂東市のメインストリートともいえる通りなんですが、何かお気づきになるでしょうか?
・・・電柱が一本もないのです。そのため電線もなく、街中にありながらブルーの航過を撮るのに適しているのです。
al-IMG_6796.jpg

時間前、地元の人々がぞろぞろと出てきました。回覧板やらでブルーの飛行情報がまわってきたそうです。
なんかのんびりしてていいなあ。そして9:50、1回目の航過。将門公生誕1111周年にちなんで、1111をイメージした4列のアブレスト。
ちょうどブルーインパルスのシャツを着た少年が見上げていたので、広角で撮ってみました。
al-IMGM6810.jpg

2回目はリーダーズ・ベネフィット。皆同じ方向の空を見上げています。
なんかこの光景、どこかで見た記憶が・・と思ったら3年前の東松島市矢本でのお祭りの風景に似ていました。
小さい街で地元の人が集まって、みんなでブルーが飛ぶ空を見上げる景色。いいものです。
al-IMGM6825.jpg

メインストリートの上空をまっすぐ飛んでいきます。飛んだ先のほうはけっこう雲が薄くて明るかったのですけどね。
al-IMGM6827.jpg

2パスで終わり・・・と思って平間1尉のところに行ってみると何やら無線交信中。
どうやら1パス目でちょっと納得いかない部分があったようで、再び行うとのこと。
確認をするための予行ならではの状況です。
al-IMGM6829.jpg

再び1111のアブレスト。先ほどはスモークのオン/オフが早かったようです。
今回はもっとメイン会場のほうに引っ張ってきました。
al-IMGM6836.jpg

そして最後にもう1パス。アローヘッド隊形でのパスをしてくれました。
今回、参加したのは4機のみ。しかも松島では地形が似ていないせいか、仙台市上空まで来て練習をしたようです。
al-IMGM6840.jpg

最後はスモークを長く引いて帰っていきました。調整の時間がなかったこともあり、展開先が百里・入間にできませんでした。
なので今回はなんと松島基地からの片道300キロ、往復600キロをダイレクトで飛んできています。
ブルー用T-4の航続距離の短さ(燃料タンクをスモークオイルタンクにしているため)と現地での機動を考えるとけっこうギリギリの距離です。
al-IMGM6841.jpg

終了後、平間1尉のところに人が集まってきてサイン会・撮影会が始まりました。
航空祭と違い、地元の子供くらいしかいないのでわりとのんびりしています。にっこり笑顔で写真に収まっていました。
al-IMGM6845.jpg

これで将門祭りの予行はおしまい。午前中で終わって、昼過ぎには自宅に帰りました。たまにはこういうのもいいですね。
残念ながら翌日の本番では松島基地周辺の天候が悪く、飛行展示はキャンセルになったようです。
今年はとにかく天候に恵まれず、思うように飛べないことばかり。しかし自分が行った航空祭・イベントでは全部飛んでます。
うまいこと雨を避けながら行っているというのもあるのですけどね。
次の岐阜で自分の今シーズンのブルーはおしまいですが、また飛んでくれるといいなあ。
次回から立川防災航空祭です。

テーマ:航空機 - ジャンル:写真

東京スポーツ祭2013ブルーインパルス飛行展示・SUNRISE to SUNSET 2013年09月28日 BI@IventFly-By:イベント飛行展示 トラックバック:0コメント:10

昨日の予行に引き続き、東京スポーツ祭(東京国体)開会式におけるブルーインパルスのフライト本番です。
昼間は息子の運動会があったのでそちらを撮影。息子の出番が終わってから調布へと直行です。
フライトのちょうど1時間前に、昨日目をつけていた撮影ポイントに到着。会場の味の素スタジアムを見下ろせる高台のある場所です。
ここで撮影・・・と思ったら、すぐそばの家の旦那さんが声をかけてきました。で、ブルーの飛行時間とかいろいろ話していたら「うちの屋上で撮る?」と。
見ず知らずのよそ者である自分に、いいんですか!?と驚きつつも、視界が完全にクリアになる撮影場所は魅力的。
条件として、撮影した写真をプリントしてくれたらいいよと、これ以上ない話。さっそく屋上に上がらせてもらいました。

16:50頃にはるか北の空にスモーク。どうやら入間を離陸したブルーが時間まで練馬上空でホールドしていた模様。
昨日は進入しか見えませんでしたが、そこまで見渡せる絶好の撮影場所。なんてありがたい・・・

17:03。昨日と全く同じコースで5機編隊がデルタで入ってきます。
東の空はだいぶ暗くなり、しかも雲の厚い曇り空。
al-IMG_0056.jpg

編隊を斜め下から見上げる位置。28mmでこの構図です。
こんな近いところ、自宅の上空を飛ぶというのもいい記念ですよね。
al-IMG_0068.jpg

おそらく昨日と全く同じポイントでブレイク。アングルが西向きになると、夕日が一気に編隊を照らし金色の世界へ。
太陽と重なっていないのでピントがばっちりきています。
al-IMG_0071.jpg


雲が広がりつつも、オレンジの西の空に向かってサンライズのブレイク。
レタッチでほとんどいじってませんよ。それだけ素材レベルで劇的な写真が撮れました。
ちょっと窮屈かな、と思ったので斜め構図。
al-IMG_0077.jpg

日没(SUNSET)に向かって日の出(SUNRISE)。こんな写真、そうそうに撮れるものではありません。
写真をはじめて傑作が撮れた、と思ったことは滅多に考えたことがありませんが。あえて言わせてもらいますw傑作が撮れました!
レタッチでは調整レベルですよ、これ。こんなのが撮りたくて、下調べ下見を念入りにやった甲斐がありました。もちろん屋上を貸してくださったお宅にも大感謝。
al-IMG_0081.jpg

そしてソロの5番機が右から左にナイフエッジパス。こちらは昨日よりも高度が低かったです。
al-IMG_0091.jpg

オレンジになったスモークを引きながら、リカバリーしてターンしていく5番機。
al-IMG_0099.jpg

多摩川まで抜けたあと、編隊は最集合。太陽の中を進んでいきました。
このあと数分後に入間に着陸してミッションコンプリートです。この太陽との重なりも、この場所でないと無理ですね。
al-IMG_0155.jpg

国体の開会式はテレビでも中継されたので見た人はいるのではないでしょうか。
それにしても、いい場所を提供してくれた方にいい写真でお返しできるのは、撮影冥利に尽きるというものです。
早速明日、大判で印刷して郵送する予定です。
明日はブルーの入間到着時の写真をアップします。その前に早朝に松島帰投も撮りに行こうかな。

テーマ:航空機 - ジャンル:写真

 » »
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。